Subscribe: TAB イベント メディア - 3D: ファッション
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_3D_fashion.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
「boro    〜 年    年 月    日 〜  日 金  日 関連イベント    月 日      + コシノヒロコ 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - 3D: ファッション

TAB イベント メディア - 3D: ファッション





 



長谷川有里 「I’ll Love You Later」

(image)
長谷川有里 「I’ll Love You Later」
UTRECHT / NOW IDeAにて (表参道、青山エリア)
(2016年11月29日 〜 2016年12月11日)

どこか見覚えのあるキャラクター、巨匠たちの名画や、映画の人物たちが家庭科的(?!)変貌を遂げる長谷川有里によるぬいぐるみ作品。ユトレヒトでも大人気の同シリーズがなんと100体(100種類!)並ぶ、初の大展覧会を開催します。ギリギリでチープな雰囲気のフェルトマスコットから、本物にはない可笑しさやをほろ苦さを感じ取ってください。作品はすべて販売します。どれも1点ものなのでぜひお見逃し無く。




「ペルーの伝統織物」

(image)
「ペルーの伝統織物」
スペイン国営セルバンテス文化センター東京にて (市ヶ谷、神楽坂エリア)
(2016年11月29日 〜 2016年12月15日)

ペルーの織物の歴史は遥かインカ文化以前まで遡ります。そして今なお、美しく細部にまでこだわった当時の技術が受け継がれています。本展覧会ではミチェルコレクションから、権威あるミチェル芸術ナショナル コンクールに受賞した作品の数々を展示します。展示の織物は全てアルパカを使用し、ペルー職人の伝統手法によって織りと染色がなされています。 ※要予約 ※イベント詳細は公式ホームページをご確認ください。




高木耕一郎 「Kemono」

(image)
高木耕一郎 「Kemono」
CLEAR EDITION & GALLERYにて (六本木、乃木坂エリア)
(2016年11月25日 〜 2016年12月17日)

高木耕一郎は昔から一貫して動物が主題として登場する、どことなく違和感が漂う作品を制作しております。 古来より動物というのは言い伝えや伝説に登場し、人を導き、惑わせ、人を攻撃します。それは信仰対象の代理としての存在であったり、自然現象の象徴であったりと、動物という姿を借りた「何か」のメッセージである場合があります。今回の個展のタイトル「ケモノ」という言葉には畏怖の気持ちとは別に軽蔑やネガテイブな意味も含まれます。 様々な価値観が複雑に絡み合う今日の社会において我々人間も獣と化し、互いの価値観を蹂躙し、時には命を奪い合います。高木が提示する動物達は国籍や人種などをカモフラージュした「人」そのものもの投影であります。 それは決して否定ではなく真摯に現状を描写した結果であり、仮の姿で我々の前に提示された本来の姿であり社会の一場面でもあるのです。高木は描き出す世界を通して我々に今一度自身が置かれている状況を見つめ直すきっかけを与えてくれているように思えます。 [関連イベント] オープニングレセプション 日時: 11月25日(金)19:00~21:30




カジ・ギャスディン + コシノヒロコ 「Time and Space - 時の密度 - 」

(image)
カジ・ギャスディン + コシノヒロコ 「Time and Space - 時の密度 - 」
KHギャラリーにて (銀座、丸の内エリア)
(2016年11月04日 〜 2016年12月18日)

独自の感覚で絵を描き続けてきた コシノ。油彩であっても西洋の模倣ではない、日本の風土を感じさせる抽象絵画を追求していたコシノが偶然出会ったのが、カジの絵画でした。カジはバングラデシュに生まれ、来日後40年以上に渡り二つの国を行き来しながら精力的に絵画を描き続ける画家です。理知的で抽象的、そして同時にバングラデシュの風土と文化を感じさせる絵画からは、信仰にも似た情趣が感じられます。自分の信じるものだけを一心に描くカジの精神性に、コシノは深く共感し一目で惚れ込みました。そしてカジもまたコシノの絵画に、描くことへの情熱を感じ、かねてより競演を切望していました。二人にとって念願であった本展では、カジは最新作である大作の油彩画と水彩画を含む緻密な抽象絵画を、コシノは偶然性を引き入れる独自の手法を用いた、KHギャラリー銀座初公開となる油彩画を中心に発表します。二つの世界が響き合う、堂々とした絵画空間が立ち現れることでしょう。「美は時間や空間を超える」と語るコシノ。その言葉には混迷する現代社会の中でも、生まれ育った風土や自身の経験に根ざした美を求めていく決意が含まれています。




