Subscribe: TAB イベント メディア - 2D: グラフィックス
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_print_graphicdesign.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
  〜 年    年 月    日 〜  日 土  日 日  日 金  日 関連イベント    月 日       
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - 2D: グラフィックス

TAB イベント メディア - 2D: グラフィックデザイン





 



齋藤はぢめ 「Non Player」

(image)
齋藤はぢめ 「Non Player」
素人の乱12号店にて (武蔵野、多摩エリア)
(2016年12月02日 〜 2016年12月06日)

齋藤はぢめは1992年神奈川県生まれ。他者との関わりを扱った映像作品や写真作品をメインに制作し、これまで多数のグループ展への参加やその中で賞を受賞してきました。また、芸術支援の新しい可能性を実験的に模索するアーティスト組織「Artists'Guild(アーティスツ・ギルド)」のメンバーでもあり、「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」(2016/東京都現代美術館)では、未成年のようにも見える少女がアルコール飲料をがぶ飲みする巨大なビルボード作品「Clear」を掲げ、イントロダクション的役割を果たし話題になりました。「ありとあらゆる揺らぎに私は怯えている。その理由は未だはっきりとしない。」と齋藤は言います。そして、その揺らぎは性別や世代、肩書やコスチュームといった既存のイメージである型に当てはめることで方向を定め、ブレのない個人を装い確立していると考えています。型へのインプットと、型からのアウトプットを通して内面化されていた価値や規範を再考し、そこで生まれる意識の変容を自身の体験を交えながら演出で可視化してきました。齋藤自身が出演する作品も多くあり、常にコミカルとシリアスが混在しています。今展覧会タイトル「Non Player」はノンプレイヤーキャラクターに由来し、ゲームの世界においてプレイヤーをゲームマスターの作ったストーリーにうまく誘導するための存在であり、プレイヤーが操作しないキャラクターを指します。自分の物語のプレイヤーは自分自身である前提において、他人にとっても物語のプレイヤーはその他人自身です。主役である自分にとっての他人の存在、あるいは他人にとっての自分の存在は単なるノンプレイヤーキャラクターに過ぎない輪郭のぼやけた曖昧で儚いものなのかもしれません。美術家であるマルセル・デュシャンは、「されど、死ぬのはいつも他人ばかり」と遺しましたが、それはデュシャンの死を以って、デュシャンが他人へと変容を遂げる瞬間でもありました。今展覧会では、未発表の新作を含む多数の新旧作品で構成し、学外では今展が初個展になります。




レーナ・キソネン 「Herbarium」

レーナ・キソネン 「Herbarium」
Kaisu Bar & Tableにて (六本木、乃木坂エリア)
(2016年11月11日 〜 2016年12月09日)

標本(herbarium)は、森やそこに住む動物の小さなストーリーを伝える作品の集合体です。本展ではフィンランド人のグラフィックアーティストのレーナ・キソネンによる作品を展示します。レーナはコンピューターから離れ、手で作ることを目指してきました。彼女の作品は、風変わりな生き物やカラフルな植物のいる、想像上の森へと見る者を誘います。自然界にある形や押し花、動物への愛からインスピレーションを得た作品は、伝統的なプレパラートの形式で展示されるユニークな作品の集まりとなりました。すべてKaisuのスペースのために新しく作られた作品で、購入可能です。ポスター、カードも販売します。




田名網敬一 「夢のかけら」

(image)
田名網敬一 「夢のかけら」
GALLERY 360°にて (表参道、青山エリア)
(2016年11月16日 〜 2016年12月10日)

2012年に田名網が1968~'70年にかけて制作したコラージュ作品と未完成の作品、そしてそれらの作品に使用された印刷物がまとまったかたちで倉庫の中から発見されました。スタジオに持ち帰った田名網は1点1点検品しながら、剥がれてしまっているものは再度糊付をし、破れた箇所は持ち帰った素材の中から選び、貼り直し、修復作業を3年間かけて行いました。倉庫の片隅に眠ったままになっていた未完の作品が、40年以上の時を経て再び田名網の手によって完全な作品に仕上げられ、蘇りました。子どもの頃に見た記憶や夢の破片を繋ぎ合わせるような作業は田名網にとって、時空を超えた空想の世界に遊ぶような時間の体験だったことでしょう。今回はこれらの作品の中から24点を選び、展示します。




「ベスト・セレクション― 世界旅行に出かけよう」展

(image)
「ベスト・セレクション― 世界旅行に出かけよう」展
川崎市市民ミュージアムにて (世田谷、川崎エリア)
(2016年10月08日 〜 2016年12月11日)

当館の写真、漫画、グラフィック、美術文芸セクションの収蔵品を「世界旅行」という切り口で取り上げます。ロートレックやカッサンドルのポスター、篠山紀信やロバート・フランクの写真作品、ビゴーの漫画作品、濱田庄司の陶芸作品など代表的なコレクションが大集合! 異国の風物を題材とする多種多様な表現を味わいながら世界をめぐってみましょう。




「RED GUITAR / MIC*ITAYA & GONTITI TOKYO MIX」

(image)
「RED GUITAR / MIC*ITAYA & GONTITI TOKYO MIX」
Bギャラリーにて (新宿エリア)
(2016年11月26日 〜 2016年12月13日)

