Subscribe: RSS suite ¤«¤é¤Î¤ªÃΤ餻
http://www.rsssuite.jp/news/index.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: RSS suite ¤«¤é¤Î¤ªÃΤ餻

RSS suite からのお知らせ





Published: 2010-12-28T16:21:20+09:00

 



☆年末年始休業のお知らせ☆

2010-12-28T16:21:20+09:00

─○─────────────
年末年始 休業のお知らせ
株式会社フィードフォース
─────────────○─

誠に勝手ながら、株式会社フィードフォースは、下記の期間休業させていただきます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


╋╋───────────────────────────────╋╋

■休業期間

2010年12月30日(木)〜2011年1月4日(火)


【年末の営業日】
2010年12月29日(水)まで

【新年の営業開始日】
2011年1月5日(水) より平常通り営業いたします。
╋╋───────────────────────────────╋╋


尚、上記期間中のお問い合わせに関しまして(ホームページからのお問い合わせ含む)は、
引き続き受け付けさせていただきますが、休業期間中にいただいた
メール/お問い合わせにつきましては、1月5日以降に順次対応させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 新庄
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@feedforce.jp




☆年末年始休業のお知らせ☆

2009-12-08T19:50:46+09:00

─○─────────────
年末年始 休業のお知らせ
株式会社フィードフォース
─────────────○─

誠に勝手ながら、株式会社フィードフォースは、下記の期間休業させていただきます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


╋╋───────────────────────────────╋╋

■休業期間

2009年12月30日(水)〜2010年1月4日(月)


【年末の営業日】
2009年12月29日(火)まで

【新年の営業開始日】
2010年1月5日(火) より平常通り営業いたします。
╋╋───────────────────────────────╋╋


尚、上記期間中のお問い合わせに関しまして(ホームページからのお問い合わせ含む)は、
引き続き受け付けさせていただきますが、休業期間中にいただいた
メール/お問い合わせにつきましては、1月5日以降に順次対応させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 新庄
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@feedforce.jp




【お知らせ】『RSS Suite』にモバイルサイト対応機能の追加を決定

2009-05-21T16:43:17+09:00

〜ドコモ新機種に搭載されるWeb型RSSリーダー機能に対応〜
ASP型RSSソリューション『RSS Suite』にモバイルサイト対応機能の追加をいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社フィードフォースは、RSSの自動生成、配信、管理を可能にするASP型RSS統合管理ツール『RSS Suite』において、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:山田隆持 以
下ドコモ)の、次期発売予定の新機種における「iモードブラウザ」機能拡充、及び、Web型RSSリーダー
「マイニュース」機能の追加に伴い、『RSS Suite』にモバイルサイト対応機能を追加することを、決定い
たしました。

この機能追加により、企業が持つモバイルサイトにおいても、PC版ウェブサイトと同様、サイト内のコン
テンツを容易にRSS化することが可能になります。



◎機能追加の背景
………………………

※ドコモが6月以降に販売を開始する新機種では、Web型RSSリーダー「マイニュース」が新たに搭載されます。これにより、公式サイトだけではなく、一般サイトでも、ユーザー任意でサイトが登録されれば、「iMenu」でそのサイトの 更新情報が表示されるようになります。


※現状『RSS Suite』は、PC版ウェブサイトにのみ対応しているツールですが、昨今のモバイル市場の拡大に伴い、フィードフォースの顧客、及びお問い合わせ内容において、モバイルサイトでのRSS配信・管理に関するお問い合わせ/ご要望が増加しています。



これに対しフィードフォースでは、今後、企業がウェブ・モバイルサイトを活用したマーケティング活動をするうえで、より効率よく、効果的にコンテンツをユーザーに届ける際のツールとして『RSS Suite』をご活用いただけるよう、今回の機能追加の決定に至りました。

◎今後の見通し
………………………
『RSS Suite』のモバイルサイト対応機能は、現在開発中であり、正式リリースは6月末〜7月初めを予定しております。


フィードフォースでは、今後も『RSS Suite』の機能強化をはじめとした、有益なツールの開発を進めるほか、様々なサービスを展開することを推進してまいります。


以上



※詳しくは、こちらをご確認ください。
【プレスリリース】フィードフォース、ASP型RSSソリューション『RSS Suite』にモバイルサイト対応機能の追加を決定


※NTTドコモ
Web型RSSリーダー「マイニュース」とは
…………………………
マイニュースは、
ユーザーがサイトの登録をすると、「iMenu」にある「マイニュース」
タブ内にサイトの更新情報が表示される機能で、RSSまたはAtomの
フィード情報を登録することで利用できます。


※詳しくは、ドコモ公式ページをご参照ください。
NTTdocomo 「マイニュース」・「マイリンク」について



[本件に関するお問い合わせ] 
広報・プロモーション担当:高野
Mail pr@feedforce.jp
Tel 03-5840-7106 Fax 03-5840-7107




【お知らせ】RSSマーケティングのノウハウと活用事例集を無料でPDF公開!

