Subscribe: 小林雅のBlog
http://venturecapital.typepad.jp/blog/index.rdf
Preview: 小林雅のBlog

ICCパートナーズ 小林雅のBlog



小林雅(Masashi Kobayashi)のBlogです。Industry Co-Creation - ICCの活動紹介など定期的に書いております。ICCは産業を共に創る経営者・経営幹部のためのカンファレンス「Industry Co-Creation(ICC)カンファ



Published: 2017-04-15T10:14:12+09:00

 



祝 IVS 10周年

2017-04-15T10:14:12+09:00

Infinity Ventures Summit(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット 略称 IVS)のWebサイトを拝見すると20回目(10周年)が開催されるということでした。 2007年11月はInfinity Ventures Summitは初開催でしたが当時はケイ・アンド・カンパニーLLPという私の個人会社が主催していて参加人数も300名程度でしたし、運営チームも10名もいない・・・とい...



ICCのコンテンツの作り方・配信の仕方

2016-12-17T10:53:17+09:00

ICCのメディアは主にICCカンファレンスの書き起こし記事を配信しています。 取材した記事の配信や他のカンファレンスやイベントの記事は原則配信しておらず、ICCの活動に特化したメディアになっています。ICCのメディアの目的はICCカンファレンスで議論されている内容を多く人に共有し、より多くに人に役立ちたいという点とICCカンファレンスの認知度アップ(ブランディング)の2点です。 ビジネスの観点から...



ICCカンファレンス スタートアップ・コンテスト「カタパルト」登壇企業募集!

2016-12-15T14:43:13+09:00

2017年2月21-23日 福岡で開催予定のICCカンファレンス FUKUOKA 2017のスタートアップ・コンテスト「カタパルト」では登壇企業を募集しております! 詳細はカタパルト登壇企業の募集ページを是非ご覧ください。 前回(9月)において初めて開催しましたスタートアップ・コンテストでしたが大変好評でした。好評だった大きな理由はピッチコンテストにでていないようなシード/アーリーステージのベンチ...



生存の危機から「本気」が生まれる。そしてIVS に出会えて幸せでした。

2016-12-14T11:48:03+09:00

生存の危機から「本気」が生まれる これは本日ICCのメディアの記事「ベンツを売って覚悟は決まった」日本交通 川鍋氏が語る”マジになった瞬間”【K16-8C #3】の小見出し(僕が書きました。) 小見出しが付いている箇所を引用すると以下のところなのですが、まさにその通りだなと思いました。 川鍋 それまで意外と従順にやっていましたが、ある時生存を脅かされた瞬間にメラメラと怒りがこみ上げてきて「何だそれ...



ICCは「カンファレンス」と「メディア」の垂直統合型モデル

2016-12-11T17:56:14+09:00

「新たな決意」でもメディアについて少しだけ書いておりましたが、改めてICCの「メディア」の考え方とは何か?をまとめたいと思います。 ICCカンファレンスはどういうものか? ICCカンファレンスの最大の特徴はセッション数が多く、登壇者も160-180名と多いことです。 2016年9月に開催したICCカンファレンス KYOTO 2016の場合では3日間で46セッションありますし、来年2017年2月開催...



新たな決意

2016-12-10T19:30:29+09:00

朝起きてから「悲しい出来事」というブログを書きました。 2016年12月7日の午前に開催されていたインフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)のピッチ・コンテスト「Launch Pad」の映像を見ていたときに耳疑うような発言をされていました。とても悲しい気持ちとなり、ICCの活動を支援する皆様に本当に申し訳ない気持ちとなりました。正直な気落ちを「悲しい出来事」にまとめました。 ブログでの反響は...



IVSでの悲しい出来事

2016-12-10T09:29:39+09:00

昨日 悲しい出来事がありました。 昨年2015年9月末にインフィニティ・ベンチャーズを退任しました。私はインフィニティ・ベンチャーズが主催する「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)」の運営に長く関与し、前身となるNILS(New Industry Leaders Summit)というカンファレンスは2014年11月からスタートしたので2015年6月まで年2回 一生懸命やってきました。 ...



ICCカンファレンス KYOTO 2016 振り返り

2016-10-28T08:56:33+09:00

しばらくブログを更新しとおりませんでしたが、9月に4日間にわたる大型カンファレンス 「ICCカンファレンス KYOTO 2016」を無事開催しました。 ICCパートナーズにとって初じめての京都開催となり、滞在型の4日間のカンファレンスは準備も含め1年かけてしっかり行いました。登壇者も約180名という規模感となり、参加人数も約500名となりました。数字をみるように登壇者の比率が非常に高いのがICCカ...



「オープン・イノベーション」を実現するコミュニティ作り

2016-07-06T09:05:03+09:00

最近「オープン・イノベーション」という言葉がキーワードになっている。ICCも「CO-CREATION(共創)」という言葉をかかげていることもあり、オープン・イノベーションについて議論する機会が多くなりました。 議論して感じることは「オープン・イノベーション」といっても大きな会社・組織になると組織そのものが硬直化したり、マインドセットが「Fixed」になっているケースが大変であるため、まったくもって...



ICCカンファレンス CONNECTION 2016プログラム確定と開催の狙い

2016-06-15T10:00:35+09:00

6月25日(土)開催予定のICCカンファレンス CONNECTION 2016のプログラムが確定しました。 CONNECTIONは「新しい出会いの機会を創る」というコンセプトのICCカンファレンスのカジュアル・イベントです。ICCカンファレンスは通常は平日に1〜2日間で開催するのフォーマットですが、今回は土曜日に開催。慶應義塾大学日吉キャンパスという都心から離れた場所で開催します。リラックスした場...