Subscribe: TAB イベント メディア - 3D: 陶芸
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_3D_ceramics.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
」展  〜 年      年 月    日 〜    月    月 日    関連イベント 月  関連イベント   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - 3D: 陶芸

TAB イベント メディア - 3D: 陶芸





 



「ガラス彩々(いろいろ) 夏の光をあつめて」展

(image)
「ガラス彩々(いろいろ) 夏の光をあつめて」展
和光ホールにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年07月21日 〜 2017年07月30日)

日本のガラス工芸ではこのところ、外来の技術を習熟したうえで日本人特有の感性で独自の世界を表現する作家たちが注目を浴びています。今展では、さまざまな技法によって表現される、“四者四様”のガラスの多様性をご堪能ください。広沢葉子さんは金箔や銀箔を巧みに加飾表現に取り入れた作風で人気の作家です。今展には飾壺や杯、茶道具、日常使いの器などを出品します。有機的で美しいフォルム、そして綺麗な色彩に定評がある松浦あかねさんは、吹きガラスで作った器にカメレオンやペンギンを彫り込んだ作品を手がけています。伝統的な切子とルーツを異にした、モダンでありながらどこか懐かしさのある切子ガラスの作品を生み出している中村敏康氏。今回、大きめの花器や鉢、日常の器などを出品します。色彩の組合せが美しい独自な世界観の蓋物を生み出す松尾一朝氏。ガラスの棒を熔かして作った塊や、熔着した複数の色ガラスの塊を削り出して制作しています。技術に裏打ちされた個性豊かな4人のガラス工芸作家による、色もフォルムも自由な作品を展示します。 [関連イベント] 作家によるギャラリートーク 日時: 7月22日(土)広沢葉子さん、松尾一朝氏  14:00〜    7月23日(日)松浦あかねさん、中村敏康氏  14:00〜




「各人さまざま工芸展」

(image)
「各人さまざま工芸展」
ノイエス朝日にて (その他のエリア)
(2017年07月22日 〜 2017年07月30日)




「く和とろバロ - それぞれの備前 2017 夏編 - 」展

(image)
「く和とろバロ - それぞれの備前 2017 夏編 - 」展
新宿髙島屋 10階 美術画廊にて (新宿エリア)
(2017年07月19日 〜 2017年07月31日)

今展は、六姓窯元桃蹊堂18代目となり、海外へも活動を広げる木村英昭、造形的でありながらも日常生活で使いやすい形を追求する原田良二、伝統的な「みがき技法」による深みのある色合いが特徴の小山月泉、レギュラーメンバーに加え、備前焼の伝統を現代的視点でリミックスし、あたらしい在り方を提唱する渡邊琢磨が初出展。 一見すると地味に捉えられがちな焼き締めの備前焼ですが、そのイメージを覆すようなバリエーション豊かな作品の数々を一堂に展示します。 [関連イベント] ワークショップ「備前焼陶芸教室」 手ひねりでうつわの作陶体験。出来あがり作品は後日のお渡しとなります。 日時: 7月22日(土) 午後2時・4時 定員: 各回10名様 対象: 小学生1~6年生 お問い合わせ・お申し込み:10階 美術画廊 直通TEL(03)5361-1615 ※7月12日より受付開始します。 ※詳細は公式ホームページよりご確認ください。




釋永維「浮遊」

(image)
釋永維「浮遊」
柿傳ギャラリーにて (新宿エリア)
(2017年07月25日 〜 2017年07月31日)




「涼を愛でるvol.4 - 宴 - 後期:酒器」

(image)
「涼を愛でるvol.4 - 宴 - 後期:酒器」
f.e.i art galleryにて (横浜、神奈川エリア)
(2017年07月24日 〜 2017年08月04日)

毎年、作家の作品を通して夏の「涼」を提案する企画展です。今回は宴をテーマに冷茶やコーヒーお酒、暑い夏を楽しむ為の器に注目し、夏に負けない、眼から体から涼む夏を提案いたします。ガラス・陶芸作家9名による色鮮やかで涼しげな酒器・茶器・豆皿作品が並びます。




野田敏明「Issues from the Hands」

(image)
野田敏明「Issues from the Hands」
渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERYにて (渋谷エリア)
(2017年07月19日 〜 2017年08月07日)

日本では初の個展となる本展は、2012年から2016年にかけて制作されたセラミック作品を展示いたします。テクスチャー、ひび、破れ、滴り、くぼみ、溝、自然な曲線、層の重なり。いくつもの要素が絡み合う作品は、これまでの野田の作品から更に、時間の経過がものに与える美しい影響そのものに焦点が当てられています。私たちはその抽象的な姿に、例えば地層の重なる山肌のような自然のランドスケープや植物、ぼろぼろに古びた人工物や遺物などを見出すでしょう。




