Subscribe: TAB イベント メディア - その他: パフォーマンス・アート
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_misc_performance.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
〜 年    ・ 日  土 ~    年 月    日 〜  日 土  日 日  日 月    月 日    ~ 月   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - その他: パフォーマンス・アート

TAB イベント メディア - その他: パフォーマンス





 



東島毅 「Moment - Residence in Tokyo」

(image)
東島毅 「Moment - Residence in Tokyo」
Arai Associatesにて (清澄白河、両国エリア)
(2017年11月25日 〜 2017年12月17日)

10月から約二ヶ月の間、岡山と東京を往復しながら制作をした作品を展示します。 時間と場所、人との繋がりを大事にし、その瞬間を切り取りArai Associatesという場所にゆっくりと貼り付けました。その瞬間でさえもまた流れて過去になり、作家の、私たちの中で混じり合い何かが変わるきっかけになれば良いと思います。 最終日の12月17日にはコンテンポラリーダンサーとして活躍している、小山衣美さんのパフォーマンスを行う予定にしております。




笹本晃 「Menu」

(image)
笹本晃 「Menu」
Take Ninagawaにて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年11月18日 〜 2017年12月22日)




「Scores 彫刻 音楽 建築」展

(image)
「Scores 彫刻 音楽 建築」展
東京アートミュージアムにて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年09月28日 〜 2017年12月24日)

Part1: 2017年9月28日(木)~11月5日(日) 金沢健一(彫刻) + 浦裕幸(音楽) Part2: 2017年11月9日(木)~12月24日(日) 金沢健一(彫刻) + 一ノ瀬響(音楽) + 曽我部清典(音楽) アルミニウム角パイプの各面に3種類の幅と深さの異なるスリットを刻んだ彫刻がある。「Scores」と題し、その彫刻を楽譜に見立ててみる。彫刻の造形要素を音や時間に置き換え、音楽を制作する。音が空気の振動であり、周囲の空気を形作るのであれば、そのようにして制作された音楽は見えない彫刻として捉えることができるかもしれない。「score」には「刻む」という意味と音楽の「楽譜」という意味があるのだ。「Scores 彫刻 音楽 建築」は、彫刻家の金沢健一と2組の音楽家(浦裕幸、一ノ瀬響+曽我部清典)とのコラボレーションによる展覧会であり、2期に分けて開催される。彫刻と音楽そしてTAMのコンクリート打ち放しの建築(安藤忠雄設計)の三者が共振しながら刻んでゆく時間と空間を体験する展覧会となるだろう。 [関連イベント] 「パフォーマンス Part 1 Scoresライブ・パフォーマンス」 出演: 浦裕幸 + 井上郷子 + 金沢健一 日時: 2017年10月8日(日)15:00~16:00 / 11月3日(金・祝)19:00~20:00 料金: 入場料のみ 「パフォーマンス Part 2 Scoresライブ・パフォーマンス」 出演: 一ノ瀬響 + 曽我部清典 + 金沢健一 日時: 2017年11月26日(日)19:00~20:00 / 12月16日(金・祝)19:00~20:00 料金: 1000円(入場料込み)




「生きろ①酒井貴史 『山の物々交換所』」

(image)
「生きろ①酒井貴史 『山の物々交換所』」
国立奥多摩美術館にて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年12月02日 〜 2017年12月24日)

酒井はその時間の大半を使って、不要とされた物、価値を失効した物、すなわち誰かにとっての「ゴミ」を拾い集め「物々交換所」という作品を作っている。「物々交換所」とは、読んで字の如く、物と物を交換する場であり、不要となった物を持ち寄り、必要な人が勝手に持ち帰る場である。そこに金銭のやり取りは一切存在しない。誰かにとって価値を失った物に、誰かが価値を見出し持ち去る。そこでは、とてもシンプルだが、とても根源的な、人間各々個人にとって、「価値とは何であるのか?」という問いが投げかけられている様に思う。彼は純粋に、単純に「これいいな」と言って物を持ち去ってくれる人がいる事を願い、そして、ふとした瞬間に、「自分にとって価値って何だろう?」と立ち止まってくれる人が居てくれたらいいな、と願っているのだろう。(佐塚) どうぞ、暖かい格好でお越しください。 [イベント情報] 1. 12月9日(土) 15:00〜「ファミリーレストランの手探り漫画ディッシュ」: 永畑智大 2. 12月10日(日) 15:00〜「物々講」:酒井貴史 3. 12月16日(土) ラッキーティーパーティー 4. 12月17日(日) シェーシェーティーパーティー 5. 12月23日(土) 15:00〜「物道〜物に愛着を持つための1ステップ」: 佐塚真啓 6. 12月24日(日) 14:00〜酒井×永畑×佐塚トークイベント「残り物には福がある」、15:00〜クリスマスパティー2.0「星の物々交換所」