2009-05-11T14:24:27+09:00

フィードフォースでは、弊社がもつRSSマーケティングの
ノウハウと、弊社のサービス『RSS Suite』の導入事例をまとめた資料の
PDF無料公開を開始いたしました。

公開サイトはこちら
http://www.rsssuite.jp/rssmarketing/


資料には、フィードフォース代表取締役社長の塚田と取締役の阿部が、
過去開催されたセミナーやカンファレンスで講演した内容が含まれてい
る他、約100社の導入実績をもつASP型RSSソリューション『RSS Suite』
の活用事例が、ウェブマーケティングの目的別にまとめらています。


フィードフォースでは、RSSをはじめとしたウェブ技術に詳しくない企
業のウェブご担当者や、個人、自社の技術でRSSを配信している方々に
も、弊社がもつRSSマーケティングのノウハウを届け、今後のウェブ
マーケティングやウェブツール選びに役立ててほしいと考え、この度、
資料の無料公開を実施することにいたしました。


また、無料で資料をダウンロードするにあたり、メールアドレスを入力
することに抵抗がある方にも内容をお読みいただけるよう、サイトにて
内容の全文公開も同時に行っています。


過去、セミナーやイベントに参加できなかった方や、現在RSSの導入を
ご検討されている方にご活用いただけます。


■RSSマーケティングのノウハウと活用事例集 無料公開
サイトURL: http://www.rsssuite.jp/rssmarketing/

プレスリリースはこちら

……………………………………
ご利用いただける無料PDF資料
……………………………………

【資料1】
いますぐはじめよう!はじめてのRSSマーケティングガイド
※ウェブサイト上でも内容を全文公開しています。

[内容]
・第1章 RSSってなんだ?- 1分でわかるRSS入門
・第2章 なんでRSS?- なぜ企業はRSSを配信すべきなの?
・第3章 やってみよう!RSS - 押さえておきたいRSS3つのポイント


【資料2】
RSSの活用事例集

[内容]
・1.継続的来訪・リピーターを増やす
・2.新規見込顧客・新規購読者を増やす
・3.運用負荷・運用コストを削減する

【資料3】
RSS Suite/RSS Gadgetのサービス概要

[内容]
1.会社案内
2.RSSを取り巻く環境の変化
3.RSS Suite 製品のご案内
4.RSS Gadget 製品のご案内


※ダウンロード資料一覧ページはこちら
http://www.rsssuite.jp/rssmarketing/download/


[本件に関するお問い合わせ] 
広報・プロモーション担当:高野
Mail pr@feedforce.jp
Tel 03-5840-7106 Fax 03-5840-7107




【お知らせ】第3回Web2.0マーケティング フェア 出展のお知らせ

2009-04-08T14:59:41+09:00

2009年4月8日
株式会社フィードフォース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィードフォース
第3回Web2.0マーケティング フェア 出展のお知らせ
http://www.feedforce.jp/webmarketing.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:
塚田耕司 以下フィードフォース)は、来る2009年5月13日から15日に、
東京ビッグサイトで開催される【第3回 Web2.0 マーケティング フェ
ア】に出展いたします。

当フェアは、ブログ/RSSなどのCGMソリューションをはじめ、SEO/SEM、
EC構築やモバイルマーケティングまで、Webマーケティングに特化した
企業が一堂に出展する専門展示会です。


フィードフォースでは、当フェアの弊社ブース内にて相談コーナーを
設け、最新のテクノロジ(RSS/メタデータ)を使った、見込み顧客獲得
および関係強化ソリューションを、それぞれのお客様の業界/ニーズご
とに最適な形でご提案します。

……………………
開催概要 http://www.web20-expo.jp/
……………………

◎名称
第3回 Web2.0 マーケティング フェア
◎会期
2008年5月13日(水)〜15日(金)
10:00〜18:00(※15日のみ17:00終了)
◎会場
東京ビッグサイト(東3ホール)
http://www.bigsight.jp/general/guide/index.html
※弊社ブース:【東2-16】

……………………
弊社出展内容 http://www.feedforce.jp/webmarketing.html
……………………

フィードフォースでは以下のサービスを出展致します。

■RSS統合管理ツール『RSS Suite』
http://www.rsssuite.jp/index.html

RSS Suiteは、あらゆる業界での導入実績をもつASP型RSS統合管理
ツールです。既存のサイトをリニューアルすることなく、コンテン
ツをRSS化、配信することができます。業界トップクラスのデータ
ベースを活用し、通常のWEBアクセス解析ツールでは困難なRSSの
効果測定もできるRSSソリューションです。

■RSSリーダー型デスクトップツール『RSS Gadget』
http://www.rsssuite.jp/service_gadget/index.html

RSS Gadgetは、ユーザが必要とする機能を一通り搭載した、RSSリーダ
ー型デスクトップツールで、カスタマイズ不要で安価・短納期での導入
が可能です。また、AdobeAir1.1対応版もあるため、幅広いプラット
フォームで活用いただけるツールです。


■コンテンツフィーダー

ContentsFeederは、は、主にミドルワード、テールワードに特化した、
サテライトサイトやランディングページを、自動で生成・運用できるソ
リューションです。これまで人手で行っていた作業をツールに任せるこ
とで、効率良いウェブ運営を可能にするツールです。

※フェアに参加するには、招待券が必要です。招待券をご希望の方は、
pr@feedforce.jp (高野)まで、ご連絡ください。
郵送にて、招待券をお送りいたします。
※招待状のない場合、入場料は¥5,000となりますのでご注意ください。


……………………
事前アポイントメントについて
……………………
弊社サービスについての詳しい説明をご希望の方は、事前にアポイント
のご予約を承ります。ご予約いただきますと、お席をご用意して専門ス
タッフが各サービスの機能などについて、ご提案/ご説明させていただ
きます。

