Subscribe: ワントップリフォーム
http://www.onetopreform.jp/xml-rss2all.php
Preview: ワントップリフォーム

窓ガラスサッシの断熱結露防音対策工事専門



ワントップリフォームのブログウェブサイト



Copyright: ワントップ・リフォーム
 



真空ガラススペーシアやインプラスが関係する2018年度の省エネリフォームの減税措置

Thu, 18 Jan 2018 17:20:53 +0900


2017年度末で期限切れになる制度に延長希望


国土交通省が取りまとめた2018年度の税制改正要望が公表されました。2017年度末で期限切れになる制度のほとんど全てに延長希望が出されているそうです。一方、新しいし制度が作られるという動きも無い模様です。決して安くない費用がかかる住宅リフォームの分野。ローンを組めば金利負担も大きく、税金もあらゆるところに掛かってきます。国の用意する各種の減税制度は、特に若年層の顧客にとっては有難い後押しになると考えられます。

以前からバリアフリー、省エネ、耐震といったキーワードが絡む各種優遇制度が進められてきているものの、広くユーザーに浸透し、充分に検討がなされているとは思えないところがあります。弊社の関連でいえば、真空ガラススペーシア、LowE複層ペアガラス、内窓インプラスなどの工事による省エネリフォーム減税、住宅ストック循環支援事業などなど、各種の優遇措置が設けられているのですが、ほとんどのお客様はご存じではありません。ご説明申し上げると、「何それ。。。知らなかった。」という方が多いです。とてももったいないです!私共業界の側から、こうした優遇措置も含めお施主様に総合的な提案が出来るようにしたいものです。

住宅改修に関連する減税税度は本当にたくさんあって、省エネから耐震改修、バリアフリー、長期優良住宅化などの各分野でざっと数えただけでも15くらいはあります。弊社では高断熱ガラスの真空ガラススペーシア、インプラス、プラマードUなどの断熱内窓で、窓の断熱・結露防止のリフォームを、特に東京都内、神奈川県、埼玉県、千葉県の首都圏エリアで展開中ですが、特に大きく絡む制度は「省エネ改修促進税制」です。内容としては2008年以前から存在する住宅の省エネリフォームをおこなった場合、翌年分の固定資産税が1年間、3分の1減額される、というものです。当初は2018年3月までの予定で走っていた制度ですが、2020年3月末まで延長される模様です。固定資産税以外にも所得税の優遇措置もあります。

これらの減税制度、優遇措置の恩恵は、お施主様の資金面の負担を軽減する意味合いも当然大きいのですが、浮いたお金でワンランク上の性能、製品のご提案が出来るといった側面もあります。これからは業者側からの提案力が求められてきます。お施主様が得るべきメリットを最大限に引き出し、なるべくコスト負担が少なくて済むような提案や情報提供が必要不可欠な時代になってきました。



東京都の高断熱窓助成金を利用してマンション内の窓ガラスを真空ガラススペーシアに交換

Sat, 13 Jan 2018 18:15:43 +0900

真空ガラススペーシア > スペーシアの種類 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

真空ガラススペーシア交換など断熱窓改修は費用の6分の1が補助されます
東京都世田谷区Liマンション



■■使用製品■■
日本板硝子 真空ガラス スペーシアクール


Liマンション真空ガラススペーシア交換後

こうして画像で見ると単なる曇りガラスにしか見えませんね。世田谷区内の某マンションでれっきとした真空ガラススペーシアクールに交換させて頂いた施工事例です。真空ガラス スペーシアの施工画像は、施工前後の画像を並べてもあまり変わりばえがしないので、リフォーム感が表現しにくいです。ただ、効果の違いは絶大です。日本板硝子社が世界初の商品化を成功させて高断熱ガラスで、2枚のガラスの間に真空層を作って、これまでのガラスには無い断熱・防音・防結露性能を実現しました。一枚ガラスに比べて、約4~5倍の断熱性能があり、窓ガラスの結露軽減などに絶大な効果を発揮します。

今回、Liマンション様でご採用頂いた真空ガラススペーシアは、スペーシアクールといって、冬場だけでなく夏場にも高い遮熱・断熱効果を発揮するタイプです。正式な商標名は「スペーシア®クール」です。スペーシアクールは室内の暖かい暖房熱を逃さいのはもちろん、夏場には室外から入ってくる太陽の熱を遮断してエアコン冷房の効きをよくする効果もあります。年間の冷暖房費をなんと約40%も削減することが可能というのですから驚きです。

