Subscribe: INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/rss/internet.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
internet watch  magazine reboot】  magazine  reboot】    reboot】     」を 月  」を    年 月    月 magazine   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: INTERNET Watch

INTERNET Watch



The summary of INTERNET Watch



Published: 2018-01-17T13:20:38+09:00

 



2018年は「BEATLESS」とタイアップ、サイバーセキュリティ月間をNISCが実施 

2018-01-17T13:10:38+09:00

 内閣サイバーキュリティセンター(NISC)は、国民に向けた情報セキュリティ普及・啓発を行う2018年の「サイバーセキュリティ月間」を2月1日から3月18日まで実施し、SF作家の長谷敏司氏による原作をテレビアニメ化した「BEATLESS」とのタイアップを行う。 (image)




プラネックス、電源内蔵のギガビット16ポートスイッチングハブ「FXG-24IM5」 

2018-01-17T12:39:13+09:00

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、電源内蔵型の24ポートスイッチングハブ「FXG-24IM5」を1月25日に発売する。価格はオープンプライスだが、Amazon.co.jpでの販売価格は1万7485円(税込)。 (image)




複数のサイトの記事を1つのアプリでチェックできる「Feedly」【仕事お役立ちアプリ】

2018-01-17T12:00:00+09:00

 いろいろなジャンルのニュースを提供してくれるニュースアプリは便利な存在です。しかし、ほかにも情報ソースとして多数のブログを読んでいる人は多いでしょう。企業が情報を提供するブログを開設していれば、最新情報をいち早く確認できます。ただし、複数のブログの記事を読むためには、それぞれのウェブサイトを巡回することになり、なかなか手間が掛かるものです。今回ご紹介するのは、そんなブログやサイトから独自に情報を収集したい方にピッタリのアプリ「Feedly」です。 (image)




次世代のユーザーインターフェースとしてのスマートアシスタントの覇権争い【iNTERNET magazine Reboot】

2018-01-17T11:56:00+09:00

 昨年、2017年のCESでは、アマゾンそのものは出展していなかったにも関わらず、音声によるユーザーインターフェース(スマートアシスタント)であるアレクサが大きな存在感を示した。これまでのディスプレイ、キーボード、マウス、タッチパネルに代わる新たなユーザーインターフェースであるアレクサを採用した機器がさまざまなライセンスを受けたメーカーから発表されたことを多くのメディアで大きく取り上げた。その後、グーグルはホーム、アップルはホームポッドというスマートスピーカーを、日本企業からはLINEがクローバを発売し、スマートスピーカーの開発競争が始まった。この背景にはAIによる音声認識技術の向上と、それに対応するための学習した情報の蓄積がある。 (image)




【今日は何の日】1月17日:インターネット災害訓練が実施された日【iNTERNET magazine Reboot】

2018-01-17T09:00:00+09:00

 1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生しました。それをきっかけとし、翌1996年からこの時期、WIDE(ワイド)プロジェクトはインターネット災害訓練を実施していました。INTERNET Watchでは1998年の第3回〜2001年の第6回までを報じています。こうした訓練や検証の積み重ねの上に、その後の東日本大震災、熊本地震など、大規模災害時におけるネットワークの運用や利用のための経験値が蓄積されているといえるでしょう。 (image)




LINEの「サービス向上のための情報利用」、同意後に取り消すには? 解説記事が続々登場【やじうまWatch】

2018-01-17T06:00:00+09:00

 LINEが1月15日付でアナウンスした「サービス向上のための情報利用に関するご案内」を巡り、いったん同意したあとに取り消す手順をまとめた解説記事が続々と登場している。 (image)




Amazon監修、KDPで「薄い本」を電子出版するためのハウツー漫画が無料公開中【やじうまWatch】

2018-01-17T06:00:00+09:00

 Amazonが、Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)で薄い本こと同人誌を電子出版するためのハウツー漫画を無料公開している。 (image)




DXアンテナの技術搭載、6人家族向けの3×3 11ac無線LANルーター、エレコム「WRC-1750GS」発売 

2018-01-17T06:00:00+09:00

 エレコム株式会社は、DXアンテナの技術を採用したIEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WRC-1750GS」を1月下旬に発売する。価格は1万1540円(税別)。 (image)




エプソン、卓上にも置けるA4ビジネスインクジェット複合機「PX-M884F」 モノクロ1万枚を印刷できる大容量インクパックを採用

2018-01-16T17:48:50+09:00

 セイコーエプソン株式会社とエプソン販売株式会社は、A4対応のビジネスインクジェット複合機「PX-M884F」とビジネスインクジェットプリンター「PX-S884」を1月25日に発売する。市場想定価格(税別)は、PX-M884Fが4万9980円、PX-S884が3万2980円。 (image)




月額基本料12円から、IoT/M2M向けのSIMサービス「さくらのモバイルコネクト」 

2018-01-16T15:39:10+09:00

 さくらインターネット株式会社は、IoT/M2M向けのSIMサービス「さくらのセキュアモバイルコネクト」を2月より提供する。 (image)