事前アポイントメントをご希望の方は、弊社会社サイト;
https://www.feedforce.jp/inquiry.html より、
お申し込みください。
営業担当より折り返しご連絡させていただきます。


以上


《関連URL》
http://www.web20-expo.jp/
リードエグジビションジャパン株式会社

……………………………………………………………………………………
会社概要
……………………………………………………………………………………


社名:株式会社フィードフォース 
URL : http://www.feedforce.jp/ 
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援


[本件に関するお問い合わせ] 
広報・プロモーション担当:高野
Mail pr@feedforce.jp
Tel 03-5840-7106 Fax 03-5840-7107




【プレスリリース】感情を記録できるサービス 『えもにゅ』 をリリース

2009-01-30T12:04:32+09:00

2009年1月29日
株式会社フィードフォース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社内企画コンペプロジェクト『seedforce project』から
感情を記録するサービス『えもにゅ』リリース! 
http://emonyu.jp/        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:
塚田耕司 以下フィードフォース)は、社内企画コンペプロジェクト
『seedforce project』(シードフォース プロジェクト)において、
2009年1月29日、以下のサービスをリリースいたしました。

……………………………………………
えもにゅ  http://emonyu.jp/
……………………………………………
emotion everywhere!
〜感情を記録&ブログパーツでみんなに公開〜


【えもにゅとは】

『えもにゅ』は、言葉だけでは表現できない感情を、簡単に投稿でき、
記録として残せるサービスです。

→ 気持ちを表現
………………………………
その日、その時の感情を、言葉ではなく『えもにゅ君』の表情を
通して視覚的に表現します。

→ 気持ちを記録
………………………………
投稿された感情は、投稿された時間と結びついたデータとして収集さ
れるので、「あの日、あの時、ボクは(ワタシは、あの人は)
こんな気持ちだった」が一目でわかります。

→ 気持ちを公開
………………………………
記録された感情はブログパーツに表示されるので、ブログパーツを
貼れば、ブログで自分の気持ちを公開することができます。

※詳しい『えもにゅ』の使い方については『えもにゅ』の公式ページ
http://emonyu.jp/howto をご参照ください。

尚、今後の『えもにゅ』に関する詳しいリリース情報は、
えもにゅスタッフブログ http://emonyu.jp/blog/ にて、随時公開
していきます。


■えもにゅに関する詳細&プレスリリースはこちらからご確認ください。
【プレスリリース】感情を記録できるサービス 『えもにゅ』 をリリース!

……………………………………………………………………………………
会社概要
……………………………………………………………………………………
社名:株式会社フィードフォース
URL:http://www.feedforce.jp/
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 高野
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




☆年末年始休業のお知らせ☆

2008-12-10T11:43:12+09:00

─○─────────────
年末年始 休業のお知らせ
株式会社フィードフォース
─────────────○─

誠に勝手ながら、株式会社フィードフォースは、下記の期間休業させていただきます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


╋╋───────────────────────────────╋╋

■休業期間

2008年12月27日(土)〜2009年1月4日(日)


【年末の営業日】
2008年12月26日(金)まで

【新年の営業開始日】
2009年1月5日(月) より平常通り営業いたします。
╋╋───────────────────────────────╋╋


尚、上記期間中のお問い合わせに関しまして(ホームページからのお問い合わせ含む)は、
引き続き受け付けさせていただきますが、休業期間中にいただいたメール/お問い合わせにつき
ましては1月5日以降に順次対応させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 高野/喜多
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




【プレスリリース】『RSS Suite』に「サイトリニューアル対応機能」を追加

2008-11-28T15:14:15+09:00

報道関係者各位
プレスリリース

2008年11月28日
株式会社フィードフォース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『RSS Suite』新たに『サイトリニューアル対応機能』追加
サイトの長期運用時に起こりやすいトラブルを未然に防止しRSSフィード運用
における負荷とコストを削減          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RSSを活用したインターネットサービス事業を展開する、株式会社フィー
ドフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:塚田耕司 
以下フィードフォース)は、同社が自社開発・販売をする
RSSフィードの生成・配信・管理をするRSS統合ツール『RSS Suite』に
おいて、企業様のサイトリニューアル時におけるRSSフィードの運用を
サポートする『サイトリニューアル対応機能』を追加いたしました。

本機能をご利用いただくことにより、自社CMSなどでRSSを生成する場合
と比較して、大幅な運用コストの削減を可能にします。


------------------------------------------
■機能追加の背景
------------------------------------------
〜サイトリニューアルの際、
RSSフィードの運用において、起こりやすいトラブルとは〜

サイトリニューアルの際に、RSSフィードのURLや書式が変更されると、
RSSフィードが正常に配信されず、読者を失うなどの大きなリスクが
伴います。そのため、企業サイトがサイトニューアルを実施する際には、
RSSフィードの運用において様々な検証作業が必要となります。

こうしたリスクに対し、検証作業の負荷を増やすことなく、大きな
トラブルを未然に防ぐサポートの需要が増加している現状を踏まえ、
RSS Suiteでは、サイトリニューアル時のRSSフィードの運用をサポート
する機能を『サイトリニューアル対応機能』として追加いたしました。

------------------------------------------
■サイトリニューアル対応機能と利用メリット
------------------------------------------
『サイトリニューアル対応機能』は、2つの機能で構成されています。