このたびのリフォーム工事は、東京都が推進する高断熱窓の助成金制度を利用しての工事です。「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」といって、東京都内の住まいに既設の窓を高断熱窓にリフォームする方に対し、その経費を助成することによって、家庭におけるエネルギー消費量の低減を推進するというものです。経費の6分の1が助成されますので、断熱窓リフォームをお考えのかたには見逃せない制度ですね。

「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」の申請は特に難しいことはありませんが、ワントップリフォームでは申請書類の作成もお手伝いさせて頂きます。窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。





風水で重要らしい鏡。マンション玄関にオーダーミラー貼り施工をさせて頂きました。 (江東区KI様邸)

Tue, 9 Jan 2018 19:11:55 +0900

鏡・テーブルガラス> 価格表  施工事例


風水で重要らしい鏡
マンション玄関にオーダーミラー貼り施工をさせて頂きました。
東京都江東区KI様邸


■■使用製品■■
旭硝子 サンミラー5ミリ

※ワントップでは日本板硝子製品も同様に取り扱っております。




東京都江東区のタワーマンションにお住まいのお客様から、玄関の壁への鏡貼り工事をご依頼頂きました。サイズ的には横幅が1メーター弱、高さは2メーター少しといった標準的なサイズです。鏡には既製品、規格サイズというものはありませんので、どのような場合でも各々の現場に合わせて鏡をお作りする、いわゆるオーダーメード対応となります。今回の施工でも、事前に玄関の巾木の上から天井までの寸法を実測させて頂き、1週間ほどお時間を頂戴して鏡を製作致しました。

今回のお施主様は運気を上げる風水を取り入れておられ、私共は正直あまり風水には詳しくないのですが、なんでも風水で、鏡は「水」の意味を持つと言われているそうで、住まいの運気を上げる、エネルギーを与える、気の欠けを補う、気の向きを変える、あるいは悪い気を跳ね返したりするといった効果があるとの事。しかし使い方を誤ると逆効果になる事もありえるそうなので難しいですね・・・・・。今回お施主様のご意向で施工の日取りから、鏡を貼る向き、位置などなど事細かにお打ち合わせさせて頂きました。玄関に入って正面は避ける、窓の正面は避ける、合わせ鏡はダメ、といった基本的なルールがあるそうですが、当然そういった点にも気を配りました。

風水上、玄関とは明るく広々と見せたほうが良いとされていて、その意味でも鏡を貼るという事は、ドアを閉めている時は照明光を反射し、ドアを開ければ室外からの光を反射して、とても明るく広々とした印象を与える効果をもたらします。




リクシルのカバー工法玄関ドア「リシェント」で壁を壊さずにたったの3時間でドア交換 (品川区II様邸)

Sun, 7 Jan 2018 09:22:54 +0900

サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

カバー工法で玄関ドアを取替え。防犯性もアップします。
東京都品川区II様邸


■■使用製品■■
リクシルリフォーム用玄関ドア リシェント


品川区のII様邸の玄関ドアはもともと表面が鋼板(鉄板ですね)で出来たドアで、表面がサビによってグサグサに腐ってしまっており、ドアを開閉するたびにポロポロと錆びが落ちてしまう状況でした。加えて既存のドア錠前は、かなり世代的に古い防犯性に劣るタイプが付いていて、お施主様のご希望で最新式の防犯性能の高い錠に替えたいというご希望もありました。玄関ドアの交換には大きく分けて2通りのやり方があります。一つはドア枠は替えずに、ドア本体だけを交換するやり方。もう一つは新しいドア枠を旧枠にかぶせて替え、一緒にドア本体も交換するカバー工法というやり方です。

ドア本体だけを交換する場合は、古いドア枠をそのまま使用しますので、ドア本体だけが真新しくなり、ドア枠は古いままの状態で見えてしまうというデメリットがあります。当然腐蝕が進んだようなドア枠では、強度が保てませんので、この方法は合いません。コスト的には比較的ローコストに抑えられる方法です。一方、今回も採用したカバー工法では、古いドア枠を隠すように新しいドア枠をかぶせますので、ドア枠・本体とも全体的に新しくなります。ドア本体だけの交換に比べれば、コストはそれなりに掛かります。ドアの断熱性能も4段階から選ぶことができますし、錠前もカードキー、タッチキーなどの電気錠も選べます。もちろん通常の手動錠もあります。ドアカラーもアルミ系の色から、重厚感のある木目調まで揃っています。

