Subscribe: 井上晴美の"POWER OF HARUMI"
http://yaplog.jp/inoueharumi/index1_0.rdf
Preview: 井上晴美の"POWER OF HARUMI"

井上晴美の"POWER OF HARUMI"





Published: 2011-04-18T20:59:08+09:00

 



お知らせです

2011-04-18T20:59:08+09:00

今までたくさんお世話になったヤプログから下記にお引っ越しすることになりました http://inoue-harumi.kirei.biglobe.ne.jp/ またこれからもどうぞよろしくお願いします(^_^)



祈り

2011-03-13T17:00:41+09:00

ここもまだ揺れています しかし普通に生活はできてる。 被災地域の方々 続く余震 流されてしまった家屋 避難所生活 この小さな日本で何事もなく普通の生活を送れる地域もあれば 全てを一瞬で失ってしまった人々 このギャップ。 福島原発の今回の出来事も胸が痛む。 まだこれから起こるであろうことを想定して 行動し生きていく 津波の恐ろしさを改めて知ることとなった今回。 人間の力では止めることも遅らせることも弱めることも出来ず ただただ呆然となってしまう。 本当に無力。 全てをなくしたこれからをどう生きるのか どこで… できることは何なのか…考えている。 昨日車で『救援物資輸送中』と張り紙を貼ったバンとすれ違った 皆何かしら動いている 不安な放射能についての 政府からのクリアて正確な情報を願う。 胸が締め付けられて言葉にするのが本当に難しいのですが 人と支え合い 争いも起きず 互いに協力しあい生きていく 津波では自宅にどれだけ保存食などあっても流されてしまっている現実 義援金 これしか思いつかないけど今は。 自分に今出来る事。 国外のテレビ局も今回のnewsを放送している それを見たたくさんの彼の友人たちや家族もメールや電話をしてきている 私たち家族は離れる事もなく 子供を安全に守る事を考え そして 被災地に向かい祈る 毎日悔いのないよう生きよう



ありがとう コッシー

2011-03-11T08:05:47+09:00

昨夜妹からメール 「コッシー亡くなった」 もう子供たちを寝かすため布団に入っていたときだった。 え??? もう何年も会う事はなかったが若い頃 一緒に仕事したりご飯食べにいったり 恋話に花咲かせたりした 私がカナダにいた頃確かコッシーはN.Yに住んでいた 遊びにいらっしゃいよ~っと言いながらも中々 現実せず、、、 最後にあったのは コッシーの家近くを通りかかってトイレを借りた夜。 「あんたこんな時間に用もないのにトイレだけ借りにくる 女優って中々いないわよね。」 これが最後の会話。 笑える。。。 凄いプライドのある人だった 中々弱さを表に出さない人 美を追求し続けた人 メイクが完了すれば「beautiful!!!!!」っと言ってたな 強烈な性格の持ち主だから一度会えば忘れる事でできない人 最後のお別れには行けないけど 夜空を見上げ コッシーと話をしよう ありがとう ゆっくりやすんでね いつまでもあなたはbeautiful !!! harumi,



旅番組

2011-03-09T12:00:01+09:00

前回の記事にお写真を載せた場所 群馬県のとある温泉場 電車やバスを乗り継いでの旅 普段車での移動が大半なので景色を見ながらの 移動手段は大変よかったです こんな高いところに昇ったり こんなにおいしいうどんを食べたり 「和」 なお出迎があったりと。 宿泊先も茅葺きの建物でまあ素晴らしいとしか 声が出てこない感じでした 時代家具がたくさん飾られていて オーナーのコレクションはきれいに 展示コーナーが設けられていました 食事も体に優しいメニューで本当に満足^ー^ 今ココで放送日を前に明かしてはいけないだろうなので 放送をご覧になってお宿や食事に立ち寄った場所など 改めてお伝えしますね



旅行

2011-03-07T11:14:51+09:00

春一番が吹いていた頃 私はこんなところに 山奥 しかもこの雪景色 。 この頃王子は胃腸炎と戦っていたわけで suに結局移り 最後にはダーリンにまで。 私は別の風邪だったようで。。。ふ~ 旅番組だったんですけど 雪の振る中露天風呂。 正直さぶかった~ 景色は最高でした 紹介する食事もおいしかった 放送はすぐです 3月16日 いい旅夢気分  2時間スペシャル 一緒に旅をしたのは 同じ事務所の先輩 荻野目 慶子 さん 笑いっぱなしの旅でした ぜひご覧くださいね



