Subscribe: kiss twice
http://hirokikikuta.at.webry.info/rss/index.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
city 大阪59  city  dti  fiction  files  life  lost files  lost  love  sky  symphonic  zephyr dti  zephyr  年 月     
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: kiss twice

kiss twice



菊田裕樹ゲームプロデューサー・ゲームデザイナー・作曲家http://www.zephyr.dti.ne.jp/~deadtech/norstrilia@zephyr.dti.ne.jp



Published: 2016-10-12T05:13:34+09:00

 



angel's fearリニューアルのお知らせ

2009-09-28T15:07:11+09:00

菊田裕樹オフィシャルサイトangel's fear全面リニューアルと共に移転の報告です。見やすく、使いやすく、スタイリッシュに、angel's fearが生まれ変わりました。新しいアドレスはhttp://hirokikikuta.com/になりますので、今後ともご愛顧のほど。m(_ _)mそれに伴い、今までウェブリブログで運営してまいりましたkiss twiceブログは、過去ログも含めて新しいサイトに合併されますので、ブログ記事に対するコメントなど、今後は新しいサイトのほうに書き込んでいた...



ケルン旅行記

2009-09-16T16:47:00+09:00

Symphonic Fantasiesは9月11日と12日、ドイツのケルン市で開催されたコンサート。スクウェアエニックスの旧作である「ファイナルファンタジー」「クロノトリガー/クロス」「聖剣伝説2」「キングダムハーツ」の音楽を、それぞれの作曲者を招き、ケルンWDR交響楽団が新しいアレンジで演奏するという豪華な試み。で、ドイツを訪れるのは二度目なわけです。前回はもう十数年前、奇縁ながらスクウェアエニックスの社員旅行で、フランクフルトからミュンヘンまで美しい城や街を見ながらバス旅行したのが最初...



Symphonic Fantasies

2009-09-11T06:02:00+09:00

実は大聖堂の町、ケルンに来ています。ドイツを訪れるのは十数年ぶり。Symphonic Fantasiesという、ゲーム音楽のコンサートにゲストとして招かれたのです。ファイナルファンタジー・クロノトリガー・聖剣伝説2・キングダムハーツの音楽を独自の解釈でオーケストラに編曲して演奏するという、なんとも贅沢なプログラムで、それぞれの作曲者もゲストとして招かれるという、これまた贅沢なコンサート。成田からフランクフルトまで12時間のフライトは疲れたけど、久しぶりに植松さんや光田下村両氏に会えたのも懐...



お疲れさまでした

2009-08-23T07:10:00+09:00

コミケット76への参加も無事に終了。暑い中を並んで、わざわざブースに来てくれた人たち、みんな有難うでした。僕も、朝の9時に椅子に座ったっきり、夕方4時の終了時刻まで、ほとんど飲まず食わずで頑張ったよ。コミケ参加も回を重ねると、嬉しいことに、足を運んでくれるファンの人も増えて、次から次へ、ひたすらに話していた感じで、1週間経つ今でも、まだ少しぼんやり(笑)しています。でも、僕のブースがある場所はシャッター口の近くで風も通ったし、涼しくて良かったみたい。遠く東館の向こう端に、東方系サークルの集...



コミックマーケット76

2009-07-25T12:16:00+09:00

恒例ながら、この夏の、コミケット76に参加する。日程と場所は「8月15日 土曜日 東地区コ-37a」。持って行くものは、写真のCD。タイトルは「AT」。なんていうか、アコースティック味のあるバンド系サウンドに、仮歌っぽく、例の人工歌姫(と書くのは明確にクレジットすると、権利許諾の範疇から逸脱するらしいので)を乗せてみたという感じで。それと、「海神記」の余りがあるのを見つけたので、ついでに持っていこうかと。あと、余裕があればTシャツ的な何かを。それにしても、昨今はひたすらに作曲仕事の...



コミックマーケット75

2008-12-26T10:22:03+09:00

コミックマーケット75。12月29日月曜日。「西地区あ-14a メタファジックチャイルド」です。寒いんで、防寒をしっかりとね。



LOVE RELAXATION & NICE LIFE AS WIFE

2008-11-04T20:13:00+09:00

先ごろリリースした「IN THE SKY ON THE WATER」に続き、「LOVE RELAXATION」(さくらリラクゼーション)と「NICE LIFE AS WIFE」(に~づまはセーラー服)の2枚が完成し、無事品物が到着した。両方とも、販売はお馴染みのAmazon.co.jpにて。サイトの表示では既に販売開始日となっているが、Amazonの委託管理側から発注が来て、納品が完了してからの発送となるので、購入してくれた人の手元にCDが届くまでには、いましばらく時間がかかる模様。そのお...



