Subscribe: Tech-On! ものづくりとIT
http://techon.nikkeibp.co.jp/mono/index.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
apps connected  connected ダイハツの    ダイハツの 年  ダイハツの  年 月    月 、  月 ~    ~ apps   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: Tech-On! ものづくりとIT

設計・生産 -- 日経テクノロジーオンライン



開発・設計・生産・製造にわたる、ものづくりの総合情報



Published: 2017-11-22T16:35:52+09:00

 



表面粗さがシングルナノ級で100m超の長尺金属箔

2017-11-22T10:11:00+09:00>

ティ・ディ・シー(本社宮城県・利府町)は、シングルナノメートル級の平滑さを持ち、かつ100mを超える長尺の「精密鏡面フォイル」などを「ものづくりパートナーフォーラム2017」(主催:日経ものづくり、2017年11月20、21日、東京・品川インターシティホール)に出展した。



「モテ」と「長生き」が眼鏡の生き残る道

2017-11-22T05:00:00+09:00>

あまり結論を急いではいけないんですが、眼鏡って最終的には「モテるためにかける」か「死にたくないからかける」か、そのどちらかしかないんじゃないか、と個人的には考えています。



ダイハツの3Dプリンター技術、金属プリンターを上回る性能

2017-11-22T05:00:00+09:00>

 ダイハツ工業は3Dプリンターで砂の型を造り、その型で試作部品を作る取り組みを進めている。今回、従来のアルミ部品だけでなく、エンジンなど鉄部品の試作も可能にした。開発者は、直接積層して成形する金属プリンターと比べても、今回の技術は優れているとみる。



「ブロックチェーン」は何をもたらすのか

2017-11-22T05:00:00+09:00>

 「ブロックチェーン」という言葉をニュースなどで耳にする機会が最近増えました。しかし、専門家の解説を聞いても、それによって私たちの生活やビジネスがどう変わるのか、よく分からないという人が多いと思います。今回はこの「ブロックチェーン」がもたらすであろうさまざまな変化について、一般のビジネスパーソン向けに分かりやすく伝えたいと思います。



諏訪貴子氏~自社の強みをアピールしないと生き残れない

2017-11-22T05:00:00+09:00>

言うまでもなく製造業をめぐる環境は厳しくなる一方です。中小企業といえどもグローバリゼーションの波をかぶり、世界中の企業が競争相手です。ものを造れば売れる時代は遠に過ぎ、何を造れば売れるのか考えなくてはいけない時代に変わりました。



世界初の“常温量子コンピューター”、NTTなどが24時間動作を実現

2017-11-22T01:42:00+09:00>

NTTは2017年11月20日、光ファイバーなどを用いた非ノイマン型計算システム「Quantum Neural Network(QNN)」を24時間稼働させることに成功し、同月27日からオンラインで、誰にでも無償で利用可能にすると発表した。









真っ黒なステンレス、高耐食で意匠性にも優れる

2017-11-21T18:55:00+09:00>

アベル(本社大阪府八尾市)は、厚い不動態皮膜を形成して耐食性を高めた黒いステンレス鋼材「アベルブラック」を「ものづくりパートナーフォーラム2017」(主催:日経ものづくり、2017年11月20、21日、東京・品川インターシティホール)に出展した。



日本IBM、川崎重工の航空機部品工場にRFID導入

2017-11-21T18:50:00+09:00>

日本IBMは、川崎重工業が航空機部品の製造ラインにRFIDシステム「Mojix STAR System」(米Mojix社)を採用したと発表した。航空・宇宙関連機器を製造する岐阜工場(岐阜県各務原市)に導入され、2017年11月1日から稼働しているという。



内蔵センサーで砥石のドレスをモニタリング

2017-11-21T18:30:00+09:00>

セイコーインスツル(本社千葉市、SII)は、砥石の精密なドレス(目立て)が可能なロータリードレッサー「AEセンサ付高周波ロータリードレッサ SD-020 S001AE」を発売した。同社は、今後販売する内面研削盤に新製品を搭載する。



安川電機、垂直多関節ロボットに中・大型の29機種を追加

2017-11-21T18:10:00+09:00>

安川電機は、垂直多関節ロボット「MOTOMAN」のラインアップに中・大型の29種を追加した。可搬質量は35~600kgで、ハンドリング用の「GP」シリーズやスポット溶接用の「SP」シリーズ、プレス間搬送用の「PH」シリーズをそろえる。