篠崎裕美子「RED DATA」

(image)
篠崎裕美子「RED DATA」
SNOW Contemporaryにて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年07月07日 〜 2017年08月12日)

篠崎はこれまでに、昨年のSNOW Contemporaryでの個展「Neoplasm」をはじめ、「現代工芸への視点 装飾の力」(2009/東京国立近代美術館工芸館 東京)、「アートどすえー京都物産展」(2011/Hidari Zingaro 東京)、「Malformed Objects − 無数の異なる身体のためのブリコラージュ」(2016/山本現代)など数々の意欲的なグループ展に参加。その作品は、陶芸というジャンルを越えた現代表現として高く評価されてきました。昨年に続き2度目となる今回の個展では、タイトルをIUCN(国際自然保護連合)が発行する絶滅生物の資料「Red Data Book」を参考に「RED DATA」とし、絶滅に追いやられる生物・ウイルス・細胞などの自然物をモチーフに、陶、ガラスあるいは鏡といった半永久的な物質を組み合わせた作品を発表します。




豊田弘治 「WHITE & BLUE」

(image)
豊田弘治 「WHITE & BLUE」
Bギャラリーにて (新宿エリア)
(2017年07月28日 〜 2017年08月13日)

Bギャラリーでは11年ぶり3回目となる、豊田弘治の最新展。『WHITE & BLUE』と題した本展では、白と青を基調とした新作の絵画作品の他、近年力を入れて取り組んでいる陶芸作品などを多数展示、販売します。 豊田弘治とビームスは、1998年にカリフォルニアのハンティントンビーチで開催された展覧会で出会って以来親交が深く、2000年にはBギャラリーで国内では初となる展覧会を開催しました。10代の頃に音楽、ファッション、スケートボード、サーフィンなどを通じてアメリカ西海岸のカルチャーにどっぷりはまっていった彼が、70年代当時と変わらないスタンスで表現し続けるオリジナルの世界に、どうぞご期待ください。 [関連イベント] トークショー 日時: 7月30日(日) 15:00~16:30 ゲスト: 窪浩志(ビームス クリエイティブディレクター) ※詳細はホームページよりご確認ください。




「treasure hunting 宝物を探しに 〜気鋭の現代美術家6人による夏の冒険〜」展

「treasure hunting 宝物を探しに 〜気鋭の現代美術家6人による夏の冒険〜」展
日本橋髙島屋 6F / 美術画廊Xにて (京橋、日本橋エリア)
(2017年07月26日 〜 2017年08月14日)

ゴミを素材に作品を制作する淀川テクニック、絵画と立体を組み合わせたユニークな作風で人気の大畑伸太郎、香港の地下鉄駅にも作品が常設展示されている吉田朗、糸を使った平面作品を制作するいしかわかずはる、女性の持つ様々な感情を陶に彩色して豊かに表現する高あみ、子供を主なモチーフに色彩あふれる独特の世界観で描く藤永結が出品。素材も表現方法も異なる個性あふれるアーティストの作品を一堂に展示。どの作家も確固たるコンセプトを持ち、大量生産・効率性の時代にそぐわないこだわりをもった手作業を行っています。ひとつひとつ丁寧に制作された作品が大きなエネルギーを発します。夏休み期間にふさわしくお子様からお年寄りまで一緒に楽しめるような作品を中心に出品予定。




「激陶者集団へうげ十作展 」

(image)
「激陶者集団へうげ十作展 」
パークホテル東京にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年06月19日 〜 2017年08月27日)

漫画『へうげもの』からのスピンオフとして各地で進撃を止めない激陶者集団へうげ十作の精鋭たち。6月下旬には待望の「へうげもの」単行本新刊が発売され、それを記念しての開催となります。日本の伝統的な文化から発し最先端の取り組みと美意識を誇る彼らの存在は、大きなインパクト(衝撃)と印象(インプレッション)をもって迎えられることでしょう。




「色絵の器 - 天啓赤絵・呉州赤絵・古伊万里赤絵 - 」展

(image)
「色絵の器 - 天啓赤絵・呉州赤絵・古伊万里赤絵 - 」展
日本民藝館にて (渋谷エリア)
(2017年06月27日 〜 2017年08月27日)

