Subscribe: 鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー”
http://fx-blog.jp/suzuki/rss.php
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
〜 〜  〜 %から    %から 〜  %から 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: 鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー”

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー”



投資家必見の投資家心理を交えた独自の為替分析レポートを毎週お届け。



Published: 2017-11-23T14:53:39+09:00

 



米税制改革案の動向次第!期待と不確実性が同居?

2017-11-20T10:00:54+09:00

予想レンジドル円     111.50〜113.00ユーロ円    131.50〜133.00ユーロドル   1.1730〜1.1850豪ドル円    84.30〜85.50**********************今週は感謝祭ウィークを迎えて、相対的に様子見モードが強まる中、米株式市場が反落に転じたほか、米10年債利回りも低下傾向を示したこともあり、ドルの調整売りが優先されている。市場にはトランプ大統領のロシア疑惑が再燃していることもあるが、同時に、米下院では既に税制改革法案を可決しているものの、今後の...



ドル円相場膠着度増すも神経質な展開不変!?

2017-11-13T10:00:54+09:00

予想レンジドル円     113.00〜114.00ユーロ円    131.80〜133.00ユーロドル   1.1600〜1.1730豪ドル円    86.30〜87.50**********************トランプ大統領のアジア歴訪は貿易不均衡是正や大規模な商談などから、それなりの成果を上げたと言える反面、米国の税制改革案の軸とも言えるとなる法人税減税が2019年に先送りされたことが嫌気される中、相対的にドルの上昇に歯止めがかかり始めている。元々、大幅な法人税の引き下げ期待がドルや株式市場の押し...



トランプ大統領アジア歴訪中も自然体で待機策!?

2017-11-06T10:00:54+09:00

予想レンジドル円     113.30〜114.80ユーロ円    131.80〜133.30ユーロドル   1.1550〜1.1680豪ドル円    86.50〜88.00**********************先週末発表された10月米雇用統計では失業率が4.2%から4.1%へ低下したものの、非農業部門雇用者数(NFP)は予想をやや下回り、また、注目された平均時給は伸び悩みの傾向は否めないが、いずれも想定範囲の数値であり、市場の反応は限定的になっている。その中、12月のFRBの利上げはほぼ確実視されて...



売買材料多様化!直近のレンジ幅で待機?

2017-10-30T10:01:32+09:00

予想レンジドル円     113.00〜114.30ユーロ円    131.30〜132.80ユーロドル   1.1550〜1.1700豪ドル円    86.50〜88.00**********************市場に世界的なインフレ低下傾向並びに株高傾向が顕在化する中、北朝鮮情勢、米金利動向、そして、スペインの独立問題が浮上するなど売買材料が多様化しており、安易に身動きが取りづらい状況に置かれている。その中、トランプ米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長には、ハト派的と言われているイエレン...



繰り返される地政学的リスク!無難であればドル買い加速?

2017-10-10T10:00:54+09:00

予想レンジドル円     112.00〜113.80ユーロ円    131.50〜133.00ユーロドル   1.1650〜1.1800豪ドル円    86.50〜88.30**********************先週末発表された9月米雇用統計では失業率が4.2%まで低下するものの、非農業部門雇用者数(NFP)は予想を大幅に下回る内容ではあり、相対的には大型ハリケーンによる一時的な現象とも見方が支配的になっている。その中、注目された平均時給が大幅に上昇したことを受けて、一時ドルを買い戻す動きが広がり、ド...