【機能 : 1】- 更新チェック機能
〜RSSフィードに問題があれば自動で通知〜


主に次のような場合に、お客様に自動的にお知らせします。

○RSSフィードが一定期間以上更新されていない場合
○RSSフィードの見出しが一定回数正常に取得できない場合
○RSSフィードや、その元になるページがNot Foundの場合

また、検知した場合のお知らせの方法は、

○管理が面上でのアイコン・メッセージでの通知
○メール送信による通知

としております。


【機能 : 2】- 設定変更ウィザード機能
〜問題を発見したら『設定変更ウィザード』ですぐ確認〜


更新チェック機能で問題が発見された場合、どのようにすれば
その問題を改善できるかの解決手順を、管理画面上にて、
計4ステップでご案内します。手順のほとんどは、RSS Suiteの
管理画面上の操作のみで対応が完了します。


メリット
--------
このような機能の追加により、RSS Suiteは、ご利用いただく企業様に
多くのメリットをもたらす優位点を持っています。

○サイトリニューアル時、読者損失などのトラブルを未然に防止
○サイトリニューアル時のRSSフィード運用作業の負荷を大幅に低減
○RSSフィードの生成・配信・運用サポートの一元管理による、
 費用対効果の向上

◆RSS Suite 設定の柔軟性
----------------------------------

『RSS Suite』は、販売当初より、企業のニーズに合わせて設定できる
柔軟性を強みとしており、常にWEB環境の変化に合わせて機能を改善
してきております。そのためお客様には、導入時より常に満足度の高い、
最先端の機能をお使いいただくことが可能です。

株式会社フィードフォースでは、毎月5〜10件の機能追加・改善を実施
しており、顧客の声を順次、既存のパッケージ機能の中に反映させる
ようにしております。

今後も、RSSフィードを活用したマーケティングで、企業が最大限の
効果を出せるよう、『RSS Suite』の機能強化や有益なツールの開発を
進めるほか、様々な企画を展開することを推進してまいります。

【RSS Suiteとは】

株式会社リクルート様、ぴあ株式会社様など、お手企業様にご導入い
ただいている『RSS Suite』は、多様な事例に裏付けされたRSS運用
ノウハウと高い信頼性を持っております。

サービス概要 ⇒ http://www.rsssuite.jp/


……………………………………………………………………………………
会社概要
……………………………………………………………………………………
社名:株式会社フィードフォース
URL:http://www.feedforce.jp/
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 高野/阿部
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp





【11/14開催】セミナーレポート

2008-11-19T15:31:58+09:00

フィードフォースとしては6月以来、久々に開催した共催セミナー
=============
成果を出すWebマーケティングセミナー
〜RSSマーケティングとメールマーケティングの賢い活用法〜
2008年11月14日:東京 銀座にて開催
=============

おかげ様でたくさんのお客さんからのお申し込みを頂き、抽選でご参加いただくなどの処置を
とらせていただいた今回のセミナー。
RSSマーケティング×メールマーケティングというテーマで
・メールマーケティングの現在
・RSS Suiteの導入事例に見る、多様化するRSSの活用事例
についてお話させていただきました。

(image)
左:アルトビジョン コンサルタント:長沼氏
右:フィードフォース 取締役:阿部氏

(image)


ご参加いただいたお客様からの声として、『参考になった』というお言葉を多くいただきましたが、
『もうすでにやっているRSSの活用方法だった』『もっと詳しい内容が聞きたかった』などのお声も
ありました。

RSS対応を未だしていない企業様も多くいる一方、一部の企業様では、サイトのRSS対応は
すでに当たり前になりつつあるのだな、という最近の動向を、改めて実感したセミナーでした。

RSSをより効果的にご活用いただけるよう、
今後のセミナー内容に生かしていきたいと思います。


最後に、
たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 高野
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




【終了しました】11/14開催 成果を出すWebマーケティングセミナー〜RSSマーケティングとメールマーケティングの賢い活用法〜

2008-10-31T16:53:44+09:00

株式会社フィードフォース、株式会社アルトビジョン共催!!


成果を出すWebマーケティングセミナー
〜RSSマーケティングとメールマーケティングの賢い活用法〜

2008年11月14日(金) 14:30〜16:50


顧客へのリテンションツールとして利用される「メール」と「RSS」ですが、それぞれの違いや活用法は
まだ浸透していないのが現状です。今回は、株式会社アルトビジョンと共催にて、
メールマーケティングとRSSという2つの切り口で、いかにRSSとメールを活用するか?をテーマに
セミナーを行います。

▼こんな方にオススメ  
………………………………
◎メールマガジンを使用したブランディング、プロモーションに興味がある方
◎メール/RSSからWEBサイトへの導線を強化したい方
◎メール/RSSのどちらかしか実施していない方
◎両方実施しているが、どちらをどんな目的で活用していいのかわからない方
○メールマーケティング/RSSマーケティングの最新事例を知りたい方


お申し込みはこちらから
……………………………………
以下の申込フォームより、お申し込みください
http://news.altovision.co.jp/g.php/28SIo00UbYeM4tt75o


………………………………………………………………………………………………………………
セミナー概要
………………………………………………………………………………………………………………

▽日時・会場
…………………………
日時:2008/11/14(金) 14:30〜16:50 開場14:00〜

会場:銀座キャピタルホテル 新館 2階「ローズの間」
住所:〒104-0045 東京都中央区築地3-1-5
地図はこちら
※新館と本館がありますのでご注意ください。
定員:50名