GOMA 「~再生~」

(image)
GOMA 「~再生~」
新宿髙島屋 10階 美術画廊にて (新宿エリア)
(2017年12月13日 〜 2017年12月26日)

オーストラリアの先住民族アボリジナルの伝統楽器ディジリドゥを操る奏者として第一線で活躍していたGOMA。2009年不慮の交通事故により高次脳機能障害を負ってしまい、多くの記憶を一時喪失してしまいました。そのような中、突然それまで描いたこともなかった絵を描き始めます。現在でも苛まれる後遺症により意識が遠のいてしまうとき、意識の向こう側に見える"ひかり"を、まるで生きている証を記録するかのように無我夢中で描いていくのです。そして描かれるのは、アボリジナルの伝統的な絵画によく見られる緻密な点描画でした。ディジリドゥ奏者であったことも分からなくなっていたころに無意識の中で描いていたのです。 高島屋では初個展となる今展では、インドネシア・バリ島で描いた2×2mにおよぶ大作「花」をはじめ、7年間描き続けた「ひかり」の数々を展覧いたします。また、過去から未来まで脈々と繋がる輪廻・生命の神秘を描き、今もなお漫画史の名作として君臨する手塚治虫「火の鳥」とコレボレーション。『再生』をテーマに「火の鳥」の世界をGOMAが描き出した作品も初公開いたします。 「今は絵を描かずにいられない」「描いていると落ち着く」と話します。そうしたGOMAの作品には、なぜ人は絵を描くのか、なぜ人は芸術に惹かれるのか、といった根源的な疑問に対するヒントがあるのかもしれません。 [関連イベント] ディジュリドゥ奏者GOMA ミニライブ 日時: 12月17日(日) 17:00~ 会場: 2階JR口 特設会場 出演: GOMA(オーストラリア先住民の管楽器ディジュリドゥの奏者)




「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」

(image)
「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」
アーツ前橋にて (その他のエリア)
(2017年10月20日 〜 2018年01月16日)

