Subscribe: RSS - 変更履歴
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=RSS&action=history&feed=rss
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
atom  atom}}  {{lang atom}}  {{lang  ← 古い版    古い版 年  年 月    月 日    行目 行目  行目 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: RSS - 変更履歴

RSS - 版の履歴



このウィキのこのページに関する変更履歴



Last Build Date: Sun, 25 Sep 2016 02:24:04 GMT

 



Coomm: /* 今後の展望 */

Mon, 11 Apr 2016 18:34:09 GMT

‎今後の展望 ← 古い版 2016年4月11日 (月) 18:34時点における版 71行目: 71行目:   RSS 1.0 と RSS 2.0 の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0 はシンプルさの代償として RSS 1.0 の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0 を置き換えるものではない。従って RSS 1.0 は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。{{要出典|date=2012年9月}}   RSS 1.0 と RSS 2.0 の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0 はシンプルさの代償として RSS 1.0 の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0 を置き換えるものではない。従って RSS 1.0 は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。{{要出典|date=2012年9月}}     − 一方、RSS 2.0 に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのサム・ルビー({{lang|en|Sam Ruby}})などが中心となり、{{lang|en|[[Atom (ウェブコンテンツ配信)|Atom]]}} と呼ばれる新しい規格が策定された。{{lang|en|Atom}} にはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」({{lang|en|[[Movable Type]]}})の開発元のシックス・アパート社({{lang|en|Six Apart}})やスタンフォード大学法学部の[[ローレンス・レッシグ]]教授、XML開発者のティム・ブレイ({{lang|en|Tim Bray}})などが支持を表明し、また[[グーグル]]社も自社のサービス {{読み仮名|{{lang|en|[[Gmail]]}}|ジーメール}} にて、メールの内容を {{lang|en|Atom}} フィードで提供するサービスを行っている。 + 一方、RSS 2.0 に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのサム・ルビー({{lang|en|Sam Ruby}})などが中心となり、{{lang|en|[[Atom (ウェブコンテンツ配信)|Atom]]}} と呼ばれる新しい規格が策定された。{{lang|en|Atom}} にはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」({{lang|en|[[Movable Type]]}})の開発元のシックス・アパート社({{lang|en|Six Apart}})やスタンフォード大学法学部の[[ローレンス・レッシグ]]教授、XML開発者のティム・ブレイ({{lang|en|Tim Bray}})などが支持を表明し、また[[Google]]も自社のサービス {{読み仮名|{{lang|en|[[Gmail]]}}|ジーメール}} にて、メールの内容を {{lang|en|Atom}} フィードで提供するサービスを行っている。       今日において、RSS 1.0、RSS 2.0 そして {{lang|en|Atom}} は、いずれにも集約されることなく各々が広く普及している。RSSリーダーの多くはそれら全てに対応しており、一方のウェブサイト側も、フィード配信のためにそれらのうち複数を利用することも珍しくない。   今日において、RSS 1.0、RSS 2.0 そして {{lang|en|Atom}} は、いずれにも集約されることなく各々が広く普及している。RSSリーダーの多くはそれら全てに対応しており、一方のウェブサイト側も、フィード配信のためにそれらのうち複数を利用することも珍しくない。 [...]



Sammy Of Blue: 147.229.242.34 (会話) による ID:58540783 の版を取り消し(荒らし行為)

Mon, 08 Feb 2016 10:26:34 GMT

147.229.242.34 (会話) による ID:58540783 の版を取り消し(荒らし行為) ← 古い版 2016年2月8日 (月) 10:26時点における版 26行目: 26行目:   *{{Lang|en|really simple syndication}}(RSS 2.0)   *{{Lang|en|really simple syndication}}(RSS 2.0)     − '''OMAE WA MOU SHINDEIRU''' + 上記の様に「RSS」という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。   +   + [[ブログ]]での更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、ニュース配信サイトでは最新ニュースを、放送局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、[[音声]][[データ]][[ファイル (コンピュータ)|ファイル]]を公開するための方法である[[ポッドキャスティング]]にも使われている。   +   + また、RSSに対応しているウェブサイトではRSSに対応していることを明確にするために下記のような表示が使われていることが多い。   + *[[ファイル:Feed-icon.svg|16px]]   + *[[ファイル:Rssicon 3614.gif]]   + *[[ファイル:XML_icon.svg]]       == RSSフォーマットの歴史と変遷 ==   == RSSフォーマットの歴史と変遷 == [...]