IN THE SKY ON THE WATER

2008-10-13T03:40:15+09:00

各方面のご好意を得て、「そらのいろ、みずのいろ」のオリジナルサウンドトラックをリリースする運びとなった。タイトルは「IN THE SKY ON THE WATER」。サイトはおなじみのamazon.co.jp。今日納品なので、これが無事に届けば、本格的に販売が開始されることと思う。マスタリングをしなおしたり、没曲を仕上げたり、思ったよりも大変な仕事になったが、乞うご期待というところ。



コミックマーケット74

2008-08-05T01:24:00+09:00

コミックマーケット74。8月16日土曜日。西地区れ-05aです。今回は、僕個人やノーストリリアとしてではなく、ボーカルユニットである「メタファジックチャイルド」名義での参加です。僕ではなく、ボーカルがメインであり、若干いつもと肌合いが違いますので、ご理解のほど。販売物は「METAPHASIC CHILD」と題したCDです。ノーストリリア名義ではないので、amazonでは取り扱いません。曲目は以下の通り。



CONCERTO

2008-03-01T10:33:00+09:00

MMO-RPGであるコンチェルトゲートのために書き起こしたBGMをまとめた、新作のCD「CONCERTO」がようやくと完成で。これをamazonに納品すれば、販売と発送が開始となる。実に、さまざまな想いの詰まった作品でもあり。この気持ちは一言では言い表すことが出来ないが、しかし。本当に素晴らしいCDになったという自信も、正直なところで。さて如何にという近況。



コミックマーケット73

2007-12-11T22:44:09+09:00

コミックマーケット73。今回はノーストリリアではなく「メタファジックチャイルド」名義での参加となります。場所は月曜日西地区あ12-a。でも、夏からこっち激しく忙しかったので、持っていくモノの目処が立って無いんだよね。なんか準備できればいいんだけど。大晦日なんで、よほどの物好きしか来ないとは思いますが、そのへんあまり期待しないように。(笑



コミックマーケット72

2007-08-18T22:43:00+09:00

コミケット72へのサークル参加も無事終わり、ほっと一息ついています。今回は例年に無い猛暑で、ただじっと座っているだけでも厳しいくらいの暑さでしたが、ブースに遊びに来てくれたファンの皆さんには、感謝の言葉もありません。今回は、冷たい飲み物の差し入れが本当にうれしかったよ。片端から飲み干していました。(笑)新譜のAlphabet Planetは、アマゾンで販売していることもあり、少ししか持っていかなかったのですが、 10時に開場して30分ほどで売るものが無くなってしまい、直接買おうと来てい...



アルファベット・プラネット

2007-07-31T11:38:13+09:00

今日、手元に完成品が届いた。題名は「Alphabet Planet」、2枚組みで35曲入り。いつものことながらこのCDの制作には紆余曲折があり、多くの方の手助けには感謝の言葉もない。内容は、穏やかな曲あり、可愛らしい曲あり、お洒落な曲もあり、ちょっと激しい曲もあり。全体を見渡すと、軽くて楽しい、という感じのコンセプトで、気軽に毎日のBGMにしてもらえる雰囲気に仕上がったと思う。AMAZONで販売を行う予定なので、そちらを利用してほしいが、この夏のコミックマーケット72にも少し持っていくので...



コンチェルト

2007-01-26T14:06:32+09:00

えーと、あれです。先日やっと発表になりました。オンラインゲームユーザーの方はよろしくです。申し込みはここで。



コミックマーケット71

2006-11-15T13:09:00+09:00

コミックマーケット71 日曜日西地区 の-01a。容赦の無い忙しさで、ゆっくり作品を作っている暇など無いのだが、場所も取れてしまったことでもあり、とりあえずこんな感じで考えているという写真参照。収録するのは、4分半ぐらいの、オーケストラ風アレンジの曲がひとつ。シングルCDは手間と費用ばかりがかさんで、効率が悪いので、今回はバルクで盤だけをプレスして、市販のCDケースに入れる予定。もちろんamazonでは取り扱えないので、ほぼイベント限定になるかも。



天人草奇譚

2006-07-19T09:59:00+09:00

実はなんだかんだと忙しくて、なかなか制作が捗っていないのだが、8月13日のコミックマーケット参加には間に合う見込み。入稿の関係で、CDのジャケットを先に作ってみたり。今回は経過報告のみ。進展があったら、逐次ブログを更新するつもり。



霜月はるか

2006-06-27T16:59:00+09:00

アニメイトTVの記事で拙作の「聖剣伝説2」を誉めていただいたようなので、返礼の意味も込めて、霜月はるか女史について書く。といっても、お名前を存じている程度で、面識も無く、いくつかお仕事を拝聴しただけなので、失礼などなければ良いが。さて、幻冬舎より刊行の月刊コミックバーズに「ローゼンメイデン」という、ゴシック風味の人形をテーマにした漫画があって、そこそこ人気があり、先年アニメ化された。この分野というと、川原由美子の「観用少女」や、須藤真澄の「振袖いちま」 古くは内田善美の「草迷宮」などがある...