萩原朔太郎は夜の街を詩人が歩いていく様子を「憔悴するひとのあるく路・夕焼けの路(前橋市民に捧ぐる詩)」という未発表作品の中でこのように記しています。人は別の場所へ向かって歩き、誰かと出会い、誰かへ向けて言葉を投げかけます。また、文字にすることで、言葉は時間や場所を越えた他者とも対峙する手段になります。言葉は「私」とその他の生きる者たちとをつなぐものであり、時代や社会の変化と共にそのあり方も役割も変化するものです。 印刷やインターネット技術の誕生により言葉の性質は大きく変化しました。また、東日本大震災に直面した私たちは言葉による表現の限界を目の当たりにし、言葉を失うことさえも経験しました。私たちが生きることそのことへ疑問を抱いた時、時に叫びとして、また祈りとして、唄として、言葉は新たな形に変換されます。 本展では、文学と美術の表現を「ことば」という切り口からご紹介します。描かれた一つの線が絵や文字となり、そして美術や文学となるように、言葉は常に私たちの生きることのそばに存在しているものです。私たちは「ポスト真実」と呼ばれる危機の時代に直面しています。そのような社会的コンテクストの中で、過去のそして現在の時代の空気を芸術家や詩人たちが、個人の身体感覚を通じてどのように捉え、世界と対峙しているのかをぜひ感じていただきたいと思います。 ※会期中一部展示替えあり [前期]: 2017年10月20日(金)~11月28日(火) [後期]: 2017年11月30日(木)~2018年1月16日(火) 参加作家: 足立智美、荒井良二、浦上秀樹、大澤雅休、大澤竹胎、オノ・ヨーコ、oblaat、河口龍夫、河原温、フランチェスコ・カンジュッロ、北園克衛、草野心平、ジョン・ケージ、塩見允枝子、クルト・シュヴィッタース、白石慶子、鈴木ヒラク、トゥッリオ・ダルビゾラ、トリスタン・ツァラ、東宮七男、TOLTA、新国誠一、ni_ka、萩原恭次郎、萩原朔太郎、福田尚代、文月悠光、ベン・ヴォーティエ、ジョージ・マチューナス、Maniackers Design、フィリッポ・T.マリネッティ、ミヤギフトシ、ムットーニ、山川冬樹、山村暮鳥、横堀艸風] [関連イベント] 1. ヒツクリコ ガツクリコ トーク 日時: 10月21日(土) [第一部 14:30~16:00] 平川克美(文筆家、思想家)×文月悠光(本展参加作家、詩人)×萩原朔美(前橋文学館館長) [第二部 16:30~18:00] 名児耶明(五島美術館副館長)×鈴木ヒラク(本展参加作家)×住友文彦(アーツ前橋館長) 会場: 前橋文学館 3階ホール 参加費: 無料 定員: 100名 2. 今日の原稿用紙 -TOLTAによるツアー型ワークショップ- 日時: 10月22日(日) 14:00~ 集合場所: アーツ前橋 1階総合案内 持ち物: 時計(携帯電話でも可) 参加費: 無料(要観覧券) 対象: 高校生以上 定員: 20名 3. ムットーニ からくりミニシアター 上演とトーク 日時: 11月4日(土) 14:00~ 会場: 前橋文学館 3階ホール 出演: ムットー二(武藤政彦) 参加費: 無料(要観覧券) 定員: 80名 4. 三角みづ紀 詩のワークショップ 日時: 11月11日(土) 14:00~ 会場: 前橋文学館 4階研修室 講師: 三角みづ紀(詩人、第22回萩原朔太郎賞受賞) 参加費: 無料 定員: 25名 5. 山川冬樹 パフォーマンス 日時: 12月2日(土) 14:00~15:30 パフォーマンス、16:00~17:30 山川冬樹×今井朋(本展担当学芸員) 対談 会場: アーツ前橋 地下ギャラリー 参加費: 無料(要観覧券) ※申込み不要 6. かくとはなす 日時: 12月9日(土) 14:00~14:30 ドローイングパフォーマンス、14:45~16:15 今福龍太(文化人類学者)×鈴木ヒラク 対談 会場: アーツ前橋 地下ギャラリー(パフォーマンス)、アーツ前橋スタジオ(対談) 参加費: 無料(要観覧券) 定員: 50名(対談のみ) 7. 学芸員によるギャラリーツアー 11月18日(土) 13:30~(前橋文学館)、15:00~(アーツ前橋) 12月10日(日) 13:30~(アーツ前橋)、15:00~(前橋文学館) 1月13日(土) 13:30~(前橋文学館)、15:00~(アーツ前橋) ※申込み不要(観覧券をご購入のうえ、アーツ前橋1階総合受付又は前橋文学館2階展示室にお集まりください) 8. こどもアート探検 日時: 11月26日(日) 14:00~ 会場: アーツ前橋 ギャラリー 対象: 小学生以下(未就学児は保護者同伴) ※申込み不要 9. ヒツクリコ ガツクリコ街なか回遊プロジェクト ・千代田通りフラッグプロジェクト ・前橋ことばの学校 詩のまちから言葉のまちへ ・荒井良二を巡る旅 各種イベントの詳細、申し込み方法は公式ホームページをご確認下さい。




サム・ストッカー 「代理構造」

(image)
サム・ストッカー 「代理構造」
The Containerにて (恵比寿、代官山エリア)
(2017年11月06日 〜 2018年01月22日)

The Container(コンテナ)でのサム・ストッカーのインスタレーションSurrogate Structures(代理構造)は、過去の作品のようにアーティストの地域への調査と訪問から着想されています。本展覧会への当アーティストの作品に影響を与えたそのような場所の一つは、当ギャラリーの真後ろに存在する富士塚です。富士塚とは富士山を表す複製の小山であり、東京各地で見られます。これら代理塚は江戸時代に活発となり、富士山に登山する事が出来ない巡礼者へと頂上10合目を経験させました。当概念の皮肉、しかし同時に富士塚の胎内、器、容器のように需要を慰める養育性にアーティストは惹きつけられました。 [関連イベント] オープニングレセプション + ライブパフォーマンス 日時: 11月6日(月) 19:30~21:30 パフォーマンス: Sam Stocker, Aquiles Hadjis, Alexander Sigman + Takao Hyakutome, and Jack McLean.




OPEN SITE 2017-2018

(image)
OPEN SITE 2017-2018
トーキョーアーツアンドスペース本郷にて (千代田エリア)
(2017年10月14日 〜 2018年01月28日)

オープンサイトは、全てのジャンルを対象に新しい表現を創造し、社会へと開いていく意欲に満ちた企画が集まるプラットフォームを目指すプログラムです。第2回となる今年度は、国内外から昨年を上回る応募があり、その中から審査を経て選ばれた7つの公募企画と、トーキョーアーツアンドスペースが推奨する1 企画の合計8企画を実施します。アートの領域横断化がますます加速する現代社会の中、既存のジャンルに囚われず、自己の表現において、自由かつ強い意志を持った意欲的な企画に、是非ご期待ください。 Part 1: 2017年10月14日(土)~11月26日(日) Part 2: 2017年12月9日(土)~2018年1月28日(日) [関連イベント] Part 1 オープニング・トーク 日時: 2017年10月15日(日) 15:00-16:30 出演: 畠中実、キム・ウジン、長谷川新 Part 2 オープニング・トーク 日時: 2017年12月9日(土) 15:00-16:30 出演: 遠藤水城、黒田大祐、IP ヤック=ユー 他 参加費: 無料 日英逐次通訳あり、予約不要