「MiOA」

(image)
「MiOA」
SFT Galleryにて (六本木、乃木坂エリア)
(2016年10月26日 〜 2016年12月19日)

MiOA(ミオア)は、スタイリストとしても活躍するデザイナーの青波が主催するブランドです。 フランス・イタリア・アメリカのヴィンテージパーツや天然石、アジア・中東のメタルパーツを使用したへアクセサリーは、ひとつひとつ丁寧に作られた一点もので、独特の雰囲気を持っています。 今回SFTでは、そんなヘアアクセサリーの新作とともに、新たなライン「2WAY GLASSES CHAIN」をご紹介いたします。 ヘアアクセサリーと同様に存在感のあるパーツを使用した一点もののメガネチェーンは、サングラスから老眼鏡まで幅広く使え、ネックレスにもなるデザイン性と、肩に負担がかからないような構造の機能性を合わせ持っています。デザイナー自らが老眼鏡をかけ始めたことをきっかけに、デイリーで使用できるメガネチェーンを求め、数年前より企画、研究を重ねて生み出されました。 唯一無二の存在感が光るMiOAの世界を、是非この機会にご覧ください。




平井有太 「ビオクラシー - BIOCRACY - 」

(image)
平井有太 「ビオクラシー - BIOCRACY - 」
キタコレビルにて (武蔵野、多摩エリア)
(2016年11月22日 〜 2016年12月24日)

本展は、Chim↑Pomのキュレーションによるものです。平井有太は、1975年東京生まれ。ヒップホップとアートに影響を受けて、ニューヨークの School of Visual Arts卒業後、2001年に帰国しました。帰国後、日米のアートシーンと当時の自分の表現に疑問を持ち、美術作家としての活動を停止。以降、「有太マン」名義でのフリーライター業務を活動の軸としました。2012年からは福島県に移住。「人生はアートだ」という自身の芸術的志向性に一貫して、原発事故後の福島県の取材に専念(2012、15、16年「3.11」週刊文春グラビア特集など)しながら、農地の放射線量を測り続けるなど多岐にわたる活動を展開しました。 本展のタイトル「BIOCRACY(ビオクラシー)」は、そんな平井の集大成ともいえる同名の著作(SEEDS出版、2016) からきています。政治家や文化人、活動家から2011年3月11日生まれの子供たちまで、総勢36名にも及ぶインタビューからなる本著は、それらを通し、3.11以降の社会を抜本的に問い直す内容となっています。それを象徴する一言として、「『BIO』とは『生』であり、『‐CRACY』は『支配』や『政治体制』を意味する。つまり『ビオクラシー』は、そのまま訳せば『生命主義』。それは、命より経済を重んじて戦争の原因にもなる資本主義はもちろん、現状の『デモクラシー』=『民主主義』の先にあるものだ。そもそも、人間などは地球上であらゆる生命と共存させていただいているのに、『民』が『主』とは、どれだけおこがましい態度なのか。」と平井は述べています。 また平井は、それら人々との関わりや会話、インタビュー自体を、『socialscape(ソーシャルスケープ )』と名付け、社会活動におけるひとつの実践手段と位置づけてます。本展の作品群も同様に「全ては再生/持続可能」、「生活が前衛」という展覧会のテーマのもと、多くの実践者とのコラボレーションや関わりの中で制作されました。再生可能エネルギーの生産者と消費者を、顔が見える形で結びつける電力会社「みんな電力」。会場の「電力ネーミングライツ(世界初!)」を購入(コレクション)したアディダス。ローカル発電会社・会津電力を主催する老舗酒蔵。ボブ・マーリーのプロデューサーでもあるレゲエの生ける伝説……など、その顔ぶれはバラエティにとんだ実にユニークなものであり、登場人物の多さから、はたしてこれらの展示物は誰の作品なのか、平井の個展なのかキュレーション展なのか……など、美術への既成概念を問うものになるでしょう。しかしそもそもインタビュアーとして培ってきた他人への興味に基づく「ソーシャルスケープ」は、ライター活動も選挙活動も人生を彩る社会活動は全て「アート」と捉えて生きてきた平井にとっての、実は最もベーシックな芸術手段であり、にも関わらずその活動とアートシーンがこれまで接点を持ってこなかった時点で、平井はすでに「アートとは何か」という問いを投げ続けてきたとも言えるのではないでしょうか。アートを人生に拡張し、あらゆる現場や人々との関わりから現代社会を描き出してきた平井有太。福島を通じて「民」から「命」へと歩み出す人々の実践の数々に、「ビオクラシー」の一歩を宣言します。 会場:Garter