▽セミナープログラム
…………………………

◎第1部:メールマーケティングの現在

★……講演者:
株式会社アルトビジョン コンサルタント 長沼 晃司

★……講演内容:
技術革新やユーザー環境の変化によって、メールマーケティングは常に進化し続けています。

「プッシュ型」「個別アプローチ」「低コスト」「効果検証の容易性」などメールの特長を最大限活かし
つつ、著しい環境変化に即したマーケティング施策の実現がメールマーケティングの成功には
不可欠です。ブランディングとプロモーションのバランス、HTMLメール導入、資料請求フォロー、モバイル
での店舗誘導、効果測定の考え方などを、事例を織り交ぜながら、幅広い視点でメールマーケティング
の活用の仕方について説明します。
……………………………………………………
◎第2部:RSSでここまでデキル!知らなきゃ損する、RSSの活用方法
    〜RSS Suiteの導入事例に見る、多様化するRSSの活用事例〜

★……講演者:
株式会社フィードフォース 取締役 阿部 樹

★……講演内容:
『RSSは普及していないから、導入する必要はない』

と、おっしゃる企業様がいる一方で、RSSに早くから取り組み、既にに高い効果を得ている企業様も
いらっしゃいます。今回は、弊社のRSSソリューション『RSS Suite』をご導入いただいている企業様の
活用事例を中心に、RSSマーケティングの現状を簡単にご説明した上で、業界別/目的別に見る、
企業のRSSに対する取り組み/活用事例や、RSSとメールマガジンとの使い分け方についてもご紹介
させていただきます。



お申し込みはこちらから
………………………………………………………………………………………

▼以下の申込フォームより、お申し込みください▼
http://news.altovision.co.jp/g.php/28SIo00UbYeM4tt75o


▼申込締切
大変恐縮ですが、11月7日(金)18:00までにお申込下さい。
抽選結果については11月11日(火)頃に連絡させていただきます。

ご注意
※定員に達した場合、お申し込みを頂いてもご参加できない場合がございます。
※セミナープログラムは予告なしに変更される場合があります。

……………………………………………………
■共催企業様のご紹介
……………………………………………………
株式会社アルトビジョン
アルトビジョンは、メールマーケティングとBtoBマーケティングについて事業展開しており、
マーケティング戦略立案、クリエイティブ制作、メール配信システム提供、 オペレーション代行、
モバイルプロモーションなどの分野で企業を支援している企業です。

会社サイトURL:http://www.altovision.co.jp/
メールマーケティングガイド:http://www.html-mail.jp/


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 高野
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




【人材募集】_WEBエンジニア募集を開始 _ RSS・メタデータ技術のフィードフォース

2008-10-01T16:17:16+09:00

2008年10月1日 株式会社フィードフォース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ RSS・メタデータ技術のフィードフォース 自社WEBエンジニア スタッフ募集開始 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ RSSを活用したインターネットサービス事業を展開する株式会社フィード フォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:塚田耕司 以下 フィードフォース)は、自社WEBエンジニアのスタッフ募集を、自社WEB サイトにて開始しました。 フィードフォースでは、これまで求人情報サイトなどの他社運営媒体にて 求人を行ってきましたが、ご応募いただく方々から ○エンジニアの社内制度についてもっと知りたい ○どんな人が働いているのかを知りたい というご要望を多くいただいておりました。 少しでも多くのエンジニアの方々に、仕事の様子や企業文化をご理解いた だけるよう、この度、自社WEBサイト内にて社内/社員紹介コンテンツを 追加し、自社WEBサイトでも求人のご応募ができるようにいたしました。                フィードフォース 採用ページはこちら       http://www.feedforce.jp/recruit/index.html ━━━━━━━━━━━━━━ ■現在募集中の求人情報 ━━━━━━━━━━━━━━ 技術が大好き。発想を形にせずにはいられない方を募集 --------------------------------------------------- 募集要項 ━━━━━━━━━━━━━━ ○職種 自社WEBエンジニア スタッフ ○仕事内容 PHP もしくはRuby on Rails を使ったWebアプリケーションの開発担当 ※使用ソフトウェア * Linux (CentOS) * PHP5 * Ruby on Rails * MySQL * Apache 2.x * lighttpd * Subversion * Wiki (Hiki + Hikifarm) ○雇用形態 1. 正社員(新卒/中途) 2.契約社員(新卒/中途) 3. アルバイト ○必須条件 * オブジェクト指向プログラミングの経験 * UNIX 系 OS の基本操作 * 楽をするための工夫が好きな方 * 環境は与えられるだけのものではなく、  自ら作りあげていくものでもあると思っている方 ※「経験」とある部分は実務経験は問いません。         募集要項の詳細はこちら   http://www.feedforce.jp/recruit/career.html ━━━━━━━━━━━━━━ ■ゆとりあるエンジニアライフ ━━━━━━━━━━━━━━ ◎モノづくりに対する情熱とモチベーションを最優先 --------------------------------------------------- フィードフォースでは2006年の設立以来、週40時間労働をスローガンに 掲げ、残業をしなくて良い職場環境作りに力を入れています。 開発の効率を最大まで高められるような開発環境を目指すと同時に、 常に社員全員が自ら個性やクリエイティブ性を追求できるような環境を つくれるよう、日々努力をしています。 開発の効率向上に努め、就業時間の業務密度を濃くすることで、 勤務後の時間を趣味や勉強・休養などに費やし豊かな人生を送る。 それがフィードフォースが目指すワークスタイルです。 ◎楽をするために頑張る文化 --------------------------------------------------- 開発手法においてはアジャイル開発のプラクティスを実践し、開発が より楽に、より楽しくなるような努力を[...]