大小島真木 「万物の眠り、大地の血管」

(image)
大小島真木 「万物の眠り、大地の血管」
府中市美術館にて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年11月03日 〜 2018年02月25日)

眠る生き物たちから、新たな生命が芽生え、新しい生態系を生み出していきます。鳥や獣、草や木をつなげて描き足していくことによって、生命が無限に連鎖する森羅万象を描き出します。あたかも「描く」という行為を通して、動物や植物たちに魂を吹き込んでいるかのようです。 画家の大小島真木は、生きとし生けるものたちの世界をテーマに、複雑に絡み合う自然界の姿を縦横無尽に描きます。その想像力は、ときに画面を飛び出して宇宙にまで広がり、人智を超えた壮大な自然の歴史を紡ぎます。大小島は、既成の絵画の枠に収まらず、壁や床、天井を使った作品も発表してきました。 一つの絵画から、複数のイメージが成長し、増殖し続ける絵画を「はみ出し壁画」と呼びます。公開制作では、人間たちが眠りについた時間、巨大な植物が爆発的に覚醒し、繁茂する様を綴ります。たとえ人類が消滅しても、力強く成長し続ける生命の営みが、画家の手わざによって部屋いっぱいに広がることでしょう。私たちを産み出す母なる大地の物語です。 場所: 公開制作室 ■制作公開 11月3日(金・祝)・5日(日)・12日(日)・19日(日)・26日(日)、12月3日(日)・9日(土)・17日(日)、1月13日(土)・14日(日)、12:00から17:00 ※作品の完成後は展示 ※1月20日(土)以降の土曜日・日曜日・祝日の13:00から17:00まで当館普及員によるガイドあり [関連イベント] アーティストトーク「絵の進化は、螺旋(らせん)の如く」 日時: 2月18日(日) 14:00~ 出演: 大小島真木(画家、公開制作作家) 場所: 講座室 費用: 無料 参加方法: 当日直接会場へ




「MOVE 生きものになれる展 - 動く図鑑の世界にとびこもう! - 」

(image)
「MOVE 生きものになれる展 - 動く図鑑の世界にとびこもう! - 」
日本科学未来館にて (お台場、勝どきエリア)
(2017年11月29日 〜 2018年04月08日)

本企画展は、これまでの図鑑の常識を覆す動く図鑑「MOVE」のコンテンツや世界観をベースとしながら、五感で生きものの知恵や技術を体験できる展覧会です。 観察対象としての生きものを学ぶのではなく、自分が生きものになる体験を通して、それらをより鮮明に理解し、これまでにない形での「生物多様性」や「他者理解」の学習を目指します。 「なれた!」と実感したときの喜びをきっかけに、生きものや自然に対するさまざまな知識への興味を喚起し、学ぶ楽しさを伝えます。 会場: 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン [関連イベント] 体験型恐竜ライブショー「DINO-A-LIVE」のリアル恐竜出没イベント 登場時間: 各日 11:30~/13:30~/15:30~(各回とも15分~20分程度の登場予定となります) ※登場スケジュールは公式ホームページをご確認下さい。




「アナグラのうた - 消えた博士と残された装置 - 」展

(image)
「アナグラのうた - 消えた博士と残された装置 - 」展
日本科学未来館にて (お台場、勝どきエリア)

「アナグラ」は、「空間情報科学」の研究が行われていた場所でした。人々の情報を共有し、そのつながりを人類の力にするための研究所です。このアナグラで、博士たちは、21世紀初頭の空間情報科学を参考に5つの重要な技術を発見し、2011年、5つの実験装置をつくりあげました。 それから1000年の時がたち──。このアナグラは、今、日本科学未来館の3階にあります。その世界を皆さんにご紹介しましょう。 「空間情報科学」。それは、私たちが暮らす実空間での人やモノのふるまいを計測し、その結果を計算して理解し合うことで、人々の暮らしを支援しようとする科学です。いうなれば世界のデジタルコピーをつくって、その中で次に起こることを予測して、あらかじめ、みんなが望む情報を用意したり、起こりやすい問題を回避しようという知恵です。人々から提供される情報が多ければ多いほど、その結果も充実した内容になります。「空間情報科学」が社会に浸透すると、世界が自分のことを知り、見守り、寄り添い、支えてくれるように感じるでしょう。