147.229.242.34: /* 概要 */

Mon, 08 Feb 2016 10:24:39 GMT

‎概要 ← 古い版 2016年2月8日 (月) 10:24時点における版 26行目: 26行目:   *{{Lang|en|really simple syndication}}(RSS 2.0)   *{{Lang|en|really simple syndication}}(RSS 2.0)     − 上記の様に「RSS」という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。 + '''OMAE WA MOU SHINDEIRU''' −   − [[ブログ]]での更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、ニュース配信サイトでは最新ニュースを、放送局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、[[音声]][[データ]][[ファイル (コンピュータ)|ファイル]]を公開するための方法である[[ポッドキャスティング]]にも使われている。   −   − また、RSSに対応しているウェブサイトではRSSに対応していることを明確にするために下記のような表示が使われていることが多い。   − *[[ファイル:Feed-icon.svg|16px]]   − *[[ファイル:Rssicon 3614.gif]]   − *[[ファイル:XML_icon.svg]]         == RSSフォーマットの歴史と変遷 ==   == RSSフォーマットの歴史と変遷 == [...]



Kanjybot: WP:BOTREQ {{safesubst:ルビ}}

Tue, 07 Apr 2015 12:05:30 GMT

WP:BOTREQ {{safesubst:ルビ}} ← 古い版 2015年4月7日 (火) 12:05時点における版 71行目: 71行目:   RSS 1.0 と RSS 2.0 の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0 はシンプルさの代償として RSS 1.0 の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0 を置き換えるものではない。従って RSS 1.0 は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。{{要出典|date=2012年9月}}   RSS 1.0 と RSS 2.0 の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0 はシンプルさの代償として RSS 1.0 の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0 を置き換えるものではない。従って RSS 1.0 は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。{{要出典|date=2012年9月}}     − 一方、RSS 2.0 に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのサム・ルビー({{lang|en|Sam Ruby}})などが中心となり、{{lang|en|[[Atom (ウェブコンテンツ配信)|Atom]]}} と呼ばれる新しい規格が策定された。{{lang|en|Atom}} にはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」({{lang|en|[[Movable Type]]}})の開発元のシックス・アパート社({{lang|en|Six Apart}})やスタンフォード大学法学部の[[ローレンス・レッシグ]]教授、XML開発者のティム・ブレイ({{lang|en|Tim Bray}})などが支持を表明し、また[[グーグル]]社も自社のサービス {{ルビ|{{lang|en|[[Gmail]]}}|ジーメール}} にて、メールの内容を {{lang|en|Atom}} フィードで提供するサービスを行っている。 + 一方、RSS 2.0 に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのサム・ルビー({{lang|en|Sam Ruby}})などが中心となり、{{lang|en|[[Atom (ウェブコンテンツ配信)|Atom]]}} と呼ばれる新しい規格が策定された。{{lang|en|Atom}} にはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」({{lang|en|[[Movable Type]]}})の開発元のシックス・アパート社({{lang|en|Six Apart}})やスタンフォード大学法学部の[[ローレンス・レッシグ]]教授、XML開発者のティム・ブレイ({{lang|en|Tim Bray}})などが支持を表明し、また[[グーグル]]社も自社のサービス {{読み仮名|{{lang|en|[[Gmail]]}}|ジーメール}} にて、メールの内容を {{lang|en|Atom}} フィードで提供するサービスを行っている。       今日において、RSS 1.0、RSS 2.0 そして {{lang|en|Atom}} は、いずれにも集約されることなく各々が広く普及している。RSSリーダーの多くはそれら全てに対応しており、一方のウェブサイト側も、フィード配信のためにそれらのうち複数を利用することも珍しくない。   今日において、RSS 1.0、RSS 2.0 そして {{lang|en|Atom}} は、いずれにも集約されることなく各々が広く普及している。RSSリーダーの多くはそれら全てに対応しており、一方のウェブサイト側も、フィード配信のためにそれらのうち複数を利用することも珍しくない。 [...]



フルブル: /* 外部リンク */ 文法を修正

Thu, 12 Mar 2015 08:55:59 GMT

‎外部リンク: 文法を修正 ← 古い版 2015年3月12日 (木) 08:55時点における版 98行目: 98行目:   * [http://www.kanzaki.com/docs/sw/rss.html RSS -- サイト情報の要約と公開]([http://www.kanzaki.com/ The Web KANZAKI]によるRSS 1.0の解説)   * [http://www.kanzaki.com/docs/sw/rss.html RSS -- サイト情報の要約と公開]([http://www.kanzaki.com/ The Web KANZAKI]によるRSS 1.0の解説)   * [http://my.netscape.com/publish/formats/rss-0.9.dtd RSS 0.9 Document Type Definition](Netscape CommunicationsによるRSS 0.9の[[Document Type Definition|DTD]])   * [http://my.netscape.com/publish/formats/rss-0.9.dtd RSS 0.9 Document Type Definition](Netscape CommunicationsによるRSS 0.9の[[Document Type Definition|DTD]]) − * [http://my.netscape.com/publish/formats/rss-spec-0.91.html RSS 0.91仕様](英語) + * [http://my.netscape.com/publish/formats/rss-spec-0.91.html RSS 0.91仕様]{{en icon}} − * [http://web.resource.org/rss/1.0/ RSS 1.0仕様](英語) / [http://www.net.intap.or.jp/INTAP/s-web/data/TR/1-1.html](和訳) + * [http://web.resource.org/rss/1.0/ RSS 1.0仕様]{{en icon}} / [http://www.net.intap.or.jp/INTAP/s-web/data/TR/1-1.html](和訳) − * [http://backend.userland.com/rss092 RSS 0.92仕様](英語) + * [http://backend.userland.com/rss092 RSS 0.92仕様]{{en icon}} − * [http://www.rssboard.org/rss-specification RSS 2.0仕様](英語) + * [http://www.rssboard.org/rss-specification RSS 2.0仕様]{{en icon}}   * [http://www.witha.jp/Atom/RSS-and-Atom.html RSS 2.0とAtom 1.0の比較]   * [http://www.witha.jp/Atom/RSS-and-Atom.html RSS 2.0とAtom 1.0の比較]   * [{{fullurl:特別:Recentchanges|feed=rss}} ウィキペディア日本語版の「最近更新されたページ」のRSS]   * [{{fullurl:特別:Recentchanges|feed=rss}} ウィキペディア日本語版の「最近更新されたページ」のRSS]   * [http://www.feedicons.com/ Feed Icons](標準フィードアイコン)   * [http://www.feedicons.com/ Feed Icons](標準フィードアイコン) − * [http://www.5z5.com/ RSS 目次](英語) + * [http://www.5z5.com/ RSS 目次]{{en icon}}   * [http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/refguide/index.php?content_id=3 京都大学図書館機構「メール・アラート、RSSリーダー」]   * [http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/refguide/index.php?content_id=3 京都大学図書館機構「メール・アラート、RSSリーダー」]   * [http://www.affrc.go.jp/ja/rss/faq.html MAFFIN News Feeds Center「よくある質問と回答」](農林水産研究情報センター)   * [http://www.affrc.go.jp/ja/rss/faq.html MAFFIN News Feeds Center「よくある質問と回答」](農林水産研究情報センター) [...]



150.65.110.11: /* 関連項目 */

Fri, 13 Feb 2015 03:10:27 GMT

関連項目

← 古い版 2015年2月13日 (金) 03:10時点における版
88行目: 88行目:
   
 
==関連項目==
 
==関連項目==
  +
*[[セマンティックウェブ]]
 
*{{lang|en|[[Resource Description Framework]]}}(RDF)
 
*{{lang|en|[[Resource Description Framework]]}}(RDF)
 
*[[フィード]]
 
*[[フィード]]



100の人: MIME Type の修正

Fri, 20 Jun 2014 09:18:25 GMT

MIME Type の修正 ← 古い版 2014年6月20日 (金) 09:18時点における版 8行目: 8行目:   | caption =   | caption =   | extension = .rss, .xml, .rdf   | extension = .rss, .xml, .rdf − | mime = [http://www.rssboard.org/rss-mime-type-application.txt application/rss+xml] + | mime = application/rdf+xml, application/xml   | type code =   | type code =   | uniform type =   | uniform type = [...]