コミックマーケット70 「天人草奇譚」

2006-06-04T07:38:00+09:00

8月13日東京ビッグサイト、コミックマーケット70。日曜日西地区 あ-12b。思いもかけず、ブースが取れてしまったのだ。どうしよう。



ゲームシナリオの作り方

2006-05-19T15:42:00+09:00

ちょっとした縁があって、静岡産業技術専門学校というところで5月23日から6回に渡って、ゲームシナリオの書き方を教えることになった。ゲームといっても、シナリオはシナリオで、その本質に変わりがあるわけではないが、映画や舞台や、他の諸々とは少し毛色の違う制約があり、実際のところ、普通にシナリオが書ける人でも、ゲームとなると勝手が違うことが多い。ゲームの企画や設計が理解できていないと、往々にして矛盾や不具合を生じるので、用心しなければいけないところだ。



COMIC CITY 大阪59

2006-05-03T02:47:00+09:00

5月7日、インテックス大阪で開かれる、COMIC CITY 大阪59に、ノーストリリアで参加します。といっても、何をするわけでもなく、サークルブースのテーブルの上に「LOST FILES」を置いて、小栗虫太郎の文庫本でも読みながら、ぼんやりお茶を飲んでいるだけです。(笑)ゴールデンウィークの真最中に、酔狂だとは思いますが、お時間ある方は遊びに来てください。6号館Bゾーン ほ-24aです。



★LOST FILES発売中 感想はこちらへ★

2006-04-03T13:43:00+09:00

長らくお待たせしましたが、「LOST FILES」の発送を開始しました。仕事の合間に作業を進めているので、なにもかも一度に、というわけにはいきませんが、手続きを済ませていただいた方に、順にお送りしていきますので、気長にお待ちくだされば幸いです。注文メールを出して7日以上経っても弊社より返事が来ないという方は、メール不通ということが考えられますので、お手数ですが、再度メールにてお問い合わせください。また、「LOST FILES」に関しての感想などありましたら、このスレッドのコメントにどうぞ。...



LOST FILES通販開始

2006-03-17T18:14:28+09:00

「LOST FILES」完成しました。いわゆる完パケというやつ。他の仕事の合間にとはいえ、去年のうちから作業していたわけだから、随分長いことかかったというのが実感。自分としてはあれこれ不満もあるが、忙しい中、頑張ったという愛着もある。トップページを見ていただけばお分かりと思うが、通販の方法も定め、申し込み募集を開始したので、お求めになりたい方は是非。また、これが売れてくれると、機材などを含め、次回予定作の「桃の木の悲恋50分CD」の準備が出来たり、作曲のための時間が作れたりするので、そうい...



サラ・パクストン

2006-03-06T23:52:00+09:00

サラ・エミリー・パクストン(Sara Emily Paxton)。1988年4月25日カリフォルニアはウッドランドヒルズ生まれの現在高校生。8歳のころから映画出演のキャリアを持ち、その後は主にTVドラマに舞台を移し、「Malcolm in the Middle」「CSI: Miami」「Summerland」「Haunted Lighthouse」などで経験を重ね、ブリー・ラーソン(Brie Larson)などと共に、映画「Sleepover」でティーンエイジアイドルとして注目される。...



LOST FILES AGAIN

2006-02-21T00:57:54+09:00

さてさて、散々苦労したが、旧作を集めたCD「LOST FILES」が、ようやく形になってひと安心。まだこれから、プレス等々の作業が残っているので、とりあえずは経過報告まで。曲順と内容は以下のとおりで、あれこれ創造していただければ幸いかと思う。お楽しみのライナーノーツも、かなりの長さになったので、乞うご期待。それにしても、録音時期も機材もバラバラの音楽データを、一枚のCDとして聞けるようにまとめ、音質のバランスを取るのは本当に至難の業で、試行錯誤にとんでもない時間がかかってしまった。簡単な作...



経過報告

2006-01-09T16:05:22+09:00

DATのデータはおおむね整理がついたものの、始めてみればその先があった。ダンボール箱の山を漁り、フロッピーだのハードディスクだのに仕舞われている過去のデータを探っていくと、実にいろんなものが掘り出されてきて感慨深い。まさに「LOST FILES」という感じ。先日も書いたが、15年前、僕が27歳ぐらいの時にSY77というシンセサイザーを使っていたころのデータ、殆どはアイデアを書き留めたような断片だが、いくつかは完成品、なんて類のフロッピーディスクが、30枚ぐらいあったりする。かとおもうと、聖...



LOST FILES

2005-12-23T13:03:00+09:00

果たして期待されているものなのかどうなのか分からないが、遅れに遅れつつ、オリジナルCDの制作を進めている。タイトルや期日はまだ公に出来る段階ではないが、桃の木の精の悲恋に題を取った、古風で少し哀しい物語を軸に、音楽と歌と語りをひとつの流れにした、ドラマチックな構成になる予定。久しぶりに自分で自由にコンセプトを取る楽曲ということもあり、欲張って、僕らしい民族調の楽器も、オーケストラっぽいアレンジも、いろいろと混ぜた、贅沢な構成にするつもり。内容は、タイトルとなる50分1曲のみ。いつもなが...



MOOG

2005-08-24T00:11:09+09:00

仕事の忙しさに負けて、随分間が空いたと気にしていたこのブログだが、ロバート・A・モーグ博士の訃報に接して、何か書いておかねば気が済まなくなり、筆を執ることにした。モーグ博士の経歴や偉業に関しては、説明して簡単に理解が得られるようなものではない。電気工学と音楽の間を橋渡しし、奇跡の楽器「シンセサイザー」を産み出した人と言えばいいのか。当時、音楽を志してキーボードの前に居場所を見つけた人間は、必ず一度はこの楽器に触れ、スイッチを弄って、その可能性に夢を馳せたことがあるだろう。VCOだのV...



Science Fiction Museum

2005-04-15T17:05:34+09:00

シアトルはダウンタウン、万博の名残を今に留めるスペースニードルのすぐ傍に、Experience Music Projectがある。マイクロソフト創設者のポール・アレンが出資し、ビルバオ・グッゲンハイム美術館で有名な、フランク・オーウェン・ゲーリーのデザインによる、不思議な建築物。古今の音楽の歴史を紐解き、再発見するための重要な施設だが、今回の話はそれについてではない。その一部分を使って併設されたScience Fiction Museum、SFMこそ、今回の眼目だ。空想科学の博物館なんて...



シークレット・オブ・マナ

2005-03-29T00:04:06+09:00

ずいぶん昔の話になるが、「Secret of Mana」というCDについて、少し書きたい。1993年にリリースしたこのCDは、ゲーム「聖剣伝説2」が発売された直後、秋もまだ深まらない残暑の頃に、制作を始めた覚えがある。アレンジバージョンと言いながら、実際には、聖剣伝説2のメロディの断片と、後に聖剣伝説3となるはずのメロディの断片を紡ぎ合わせ、このゲーム世界に通底するなにかを掴みながら、僕自身の音楽のあり方を捉え直したい、というような、少しばかり冒険的な意図を秘めた試みだった。



マーティン・デニー

2005-03-06T02:27:00+09:00

マーティン・デニーが亡くなったという。享年94才。1950年代に活躍したミュージシャンであることを考えると、まだ存命だったことさえ驚きだ。1911年4月10日、アメリカ生まれ。若い頃からクラシカル・ピアノを学び、1954年にハワイに移住するまで実にさまざまなバンドのツアーに積極的に参加したと、巷の情報にある。だが、最も有名な功績は、ハワイに移住してからのものだ。マーティン・デニー、彼はいわゆるエキゾチックサウンド、今でいうところの、ラウンジミュージックを生み出した人である。ハワイ、アジア、...



台湾で萌えましょう

2005-02-23T17:00:32+09:00

2月19日、台北は雨。気温は9度。例年からは考えられない天候らしく、その寒いこと。(笑)知り合いの絵描きさんを案内して、台湾でのコミックイベントであるFancyFrontier5に参加したのだけど、南国と思って気楽に空港に降り立ったもんだから、空を覆う雨雲にびっくりした。FancyFrontierというのは、台湾のアニメーション専門誌「Frontier」が主催する同人誌即売会で、台北市にある台湾大学の体育館を借りて行われ、規模はそんなに大きくないんだけど、スタッフも参加者も熱気に溢れてい...



