Subscribe: TAB イベント メディア - 3D: 建築
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_3D_architecture.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
、 月    〜 年      年 月    日 、  日 〜  日 土  日 日    日時 月  月 日     
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - 3D: 建築

TAB イベント メディア - 3D: 建築





 



「岡本太郎×建築 - 衝突と協同のダイナミズム - 」展

(image)
「岡本太郎×建築 - 衝突と協同のダイナミズム - 」展
川崎市岡本太郎美術館にて (世田谷、川崎エリア)
(2017年04月22日 〜 2017年07月02日)

1964年、アジアで初めてのオリンピック開催にわきたつ東京。丹下健三の名作である国立屋内総合競技場(現・国立代々木競技場)は、吊り構造の屋根をもったダイナミックな美しい造形で、この祭典の象徴となった建築でした。岡本太郎はこの競技場のために、色鮮やかな陶板壁画のシリーズを制作しています。岡本にとって丹下健三とのコラボレーションは、1957年の旧東京都庁舎での壁画連作、東京オリンピック、そして1970年の日本万国博覧会での「大屋根」と「太陽の塔」へとつながっていく、高度経済成長期のまさに国家的プロジェクトというべき大舞台になりました。 壁画やモニュメントを数多くのこした岡本ですが、それらは親しく交流した建築家たちとの関係から生まれたものが少なくありません。丹下健三をはじめ、1930年代からの知己である坂倉準三や、アントニン・レーモンド、磯崎新といった建築家たちとの関わりや協同のなかで、岡本太郎の仕事は「美術」の枠を大きく超えて、豊かな広がりを獲得しえたのでしょう。本展は、日本が大きく飛躍をした時代、共に「伝統」と「創造」について議論し、都市と時代を見つめた岡本太郎と建築家たちの交流に焦点をあて、建築と美術の協同の一つのかたちについてご紹介いたします。 [関連イベント] レクチャーシリーズ「建築とアート」 企画・司会: 藤原徹平(建築家・本展会場構成) 場所:美術館ガイダンスホール、企画展示室 定員:各回70名程度(要予約・要観覧券) 第1回 鈴木了二(建築家) 日時: 5月13日(土) 14:00〜 第2回 青木淳(建築家) 日時: 5月20日(土) 14:00〜 第3回 中山英之(建築家) 日時: 5月27日(土) 14:00〜 第4回 名和晃平(彫刻家) 日時: 6月3日(土) 14:00〜 ※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。 ワークショップ「まちをつくろう - ぼくらのいこい島」 岡本太郎の考えた「いこい島」をみんなで作るワークショップです。 日時: 2017年5月5日(金・祝)、6日(土) 13:00~16:00 場所: 美術館ギャラリースペース 申し込み不要・参加費無料 映像上映 「かわった形の体育館(総集編)」(1964)(資料提供: 清水建設株式会社)約20分 「日本万国博覧会1970年テーマ館《太陽の塔》制作記念フィルム」約20分 日時: 4月22日(土)、4月30日(日)、6月25日(日)、7月2日(日) 14:30~ 会場: 美術館ガイダンスホール 定員: 各回70名(当日先着順・無料)




リトルボーイ + 塩見真由「2 PARTY」

(image)
リトルボーイ + 塩見真由「2 PARTY」
THE blank GALLERYにて (表参道、青山エリア)
(2017年06月24日 〜 2017年07月05日)

リトルボーイは、暴力、戦争、人種差別、犯罪といったタブーをテーマの軸に、シルクスクリーンやコラージュを用いて自らの主張を絶妙なバランス感覚で作品化し、それらをTシャツという誰にも身近な素材に落とし込む事で、社会に対して矛盾や疑問を挑発的に呈します。一方、塩見真由は、アニメや誰もが知っているキャラクター、既製品やロックバンドのミュージックをモチーフに「世界はユーモアで出来ている」というコンセプトから、世界の様々な見方の可能性を、彫刻をメインに表現しています。 世の中に蔓延する既存のイメージに対し、強い疑問と違和感を抱く両アーティストが、それぞれの作品を通して対話することで、日常で見落としがちな不条理や喜びを投げかけます。異なる言語とイメージから構成される予想不可能な世界観を、展示します。




坂茂「プロジェクツ・イン・プログレス」

(image)
坂茂「プロジェクツ・イン・プログレス」
ギャラリー・間にて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年04月19日 〜 2017年07月16日)