「TADANORI YOKOO POP-UP STORE」

(image)
「TADANORI YOKOO POP-UP STORE」
DIESEL ART GALLERYにて (渋谷エリア)
(2016年11月25日 〜 2017年02月10日)

2016年はDIESELが日本にローンチして30周年を迎えるアニバーサリーイヤー。これを記念してDIESELは、PORTERと日本を代表する美術家・横尾忠則氏とのコラボレーションを実現。全6アイテムからなる「DIESEL × PORTER ARTWORK by TADANORI YOKOO」を日本限定で発売する。また、DIESEL ART GALLERYでは、2016年11月25日(金)から2017年2月10日(金)まで、横尾忠則氏のポップアップ・ストアをオープン。限定アイテムを先行販売するほか、入手困難だった名作ポスター、新作グッズなどを展開する。




舘鼻則孝 「呪力の美学」

(image)
舘鼻則孝 「呪力の美学」
岡本太郎記念館にて (表参道、青山エリア)
(2016年11月03日 〜 2017年03月05日)

世界が注目するアーティスト舘鼻則孝はまだ30歳を超えたばかり。卒業制作の「ヒールレスシューズ」がレディー・ガガの目にとまり、一躍アートシーンに躍り出たことで有名だが、単に才能があった、運が良かったと片づけるのは間違いだ。世界に通用するファッションデザイナーになりたい。高校時代にそう決意した舘鼻は、東京藝大で染織を学び、「和装」の技術と思想を血肉化する道を選んだ。ふつうなら服飾専門学校を経て海外に飛び出すラインをイメージするところだが、あえて通例に背を向け、逆張りに自分を賭けたのだ。「どうすれば世界と闘う武器を手にできるか」を考えた末の行動だった。高校生の頃からコムデギャルソンに通いつめて8年がかりでプレゼンテーションのチャンスをつかみ、ヒールレスシューズを売り込むために膨大なメールを世界中にばら撒いた。舘鼻則孝を支えているのは創造的な野心であり、戦略的なヴィジョンと戦術的なアクションがそれを駆動している。メンタリティは「血ヘド吐いてもがんばります」型根性主義の対極にある。ロジカルな思考と情熱的な行動。それが力の源泉なのだ。岡本太郎もおなじだった。思いつきと衝動で動く「芸術家肌」の典型と思われがちだが、まったくちがう。パリ大学で哲学と民族学を学び、抽象芸術運動の胎動に立ち会った太郎の思考はきわめて論理的だ。太郎のすごいところは、考えるだけに終わらず自ら情熱的に行動したこと。太陽の塔を見ればわかるだろう。世界を目指すために岡本太郎はパリに行き、舘鼻則孝は日本に残った。選択は真逆だが、腹のくくり方はおなじだ。常識や標準を疑い、己れの信念だけを頼りに針路をとると決めている。エンジンはプライドと絶対感だろう。太郎との対峙にむけて舘鼻則孝がつくりあげた新作の数々をぜひご覧いただきたい。とりわけ創造的な世界に生きようとする若い世代に、彼の腕っぷしの強さを見て欲しい。これからのクリエイティブを考えるうえで最良の「生きた標本」がここにいる。 [関連イベント] トーク 日時: 11月9日(水) 19:00~ 「舘鼻則孝が語る - 呪力の美学 - 」 日時: 12月14日(水) 19:00~ 「山口桂(Christie's New York)×舘鼻則孝」 日時: 2017年1月13日(金) 19:00~ 「平野暁臣(岡本太郎記念館館長)×舘鼻則孝」 ※関連イベント詳細は公式ホームページをご確認ください。




「BORO -美しいぼろ布-」 展

(image)
「BORO -美しいぼろ布-」 展
アミューズミュージアムにて (上野、谷中エリア)
(2016年04月08日 〜 2017年03月26日)