今回のII様邸では、ご予算の関係上もっともローコストなタイプをお選び頂きました。既存ドアには袖FIX、ランマFIXが付いており、それらを撤去して全交換する事も出来るのですが、やはりご予算の関係で、今回は開閉するドア部分だけをカバー工法で交換させて頂きました。

カバー工法の特徴の一つに工期の短さが挙げられます。従前はドア枠を躯体から取り外しての交換工事が主流でしたが、ドア交換後の壁補修なども含めると数日掛かる事もありました。カバー工法ではわずか数時間のうちに工事が終わりますので、朝から作業を開始して、お昼過ぎには玄関ドアが一新されているといった感覚です。





防犯用の面格子は室外より取外しや破壊されにくい室内に取り付けるのがお勧め!

Fri, 5 Jan 2018 18:47:16 +0900

網戸・面格子 > およその価格表  施工の流れ  施工事例  サイズの測り方

見た目はゴツイが防犯効果は抜群の室内面格子
東京都江東区KW様邸



■■使用製品■■
リクシル 室内面格子





東京都江東区のKW様より、1階の窓に防犯用の面格子を取付けたいというご相談を頂きました。窓の防犯対策については、事前に色々とインターネットでお調べになったそうで、面格子は防犯面では室外に取り付けるよりも、室内の木枠に取り付けるほうが防犯効果が高いと聞いているのだが、どうか??とお尋ねになられました。

面格子は室内・室外に取り付けるそれぞれの面で一長一短があると思います。まず室内に取り付けるメリットですが、何よりも室外取付けの場合に比べ、取り外されたり、破壊されにくいという事が挙げられます。容易にいたずらされにくいという事ですね。どうしても室外に取り付けた場合は、面格子の取付け金具が外部側に有りますので、ネジをいたずらされたり、その気になれば外されたりする事もあります。一方でデメリットとしては、やはり見た目が冴えません。殺風景な感じを受けますし、留置場みたいだ、と仰られたお客様もいらっしゃいます。

室外に面格子を取付けるメリットとしては、その威嚇効果です。面格子が付いているお住まいは、空き巣・泥棒に「この家は防犯意識が高いな」とアピールする効果があります。最近の面格子の取付け金具には、簡単には回転できない特殊なネジを使用しているタイプがあったり、外されにくい金具カバーが付いているタイプもあり、そう簡単には面格子を取り外し出来ない工夫されています。また、ネジ山をつぶしてネジを回せなくしたりする事も出来ます。

いずれにせよ、面格子単独の防犯対策ではなく、それプラス補助錠を取付ける、防犯用の合わせガラスに交換する、センサーライトを取付ける、などといった複合的な対策を取る事が重要です。






老朽化したルーバー型鋼板雨戸。傷や凹みが激しく、動きも悪いため総交換しました(東京都杉並区KI様邸)

Wed, 3 Jan 2018 09:46:00 +0900

雨戸・窓シャッター > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

雨戸レールはそのまま、雨戸板だけ交換する事も出来ます
東京都杉並区KI様邸


■■使用製品■■
リクシル 単体ルーバー雨戸

※ワントップでは文化シャッター、YKKの製品も同様に取り扱っております。




杉並区の木造物件にお住いのKI様から、雨戸交換のご依頼を頂きました。木製の雨戸が老朽化してお取替えする工事はよくありますが、今回はもともとの雨戸が比較的しっかりとしたスチール製鋼板の雨戸でした。表面が波波型のルーバータイプ雨戸です。ただ、いかんせん長年の使用によって、表面があちこちへこんでしまっており、ひっかき傷なども酷くついてしまっていて、お施主様がDIYで雨戸表面にペンキを塗っていたのでした。ペンキも長持ちせず、ポロポロとはがれてきてしまい、戸車の動きも悪いということで、この機会に新しい雨戸の総交換する事となりました。

戸袋、雨戸レールなどは特に問題なく、そのままご使用頂けるコンディションでしたので、今回は雨戸だけを交換します。新しい雨戸は樹脂戸車の動きもスムーズで、軽々と動きますので、これまでのように雨戸を戸袋に収納する苦労もなくなります。ご予算によっては通風型のエコ雨戸もお選び頂けますが、今回使用した単体ルーバー雨戸は比較的ローコストな価格設定の雨戸です。