本展では、現在世界各地で進行中の最新プロジェクトのプロセスを通して、坂氏の設計思想と取り組みを紹介します。これまで「紙管」という安価で解体・組み立て・再利用が容易な素材を建材として利用し、建築作品だけでなく世界各地の災害支援にも尽力してきた坂氏が、今改めて「木」という素材の特長や可能性に注目し、これらを多様なかたちで用いた大規模なプロジェクトに挑戦しています。 なかでも、2017年パリ近郊、セガン島にオープンする「ラ・セーヌ・ミュジカル(La Seine Musicale)」は、約1,200人収容のクラシック音楽専用のホールを中心とした複合音楽施設で、坂氏のこれまでのキャリアの中では最大規模となります。船の帆をイメージし、日照に対応して回転する太陽光パネルや、木造の六角グリッドで構成した巨大なバスケットで包み込んだ円形の音楽ホールを有する建物は、あたかもセーヌ川に浮かぶ巨大客船のような様相を見せ、これからのパリの新しい文化発信の中心点としても期待されています。会場に展示される約4mの断面模型や着工から竣工までの定点観測映像などによって坂氏の建築の世界へ引き込みます。 その他、本展が初のお披露目となる複数のプロジェクトの進行状況についても、模型やモックアップ、映像など、臨場感あふれる展示で紹介します。木造大架構の屋根、壁面など、坂氏ならではのダイナミックな外観の中に、従来にない環境性能や居住性の可能性も感じることができるでしょう。




「グリーンと暮らす住まい展」

(image)
「グリーンと暮らす住まい展」
リビングデザインセンターOZONEにて (新宿エリア)
(2017年04月13日 〜 2017年07月18日)

緑を眺めたり、育てたりしながら日常を心地よく過ごす― 心身を癒し、季節の変化を感じさせてくれるグリーンは都市生活に欠かせない存在になりました。キッチンやリビング、窓際や玄関先など、住まいのさまざまなエリアで、楽しみ方もその種類も多様化しています。本展では、庭や屋上、バルコニーなど、緑を効果的に取り入れた住宅事例を写真パネルでご紹介します。心地よく自然を感じられる緑と調和した空間には、都市生活に適した植栽の取り入れ方やスペースの活用方法など、建築家やデザイナーならではのアイデアと住まい手の個性が溢れています。さらにデッキ、エントランス等の屋外で使えるうえ、室内でもアウトドア気分を楽しめる、スタイリッシュなアウトドアファニチャーの数々もご紹介します。 会場: 6F OZONE子育てふぁ~む




「第25回〈現代世界の建築家〉展 INTERNATIONAL 2017」

(image)
「第25回〈現代世界の建築家〉展 INTERNATIONAL 2017」
GA galleryにて (渋谷エリア)
(2017年06月24日 〜 2017年08月06日)

毎年恒例,世界の建築デザインの潮流を探る展覧会。世界で活躍する国内外の建築家33組による、最新プロジェクトを紹介します。




「芦原義信建築アーカイブ展 - モダニズムにかけた夢 - 」

(image)
「芦原義信建築アーカイブ展 - モダニズムにかけた夢 - 」
武蔵野美術大学 美術館・図書館にて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年05月22日 〜 2017年08月13日)

モダニズムの盛期1950年から70年代に数々の名建築を手がけた芦原義信の活動の軌跡を、武蔵野美術大学所蔵「芦原義信建築資料アーカイブ」の図面、写真、模型によってたどる。本学キャンパスなど代表作11点の紹介に加え、米ハーバード大留学時代の課題図面など貴重な資料も展示。全作品300件のデジタルデータ、タイムラプス映像、撮り下ろしの建築写真によって、建築アーカイブのあり方も提言する。




「武田五一の建築標本 - 近代を語る材料とデザイン - 」展

(image)
「武田五一の建築標本 - 近代を語る材料とデザイン - 」展
LIXIL ギャラリー1 & 2にて (京橋、日本橋エリア)
(2017年06月08日 〜 2017年08月26日)