【プレスリリース】『RSS Suite』サイト運用負荷を軽減する「自動ごみ箱機能」追加〜コンテンツの同期を目的としたRSS利用の増加に対応〜

2008-08-25T16:35:59+09:00

報道関係者各位
プレスリリース

2008年8月25日
株式会社フィードフォース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『RSS Suite』サイト運用負荷を軽減する「自動ごみ箱機能」追加
〜複数サイト間、コンテンツの同期を目的としたRSS利用の増加に対応〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RSSを活用したインターネットサービス事業を展開する、株式会社フィー
ドフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:塚田耕司 
以下フィードフォース)は、同社が自社開発・販売をする
RSSフィード生成・配信ツール『RSS Suite』において、自動でウェブ
イト上の削除項目を検知し、RSS上に反映させる「自動ごみ箱機能」を
追加いたしました。

----------------------------
■機能追加の背景
----------------------------
〜フィードフォースの顧客、及びお問い合わせ内容から見る企業のウェブサイト運営の現状〜

※複数サイトを運営するグループ企業様・大手企業様では、サイトの
  コンテンツを更新・削除する際に、各サイト間でのコンテンツの
  同期にかかる運用負荷の高さと、それに伴う人材不足を課題
  としている。

※従来のような、一般的に普及している新着通知のためだけにRSSを
  利用するのではなく、複数のサイト間でコンテンツの同期をする
  ために、RSSを利用する事例が増えている。

今回の機能追加は、近年の企業ウェブサイト運営状況、及び課題に対応
したもので、今後より多くの企業様に、『RSS Suite』を運用の効率化を
図るためのツールとしてご活用いただけるよう実施いたしました。

----------------------------
■自動ごみ箱機能とは - 概要
----------------------------

「自動ごみ箱機能」とは、ウェブサイト上でリンクが削除された場合、
その削除項目を自動検知し、RSS上に反映させる機能です。


※従来の『RSS Suite』

従来では、ウェブサイト上の新着情報のみを自動取得していたため、
ウェブサイトのリンクが削除されても、RSSで配信される情報には、
そのリンクは残っていました。削除する場合には『RSS Suite』の管理
画面にて、手動でそのリンクを「ごみ箱」に入れる必要があり、複数の
サイトで複数のRSSフィードを配信している企業様は、サイトの数だけ
手動でのオペレーションが必要とされていました。



◆より効率的なサイト運営を可能に - 自動ごみ箱機能
----------------------------

ウェブサイト上でのリンクが削除された場合、新着情報と同様、
『RSS Suite』がその削除リンクを自動で検知し、自動的にRSS上の
リンクの掲載を停止することができるようになりました。よって、
手動でのオペレーションを行うことなく、複数サイトでの掲載停止を
自動で行うことができるようになりました。


また、本機能に付随して、アイテム(フィード記事)ごとに自動・手動
を指定できる「ピン機能」や、消去したリンクを元に戻す機能なども
追加しており、企業ごとに異なる多様な運用体制に合わせられるよう、
柔軟な設定が可能になっております。


フィードフォースでは、今後も更に多くの企業様に安心してご導入、
ご活用いただけるよう、『RSS Suite』の機能強化を進めるほか、
企業のウェブサイトご担当者様が運用上抱えている課題の解決に、
RSSの技術を活用できるよう、様々な企画を展開することを推進して
まいります。

以上


RSS Suiteについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆RSS Suite 設定の柔軟性
==================================
〜常にニーズの高い最先端の機能をお使いいただけます〜

『RSS Suite』は、販売当初より、企業のニーズに合わせて設定できる
柔軟性を強みとしており、常にWEB環境の変化に合わせて機能を改善
してきております。そのためお客様には、導入時より常に満足度の高い、
最先端の機能をお使いいただくことが可能です。

株式会社フィードフォースでは、毎月5〜10件の機能追加・改善を実施
しており、顧客の声を順次、既存のパッケージ機能の中に反映させる
ようにしております。

今後も、RSSフィードを活用したマーケティングで、企業が最大限の
効果を出せるよう、『RSS Suite』の機能強化や有益なツールの開発を
進めるほか、様々な企画を展開することを推進してまいります。


◇RSS Suite の特徴
──────────────────

RSS Suite は、企業のWEBマーケティング支援を目的として開発された、
ASP型RSS統合ソリューションです。

○RSSの自動生成・管理
-既存のサイトやメールマガジンのコンテンツから
柔軟にデータを抽出して配信することができます。
 
○低コストでの運用
-簡単な導入フローで通常2週間程度での導入が可能であると同時に、
ほぼゼロに近い運用作業での運用が可能です。

○セキュリティポリシー機能
-例えば、セキュリティのレベルも法人様のセキュリティの水準に
あわせて運用していただくことが可能です。

○企業導入実績 No.1
-大手企業様を中心に
既に100社の企業様に採用いただいているツールです。

○サービス概要
http://www.rsssuite.jp/

……………………………………………………………………………………
会社概要
……………………………………………………………………………………
社名:株式会社フィードフォース
URL:http://www.feedforce.jp/
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 高野/阿部
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