まじかんと: otheruses を分かりやすく

Sun, 20 Apr 2014 11:16:54 GMT

otheruses を分かりやすく

← 古い版 2014年4月20日 (日) 11:16時点における版
1行目: 1行目:
 
{{WikipediaPage|ウィキペディアにおけるRSSについては、[[Help:フィードの利用]]をご覧ください。}}
 
{{WikipediaPage|ウィキペディアにおけるRSSについては、[[Help:フィードの利用]]をご覧ください。}}
{{Otheruses|RSS}}
+
{{Otheruses|ウェブサイトの更新情報を提供するデータの形式}}
 
{{Infobox file format
 
{{Infobox file format
 
| name = RSS
 
| name = RSS



Tribot: bot: WP:BOTREQ#Atom のリンク修正 oldid=50965905

Mon, 10 Mar 2014 13:21:33 GMT

bot: WP:BOTREQ#Atom のリンク修正 oldid=50965905 ← 古い版 2014年3月10日 (月) 13:21時点における版 71行目: 71行目:   RSS 1.0 と RSS 2.0 の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0 はシンプルさの代償として RSS 1.0 の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0 を置き換えるものではない。従って RSS 1.0 は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。{{要出典|date=2012年9月}}   RSS 1.0 と RSS 2.0 の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0 はシンプルさの代償として RSS 1.0 の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0 を置き換えるものではない。従って RSS 1.0 は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。{{要出典|date=2012年9月}}     − 一方、RSS 2.0 に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのサム・ルビー({{lang|en|Sam Ruby}})などが中心となり、{{lang|en|[[Atom]]}} と呼ばれる新しい規格が策定された。{{lang|en|Atom}} にはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」({{lang|en|[[Movable Type]]}})の開発元のシックス・アパート社({{lang|en|Six Apart}})やスタンフォード大学法学部の[[ローレンス・レッシグ]]教授、XML開発者のティム・ブレイ({{lang|en|Tim Bray}})などが支持を表明し、また[[グーグル]]社も自社のサービス {{ルビ|{{lang|en|[[Gmail]]}}|ジーメール}} にて、メールの内容を {{lang|en|Atom}} フィードで提供するサービスを行っている。 + 一方、RSS 2.0 に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのサム・ルビー({{lang|en|Sam Ruby}})などが中心となり、{{lang|en|[[Atom (ウェブコンテンツ配信)|Atom]]}} と呼ばれる新しい規格が策定された。{{lang|en|Atom}} にはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」({{lang|en|[[Movable Type]]}})の開発元のシックス・アパート社({{lang|en|Six Apart}})やスタンフォード大学法学部の[[ローレンス・レッシグ]]教授、XML開発者のティム・ブレイ({{lang|en|Tim Bray}})などが支持を表明し、また[[グーグル]]社も自社のサービス {{ルビ|{{lang|en|[[Gmail]]}}|ジーメール}} にて、メールの内容を {{lang|en|Atom}} フィードで提供するサービスを行っている。       今日において、RSS 1.0、RSS 2.0 そして {{lang|en|Atom}} は、いずれにも集約されることなく各々が広く普及している。RSSリーダーの多くはそれら全てに対応しており、一方のウェブサイト側も、フィード配信のためにそれらのうち複数を利用することも珍しくない。   今日において、RSS 1.0、RSS 2.0 そして {{lang|en|Atom}} は、いずれにも集約されることなく各々が広く普及している。RSSリーダーの多くはそれら全てに対応しており、一方のウェブサイト側も、フィード配信のためにそれらのうち複数を利用することも珍しくない。 90行目: 90行目:   *{{lang|en|[[Resource Description Framework]]}}(RDF)   *{{lang|en|[[Resource Description Framework]]}}(RDF)   *[[フィード]]   *[[フィード]] [...]



Ayokura: /* 概要 */ 出展のない不正確な記述(日本においてはほとんどがRSS1.0という内容)を削除。

Mon, 30 Sep 2013 12:09:55 GMT

‎概要: 出展のない不正確な記述(日本においてはほとんどがRSS1.0という内容)を削除。 ← 古い版 2013年9月30日 (月) 12:09時点における版 27行目: 27行目:       上記の様に「RSS」という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。   上記の様に「RSS」という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。 −   − {{要出典範囲|date=2010年8月|日本語サイトでは、普及しているRSSのほとんどが[[#RSS_1.0|RSS 1.0]]を用いているため}}、{{要出典範囲|date=2010年8月|一般には、RSSは {{lang|en|RDF site summary}} として認識されている}}。         [[ブログ]]での更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、ニュース配信サイトでは最新ニュースを、放送局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、[[音声]][[データ]][[ファイル (コンピュータ)|ファイル]]を公開するための方法である[[ポッドキャスティング]]にも使われている。   [[ブログ]]での更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、ニュース配信サイトでは最新ニュースを、放送局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、[[音声]][[データ]][[ファイル (コンピュータ)|ファイル]]を公開するための方法である[[ポッドキャスティング]]にも使われている。 [...]