Subscribe: News of SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/sourceforge/news/rss
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
admin  git bzr  git  https  net projects  net  news  osdn net  osdn  projects  rsync scp  rsync  scp  sourceforge  users osdn  users 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: News of SourceForge.JP

News of OSDN運営・管理



News headline of OSDN運営・管理 (sourceforge) @ OSDN



Published: Wed, 13 Dec 2017 04:43:41 GMT

 



rsync, scp, sftpで操作する新ファイルストレージ機能を追加

Wed, 13 Dec 2017 04:43:41 GMT

rsync, scp, sftpでアップロードおよびファイル管理が可能なファイル公開用の新機能「ファイルストレージ」を追加しました。

従来からのパッケージ/リリース型のファイルリリースシステムは多機能であり、API経由でファイルおよびリリースの操作と管理も可能でしたが、rsyncのような汎用的なコマンドラインツールでファイル管理することができませんでした。このため、近年一般的になってきている開発支援のためのツールやWebサービスとの連携、また他のオープンソースホスティングサイトやフォージからの移行などを考える上で、この汎用的なコマンドラインツールでの操作不可という点が問題となるケースが散見されるようになっていました。今回追加されたファイルストレージ機能はその問題を解決し、旧来のリリースシステムを補完する存在となります。

ファイルストレージ機能の特徴は下記となります。

  • ファイルのアップロードおよび管理はrsync, scp, sftpのみできます。Web経由ではできません。
  • アップロードされたファイルは、システム側で自動的に適切なパーミッションが付与されます。
  • ディレクトリは任意に作成できます。
  • 同一ディレクトリに存在するREADMEやREADME.mdなどのファイルの中身をファイル一覧の下に表示できます。
  • 旧来のリリースシステムと同一のグローバルミラーネットワークにてファイルが頒布されます。

現在、デフォルトでは機能がオフになっておりますので、利用する際にはプロジェクトの機能選択の管理画面からファイルストレージ機能をオンにしてください。機能がオンになると、osdn.net/projects/(プロジェクト名)/storage/ という形式へのURLへのリンクがメニュー等に追加されます。利用方法や仕様は ファイルストレージガイドに書かれています。また、機能のページのヘルプボタンでストレージへアクセスするための rsync, scp, sftpコマンドの例が表示されます。

現在のファイルストレージ機能には履歴や統計等の機能が欠けておりますが、今後順次実装される予定です。




Gitのデフォルトブランチの変更機能を追加

Mon, 11 Dec 2017 03:30:39 GMT

通常、Gitにおいてはデフォルトのブランチがmasterとなっており、OSDNシステムでもmasterをデフォルトブランチとして扱ってきましたが、masterブランチを定常的に使用しないプロジェクトにとっては操作に一手間かかるようになっておりました。そこで、Git機能にてデフォルトブランチの変更機能を追加しました。

プロジェクトおよび作業部屋のGit管理画面から任意の名称でデフォルトブランチを指定できるようになっています。是非、ご利用ください。




チケットに投票機能を追加しました

Tue, 05 Dec 2017 08:37:38 GMT

個々のチケットに対して、その評価を投票できる投票機能を追加しました。

  • ディフォルトではオフにされています。利用する場合は、チケットの「管理」から投票機能をオンにしてください。
  • プラス評価もしくはマイナス評価を投じることができます。
    • プラス評価が1点、マイナス評価が-1点として集計されます
    • ログインしているユーザのみが投票できます。
    • 投票は一人一票になります。
  • 投票機能が有効になっている場合は、チケットの検索から投票数、スコア、投票の割合などでの検索もできるようになります。



チケット機能にてコメントの再編集が可能に

Thu, 16 Nov 2017 10:37:29 GMT

プロジェクトのチケット機能にて投稿後のコメントの再編集が可能になりました。なお。この機能実装のためにチケット機能のコードが大幅に改修された影響により、デザインが変更された箇所が多数あります。これによる機能面での変更は特にありません。




スウェーデン、デンマークへの新規ファイルリリースミラー設置のお知らせ

Thu, 16 Nov 2017 02:35:29 GMT

OSDNファイルリリースシステムにて、スウェーデンおよびデンマークにミラーサイトを新たに設置したことをお知らせします。

OSDNのプロジェクトおよび作業部屋のファイルリリースシステムを利用して公開された全てのファイルは、 OSDNのオープンソース活動に協力して頂いている各組織が運営するミラーサーバへミラーリングされており、これらのファイルをダウンロードするユーザーは各ミラーサイトからファイルを取得することになっています。