BOROには「ファッションの原点」を感じるのです。「ファッション」は、とかく軽く論じられがちです。「外見ばっかり気をつかって」とか「モテ服」とか、「大切なのは中身でしょ!」とか。いやいや、そうではなくて、自分を少しでもよく見せて、異性にアピールして、自分の遺伝子を残していこう、というのは、人間のみならず鳥や動物なども含めた生き物としての本能ではないか?と私は考えます。だから人間は、どんなに貧しい環境でも、少しでも自分をよく見せるために、工夫を凝らして、おしゃれをするのだ、と。 その生き物としての本能に基づいて、継ぎはぎ布にかけられた膨大な手間。限られた資源の再利用(エコロジー)、刺し子の超絶技巧(テクニック)、愛情(エモーション)、経年美(パティーナ)。 極めて今日的なテーマを示唆するアートとしてのBORO。これらから受ける感動の本質は、見た目の継ぎはぎのレイアウトではなく、生き物としての本能、「生への執念」だと感じるのです。 本展では田中忠三郎コレクション以外に、兒嶋俊郎氏が所有されている貴重な民俗衣38点もお借りして展示しています。アーティストであり画廊経営者である兒嶋氏が絵画的観点から収集なさった美しいぼろ布。消費文化の対極のアートをご覧ください。




「BORO - 奇跡のテキスタイルアート - 」展

(image)
「BORO - 奇跡のテキスタイルアート - 」展
アミューズミュージアムにて (上野、谷中エリア)

田中忠三郎コレクションの中には、江戸時代から何代にも渡り、青森の山村、農村、漁村で使われてきた“ぼろ”と呼ばれる衣服や布類が多数あります。人の一生はおろか、二代、三代、時には四代にわたって、布を再生し継ぎ充てを重ねられたボロ着物は、今や「BORO」として世界共通語となるほど、アート・テキスタイルデザインの分野で高く評価され、欧米の染織美術・現代美術のコレクターから買い求められています。 現代のキルト、パッチワークのようにきれいなものを作りたくて作ったのではなく、そのときにあるものを重ねていき、寒さをしのぐために少しでも暖かく丈夫にしたいと、つぎはぎを重ねて大切につかわれてきたそれらぼろ布類は、今あらためて見れば、そのままイタリアやフランスのハイファッションになりそうな完璧なデザインです。 100年の時を越えて公開されているこれら「BORO」コレクションは、布のエコロジーの極致であり、布を愛し慈しんだ人々が生んだ消費文化の対極のアートであるといえるでしょう。




進藤冬華 「穴」

(image)
進藤冬華 「穴」
アートセンター・オンゴーイングにて (武蔵野、多摩エリア)
(2016年12月07日 〜 2016年12月18日)

[関連イベント] オープニングパーティー 日時: 12月10日(土)19:00~ 参加費:1000円(軽食、1drink付き、入場料込み) Pre Ongoing School 作家本人による展示作品の解説を含めてのレクチャー。お好きなケーキとお飲物がついてきます。 日時: 12月18日(日)15:00~ 定員: 先着30名 参加費: 1500円(お好きなケーキ+1drink+入場料) 全イベントで進藤冬華のパフォーマンスが行われます。




山本耀司 + 朝倉優佳 「画と機」

(image)
山本耀司 + 朝倉優佳 「画と機」
東京オペラシティ アートギャラリーにて (新宿エリア)
(2016年12月10日 〜 2017年03月12日)

「画と機」の〈画〉は絵画、〈機〉は「はずみ」や「機会」「機織(服)」の意味です。この二文字は関係性を表すもので、つなげて「ガキ」という音の通り、世間が子どもへ向ける目への反抗や抵抗としての表現と捉えることもできるでしょう。誰もが子どもであった時期があり、誰もが子どもの頃の断片を持ち続けているはずです。絵画とファッション、二次元と三次元、男と女など、反発しながらも惹かれ合い、お互いに逃れられないような、創造の根源に触れる危険な関係を暴き出します。ファッションデザイナーとして知られる山本耀司と若手画家の朝倉優佳が、美術館の展示空間に向かい合う展覧会です。ファッションと絵画、その間を往還する創造の世界を表現します。




「マリメッコ展 - デザイン、ファブリック、ライフスタイル - 」

(image)
「マリメッコ展 - デザイン、ファブリック、ライフスタイル - 」
Bunkamura ザ・ミュージアムにて (渋谷エリア)
(2016年12月17日 〜 2017年02月12日)

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアの元へ才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、60年代には世界的なブランドへと成長していきます。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服は、高い人気を呼びます。その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。 本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料 などを通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会です。