【プレスリリース】『RSS Suite』にログインIPアドレスを制限するIPアドレス制限機能を追加

2008-07-29T10:57:12+09:00

報道関係者各位
プレスリリース

2008年7月29日
株式会社フィードフォース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  フィードフォース 『RSS Suite』のセキュリティ設定機能を強化
〜ログインできるIPアドレスを制限するIPアドレス制限機能を追加〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RSSを活用したインターネットサービス事業を展開する株式会社
フィードフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:塚田耕司 
以下フィードフォース)は、同社が自社開発・販売をする
RSSフィード統合管理ツール『RSS Suite』において、セキュリティ強化
を目的とした、IPアドレス制限機能を追加いたしました。

今回の機能追加は、すでにフィードフォースとご契約いただいている
上場企業の皆様より、ログインを制限するセキュリティ設定に対して
機能追加のご要望が多かったことから、実施いたしました。


◆IPアドレス制限機能
====================================
IPアドレスを指定することにより、ログインを許可するIPアドレスを
制限できる機能です。これにより、指定されたIPアドレス以外からの
ログインができなくなります。

従来の『RSS Suite』には、主に以下の3項目:

・パスワード強制変更
・ログインロック
・強制ログアウト

によるセキュリティ設定機能が搭載されておりましたが、
今後、より多くの企業様に安心して導入いただけるよう、
更なるセキュリティ強化を図るため、IPアドレス任意指定による
アクセス制限機能の追加をいたしました。


『RSS Suite』セキュリティ設定機能一覧
──────────────────
今回の機能追加により、現状のRSS Suiteの管理画面で設定できる
セキュリティー項目は以下の通りとなります。

[1] パスワードのセキュリティ設定
・パスワード更新から指定した期間が経過すると、強制的にパス
 ワード変更画面に誘導させる設定(パスワード強制変更設定)

[2] ログインのセキュリティ設定
・指定したログインの試行回数を上回った場合、アカウントを一定
 時間ロックする設定(ログインロック設定)
・ログインを許可するIPアドレスを制限する設定(※今回追加機能)

[3] 操作のセキュリティ設定(強制ログアウト設定)
・一定時間操作がなかった場合に、強制的にログアウトさせる設定


上記項目において、企業様ごとに異なるセキュリティの水準にも
柔軟に対応できる仕様になっております。

フィードフォースでは、今後も更に多くの企業様に安心してご導入、
ご活用いただけるよう、『RSS Suite』の機能強化を進めるほか、
様々な企画を展開することを推進してまいります。


◆RSS Suite 設定の柔軟性
==================================
〜常にニーズの高い最先端の機能をお使いいただけます〜

『RSS Suite』は、販売当初より、企業のニーズに合わせて設定でき
る柔軟性を強みとしており、常にWEB環境の変化に合わせて機能を
改善してきております。そのためお客様には、導入時より常に満足
度の高い、最先端の機能をお使いいただくことが可能です。

株式会社フィードフォースでは、毎月5〜10件の機能追加・改善を
実施しており、顧客の声を順次、既存のパッケージ機能の中に反映
させるようにしております。

今後も、RSSフィードを活用したマーケティングで、企業が最大限の
効果を出せるよう、『RSS Suite』の機能強化や有益なツールの開発
を進めるほか、様々な企画を展開することを推進してまいります。


◇RSS Suite の特徴
──────────────────
RSS Suite は、企業のWEBマーケティング支援を目的として開発
された、ASP型RSS統合ソリューションです。

○RSSの自動生成・管理
-既存のサイトやメールマガジンのコンテンツから
柔軟にデータを抽出して配信することができます。
 
○低コストでの運用
-簡単な導入フローで通常2週間程度での導入が可能であると同時に、
ほぼゼロに近い運用作業での運用が可能です。

○セキュリティポリシー機能
-例えば、セキュリティのレベルも法人様のセキュリティの水準に
あわせて運用していただくことが可能です。

○企業導入実績 No.1
-大手企業様を中心に
既に100社の企業様に採用いただいているツールです。

○サービス概要
http://www.rsssuite.jp/

…………………………
会社概要
…………………………

社名:株式会社フィードフォース
URL:http://www.feedforce.jp/
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 
広報・プロモーション担当 高野
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




【プレスリリース】みずほフィナンシャルグループ様がフィードフォースのRSS統合管理ツール『RSS Suite』を導入

2008-07-08T10:37:23+09:00

報道関係者各位
プレスリリース

2008年7月7日
株式会社フィードフォース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        みずほフィナンシャルグループ様が
   フィードフォースのRSS統合管理ツール『RSS Suite』を導入

─オペレーションの容易さ・サイト間での連携機能・
           セキュリティ対応水準等が評価のポイントに─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:
塚田耕司 以下フィードフォース)はこのほど、株式会社みずほフィナ
ンシャルグループ(本社:東京都千代田区 取締役社長:前田晃伸)様に、
当社のRSS統合管理ツール『RSS Suite』を導入いただきました。

株式会社みずほフィナンシャルグループ様は、『RSS Suite』を、
ニュースリリースやウェブサイト更新情報を開示することに使用し、
これによりWEBサイトを訪れるユーザへの情報配信や配信内容の管理を
簡単にできる他、ユーザは個人情報を提供することなく新着情報を、
継続的に取得できるようになります。

---------------
◎導入の背景
---------------
株式会社みずほフィナンシャルグループ様は、複数の企業を傘下に持つ
企業グループの持株会社であり、同社のサイト上には業績や決算情報な
どが公開されることから、より利便性の高い情報配信の一環としての
RSS配信や、グループ内の複数のサイト間で更新情報を迅速に共有する
こと、などを課題としていらっしゃいました。