「アクティブサス」の芯折れ防止が細い芯に対応

2017-11-21T18:09:00+09:00>

パイロットコーポレーションは、芯折れ防止機能を搭載したシャープペンシル「モーグルエアー」の新製品として、芯径が0.3mmの「同03」を2017年11月25日に発売する。同年1月発売の0.5mmタイプに搭載した機構を基に0.3mm用の機構を設計し、細い芯でも折れにくくした。



三菱マテリアル、Boeing主導の金属加工研究機関に参画

2017-11-21T18:08:00+09:00>

三菱マテリアルの加工事業カンパニーは、金属加工に関する研究・開発・教育を展開する米国オレゴン州の産学官連携機関「OMIC R&D」(Oregon Manufacturing Innovation Center Research and Development)に参画する。切削工具やその加工条件など、金属加工品の製造にかかわる各種の情報交換を図る。



「高い目線が嬉しい」“おんぶ”タイプの電動車いすロボ

2017-11-21T18:00:00+09:00>

テムザック(本社福岡県宗像市)は、後ろから乗る電動車いす型ロボット「RODEM」を発売した。ベッドやソファーなどからの移乗のしやすさにこだわって開発した。乗り降りの際はシート部が後方斜め下に方向せり出し、後ろからそのシートにまたがる状態で乗り込む。「「これまでの車いすが“だっこ”なら、RODEMの場合は“おんぶ”される状態」(同社代表取締役の髙本陽一氏)。



ヤマハ発動機、処理能力3倍のFA統合コントローラー

2017-11-21T17:50:00+09:00>

ヤマハ発動機は、FA統合コントローラー「YHX」シリーズのラインアップに、CPU処理能力を現行機種「同HCU」の約3倍に高めたホストコントローラーユニット「同HCU-HP」を追加する。プログラム作成の効率と処理能力が高まり、より大規模かつ複雑な装置を1つのユニットでスムーズに構築できるという。2018年2月1日に発売する予定だ。



ジェネレーティブ・デザインの実施例を展示

2017-11-21T13:40:00+09:00>

米Autodesk社がラスベガスで開催した「Autodesk University 2017」(2017年11月14~16日)の展示会場では、ジェネレーティブ・デザインの試行例の展示があった。さらに、展示会場自体のレイアウト決定にジェネレーティブ・デザインを利用、人の動線を斜め方向に伸びる通路で誘導するようになっていた。



異常検知ツールなどで「ドカ停」を防止

2017-11-21T12:26:00+09:00>

日本ラッドは、同社のIoTプラットフォーム「Konekti」と連携した工場向けソリューション「Konekti Apps Connected Industries」の提供を開始した。工場のIoT化に必要な基本機能をパッケージとして提供する。



ダイハツの3Dプリンター技術、型材料の砂の成分との戦い

2017-11-21T05:00:00+09:00>

ダイハツ工業は3Dプリンターで砂の型を造り、その型で試作部品を作る取り組みを進めている。今回、従来のアルミ部品だけでなく、エンジンなど鉄部品の試作も可能にした。その要になったのが、砂である。天然の砂から人口の砂に変えるなどして実用化した。



諏訪貴子氏~ドラマ作りはものづくりにそっくり

2017-11-21T05:00:00+09:00>

「マチ工場のオンナ」はテレビドラマですから私の本と異なる部分はあります。例えば、舞台は東京都大田区から名古屋市に変わっています。私自身は製造業でエンジニアとした鍛えられた経験があり、そこで学んだことは経営にとても役立っていますが、ドラマでは主婦目線での思いつきが会社を救うような場面が出てきます。



ブロックチェーンはネットがもたらす「第3の民主化革命」

2017-11-21T05:00:00+09:00>

IT技術の一種であるブロックチェーンは、電気・電子産業に新市場をもたらす可能性がある。そこで今回のテクノ大喜利は、電気・電子、機械産業へのブロックチェーンの波及効果を多角的に議論し、その応用や展開の方向性を見通す糸口をつかむことを目的とした。









日産会見で感じた、管理者と現場の「壁」 現実と法基準の「ギャップ」

2017-11-20T21:22:00+09:00>

日産自動車は、国の規定に反して無資格の従業員が完成車の検査に関わっていた問題で、実態の調査結果や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。