林邦洋

2005-02-05T16:30:00+09:00

林邦洋というミュージシャンに、会ったことがある。あれはたしか2000年の夏、吉祥寺は井の頭公園で、秋の涼しさがかすかに忍び寄ってくる空気の中、ギターを抱えて、不思議なメロディーを歌う若者を見かけて、思わず足が止まったのだ。僕はそもそも、近辺の街角にたむろして、ストリートミュージシャンと自称しながら、歌うことへの希求も、主張すべき思想も、なにも持たない、志の低い人々が好きではなかったし、たいてい楽曲の展開など、先が読めてしまうものだから、めったに耳を傾けることはないのだが、彼が表現する音楽は...



映画大好き

2005-01-28T20:09:54+09:00

映画が大好きなのだけれど、時間的にも気持ち的にも、映画館に足を運ぶ余裕がない。あの暗くて静かで、孤独に浸れる空間に身を置いて、束の間、別世界の驚きや、映像の美やしさ、情愛の力強さに心を踊らせるのは、無上の喜びであるとしても。やはり1800円は高すぎる。(笑)やっぱりDVDを待とうかな、などと弱腰になってしまう人も、きっと多いだろうと思う。さておき、ウェブの世界は便利なもので、現在製作中の最新映画の予告編が、総まとめで観られるサイトがあり、僕などは、せめて情報だけでも知っておきたいと、頻繁に...



道頓堀極楽商店街

2005-01-21T22:24:31+09:00

大阪は心斎橋に、道頓堀極楽商店街という、ちょっと懐かしい雰囲気のテーマパークがあり、先日、足を運ぶ機会があったのです。東京は池袋にあるナンジャタウンの浪花版というと、知っている人には分かるでしょうか。ビルの中の何階かを利用して、明治から大正あたりの大阪、ごちゃごちゃした下町の街並をセットで再現し、その店々で大阪ならではの料理、駄菓子、お土産などを提供して、懐かしい味や雰囲気を楽しんでもらおうという趣向。この極楽商店街は、ナンジャタウンとは違って、大掛かりなライドや遊興施設が無い分、派手さ...



MOSAIC.WAV

2005-01-15T17:42:39+09:00

今やSyntax Errorという言葉は、時のかなたに懐かしい。秋葉原系という音楽ジャンルが生まれつつあり、昨今の仕事柄、耳にする機会が多いのだが、先日も、事務所の仲間に勧められてMOSAIC.WAVというユニットのCDを聴いた。「We Love AKIBA-POP」と名付けられたそれは、意外にも懐かしさと暖かさに満ち、不思議な感慨を僕に与えた。その中に「電気の恋人」という曲がある。一聴して思い出すのは、1995年の戸田誠司のアルバム「Hello World :)」である。Macintos...



功夫

2005-01-14T00:30:35+09:00

周星馳は1962年6月22日上海生まれ。僕とは半年ほど違うが、同じ42才で、不思議と親近感がある。ひとりっ子、ブルース・リーの大ファン。テレビの子供番組から入って、後に映画に出演するようになった。96年の「食神」が有名だが、前年の「西遊記第壹佰零壹回月光寶盒」での演技が印象に深い。今回の映画「功夫」(Kung fu hustle)は、「少林足球」での成功を受けて、世界公開を視野において制作された野心作であるが、その肌合いは少々雰囲気を異にするところがある。ソニーピクチャーズによる予告篇を...



イノセンス

2005-01-06T13:34:29+09:00

押井守の労作「イノセンス」について少し書こうと思う。この映画の欠点は三つ。「CG」「体言止め」「武藤寿美」。後ろのふたつはさておき、声を大にして言いたいことは、日本において制作されるCGは未だ、表現のための道具として有効に働くだけのレベルに達していないということだ。技術とセンスの両面において、明らかな未熟さがあり、通常のアニメーション技法を基本にして作られた画面に遠く及ばない。しかし、それらの欠点を差し引いてなお、この作品がクリエイターの創作物として傑出していることに変わりは無く、特にレイ...



謹賀新年!

2005-01-01T06:46:20+09:00

謹賀新年!シンプルながらサイトも改装し、ブログ最初の記事が、去年末のコミケットの話題とは、些か後ろ向きな感じもするが、いいのである。コミケットに足を運ぶようになって、もう20年以上になるが、この空間に渦巻くエネルギーは、依然として僕の心に、創作への渇望を呼び起こす。幕張からは近くなったものの、有明はやはり遠いし、暑かったり寒かったりなにかと面倒なので、いまひとつ気乗りがしないまま電車に乗るのだが、いざ会場に着き、その独特の空気に飲まれてみると、不思議な興奮や満足感が心に満ちてくる。創作の...