---------------
◎評価のポイント
---------------
当社の『RSS Suite』はASP型RSS統合管理ツールで、株式会社みずほ
フィナンシャルグループ様には、下記の点などが評価されて導入されま
した。

○ RSSの管理配信オペレーションが高機能かつ容易なこと
○ 複数のサイト間でRSSを利用して更新情報を迅速に共有可能なこと
○ 同社のセキュリティ評価基準を満たし、今後も対応の向上が期待
  できること
○ 他社での導入実績が豊富で、運用ノウハウの還元が期待できること

---------------
◎今後の見通し
---------------
フィードフォースでは、同グループ各社へのRSS活用支援を進めると
ともに、『RSS Suite』の更なる機能拡充を行い、今後もRSSを活用した
マーケティングを支援するために有益なツールの開発を推進してまいり
ます。

==================================
◆RSS Suite の強み
==================================
追加投資ゼロで、ニーズの高い最先端の機能をお使いいただけます。

『RSS Suite』は、販売当初より企業のニーズに合わせて設定できる
柔軟性を強みとしており、常にWEB環境の変化に合わせて機能を改善
してきております。そのためお客様には、導入時より常に満足度の高い、
最先端の機能をお使いいただくことが可能です。

○RSSの自動生成・管理
-既存のサイトやメールマガジンのコンテンツから
柔軟にデータを抽出して配信することができます。
 
○低コストでの運用
-簡単な導入フローで通常2週間程度での導入が可能であると同時に、
ほぼゼロに近い運用作業での運用が可能です。

○セキュリティポリシー機能
-例えば、セキュリティのレベルも法人様のセキュリティの水準に
あわせて運用していただくことが可能です。

○企業導入実績 No.1
-大手企業様を中心に
既に100社の企業様に採用いただいているツールです。

今後も、RSSフィードを活用したマーケティングで、企業が最大限の
効果を出せるよう、『RSS Suite』の機能強化や有益なツールの開発を
進めるほか、様々な企画を展開することを推進してまいります。

○サービス概要
http://www.rsssuite.jp/

……………………………………………………………………………………
会社概要
……………………………………………………………………………………
社名:株式会社フィードフォース
URL:http://www.feedforce.jp/
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 
広報・プロモーション担当 高野
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp




【プレスリリース】AdobeAir1.1対応/RSSリーダー機能付 『RSS Gadget(ガジェット)』 提供開始

2008-06-30T10:35:07+09:00

報道関係者各位
プレスリリース

2008年6月30日
株式会社フィードフォース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  フィードフォース Adobe AIR 1.1対応のデスクトップツール
   RSSリーダー機能付『RSS Gadget(ガジェット)』提供開始

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RSSを活用したインターネットサービス事業を展開する株式会社フィード
フォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:塚田耕司 以下フィード
フォース)は、日本語環境に正式対応したAdobe社のAdobe AIR 1.1に
対応したデスクトップツール『RSS Gadget(ガジェット)』の販売を
開始いたしました。

『RSS Gadget(ガジェット)』は、フィードフォースが2006年より自社
開発・販売提供しているサービスで、RSSリーダー機能、壁紙チャンジャ
機能を持つデスクトップツールです。

これまで、Windows2000, Windows XPにのみ対応していた同サービス
ですが、この度Adobe AIRに対応したことで、Windows Vista,
Macintoshでの動作も可能になったと同時に、
動作の安定性も向上いたしました。


-----------------------------------
『RSS Gadget(ガジェット)』の強み
-----------------------------------
●簡単な導入
『RSS Gadget(ガジェット)』は、「最も手軽なデスクトップツール」
であることを強みとしており、RSSリーダー機能や壁紙チャンジャ機能などを
定型として搭載しているため、導入までがスムーズな上、比較的安価での導
入が可能です。

●ユーザとの接触率向上に最適
複数の壁紙を何度でも配信可能なため、デスクトップ上でユーザとの継続
的なコミュニケーションを実現し、ブランド認知に最適です。

●キャンペーンとその効果測定が可能
フィードフォースが開発・販売するRSS統合管理ツール『RSS Suite』と
併用することで、ユーザのアクティブ率や記事反応率までわかりやすく測定
できます。

フィードフォースでは、今後もRSSフィードを活用したマーケティングで
企業が最大限の効果を出せるよう、『RSS Gadget(ガジェット)』、
『RSS Suite』共に機能強化を進めるほか、様々な企画を展開することを
推進してまいります。

『RSS Gadget(ガジェット)』について
http://www.rsssuite.jp/service_gadget/index.html


株式会社フィードフォースとは
--------------------------------------------

株式会社ルートコミュニケーションズにて、2005年よりRSS関連
ソリューションを提供開始。
2006年にRSS関連事業を株式会社フィードフォースとして分社。
以降、企業とユーザとのコミュニケーションの活性化や、WEBマーケ
ティングを支援することを目指しています。

RSS統合管理ツール『RSS Suite』は、法人向けのツールとしては国内
トップシェアを誇る実績を持っています。

○RSS Suite サービス概要
http://www.rsssuite.jp/


……………………………………………………………………………………
会社概要
……………………………………………………………………………………
社名:株式会社フィードフォース
URL:http://www.feedforce.jp/
所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
代表取締役:塚田耕司
事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィードフォース 
広報・プロモーション担当 高野
TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp