Subscribe: TAB イベント メディア - その他: 一般公募展
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_misc_competition.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade C rated
Language: Japanese
Tags:
art award  art  award supported  supported warehouse  terrada  warehouse terrada  〜 年  年 月    日 〜    月 日   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - その他: 一般公募展

TAB イベント メディア - その他: 公募展





 



「ポコラート全国公募展 vol.7」展

(image)
「ポコラート全国公募展 vol.7」展
3331 Arts Chiyodaにて (千代田エリア)
(2017年09月16日 〜 2017年10月09日)

「ポコラート(POCORART)」とは Place of “Core +Relation ART”「障がいの有無に関わらず人々が出会い、相互に影響し合う場」であり、その「場」を作っていく行為を示す名称です。フランス語の〈アール・ブリュット〉(=純粋なる芸術)の意味をより広く捉えた3331 Arts Chiyoda独自の概念となっています。 「ポコラート全国公募展」は、2011年の開始以来、障害のある人・ない人を問わず、多種多様な背景を持つ作家たちが作品を発表・展示し、表現を通じて社会とつながる出発点としての役割を担ってきました。第7回目となる今回の公募展は、応募総数 1,414点(作品部門:1,383 点/形にならない表現部門:31 企画)の中から入選を果たした128点、6企画の展示・発表を行います。 特に今回は「みること」をテーマに、作品を素材・色・形・技法などあらゆる角度から楽しんでいただけるような展示を予定しています。また今回から新しい試みとして、より開かれた表現の場を目指し、これまで実施してきた「ワークショップ部門」を「形にならない表現部門」に名称を改め、再スタートしました。「語り」「身体表現」「ライブパフォーマンス」「ものを作る」「ことばの表現」などさまざまな表現形式での応募があり、会期中は入選6企画の紹介展示に加え、そのうち4企画をアーツ千代田 3331内で実施いたします。 会場: 1階メインギャラリー ※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。




「Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA - ファイナリスト展」

(image)
「Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA - ファイナリスト展」
TERRADA ART COMPLEXにて (東京:その他エリア)
(2017年09月23日 〜 2017年10月29日)

一般社団法人 アート東京が主催、寺田倉庫が特別協賛するAsian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA(以下、本アワード)。その大賞・特別賞を決定する展覧会を開催します。本アワードは、日本からアジア、アジアから世界へと、今後ますます国際的な活躍が期待されるアーティストの支援を目的に創設された現代アートの新しいアワードです。本展では、5名のキュレーターからなる選考委員によって選ばれた5組のファイナリストが、新作・準新作を発表します。そして、シンガポール・中国から来日する審査員を含む7名の審査員が会期中に展示作品の最終審査を行い、大賞と特別賞をそれぞれ1名選出します。大賞・特別賞の発表は、9月27日(水)を予定しています。なお、ファイナリスト選考会では、「同時代性」や「表現形式・領域の拡張性」、そして「身体性」などがキーワードにあがりました。それは、いずれのアーティストも、「今」に深く関わりながら表現活動を行っていること、またその過程でコンテンポラリー・ダンスやニューメディア、映画などの表現領域との関係でアートの可能性を追求していること、さらに彼ら彼女たちの身体感覚をとおして得られた現実感を表出しているということです。 会場: TERRADA ART COMPLEX 4F (東京都品川区東品川1-33-10)




「Artists in FAS 2017 入選アーティストによる成果発表展」

(image)
「Artists in FAS 2017 入選アーティストによる成果発表展」
藤沢市アートスペースにて (横浜、神奈川エリア)
(2017年09月05日 〜 2017年11月05日)

制作・展示支援プログラム「Artists in FAS」は、藤沢市アートスペース(愛称FAS[エファース])が、多様な創作活動に携わるアーティストたちに、レジデンスルームでの制作と展示ルームにおける展示・発表の機会を提供するアーティスト・イン・レジデンス・プログラムです。 第2回目となる今回は、全国から125件の応募があり、外部審査員 栗林隆[アーティスト]、堀元彰[東京オペラシティアートギャラリー チーフ・キュレーター]、島田雅光[湘南レーベル代表取締役社長])が3名の入選アーティストと、1名の8HOTEL賞受賞アーティストを選出しました。入選アーティストの伊藤夏実、瀬川祐美子、生川珠央は、7月1日から9月3日までの最大2カ月間、FASのレジデンスルームで滞在制作を行います。各々がこれまでに追求してきた表現や培ってきた経験を活かしながら、滞在制作を通して藤沢の土地や人々に触れ合うことで、絵画、立体、映像などの多様なメディアで表現を完成させます。8HOTEL受賞者のO.Sujinは、特別協力企業の8HOTELの客室内に湘南の砂を使ったプロダクトを展開します。 FASと8HOTELの両会場では、入選アーティストたちそれぞれが藤沢で過ごした時間が結実した作品が展示されます。 ※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。