壊れ続けてる

2011-03-04T21:44:42+09:00

私が数日仕事で留守にしている間に 王子が風邪の一種ウイルスに感染した ダーリンは初めて王子とsuの子守しながら看病するはめに。 何度も電話がなるが私は仕事中なかなかタイミングよく出れず… ダーリンは仕事を休んでの看病になってしまった 私が帰ってきた翌日にはsuが全く同じ症状に。 感染したのだ。 ダーリンは仕事復帰し 私は看病に。 元気になりつつある王子と ぐったりsuと まぁ対照的でどうしてよいのかわからなくなってしまう そんななか 母ちゃん倒れそう!! 風邪ひいちまった!? 喉が痛くて声がだせません。話せない。 まだまだ壊れ続ける… 早くみんなで元気を取り戻したい 週末は寝るだけにしよう くぅ…いたいよ。



壊れる日

2011-02-25T17:00:00+09:00

壊れるときには色んなものが立て続けに壊れていく 王子の通園バックが壊れた そして 車も壊れた ありえない状況だった 朝スクールまで王子を送り届け 帰宅している道のり 突然ボン!と爆発音 ペットボトルでも踏んだのだろう~ 気にせず走行中 ん?臭い…誰?どこ? え?煙?視界が… え?あたしの車? まじ?燃える? やばい? シューシューとボンネットから蒸気機関車のような 煙が!! 慌てて車を止めてsuを抱え 脱出し車から離れた 運よく近くに知り合いの家があったため ピンポンピンポンと鳴らし助けを求める。 おばちゃんが顔を出し おはよう~ 車が壊れちゃったの 煙が出てくるんだけど 爆発するかもしれないんだけどどうしよう!! ちょっと待って!(近くの車の整備士さんに電話してる)そして二階で寝ている息子へ『ちょっと起きて!晴美ちゃんの車がね~あっ!!ズボンはいておりてきなさいよ!!』 目を擦りながら息子が登場 おじちゃん整備士も車で登場 ボンネットを開けようとするおとこたち 『あっ!!爆発するよ!!』と私 こんなんじゃ爆発しないから…(飽きれがお) ボンネット開けてなんだかんだ専門的な話をするおとこたち ディーラーに連絡して取りに来てもらった方がいいな 電話する私だがうまく説明ができないので息子にかわり説明してもらうが 今すぐは来れない!? 代車はない!? 電話を変わる私。 今すぐは来れないが行きますと。代車はフロントと交渉してくださいと。 よくシステムがわからないのでとにかくお待ちしてますと電話をきった ディーラーが車を引き取りに来るまでおばちゃん宅でお茶飲んで待つことに。 2時間後トラックに積まれ車とお別れ いったいどんな処置が行われるのだろうか。。。 今日中には治るかわからない 部品が集まるか どこが壊れているのか開けてみない事には こんな事を言われとにかく連絡を待つ事しかできない そんなわけで 田舎で車のない生活が不可能だと言う事 坂道が多いので自転車ともいかず いつのひかガソリンが買えなくなった日の事を想像すると 自転車を買っておくべきなんだろうなと。



小春日和

2011-02-23T09:00:37+09:00

暖かい午後 suは靴を履いてお外へ 2回目のお散歩 まだふらふらと慣れない足取りで歩く 少しの段差でドテッと転ぶ そして起き上がる そしてまた転ぶ なんだか見ている私は吹き出してしまう 王子のときには確か すぐに手を差し伸べてしまっていたな~ でもsuの場合はそっと見守る これ大事らしいからそうしてみる 滑り台も反対から上る 石を拾っては口に入れる 気がつけば クルクル回りながら踊っている 王子とこれまたやること違って面白い そして 帰ろうとうながすと 泣き出してバタバタと暴れだす でも お外遊びをした日はぐっすり寝てくれるので 多少母ちゃん疲れても頑張るんだ



貼薬

2011-02-16T09:00:30+09:00

つらい肩こりに悩まされ やっとこさドラッグストアの肩こりコーナーへ たくさんありよくわからない ここでやっぱり思うのが パッケージの力ですね 結果私が惹かれたのは 温感パッチでした やはり温める事が大事であろうと。 指で押して「ううう 痛い」っと言うツボに ペタペタと貼っていく そして寝る ジワジワと肩から背中から何かいる感じ ジリジリがわかりやすいかな そしてhotになってきて ちょっと初めての経験でドキドキしていたせいか 寝れませんでした^ー^ しかし翌朝 おおおおお~~~~~ 昨日よりはいい感じ 軽い? しかしまだ痛みは凄いのでしばらく続けてみます 皆様も 首まわして 肩まわして ぐるぐる体操ランチタイムにでもしてくださいね ゴリゴリ体になっちまいます



偏頭痛

2011-02-14T09:33:05+09:00

とにかく異常なくらいの偏頭痛に悩まされ ネットで少し調べたところ 肩こり?からきている!? 確かに記憶に新しいあの日生放送前 首が回らなくなってしまってからずっとまだ痛く。。。 血流がきっと悪くなっているのであろう エクササイズもしてないしな。。。 体が固まってしまっているのだな マッサージなんて行っている暇なんてないし やっぱし家で体操? 目を閉じても頭をハンマーで殴られているような 頭痛で横になっても眠れない 自分の事はさておきの母ちゃんたち!!! 母の日はみんなでスパへGO! ツアーとかやりたいよね 世の中の母ちゃんたち仲間 ご苦労様でございます そして今日も一日頑張りましょ~ 自分だけではきっとないんだな みんな母ちゃんたちもいろいろ大変なはずだな だから弱音はかないでアタイも 今日も笑顔で体操でもして過ごそ~っと。 Smile,