LowE複層ガラス入りの内窓プラマードUで窓からの冷気、結露を防止 (川崎市OA様邸)

Mon, 1 Jan 2018 09:12:26 +0900

防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

内窓を付けると室内が暖かく、結露も出ません
神奈川県川崎市OA様邸


■■使用製品■■
YKK内窓プラマードU LowE複層ペアガラス入り

※ワントップではリクシルの二重内窓「インプラス」も同様に取り扱っております。




川崎市の木造2階建てにお住まいのOA様邸で、お子様部屋の窓と、リビング入口の階段付近の窓など、冷気が入り込みやすい数ヶ所の窓に、YKKのエコ内窓プラマードUを取付け施工致しました。使用したガラスは結露対策も考慮して、断熱性の高いLowEタイプの複層ペアガラスです。LowEタイプとは硝子表面に特殊な断熱膜がついていて、硝子面からの熱の出入りを抑えるタイプをいいます。ただの透明な2枚のガラスで構成される複層ガラスに比べて、断熱性能は格段にアップします。

既存の上げ下げ窓に対しては、内開き型の内窓を取付けます。残念ながら上げ下げ型の内窓製品はどのメーカーからも発売されておりません。内開き窓には開いた時に90度で止められるストッパーが付いていて、窓がバタバタする事がありません。





マンションの共用ゴミ置き場に防犯のための門扉を新設 (東京都世田谷区KPマンション)

Fri, 29 Dec 2017 17:41:55 +0900

フェンス・門扉 > およその価格  施工の流れ  施工事例

オープンなゴミ置き場には勝手にゴミをポイ捨てされたりします
セキュリティの面でも門扉を取付けてクローズな状態にするのが望ましいです
東京都世田谷区KPマンション管理組合様


■■使用製品■■
リクシル ライシス門扉2型


世田谷区の某マンション管理組合の理事様から、共用ゴミ置き場の入口に門扉を設置したいとのご相談を受けました。お話しをお聞きすれば、これまで扉、ドアなどの遮蔽物が何もないオープンなスペースだったため、外部の者に勝手にゴミをポイ捨てされたり、ひどい事例としてはトイレ代わりに使われたりといったような事もあって、入口を門扉で塞いで外部の者が侵入出来ないようにしたいとのご要望でした。あまりスカスカの門扉では意味がありませんので、細かく格子が入ったタイプで比較的リーズナブルな価格設定の、リクシル製ライシス門扉2型をご提案させて頂きました。

間口が1.3mくらいある広めの入口だったので、門扉は親子開きにして、いざ広く開けたい時には子扉も開くようにしました。門扉には施錠も出来ますが、居住者全員にカギを渡して管理する事が大変なので、ひとまず施錠はせずに運用することと致しました。少しの間、これで様子を見て頂き、もし施錠の必要があるようでしたら、キーレックスなどのテンキー錠を後付けする事も出来る旨のご説明をさせて頂きました。





結露で窓木枠がカビてしまい、透明ガラスがまるで曇りガラスのように!(東京都世田谷区KS様邸)

Wed, 27 Dec 2017 16:37:50 +0900

真空ガラススペーシア > スペーシアの種類 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

窓硝子の結露のせいで木枠、壁紙、カーテンがカビてしまいました
東京都世田谷区KS様邸



■■使用製品■■
日本板硝子 真空ガラススペーシア



東京都世田谷区のKS様邸では、サッシ・ガラスに発生する大量の結露でお悩みの窓2ヵ所を、真空ガラススペーシアに交換施工させて頂きました。前の2枚の画像は真空ガラススペーシア交換前の画像です。もともと断熱性のある透明の複層ガラスが入っていましたが、それでも結露の量がひどく、まるで曇りガラスのように真っ白に結露の水滴がサッシとガラス表面を覆っています。滴り落ちた結露水で、サッシ周りの木枠、壁クロス、レースカーテン等々まっ黒にカビてしまっていました。ここまで黒カビが出てしまうと、お施主様の健康にも影響が及んでしまいます。

真空ガラススペーシアに入れ替えれば、ガラス自体に着く結露はほとんど無くなります。サッシは同じ物を使用しますので、サッシに付く結露の量はさほど変わりません。それでも全体的に見れば、結露の量は激減と言っても良いくらいに減ってきます。

真空ガラススペーシア交換は各自治体の省エネリフォーム助成金・補助金支給対象となっています。東京都でも「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」という名称で、窓を高断熱窓に改修するリフォームに対し、その経費の一部を助成する制度が実施されています。助成対象経費の6分の1が補助されますので、窓、ガラス、サッシなど開口部の断熱リフォームをお考えのかたは、これらの補助金制度をぜひご活用下さい。





広~い感じの玄関に変わります。玄関廊下の壁に大型の面取カットミラーを取付。(横浜市TM様邸)

Mon, 25 Dec 2017 16:24:05 +0900

鏡・テーブルガラス> 価格表  施工事例


ダイヤカットの面取り鏡はゴージャス感が増します
横浜市TM様邸


■■使用製品■■
旭硝子 サンミラー5ミリ

※ワントップでは日本板硝子製品も同様に取り扱っております。




横浜市のTM様邸は静かな住宅地に建つ、築2年ほどの新しめの木造物件でした。これまで玄関先や廊下の壁に姿見の鏡がなく、不便していたとの事。大型の鏡を取り付けて、広々とした感じに見せたいというご要望もあって、横幅は1メートル超、高さは天井一杯の2.3メートルほどのミラーを設置させて頂きました。ミラーの縁には幅2センチほどの面取り加工を施してあります。面取り加工とは鏡の縁を斜めに削るように加工するため、ダイヤカット加工とも呼ばれていて、廊下の照明の光が乱反射して、通常のミラーに比べてきらびやかな印象です。

ミラーの裏面と壁との間には、鏡貼り専用の接着剤が使用されていますので、万一なにか物をぶつけたりして鏡にヒビが入ったり割れたりしても、鏡が脱落するような事はありません。




結露とすき間風の問題をなんとかしたい。窓サッシの前が寒い! (東京都北区YAマンション)

Wed, 20 Dec 2017 11:26:40 +0900

防音二重窓インプラス > 価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

リクシル内窓インプラスと薄型断熱ガラスクリアfitの組み合わせはお勧め!
すき間風も結露も防ぐことが出来ます
東京都北区YAマンション


■■使用製品■■
リクシル内窓インプラス
日本板硝子 薄型断熱ガラス クリアフィット

※ワントップではYKKの二重内窓「プラマードU」も同様に取り扱っております。




北区のマンションにお住まいのお客様より、既存のアルミサッシが古く、すき間風が入って来るし、ガラスとサッシに付く結露も酷いので、断熱窓リフォームでなんとか対策をしたいとのご相談を受けました。さっそく現地でサッシを拝見させて頂いたところ、確かにかなりの年代物のサッシで、本来は枠の周りにくっ付いているはずの気密ゴムが劣化のため縮んでしまい、サッシに手をかざすと、冷たいすき間風を感じます。気密ゴムの交換は既設のサッシの場合は難しく、後付けでゴムを挿入する事が出来ないため、このような場合には内窓を取付けてサッシ全体を塞いでしまう方法がお勧めです。

今回の物件では、すき間風だけでなく、結露でもお悩みでしたので、なるべく断熱性の高いガラスを内窓にはめ込むご提案をさせて頂きました。真空ガラススペーシア、LowEペアガラスなども案として上がりましたが、コストパフォーマンスの良い薄型断熱ガラス「クリアフィット」をお選び頂きました。このガラスは2枚のガラス間に真空層をはさんだ構造の硝子で、断熱効果だけではなく、外部の騒音もよく遮りますので、防音効果も期待できます。



カバー工法でサッシ交換。ガラスも単板から断熱・省エネ効果の高いLowE複層ペアガラスにしまいした。

Sun, 17 Dec 2017 09:44:53 +0900

サッシ・ドア交換 > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

引き違いアルミサッシをカバー工法で取替え
LowE複層ペアガラスを入れて結露も防止出来ます
東京都目黒区区IA様邸


■■使用製品■■
YKK かんたんマドリモ





目黒区のIA様邸では、子供部屋の引き違いサッシをカバー工法で新しく取替えました。もともとのサッシ、ガラスは単板硝子入りの断熱効果が薄いタイプで、お子様の勉強机、ベッドの前がとても寒く、暖房をつけるとすぐに窓に結露が付いてしまう状況でした。サッシの気密ゴムパッキンも劣化しており、すき間風も入ってきていました。