色絵とは、高温で焼き上げた陶磁器に上絵具で絵付し、再度焼き付ける装飾技法です。当館所蔵の色絵磁器は、明時代末期に江西省の景徳鎮窯で焼かれた天啓赤絵、福建省のしょう州窯で焼かれた呉州赤絵、九州・肥前地方の伊万里焼が中心となっています。本展はこれらに加え、濱田庄司の赤絵などを併せて展観し、色絵の器の魅力を紹介するものです。




「第1回 コレクション展」

(image)
「第1回 コレクション展」
宇都宮美術館にて (その他のエリア)
(2017年04月09日 〜 2017年08月31日)

宇都宮美術館では、20世紀以降の美術・デザイン作品を収集しており、その作品を広く皆さんにご紹介するために、コレクション展を開催します。




「17世紀の古伊万里 - 逸品再発見Ⅰ - 」展

(image)
「17世紀の古伊万里 - 逸品再発見Ⅰ - 」展
戸栗美術館にて (渋谷エリア)
(2017年05月27日 〜 2017年09月02日)

「うつわを見る」時、何に注目されるでしょうか。何焼であるのか、何に使うものか、あるいは色や文様でしょうか。しかしこれらの他にも、やきものには実に多くの見所があるのです。同じ「古伊万里」でも、丸い皿もあれば四角い皿、花形の皿もあり、素地の白さも青味がかったものもあれば乳白色のものもあり、一様ではありません。それぞれの違いが何によって生まれているのか、一歩踏み込んで考えながら観察していると、ふと、うつわの新たな一面を発見できることがあります。その時、今まで目に留めることのなかった作品が、急に自分だけの「逸品」になるかもしれません。  とくに今回取り上げる17世紀は古伊万里にとって、誕生と技術革新によって、多様な作品が生み出された時代です。「かたち」や「素地の白」など15のテーマのもとに並んだ個性豊かな約70点を、じっくり観察しながら皆様のお気に入りの「逸品」を是非探してみてください。 [関連イベント] 1、展示解説 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行います。 日時: 毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~、毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~ 2、とぐりの学芸員講座 よりやきもの鑑賞を楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。各回90分程度、参加費500円(入館券を別途お求めください)。 先着30名様、要事前予約。 日時: 第1回: 6月19日(月) 14:00~ 森由美(当館学芸顧問) 「陶器と磁器 初期の水指が語ること」 第2回: 7月3日(月) 14:00~ 小西麻美(当館学芸員)  「館蔵品にみる朝鮮陶磁入門」 3、夏休み!キッズプログラム 【とぐり式 お宝の包み方を学ぼう】小学生を対象に、木箱と風呂敷を使って美術品の包み方をレクチャーします。ご参加の皆様に戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。 日時: 2017年8月11日(金・祝)~13日(日) 毎日14:00~15:00 参加費: 一人500円、予約不要ですが保護者の方がご同伴ください 応募方法: 往復はがきに住所、氏名、電話番号、希望日時を明記の上、お申込みください。 応募多数の場合は抽選、当選者にはご連絡いたします 第1回・第2回 お申し込み締切:5月14日必着 当選通知: 5月末




「やきもの勉強会 食を彩った大皿と小皿」

(image)
「やきもの勉強会 食を彩った大皿と小皿」
根津美術館にて (表参道、青山エリア)
(2017年07月13日 〜 2017年09月03日)

今回の「やきもの勉強会」では、毎日の生活の中で使っている「皿」に焦点を当て、大きな皿や小さな皿が食卓で使われる文化とその時代を考えてみました。人々はいつ頃から皿を使うようになったのでしょうか。「盛る」という食事の文化が現れたのは、いつ頃のことでしょうか。14世紀頃の中近東の国々では大きな皿が必要とされ、中国から運ばれて行きました。一方で日本では、懐石膳のような小さな食卓を使った生活文化の中で、花鳥風月を写した様々な小さな皿が目を引きます。中国や日本のやきものを、大皿と小皿が紡いできた食卓の物語に思いをはせてお楽しみください。




岡本作礼「- 祈りの系譜 - 」

(image)
岡本作礼「- 祈りの系譜 - 」
LIXIL ギャラリー1 & 2にて (京橋、日本橋エリア)
(2017年07月07日 〜 2017年09月05日)

LIXILギャラリーでは2017年7月7日(金)~9月5日(火)の期間「岡本作礼展 ―祈りの系譜― 」を開催します。 岡本作礼氏は唐津焼の伝統技法によるうつわや壺、茶道具などを制作して、現在唐津を代表する作家の一人です。その確かな技と現代性あふれる作品は、人気が高く東京でも数多くの作品展を開催してきました。今展では陶歴40年になる岡本氏の作品の中から、叩き技法の痕跡を太古の洞窟の壁に見立てた壺や、般若心経を釘で彫り記した経筒などを中心に近作6点を展示します。岡本氏は、土には太古からの鼓動があると考え、自然の摂理への畏怖、創造への敬虔な気持ちを祈りの姿勢として作品を制作しています。岡本作礼氏は佐賀県唐津市出身で、唐津焼の窯元で修行をしたのちに窯を築き、40年に渡り唐津焼の技法で現代的な作品を制作してきました。 古来自然を畏れ敬う中国の五行やインドの五大元素のように、日本でも自然崇拝は強く、土、火、水を使うやきものはこのような祈りの姿勢をもって表されることがあります。岡本氏も土には太古からの鼓動があると考え、敬虔な祈りの姿勢で制作を行っています。 今展の出品作である「唐津叩き彩文土器」(2017)は、叩き技法による痕跡を古代の洞窟壁に見立てた壺で、壁画の代わりに円条文を描き宇宙の中心を表現しています。また、「緑黒陶般若心経釘彫経筒」(2017)では仏教の経典を入れる経筒の側面に般若心経が釘で一文字ずつ彫り込まれています。その他に、これまでの唐津にはない織部焼の型起こし技法を取り入れた「朝鮮唐津四方手付鉢」や、十五客の入れ子鉢「唐津殿青釉紫文寿互鉢」など多様な近作6点が展示されます。 [関連イベント] アーティスト・トーク&レセプション 日時: 7月7日(金) 18:30~19:00




ピカソ館

(image)
ピカソ館
箱根彫刻の森美術館にて (横浜、神奈川エリア)

スペインの生んだ20世紀の巨匠パブロ・ピカソ(1881~1973)の作品を展示するピカソ館は、1984年に開設されました。ピカソの長女マヤ・ピカソから188点の陶芸作品をまとめて譲り受けたのを機に、日本で初めての私立によるピカソ美術館をつくることになり、さらに油彩、素描、版画、彫刻、金のオブジェ、銀製コンポート、ガラス芸術のジャマイユ、タピスリーと多彩な作品が収集されました。開館後も引き続き素描や版画が収蔵され、今では当館のピカソ・コレクションは300点を越えるほどになっています。「創造と破壊」を繰り返すうちに生まれたピカソ作品を親しく鑑賞していただくことができます。とくに、当館のコレクションの中心になっているセラミックは、ピカソが65歳になってから南フランスにある陶器の町、ヴァロリスの陶房で始めたものです。彫刻や絵画の要素を併せ持つ陶芸を、心から楽しみながら制作していたことが如実に伝わってくることでしょう。




横山大観記念館 常設展

横山大観記念館 常設展
横山大観記念館にて (上野、谷中エリア)

横山大観の作品、習作、スケッチ帖、大観絵付けの陶磁器、デザイン した着物、遺品、 大観と交流のあった近代作家の絵画、彫刻、書簡、大観が 収集した陶磁器、竹工芸品、骨董など。 展示作品は3ヶ月ごとに替えております。梅雨・夏季・冬季は長期休館致します。台風や大雪の日に、臨時休館することがございます。




宮澤有斗 展

(image)
宮澤有斗 展
板室温泉 大黒屋にて (その他のエリア)
(2017年08月01日 〜 2017年08月30日)

宮澤有斗さんは、大黒屋で4年間スタッフとして働き、芸術、文化、人、うつわ、料理の関係性を仕事を通して学びました。昨年の3月に退社後、およそ1年半かけて作品制作に没頭し、本展示を迎えます。作家活動再開後、初めての本格的な個展となります。




井上修志 + 栁澤理恵子 展

(image)
井上修志 + 栁澤理恵子 展
White Galleryにて (上野、谷中エリア)
(2017年08月03日 〜 2017年08月09日)

多摩美術大学工芸科に在籍する二人の展示です。井上は、力あるいはエネルギーの動きや物が立つことに興味を持ち、考察しています。これらのことは普段何気なく過ごしている中で不意に出会い、多くのことに気づかせ、重力や浮力、摩擦力などの力によってもたらされる状況の再確認は日常生活にこれまでにない発見と発展を与えると語ります。本展では、重力と圧力に対する新たな試みを行います。栁澤は、同じ行為を繰り返すことで形を形成します。制作を通して、思考回路や考える行為、精神の修養につながる行為や意識が滑り込む空間、日本における現代美術の中の工芸のあり方、工芸と日本の宗教観に関心を持ちます。本展では、陶を素材とした立体作品、空間を意識したドローイング、平面作品を展示します。