今回ミラーが設置された二箇所の組織は下記の通りです。

OSDN社では、今後も世界の全地域において更なるファイルリリースのミラーの設置を進め、グローバルなオープンソースプロジェクトの活動を支援する所存です。




Blog機能提供終了

Tue, 07 Nov 2017 03:52:36 GMT

OSDNで提供していましたBlog機能ですが、利用者数の低下に伴い終了させていただくことにいたしました。

  • 現時点で、新規の利用開始は停止させていただきました、また ユーザ設定からBlog機能の停止を選択いただいた場合 再度有効にすることはできなくなっています
  • 2018/11/15以降 コンテンツのないBlog(開設されているが、サンプル記事以外の記事投稿が一つもないBlog)は順次 システム管理側で終了/閉鎖させていただきます。
  • Blogを利用されているユーザの方は現時点で特に変化はありません(記事の閲覧や投稿もそのまま行えます)、ただし来年前半にはサービス自体が終了する予定となっています。サービス終了以降はBlogデータにはアクセスできなくなりますので、それまでに移行等の検討/作業をお願いいたします
    • Blogの記事等のデータは管理画面の「ツール」→「エクスポート」から全体をダウンロードできます
  • Blog機能の完全終了は 2018年前半を予定しています
    • 詳細が決まり次第、一ヶ月程度前までに再度ご連絡させていただきます



HTTPS での git/bzr/hg 匿名読み出しをサポートしました

Thu, 12 Oct 2017 09:25:59 GMT

プロジェクトの git, bzr, hg レポジトリから、認証無しで HTTPS 経由の clone (branch) ができるようになりました。

Subversion に関しては先日対応しておりましたが、これで全てのレポジトリタイプで安全な経路でのソースコードの取得が可能です。

また作業部屋に関しても、元からHTTP のサポートをしていた git のみですが、同じように HTTPS 経由での読み出しを出来るよう変更しました。




ユーザーサポート用のプロジェクトの分離、移転のお知らせ

Fri, 22 Sep 2017 06:56:40 GMT

2002年の当サイトの正式運用開始以来、OSDN Admin(旧SourceForge Admin)プロジェクトにおいて利用者からのバグ報告、サポート依頼、機能要求等を受け付けてきましたが、2年前のOSDNへのブランド変更により主に日本国外の開発者にプロジェクトのURLに旧ブランドが使用されていることや、旧ブランド時代特有のチケットが多く残されていることに起因して混乱を招くという事例が見受けられるようになってきました。

そのため、ユーザーサポート用のプロジェクトを新規に立ち上げ、本日よりそこで全てのユーザーサポートを受け付けることにしました。分離移転先のプロジェクトは下記となります。

サポートプロジェクト:https://osdn.net/projects/support/
チケット登録:https://osdn.net/ticket/newticket.php?group_id=10743

なお、OSDN Adminプロジェクトに残されているオープンチケットは引き続きOSDN社側で対応しますが、今後のチケット登録は新プロジェクトのほうで行っていただくようお願いいたします。




ファイルリリースにファイル上書きモードを追加しました

Wed, 20 Sep 2017 04:04:10 GMT

ファイルリリース上のリリース内ではファイル名の重複が許可されていません(同一ファイル名のファイルを一つのリリースに複数置くことはできません)。

そのため、一つのリリースに同じ名前をもったファイルを再度アップロードするときには、いったん古いファイルを削除した後に新しいファイルをアップロードするという操作が必要でした。

上記の制約の結果「大量のファイルを置き換えたい場合に操作が煩雑である」「古いファイルを削除してから新しいファイルをアップロードし終えるまでの間、該当のファイルはファイルのリストから一時的に消えてしまう(特に大きいファイルの場合はアップロードに時間がかかるためリストから消えている時間も長くなってしまう)」等の問題も存在していました。

この問題を解消するために同名ファイルをアップロードした際に自動的にファイルを上書きして置き換える上書きモード機能を追加しました。

  • ディフォルトは事故を防ぐ意味で今まで同様上書きをしない(同名ファイルのアップロードができない/エラーになる)モードのままです
  • 上書きモードを使用する場合には ファイルリリースの管理 (/projects/プロジェクト名/releases/admin/) 下部にある「ファイル上書き許可設定」からファイルの上書きを「許可」してください
  • 上記設定を許可にしていると、Web UI からのアップロード、ftpアップロード、API経由でのアップロードともに、同一リリース内に同名のファイルがあると自動的に古いファイルが削除され新しいファイルに置き換えられるようになります
  • ファイルが上書きされた場合、ダウンロードカウントはリセットされます
  • 上書きされる際には特に警告等は表示されません、ファイルを誤って上書きしてしまうと元に戻せませんので注意してください



プロジェクトweb, shell 及びレポジトリの通知メール差出人変更のお知らせ

Mon, 11 Sep 2017 09:27:43 GMT

本サイトのドメイン変更から現在まで、プロジェクトwebおよびshellサーバからのメールは、 users.sourceforge.jp のままで変更されていませんでしたが、先程、これらを @users.osdn.me に変更しました。

今後プロジェクト web からのメール送信した場合や、 shellサーバでの cron 通知メールなどは @users.osdn.me を差出人としてメールが送られます。

また、レポジトリに commit/push した場合の通知メールのアドレスに関しても、SCMの種別毎に異なっていましたが、こちらも今回 scmnotify@osdn.net に統一しました。

メーリングリストの差出人フィルタに svnnotify@sourceforge.jp, svnnotify@osdn.jp, notify@osdn.jp が登録されている場合、新しいアドレスが自動的に追加されます。