YKKのかんたんマドリモという、比較的短時間でサッシ交換が出来るリフォーム用サッシで、古いサッシ枠を覆い隠すように新しいサッシ枠をかぶせて取り替えます。ガラスはより高断熱なLowE複層ガラスや真空ガラススペーシアなども選択可能ですが、今回のIA様邸ではLowE複層ガラス入りとしました。窓の前も寒くなくなり、加湿器をたいても結露がほとんど出なくなりました。また、以前はサッシを開けるのに力を込めて引っ張らないと開かなかったのですが、開閉感もとても軽くなって、お子様にも喜んで頂けました。




2階の窓でも安心出来ない。防犯用のヒシクロス面格子で侵入防止対策。(横浜市青葉区MK様邸)

Sun, 3 Dec 2017 10:40:32 +0900

網戸・面格子 > およその価格表  施工の流れ  施工事例  サイズの測り方

ハシゴで届く高さの窓、雨樋伝いに上がって来れる窓は危険
面格子やシャッター取付けなどの防犯対策が必要です
横浜市MK様邸



■■使用製品■■
リクシル ヒシクロス面格子





横浜市青葉区のお客様より、2階の引き違い窓2ヵ所に、防犯用のヒシクロス面格子を取付けて欲しいとご依頼を頂きました。近隣で空き巣被害が起きた事もあって、ご心配になられたとの事です。窓の位置的には2階にある窓のため一見危険は無さそうに見えるのですが、傾斜地に建っているお住まいなので、お隣の敷地からハシゴをかければ、比較的簡単に窓に届いてしまうという状況でした。

面格子はタテ格子のタイプよりも、格子が交差する点が多いヒシクロスや、井桁格子のほうが防犯性が高いと言われています。特に今回の事例では2階にある窓のため、そう簡単には切断、破壊、撤去などができないと考えられますので、安心感が得られます。





乗ると落っこちそうな木製バルコニー。アルミバルコニーに取替えました。(東京都世田谷区FH様邸)

Wed, 29 Nov 2017 17:20:49 +0900

バルコニー・バルコニー屋根 > およその価格  施工の流れ  施工事例

経年劣化で朽ち果ててしまった木のバルコニーをアルミ製に交換
東京都世田谷区FH様


■■使用製品■■
リクシル アルミバルコニー





世田谷区のFH様邸に付いていた木製バルコニーは、手摺り、床板などすべての部材が老朽化して、今にも崩れ落ちそうなところでした。特に床板などは実際に踏み抜いてしまった跡もあり、とても危険な状態です。いくら補強を施しても、バルコニー下の土台が朽ち果ててしまっているので、もう全体を取り替えるしかないという事で、全体を撤去して、リクシルのアルミバルコニーに交換させて頂きました。

デッキ材も腐食しない樹脂製に、手摺りもアルミ製のタテ格子に変わり、お掃除・お手入れも大変楽になりました。物干しのために毎日のように乗る場所ですから、安心してお使い頂ける物でなければいけません。物干しはホスクリーンのような上げ下げ式も取り付け可能ですし、窓際の外壁に壁付タイプを取付ける事も出来ます。ご予算が許すならば、ポリカボネートの屋根が架けられれば使い勝手は更に向上します。





窓周りに飾りが付いた窓にも防犯用の窓シャッターは取付け可能です(横浜市AM様邸)

Sun, 26 Nov 2017 09:19:47 +0900

雨戸・窓シャッター > およその価格表 施工の流れ 施工事例 サイズの測り方

横浜市内の住宅地で空き巣・泥棒対策として後付け窓シャッター工事
神奈川県横浜市AM様邸


■■使用製品■■
文化シャッター マドマスター手動

※ワントップではYKK、リクシルの製品も同様に取り扱っております。




横浜市の高級住宅地に建つAM様邸は木造の大きな戸建物件です。通りから少し見えにくい位置の掃出し窓が何ヵ所かあり、以前から防犯対策を施したいとお考えでしたが、窓の周りに白い木製の飾りが段差状についていて、窓シャッターが付けられないのではないかと、思い込んでいらっしゃったそうです。もちろん段差の状況にもよりますが、たいがいの場合は、段差を解消するような下地を取付けることで平滑な面を作って、窓シャッターの枠は取り付ける事が出来ます。

今回のAM様邸の窓も、外壁と飾りの段差は約15ミリほどありましたが、同じ木製素材の下地材を取付けてからの工事となります。内側から施錠される窓シャッターは、外側にはカギ穴等がないため、いたずらもされにくく、窓の防犯性能が高まります。ガチャン!とカギがかかってしまえば、そうそう容易には侵入を許しません。