風邪で…

2011-02-11T12:22:54+09:00

ダウンです 周りが風邪でもぜーんぜん平気♪と思っていたら 今回は自分が。 一瞬暖かくなったあの瞬間がいけませんでした 油断しました 薬を飲まずに気で治したいと思ってます 寝て食べてまた寝る 皆様もお大事に…



生放送

2011-02-07T17:00:00+09:00

2月5日は久しぶりの生放送でした 4時間と長かったけども楽しくできました 外のブースでいただいた キノコ汁は美味しかったです! 長野と言えば豊富なきのこたちなので(*^^*) おかわりしたかった位です 大好きな麦ご飯もありましたね ちゃっかりいただいちゃいました(^^ゞ こどもたち大好きだからパクパク楽しみです 今回は初めてお会いする方たちばかりでしたが 個性豊かなお笑いの方たち楽しかったです。 ↑藤森さんともう中学生さんです↑ とてもかわいい絵を描いて不思議なお話をする方でした アジアンさんです(ピンぼけ。。。の様な。) 以上。



首が

2011-02-04T20:14:46+09:00

まわらない 寝違え…? 運転中も王子に呼ばれても振り向けず ん? ままー。みてよ。 ん? これ!ほらー。みてっていってるの~!! ん? 目の玉だけ動くが首は… とにかくイタイ。 明日は生放送。 前を向いて話すだけで済みますように…。



ラーメンと言えば

2011-02-03T13:00:19+09:00

無性にラーメンが食べたくなるときがくる 九州人なのでラーメンと言えば とんこつ だろ! とんこつしかラーメンと思えない だってずっと小さい頃からラーメンは豚骨だと思って生きて来たんだもん でも 今この土地でとんこつラーメン屋さんを探そうとすると ちょいと難しそう。。。 先日とんこつと言われているラーメンやさんへ。 (私にとってこの地にきて初ラーメン) が~~~~~ん うすい うすい うすいよ~~~~~ がつんとこなかった やっぱしラーメン食べに熊本へ帰るべきか? いや この地で九州人好みのラーメンやさん探そうか。。。 どっちだ? わ~~~~ 豚骨ラーメンたべた~~~~い



CTスキャン

2011-02-02T13:00:37+09:00

耳鼻科ではレントゲンは撮れず 紹介状を手に総合病院の形成外科へ行くことに。 なんだか不安な気持ちになってくる もし折れていたとしたらどんな処置に?手術? 考えると恐ろしい 本人はここ数日鼻ばかり私たちがみているせいか 顔を隠すようになった みないで。。。っと。 5時半起きで準備をして形成外科へ。 王子は寝ている中着替えを済ませる どこ行くの~?っとまだ夢の中。 suは早起きだろうがなんだろうが食い気はある パクパク食べているsuを横目に王子の支度を。 初診なのできっと何時間も待たされるだろうとの覚悟で病院へ。 受付を2番目で済ませる(いい感じ) そして形成外科を探して院内を散歩 意外にスムーズに名前を呼ばれて いざ CTへ。 レントゲン室の前の廊下で3人待ち。 王子はまだかな~っと少し疲れて来てきた CT部屋の中からピ~ピ~ピっと音が聞こえてくる 王子「は~い。電車がきます~」 王子快調。 しかし~ 王子の名前を呼ばれママとお別れだとわかると 「ぎゃ~~~~まま~~~~まま~~~~きて~~~~やだ~~~~」 院内に王子の泣き叫ぶ声が響き渡る 「お写真パチりやってきてね~かっこうぃ~やつ。よろしく~」 バタンとドアはしまる まだドア越しでも鳴き声が。。。いや 叫び声だ。 「ゆ~っくり息を止めてください」っと技師の方の声 きっとこの意味王子には理解できないだろうな。。。 大丈夫かな。。。 前の人よりのなんだか時間がかかっている感じ。 鳴き声が止まった ???????どした? ドアが開いた 技師のお兄さんが「中へどうぞ」っと。 そっとのぞくと王子はベッドからおりようとしていた 泣いて髪の毛まで涙で濡れて 目の周り真っ赤 カッコワル。。。王子ったら。 外の廊下に出ると王子が一言 「どうしてママ中に来なかった?」 「ん~っとね。今日は男の人しか入れませんって言われちゃったの」 「そうなの?ママは女の子だからだめだって?」 「そうなの。入りたかったな~」 「どうだった?楽...