写真で見るアマゾンEcho「開封の儀」

2017-11-20T14:30:00+09:00>

筆者は機嫌が悪かった。米Amazon.com社のAI(人工知能)スピーカー「Amazon Echo」の招待メールが、待てど暮らせど届かないからである。2017年11月8日に予約申し込みが始まり、11月16日に事実上の発売となったEchoだが、実は購入できるのは申し込み後に招待メールを受け取れた人だけ。招待の可否やそのタイミングを決める基準は明らかにされていない。先輩のN記者は意気揚々と「僕はもうゲットしたよ!!」と自慢してきたのに、筆者の受信トレイには他の通販サイトのキャンペーンメールと某技術情報サイトのメルマガしか来ない。きっと日ごろの行いが違うのだろう、と半ば諦めていたさなか、Echoは突然目の前に現れた。



極細のパンチで材料を打ち抜く

2017-11-20T05:00:00+09:00>

スマートフォンのコネクタなど、微細な3次元形状の製品をプレス加工(=冷間鍛造)により製造する、といったニーズが急速に増えています。従来こうした製品は、焼結金属やMIM(金属射出成形)のワークに対して切削加工を行うなどして製造していました。こうした加工方法をプレス加工(=冷間鍛造)に置き換えることができればコストは1/2~1/3と、劇的に下げることが可能になります。



国際的地盤沈下に負けずASEANで日本の影響力を維持

2017-11-20T05:00:00+09:00>

日本はASEAN諸国で無形の財産を残してきた。日本の大学で学んだ多くの大学教員がおり、先鞭をつけた人材育成による資産がある。これを大事に活用することが重要だ。ただ、これも富裕化に伴い各国エリート層の留学先が欧米中心となりつつあり、日本が育てたアジア指導層の人材の厚さが徐々に薄くなるのは避けられない。



ダイハツ、3Dプリンターで砂型を造り鉄部品の試作可能に

2017-11-20T05:00:00+09:00>

ダイハツ工業は、3Dプリンターで砂の型を造り、その型で試作部品を作る取り組みを進めている。今回、砂の種類を変えたことや砂を酸で覆うことなどにより、従来のアルミ部品に加えて、鉄部品の試作も可能にした。エンジン部品などに利用範囲を広げる。



可能性に満ちたブロックチェーン、育成は電子業界の責務

2017-11-20T05:00:00+09:00>

 ブロックチェーンの電子業界での波及効果を議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者は某ICT関連企業のいち半導体部品ユーザー氏である。同氏は、ブロックチェーンという可能性に満ちた技術を育てるための、電子業界に求められる取り組みの視点を論じる。



諏訪貴子氏~夢を思い描き続けるのが成功の秘訣

2017-11-20T05:00:00+09:00>

専業主婦だった私がダイヤ精機の社長に就任したのは2009年。父の急逝がきっかけでした。夫の転勤で米国行きが決まっていた時だったので、まさに青天の霹靂でした。私が工学部出身でメーカーに技術者として勤務した経験があり、ダイヤ精機でも一時は父の仕事を手伝っていたので、幹部から請われたのです。



「独自性評価のポイントは知財情報」

2017-11-20T05:00:00+09:00>

 前回は、「ガラス張りのダッシュボード」を作る英Rolls-Royce Motor Cars社の事例を基に、独自性のあるテーマについて解説しました。今回は、知財情報を使った独自性のあるテーマの評価について話しましょう。



生産現場を泣かせる「バリなきこと」の指示

2017-11-20T05:00:00+09:00>

 加工にはさまざまな方法があり、それぞれの特徴を生かして選択されています。ここでよく問題になるのが、加工後の「バリ」です。バリは、加工法や加工者のスキルに関係なく発生してしまう厄介なもの。しかも、ほんの小さなバリでも次のようないろいろな問題を引き起こします。















日産社長が語った、完成検査員認定の「三菱自動車との差」

2017-11-18T00:00:00+09:00>

 日産自動車は2017年11月17日、車両の完成検査の不正(以下、検査不正)問題に関して国土交通省に報告書を提出。その後、同社の本社(横浜市)で会見を開き、報告書の内容について日産自動車社長兼最高経営責任者(CEO)の西川廣人氏と同社チーフコンペティティブオフィサー(CCO)の山内康裕氏が説明を行った(図)。会見は報道陣からの質問が途絶えるまで続き、2時間半に渡った。



人工流れ星、狙い通り光るのは「日本の技術のおかげ」

2017-11-17T21:16:00+09:00>

人工流れ星の開発を進めているALE(本社東京)は、開発中の流れ星の基になる“粒”や人工衛星の概要と開発状況を明らかにした。狙った地域で狙った時刻に流れ星を発生させるためには、流れ星の基となる”粒”を放出する速度と角度、タイミングを高精度で制御する必要がある。それを支えているのが日本の高い技術力という。



