Subscribe: ITpro Network
http://itpro.nikkeibp.co.jp/rss/network.rdf
Preview: ITpro Network

ITpro ネットワーク



日経BP社が運営する,IT(情報技術)にかかわるプロフェッショナルに向けた総合情報サイト。ニュースだけでなく,詳細な解説/コラムやネットの双方向性を活用したコンテンツを提供



Published: 2018-01-20T21:00:05+09:00

 



イッツコム、契約者に月額900円のスマホ向けSIM提供(ニュース)

2018-01-19T11:55:12+09:00

 イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は2018年1月19日、同社のサービス契約者にスマホ向け音声通話対応SIMカードを提供する「イッツコム スマホ」サービスを開始する。



データ通信だけじゃない、MVNOが目指す「フルMVNO」という世界(危機迫るMVNO 次の一手)

2018-01-19T05:00:00+09:00

 一部のMVNOが目指しているのが「フルMVNO」だ。フルMVNOとは、これまでの枠を超えた“準キャリア”とも言える新しい形のMVNOを実現して大手に対抗していこうという構想を指す言葉だ。



Siriが本を読み聞かせてくれる?iPhoneの読み上げ機能で得した気分に(あなたが知らないiPhone)

2018-01-19T05:00:00+09:00

 電車やバスでの移動中のちょっとした時間に、スマートフォンやタブレット端末で電子書籍を読んでいる人をよく見かける。つり革につかまって立っているときにも、片手で操作できるのがいいのだろう。ただ長時間となると、スマートフォンを持つのも面倒になることはないだろうか。



苦境に陥るMVNO 総務省は再活性化できるのか(週末スペシャル)

2018-01-19T05:00:00+09:00

 2017年12月、総務省はモバイル市場の活性化を目的とした有識者会議を発足させた。キャリアの施策によって顧客獲得が難しくなったMVNOの支援策とも言えるが、そもそもでMVNOを苦境に陥れたのは総務省ではないだろうか。



人間相手のスマホは飽和、MVNOの次なるターゲット(危機迫るMVNO 次の一手)

2018-01-18T05:00:00+09:00

 現在の主流である格安スマホの「次」としてMVNOが注目しているのが、今後の急成長が見込まれるIoT分野だ。飽和状態に近づきつつある人間相手のスマホビジネスより、機械向け通信での新ビジネスに期待している。



格安スマホのサブブランド問題、メスを入れるのは難しい(記者の眼)

2018-01-18T05:00:00+09:00

 総務省は2017年12月から「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」と呼ぶ有識者会議で、格安スマホのさらなる活性化に向けた施策の検討を始めた。総務省が次にどのような一手を繰り出すのか注目が集まっている。



JR北海道が「スマホ定期券」、無人駅でも購入可能(ニュース)

2018-01-17T19:35:03+09:00

 北海道旅客鉄道(JR北海道)は2018年1月17日、一部路線でスマートフォン画面を定期券として使う「スマホ定期券」を導入すると発表した。利用開始は2018年4月1日から。石北本線西留辺蘂(にしるべしべ)~網走間と、釧網本線網走~緑間で導入する。



楽天が携帯電話事業の新会社、「楽天モバイルネットワーク」を設立(ニュース)

2018-01-17T18:05:03+09:00

 楽天が携帯電話事業への新規参入を目指す新会社「楽天モバイルネットワーク」を1月10日付で設立したことが、ITproの調べで2018年1月17日に分かった。



NECが10万円強のモバイルノートPCを発表、学生のPC離れにターゲット(ニュース)

2018-01-17T12:28:41+09:00

 NECパーソナルコンピュータは2018年1月16日、都内で新製品発表会を開催し、学生などをターゲットにしたモバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」の新モデルなどを発表した。



企業でも格安スマホ、MVNOが力を入れる法人向けサービスの中身(危機迫るMVNO 次の一手)

2018-01-17T05:00:00+09:00

 MVNOが個人向け格安スマホに続く第2の柱として手掛けているのが法人向けの格安スマホだ。法人向け格安スマホには、個人向けとは異なる機能や特徴がある。



パナソニックがHEMSを強化、家電遠隔制御の拡充など実現へ(ニュース)

2018-01-16T17:04:39+09:00

 パナソニック エコソリューションズ社は2018年1月16日、HEMS(Home Energy Management System)用製品「AiSEG2」の機能を強化すると発表した。



SNS無料や通話料値下げ、差異化に苦心するMVNO(危機迫るMVNO 次の一手)

2018-01-16T05:00:00+09:00

 多くのMVNOで現在の主力ビジネスとなっているのが、個人ユーザーを対象とした格安スマホだ。料金やサービスで大きな違いを打ち出しづらい中で、各社とも少し手も特徴を出そうと苦心している。



年末年始イベントに見るLINEの停滞感(佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側)

2018-01-16T05:00:00+09:00

 LINE社は2017年末から2018年始にかけて、新規事業参入の発表やイベント開催など、活発な動きを見せている。だがこれらの内容を見ると、これまで10代や20代の若い世代から支持を得て人気を拡大してきたLINEに停滞感を感じてしまう。



月50GBで3980円から、ソフトバンクが2018年の学割を発表(ニュース)

2018-01-15T16:42:00+09:00

 ソフトバンクは2018年1月15日、2018年版の学割「学割先生」を発表した。月間データ容量が50ギガバイト(GB)の「ウルトラギガモンスター」を含むプランを1年間月額3980円から利用できるというものだ。



東芝が春モデルのPC新製品、2018年もPC事業継続を明言(ニュース)

2018-01-15T15:12:45+09:00

 東芝クライアントソリューションは2018年1月15日、春モデルの個人向けPC新製品を発表した。