Subscribe: TAB イベント メディア - その他: 一般公募展
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_misc_competition.ja.rdf
Preview: TAB イベント メディア - その他: 一般公募展

TAB イベント メディア - その他: 公募展





 



第12回 大黒屋現代アート公募展

(image)
第12回 大黒屋現代アート公募展
板室温泉 大黒屋にて (その他のエリア)
(2017年03月01日 〜 2017年03月30日)

本年で第12回目の開催となる、大黒屋現代アート公募展の入選者展です。 今年も400名近い応募のなかから選ばれた20名弱の新進作家がサロンに一堂に会します。 選考委員: 菅木志雄(アーティスト)、小山登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)、天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野 主席学芸員)




「FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展」

(image)
「FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて (新宿エリア)
(2017年02月25日 〜 2017年03月30日)

損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された本展は、今回で5回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しつつあります。 「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募したところ、全国各地の幅広い年齢層の902名の新進作家たちからご応募を頂きました。四次の「入選審査」と二次の「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品71点(内受賞作品9点)を決定いたしました。不確かな社会情勢の中、創作活動には困難を伴いますが、昨年同様に今回の応募作品には、時代の感覚を捉えた、きらりと輝くものが数多くありました。油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、ミクストメディアなど技法やモチーフは多岐にわたりますが、見る者の心に潤いと感動をもたらしてくれることは共通しています。会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。魂を揺さぶる「私が選ぶ1点」を探しながら、楽しみながらご観覧ください。




ヨッちゃんビエンナーレ2017 「コラージュ・キュビズム」

(image)
ヨッちゃんビエンナーレ2017 「コラージュ・キュビズム」
オリエ アート・ギャラリーにて (表参道、青山エリア)
(2017年03月22日 〜 2017年03月31日)

キュレーター、美術評論家の加藤義夫による企画展覧会「ヨッちゃんビエンナーレ」。昨年、神戸で行われた第3回展のダイジェスト版を東京で初開催します。「コラージュ・キュビズム」をテーマに、11名の作家による感性輝く作品と立体コラージュをぜひご覧下さい。 出品アーティスト: 青木恵美子、荒木由香里、植松琢麿、小野さおり、川口奈々子、中村眞弥子、藤部恭代 、マリアーネ 、馬渕晃子 、福田良亮 、渡辺一杉 [関連イベント] 時日: 3月22日 (水) 16:00〜17:30 出品作家によるギャラリートーク        青木恵美子、荒木由香里、小野さおり、川口奈々子、中村眞弥子、藤部恭代 、マリアーネ 、馬渕晃子 、福田良亮 17:30〜18:00 ディレクターズトーク 加藤義夫 18:00〜20:00 オープニングパーティー




「HAPTIC DESIGN AWARD」キシビジョン

(image)
「HAPTIC DESIGN AWARD」キシビジョン
FabCafe 渋谷にて (渋谷エリア)
(2017年03月26日 〜 2017年04月02日)

株式会社ロフトワークは、JST ACCEL「身体性メディア」プロジェクト主催の元、触覚のデザインに基づいた新たな体験(モノ/サービス)のアイデア、作品を表彰する「HAPTIC DESIGN AWARD」の受賞作品を発表しました。2016年11月19日(土)~2017年2月5日(日)までの応募期間中、作品部門42作品、アイデア部門29作品、合計71作品のエントリーがあり、作品部門からはグランプリ1作品、優秀賞1作品、佳作6点を選出。アイデア部門からは優秀賞1作品、佳作4作品を選出しました。 作品部門のグランプリは、「ボタンを押す」「指定された面を触る」ではないスイッチの新たな触覚をデザインしたインターフェイス『稜線ユーザインタフェース』(クリエイター:安井重哉) が受賞しました。「指をスライドさせて知覚的稜線を超える」という動作をスイッチの生成源に利用し、不意の誤動作の防止や、スイッチに高い造形自由度を与える作品です。 作品部門の優秀賞は、赤ちゃんに対する優しさ・緊張感・丁寧な動きなどの人の本能的な習性から着想を得た、和紙の“つみき”『積み紙(tsumishi)』(クリエイター:川崎美波) が受賞しました。さまざまな種類の和紙を使用し、色や触り心地の微妙な違いを楽しめる作品です。 アイデア部門の優秀賞は、嗜好品であるタバコを、唇へのHAPTICな刺激という観点でアップデートする試み『LIP SERVICE』(クリエイター:北恭子、迫健太郎) が受賞しました。タバコの葉の中身の違いではなく、さまざまなテクスチャーによる触感の違いで、唇に新鮮な喜びを与えるアイデアです。 全ての受賞作品と、審査員のコメントは以下のページよりご覧ください。結果発表ページ: http://hapticdesign.org/award/ [関連イベント] HAPTIC DESIGN AWARD 授賞式 授賞式や審査員によるトークなどを行います。 開催日程:3月27日 (月) 時間:19:30 - 22:00 会場:FabCafe Tokyo 定員:60名 申し込み:https://mtrl.net/shibuya/events/haptic-design-award/