高級オーディオ、事故防止に向け中古品もユーザー登録

2017-11-17T21:13:00+09:00>

企業の製品安全への取り組みを表彰する「製品安全対策優良企業賞表彰(PSアワード)」の表彰式が、「第12回 製品安全総合点検セミナー」として2017年11月15日に都内で行われ、YKK APが大企業 製造事業者・輸入者部門で、高級オーディオを製造販売するアキュフェーズ(本社横浜市)中小企業 製造事業者・輸入事業者部門でそれぞれ経済産業大臣賞を受賞した。



チャンスとリスクが併存、不都合多いブロックチェーン

2017-11-17T05:00:00+09:00>

 電気・電子、機械産業へのブロックチェーンの波及効果を議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者はGrossbergの大山 聡氏である。同氏は、ブロックチェーンを巡る海外の動き、特に規制の動きをまとめながら、それでも利用が加速していく現状とその中での日本の位置を考察した。



思い込みをなくすための3つのコツ

2017-11-17T05:00:00+09:00>

 人はいったん「こうだ!」と思ってしまうと、その考えにとらわれてしまうものです。自分の思い込みに縛られてしまうと、目の前のことが見えなくなったり、過去の経験に頼って実状に合わない判断ミスをしてしまったりする可能性があります。









オリンパスがついに片眼型HMDを発売、光学技術で勝負

2017-11-16T05:00:00+09:00>

 オリンパスは、新しい片眼型のヘットマウントディスプレー(HMD)「EyeTrek INSIGHT El-10」を開発した。開発者版として2017年11月末に米国で発売する。価格は約1500米ドル。同社のWebサイトの他、AmazonなどのECサイトを通じて販売する予定である。



ブロックチェーンで家電企業に「社会システム構築役」の機会

2017-11-16T05:00:00+09:00>

 電気・電子、機械産業へのブロックチェーンの波及効果を議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者はアーサー・D・リトルの三ツ谷翔太氏である。同氏は、既存の社会システムを運営していくための両極端な方法、統治者による運営と市場原理による運営を比較対象として、ブロックチェーンで可能になる新たな運営方法を位置付け、そこから電気・電子産業へのインパクトを考察した。



「管理のための管理」になっていないか?

2017-11-16T05:00:00+09:00>

 管理の基本はPDCAを回すことである。加えて、「適切な計画を立て、その計画を実行し、その結果を評価する。その上で、必要な対策を講じる」ことが管理だ。では、管理は何を目的に行うものだろうか。それは、目標(例えば経営数値や生産性の指標、品質水準など)を達成することだ。



何に幸せを感じるかさえも、IoTが教えてくれる

2017-11-16T05:00:00+09:00>

人は、全情報の約87%が目から入るといわれます。情報化社会において視力の部分を握っているというのはかなり大きなことなので、そこを軸にさまざまな事業を展開していく、Magnify Lifeとしてやっていくのは、かなり面白いなと思っています。



神鋼の銅管製造子会社、2回目のJIS認証取り消し

2017-11-15T18:18:00+09:00>

神戸製鋼所は2017年11月15日、同社の子会社であるコベルコマテリアル銅管の秦野工場(神奈川県秦野市)で造る部品が、JIS(日本工業規格)の認証を取り消されたと発表した。同子会社は2017年10月26日に、別の部品でJIS認証を取り消されており、今回で2回目となる。



Tektronixがオシロ新戦略、数カ月ごとに新版を提供

2017-11-15T09:09:00+09:00>

来日した米Tektronix社のオシロスコープ事業の責任者である、Christopher Witt氏(Vice President & General Manager, Time Domain Business Unit)に話を聞いた。オシロスコープに対するニーズの変化に対応するため、新たな戦略を立てた。同社はその戦略に沿った新製品の第1弾を2017年11月14日に発表した。



「第4次産業革命時代」に最も価値の高い職業とは

2017-11-15T05:00:00+09:00>

 「第4次産業革命で消える職業」というテーマを多くのメディアが今、こぞって取り上げています。個人的に、悲観的な話はあまり好きではありません。なので、希望の持てる話をしましょう。消える職業とは逆に、第4次産業革命の時代に最も需要が増える職業は何だと思いますか? 私はこの質問に、迷いなく「データサイエンティスト」と答えます。正確に言えば、データサイエンティストはあらゆる業界で既に不足しています。