激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に【iNTERNET magazine Reboot】

2018-01-16T12:01:00+09:00

 現地時間2018年1月9日~12日まで、米国ラスベガスではCES2018(主催:Consumer Technology Association)が開催された。この1週間、テック系メディアのみならず、経済紙誌、一般紙誌でも多数の記事が取り上げられた。下のニュースソース欄には、メディアのジャンルを超えて、関連する記事を企業ごとにまとめて整理した。 (image)




【今日は何の日】1月16日:マイクロソフトがウェブアプリケーション開発ツールを発売開始した日【iNTERNET magazine Reboot】

2018-01-16T09:00:00+09:00

 2002年の今日、米マイクロソフト社は.NETに対応した統合開発環境ビジュアルスタジオ.NETの提供を開始しました。当時は「XMLベースのWebサービスやアプリケーションを開発するためのツールをまとめたもの」と位置づけられていたと報じられています。その後、同社の戦略変更にともない、.NETはもとより、ツールの位置づけなども変更され、ウェブアプリケーションやその開発環境としての色彩は薄れてしまいました。 (image)




「以前もっと多くなかった?」内容量の減った食品・日用品を記録したWikiが登場【やじうまWatch】

2018-01-16T06:00:00+09:00

 菓子やインスタント食品が、いつの間にか容量が減っていることは少なくない。そうした履歴を品目ごとに収集、記録するデータベースWikiが登場した。 (image)




アサヒカメラ、「嫌われない撮り鉄」になるための啓発記事を最新号で掲載へ【やじうまWatch】

2018-01-16T06:00:00+09:00

 1月20日に発売されるアサヒカメラ2018年2月号で、「嫌われない『撮り鉄』になるために!」という啓発記事が掲載されることが判明し、一部で話題になっている。 (image)




【アクセス回線10Gbpsへの道】(第4回)2.488Gbpsのアクセス回線向け規格「G-PON」、ITUが「G.984.1/2/3/4」として標準化【ネット新技術】

2018-01-16T06:00:00+09:00

 NTT東が、光ファイバーを用いたインターネット接続サービス「Bフレッツ」の提供を2001年に開始して以来、そのスピードは、当初の10M/100Mbpsから高速化を続け、2015年にソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供を開始した「NURO 光」の新プランで、ついに10Gbpsに達した。2017年には、「NURO 光 10G」の対象地域が拡大するなど、多くの地域で10Gbpsのインターネット接続サービスが利用可能になっている。今回は、ITUが「G.984.1/2/3/4」として標準化した2.488Gbpsのアクセス回線向け規格「G-PON」について解説する。(編集部) (image)




国内企業の非IT部門、コスト削減を目的とした“守りのIT投資”が依然として多く 

2018-01-15T19:19:25+09:00

 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は15日、国内の民間企業におけるIT経営に関する調査結果を発表した。調査対象はマネージャー以上の役職に就く経営者または事業部門、営業部門の333人。同調査では非IT部門でのIT投資の重点分野などについてまとめている。IDC Japan株式会社と共同で実施したもの。 (image)




「保護者向けセキュリティカフェ」、東京・名古屋・大阪・福岡でトレンドマイクロが開催 

2018-01-15T17:33:51+09:00

 子どものスマートフォン/インターネット利用に不安を抱えている保護者を対象としたイベント「保護者向けセキュリティカフェ」を、トレンドマイクロ株式会社が東京・名古屋・大阪・福岡で開催する。主に小学生~中学生の子どもにまつわるインターネット上のトラブルやインターネット犯罪の現状について解説。また、「家庭内での子どものインターネット利用ルールの決め方」「安全にスマートフォンを利用させるために子どもとどう接しているか」など、サイバーセキュリティの専門家である同社社員自身の経験やエピソードも紹介し、“子どもの安全なスマホ利用方法を考えるヒント”にしてほしいという。 (image)




荷物の不在通知を装ったSMSに注意! 端末の情報を盗み、遠隔操作も可能な偽の佐川急便アプリ「sagawa.apk」ダウンロード促す 

2018-01-15T16:11:06+09:00

 日本の宅配業者のウェブサイトを装った偽サイトが見つかったことを、株式会社カスペルスキーが同社公式ブログで報告し、注意を呼び掛けている。荷物の不在通知を装ったSMS(ショートメッセージサービス)で送られてくる短縮URLをクリックすることで偽サイトに誘導され、そこで偽アプリをインストールさせる手口だ。カスペルスキーの調査によれば、この偽アプリはインストール時に台湾と通信し、端末のIMEIや電話番号などの情報を送っていたという。 (image)




Wi-Fiセキュリティ機能「WPA3」発表の記事が1位【アクセスランキング】

2018-01-15T11:00:00+09:00

 前週に閲覧数の多かったニュース記事を上位15位までレポートします。 (image)




IT界隈・先週の重要ニュース全284本【iNTERNET magazine Reboot】

2018-01-15T10:55:00+09:00

「週間ニュースインデックス」では、国内外3000超のITニュースサイトからピックアップした先週の重要ニュースを一覧化してお届けします。 (image)