Subscribe: 武田薬品工業株式会社
http://www.takeda.co.jp/koushin/index.rss
Preview: 武田薬品工業株式会社

武田薬品工業株式会社



武田の最新ニュース



 



武田薬品とDenali Therapeutics社との神経変性疾患治療薬の開発および販売に向けた提携について

2018-01-09T10:00+09:00

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とDenali Therapeutics (所在地:米国サウスサンフランシスコ、以下「Denali社」)は、このたび、3つの神経変性疾患治療薬候補の開発および販売に関して戦略的オプションを含む提携契約を締結しましたのでお知らせします。各治療薬候補の開発プログラムは、アルツハイマー病やその他の神経変性疾患に対する遺伝学的に検証されたターゲットを対象にしており、Denali社が有する脳へのバイオ治療薬移行性を高めるAntibody Transport Vehicle(ATV)プラットフォーム技術を用います。武田薬品のNeuroscienc



武田薬品によるTiGenix社の買収について

2018-01-05T15:00+09:00

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、重篤な疾患に対して幹細胞を用いた新たな治療薬の開発を行う先進的なバイオ医薬品企業であるTiGenix NV(本社:ベルギー ルーヴェン、ユーロネクスト・ブリュッセルおよび米国NASDAQ上場、以下「TiGenix社」)を買収する予定であり、TiGenix社にとって望ましい任意の公開買付けを実施するため同社との間でオファー・サポート契約を締結しましたのでお知らせします。本契約の締結は、TiGenix社の取締役会(CEO含む)による全会一致の支持を得ています。本買収は、消化器系疾患の患者さんに新たな治療オプションをお届けする



多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ®カプセル 2.3mg・3mg・4mg」パッケージの 「ワールドスター賞」および「アジアスター賞」受賞について

2017-12-26T15:00+09:00

当社は、このたび、多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ®カプセル 2.3mg・3mg・4mg」(以下「ニンラーロ」)のパッケージについて、世界包装機構(WPO)主催のワールドスターコンテストにて「ワールドスター2018」、アジア包装連盟(APF)主催のアジアスターコンテストにて「アジアスター2017」を受賞しましたのでお知らせします。ニンラーロは、本年5月より再発又は難治性の多発性骨髄腫の効能にて日本で販売を開始しました。本剤の服用方法は28日を1サイクルとし、週に1回の経口投与を3週間繰り返した後、1週間休薬します。ニンラーロによる治療を受ける多発性骨髄腫の患者さんは、本剤に加えて、服用ス



2018年1月1日付 人事異動および機構改革について

2017-12-21T11:00+09:00

2018年1月1日付の人事異動および機構改革について、下記のとおりお知らせします。



経口関節リウマチ治療薬JAK阻害剤「ゼルヤンツ®錠 5mg」の日本におけるコ・プロモーションおよび武田薬品による仕入販売の終了について

2017-12-18T14:00+09:00

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 原田 明久、以下「ファイザー」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 クリストフ・ウェバー、以下「武田薬品」)は、経口関節リウマチ治療薬 JAK阻害剤「ゼルヤンツⓇ錠5mg」(一般名:トファシチニブクエン酸塩、以下「ゼルヤンツ」)に関するコ・プロモーションを、2018年3月末をもって終了することとなりましたのでお知らせします。これに伴い、武田薬品が担当する本剤の仕入販売も終了し、2018年4月より製造販売元であるファイザーが単独で販売することとなります。ゼルヤンツは2013年7月に国内で発売し、ファイザーと武田薬品と



クローン病に伴う肛囲複雑瘻孔治療薬Cx601(一般名:darvadstrocel)に対する欧州医薬品評価委員会(CHMP)からの承認推奨の見解について

2017-12-18T10:00+09:00

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とTiGenix NV(本社:ベルギー ルーヴェン、以下「TiGenix社」)は、このたび、Cx601(一般名:darvadstrocel)について、欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品評価委員会(CHMP)より、承認を推奨する旨の見解が示されましたのでお知らせします。Cx601は、非活動期/軽度活動期の成人のクローン病患者に伴う、既存治療または生物学的製剤による治療を少なくとも1回以上実施したにも関わらず効果不十分な肛囲複雑瘻孔への適応が期待されています。本薬は、欧州で初めてCHMPから肯定的見解が示された同種異系の脂肪由来幹細胞の懸



悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®」の進行期ホジキンリンパ腫を対象とした一次治療に関する臨床第3相試験ECHELON-1試験の最新データについて

2017-12-11T10:00+09:00

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区)とSeattle Genetics, Inc.(本社:米国ワシントン州ボセル)は、このたび、第59回米国血液学会(the 59th American Society of Hematology:ASH)年次総会において、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン、以下「アドセトリス」)の臨床第3相試験であり、未治療の進行期古典的ホジキンリンパ腫を対象に化学療法と併用した場合のアドセトリスの一次(フロントライン)治療としての有用性を検討したECHELON-1試験のデータを12月10日(日)のプレナリーセッションで発表



東京武田ビル(現東京本社)の土地および建物に関する譲渡契約の締結について

2017-12-01T15:30+09:00

当社は、このたび、当社の100%子会社である武田薬品不動産株式会社が所有する東京武田ビル(現東京本社)と武田新江戸橋ビルの土地および建物(所在地:東京都中央区日本橋二丁目)を譲渡する契約を、同社と株式会社高島屋(本社:大阪市中央区)が締結しましたのでお知らせします。本譲渡にかかる譲渡額は495億円であり、当社は、本譲渡により発生する固定資産売却益の約390億円(税引前)を2018年度の下期に計上する予定です。当社は、「遊休資産の現金化と収益力の向上をともなう成長への投資」を、中期的な優先事項である「Boost Profitability(利益率の向上)」の施策の一つとして位置付けております。本



湘南ヘルスイノベーションパーク ジェネラルマネジャーの着任について

2017-12-01T11:00+09:00

なお、同日付でチーフ メディカル&サイエンティフィック オフィサー管轄直下の組織として「湘南ヘルスイノベーションパーク」を新設します。当社の考えるエコシステムの詳細については、こちらをご覧ください。湘南ヘルスイノベーションパークの詳細については、こちらをご覧ください。



ジカウイルスワクチンの臨床第1相試験開始について

2017-11-29T10:00+09:00

当社は、このたび、アラムアジュバント含有全粒子不活化精製ジカウイルスワクチン(TAK-426)の臨床第1相試験を開始したことをお知らせします。当社は、ジカウイルスワクチン開発に関する契約を米国保健福祉省の事前準備対応次官補局の一部門である生物医学先端研究開発局(Biomedical Advanced Research and Development Authority:BARDA)と約15ヵ月前に締結しました。本試験は、18歳から49歳までの男女被験者240名を対象に、TAK-426の安全性と免疫原性を評価する無作為化、プラセボ対照、二重盲検試験です。本試験では、今後のTAK-426の臨床試験