近代を牽引した建築家の一人・武田五一(1872-1938)は、無数の材料とデザインの集積である建築を個々の 標本として収集した人でもありました。本展では、分野を横断して多様に集められた「建築標本」約 100 点を 紹介しながら、五一の建築や意匠をとらえる独特な視点とその時代性を浮彫りにします。 本展では、五一が教育界に携わった大正から昭和初期に収集された「建築標本」 約 100 点を「新たなる材料」「時代の流行」「近代的生活」「古典再考」「20 世紀初頭のデザイン表現」「講義の足跡」のカテゴリーに分けて紹介します。ま た、五一が収集に関与した記録として京都大学に保管されている貴重な「備品監 守簿」も展示します。本展をとおして、明治の幕開けとともに近代化が始まった日本の建築意匠を象徴 する多彩な材料や技術を一望しながら、あらゆるものを貪欲に吸収していた五一 の世界観を披露します。




「建築家・大高正人と鎌倉別館」展

(image)
「建築家・大高正人と鎌倉別館」展
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館にて (横浜、神奈川エリア)
(2017年05月27日 〜 2017年09月03日)

1984年、建築家・大高正人の設計による鎌倉別館が北鎌倉寄りの鎌倉街道沿いに開館。大高正人は、ル・コルビュジエに学んだ日本近代建築の巨匠、前川國男の下で神奈川県立図書館・音楽堂(1954年)や東京文化会館(1961年)を担当し、独立後は横浜のみなとみらい地区などの総合的な都市計画を手がける一方で、風土に根ざした地方都市の町づくりを推進した建築家です。改修に伴う長期休館を前にオリジナルの建築意匠でご覧いただける最後の企画展として、大高正人の美術関連の仕事に焦点を当てながら、鎌倉別館で開催してきた展覧会にまつわるコレクションや関連資料を中心に、鎌倉別館の33年間の活動を振りかえります。 [関連イベント] 「担当学芸員によるギャラリートーク」 日時: 6月25日(日)、7月9日(日)、8月6日(日) 各日14:00〜14:30




特別展「世界遺産登録記念 ル・コルビュジエと前川國男」

(image)
特別展「世界遺産登録記念 ル・コルビュジエと前川國男」
江戸東京たてもの園にて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年05月30日 〜 2017年09月10日)

2016年、上野の国立西洋美術館が、東京初の世界文化遺産に登録されました。それを記念して、公益財団法人東京都歴史文化財団連携事業「ル・コルビュジエと前川國男」を開催します。国立西洋美術館の設計者であるフランスの建築家 ル・コルビュジエ、そして彼に直接学んだ日本の建築家 前川國男の作品や建築観を、江戸東京たてもの園、東京都美術館、東京文化会館の3館で実感していただきたいと思います。前川國男の自邸(1942年)が移築されている江戸東京たてもの園の展示室では、ル・コルビュジエの数々の作品、彼が日本にもたらした影響、前川國男が独自に切り開いた世界と建築作品について広く展示します。1961年の作品、東京文化会館では、小ホール入口スロープを舞台に、ル・コルビュジエと前川國男、東京文化会館の建築的特徴について紹介するとともに、写真展「東京文化会館1961~渡辺義雄が撮らえた造形美~」をお楽しみいただきます。1975年の作品、東京都美術館では、佐藤慶太郎記念 アートラウンジにて、ル・コルビュジエと前川國男、東京都美術館の建築的特徴について紹介します。 [関連イベント] 1、ミュージアムトーク「ル・コルビュジエと前川國男」 日時: 6月24日(土)/8月26日(土)14:30~15:30 会場: 江戸東京たてもの園 展示室 講師: 米山勇(江戸東京博物館研究員) 2、シンポジウム「ル・コルビュジエと前川國男、日本のモダニズム」 日時: 7月2日(日)14:00~16:00(受付 13:30~) 会場: 江戸東京たてもの園 ビジターセンター 講師: 藤森照信(江戸東京博物館館長)、山名善之(東京理科大学教授)、米山勇(江戸東京博物館研究員) 定員: 100名(当日先着順) 3、講演会「ル・コルビュジエと前川國男がもたらしたもの」 日時: 9月2日(土)14:00~15:30(受付 13:30~) 会場: 江戸東京たてもの園 ビジターセンター 講師: 松隈洋(京都工芸繊維大学教授) 定員: 100名(当日先着順)




「平成29年度国立近現代建築資料館収蔵品」展

(image)
「平成29年度国立近現代建築資料館収蔵品」展
国立近現代建築資料館にて (上野、谷中エリア)
(2017年06月10日 〜 2017年09月10日)

文化庁国立近現代建築資料館では、これまでに収蔵資料のうち坂倉準三資料(平成25年度)、吉阪隆正+U研究室資料(平成27年度)、大髙正人資料(平成28年度)を中心に、それぞれの建築家の足跡をたどる内容の展覧会を開催してきました。しかしながら、当館のアーカイブズには、既に展示した資料の他にその何倍もの資料があり、膨大な情報が蓄積されています。そこで、このたびの収蔵品展では、新たな試みとして、過去の展示では十分に全容を紹介するに至らなかった3つの建築プロジェクトに焦点を当てた展示を行います。戦後の建築界を牽引した3人の建築家たちにとっても、我が国の近代建築運動全体の展開にとっても、その全容を把握すべき重要なものです。プロジェクトで試みられたさまざまな取り組みは、その後の建築家たちの設計活動の礎となり、また、周囲に多大な影響を及ぼしました。代表的な図面だけでは把握することが困難な設計の方法論や建築家たちの挑戦の軌跡を、当館が保有する数々の資料を通して幅広く紹介します。




「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」

(image)
「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」
21_21 DESIGN SIGHTにて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年06月23日 〜 2017年10月01日)

つくることの喜びとともに、「壮大なプロジェクト」に向かって歩みを進める表現者たち。本展では、既存の表現方法の垣根を超えた大胆な発想を実現するクリエイターたちによる「壮大なプロジェクト」を紹介します。 2016年6月、イタリアのイセオ湖を舞台に「フローティング・ピアーズ」を実現したクリストとジャンヌ=クロード。湖に出現した3kmの布の浮き橋は、やはり布で覆われた周辺の歩道を伴い、風景を鮮やかに更新して人々を高揚させました。時には数十キロにもおよぶ野外空間や大都市の中の橋、国会議事堂などを作品へと変貌させる、不可能ではないかと思われるようなプロジェクトを実現してきた彼らを本展の出発点として、ダイナミックな手法で活動を行うさまざまな分野の作家が集います。綿密な計画を練り、多くの人たちの協力と賛同を得ながらプロジェクトを実現する様子は、完成した広大なスケールの作品と合わせて、「そこまでやるか」という驚きに似た感情を見る人に呼び起こします。彼らの姿勢は、自然環境の中での技術的な課題、経済的な問題、時代や情勢の変化など様々な困難に立ち向かう強い意志と情熱、数多くの試行錯誤、そして信念を持って行動する決断力を感じさせます。また壮大なプロジェクトは、表現者による「壮大な都市計画」の提案とも言えるでしょう。彼らの作品は、一時的あるいは恒久的に街や自然の風景を変えることにより、私たちの生活に浸透していきます。公的機関や企業、有志の人々などさまざまな協力者がプロジェクトに参加し、制作プロセスから関わることによって、協働する楽しみやつくる喜びを体験できることも大きな特徴のひとつです。彼らが実現する作品は私たちに新しい体験をうながし、これまで思いもつかなかった楽しさと価値観に気づかせてくれます。本展では、そのようなクリエイションが持つ特別な力と、そこから広がっていく喜びを伝えます。




「建築倉庫 常設展」

(image)
「建築倉庫 常設展」
建築倉庫にて (東京:その他エリア)




「ヨコハマトリエンナーレ2017『島と星座とガラパゴス』」

(image)
「ヨコハマトリエンナーレ2017『島と星座とガラパゴス』」
横浜美術館にて (横浜、神奈川エリア)
(2017年08月04日 〜 2017年11月05日)

横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。タイトルの[島][星座][ガラパゴス]は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワードです。いま、世界はグローバル化が急速に進む一方で、紛争や難民・移民の問題、英国のEU離脱、ポピュリズムの台頭などで大きく揺れています。 ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」では、「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。本トリエンナーレでは、アーティストを厳選し、その多くが複数作品を展示することで、小さな個展群が緩やかにつながり、星座あるいは多島海を形作るように展覧会を構成します。また、幅広い分野の専門家が参加する公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」を通して討論を重ねます。視覚と対話の両面から深くテーマを掘り下げ、「議論」や「共有・共生」の機会となることを目指します。先行きの見えない複雑な時代に、人間の勇気と想像力や創造力がどのような可能性を拓くことができるのか。 多くの人々とともに考え、開国、開港の地・横浜から新たな視点を発信します。 会場: 横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下