Bギャラリーでは3回目となるヴィジュアルアーティスト・MIC*ITAYA(ミック・イタヤ)の最新展。本展では、ミック・イタヤと30年以上に渡り親交のあるギターデュオ、GONTITI(ゴンチチ)のために製作されたアルバムのアートワークやポスター、ステージ美術、コラボレーション作品などを多数展示。その一部を販売します。 昨年、DMO ARTS(大阪)で開催され大好評を博した展覧会「RED GUITAR」での展示作品の巡回に加え、初公開となる作品制作過程の貴重な資料や記録映像の上映も行います。本展を通して、ミック・イタヤとゴンチチ両者のアート、デザイン、ミュージックの深い関わりが伺えます。アーティストの表現の多面性にどうぞご期待ください。 [関連イベント] トーク&ライブ「ハーモニー」 日時: 11月27日(日) 15:00~16:00 ゲスト: 溝口肇 トーク「コンタクト」 日時: 12月3日(土) 17:00~18:00 ゲスト: 佐脇章三、谷口純弘 トーク「サークル」 日時: 12月11日(日) 15:00~16:00 ゲスト: 甲田益也子、木村達司 会場: Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F) 予約定員制: 先着30名様 ※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。




榎本了壱 「榎本了壱 コーカイ記」

(image)
榎本了壱 「榎本了壱 コーカイ記」
ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて (銀座、丸の内エリア)
(2016年11月11日 〜 2016年12月24日)

シェアツイートURLコピー 今秋、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)では、時代の気配を鋭く捉え、アート、デザイン、演劇、雑誌編集、公募展企画など、さまざまなジャンルの文化の海を横断的に「コーカイ」してきたクリエイティブ・ディレクター、プロデューサー、デザイナーである、榎本了壱の多面的な活動をご紹介します。澁澤龍彦の遺作『高丘親王航海記』に啓示を受け誕生した、渾身のカリグラフィと大規模な絵画作品をはじめ、誰もが参加できるコンテンツの先駆けとなったサブカルチャー誌「ビックリハウス」、既成概念を突き破る、新しいクリエイターの発掘を試みた「日本グラフィック展」など、70年代80年代のカルチャー・シーンに多大なる影響を与えてきた仕事の数々、寺山修司と天井棧敷の活動、勅使川原三郎のダンスポスター他、グラフィックデザイナーとしての仕事、そして、榎本氏の脳内を垣間見る、膨大な量のアイディア・ノート『脳業手技』等々・・・ぎっしり詰まったエノモト・ワールドを放出します。




「デザインの理念と形成 : デザイン学の50年」

(image)
「デザインの理念と形成 : デザイン学の50年」
東京ミッドタウン・デザインハブにて (六本木、乃木坂エリア)
(2016年11月19日 〜 2016年12月25日)

本展では、デザインの理念を基盤としたデザイン実践、実践を通して具現化するデザイン思想、批評や 啓蒙活動へ拡張されたデザインを提示します。デザイン実践には、社会の大きな変動に対して先見性に富むもの、 独自のデザイン領域を拓くもの、新たな造形の役割を提起するもの等があり、それらを武蔵野美術大学 基礎デザイン学科卒業生が中心となる50名によって、社会の現実と向き合った50年のデザインを展示します。 また、会期中にビジュアルコミュニケーションデザイン、プロダクト環境デザイン、情報デザインの今と未来を 考えるデザイン教育とデザイン実践のトーク・イベントやパネルディスカッションを開催いたします。 デザイン専門家ばかりでなく、デザインに関心をお持ちの方々のご参加を歓迎いたします。 [関連イベント] オープニングレセプション・内覧会 日時: 11月19日(土) 18:00~20:30 トークセッション ・第一回 日時: 2016年12月4日(日) セッション/14:00~18:45 懇親会/19:00~20:00 場所: インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階 東京ミッドタウン・デザインハブ内) ・第二回 日時: 2016年12月10日(土) セッション/15:00~18:30 懇親会/19:00~20:00 場所: インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー5階 東京ミッドタウン・デザインハブ内) ※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。




脇田玲 「FLUID」

(image)
脇田玲 「FLUID」
Art & Science gallery lab AXIOMにて (六本木、乃木坂エリア)
(2016年10月08日 〜 2016年12月27日)




「つくることは生きること 震災 『明日の神話』」 展

(image)
「つくることは生きること 震災 『明日の神話』」 展
川崎市岡本太郎美術館にて (世田谷、川崎エリア)
(2016年10月22日 〜 2017年01月09日)

阪神淡路大震災から21年、東日本大震災から5年を迎えた今年、熊本地震が起こりました。いつどこで大きな地震が起こってもおかしくない日本。地震や津波によって、多くのものを失いかねない危うさの中で私たちは生きています。地震によって引き起こされる多くの悲しみや苦しみの中で、創作や表現活動など、芸術やアートと呼ばれる活動は何ができるのか。本展では、東日本大震災から5年を迎えた今年、東北の被災者やアーティストの作品、そして岡本太郎の代表作「明日の神話」を通してその可能性を問いかけます。震災直後から被災各地へ赴き、創作活動を通じて被災者支援を行ってきたアーツフォーホープの活動と、そこで生み出された作品や人々の姿を紹介するとともに、被災後もそれぞれの視点から作品をつくり続けるアーティストたちの作品を展示します。さらに、原爆をモチーフに人間が誇らかに立ち上がる姿を描いた岡本太郎の「明日の神話」を展示し、岡本が作品に込めたメッセージを東北に向けたまなざしともに紹介します。




「レザック&マーメイド - 凸と凹の系譜 - 」 展

(image)
「レザック&マーメイド - 凸と凹の系譜 - 」 展
見本帖本店にて (千代田エリア)
(2016年12月02日 〜 2017年01月13日)

日本のデザインとともに歩んできた代表的なファインペーパー「レザック」と「マーメイド」。カーフ(仔牛の皮)風のエンボスペーパー「レザック66」が1966年の発売から50周年、さざ波のようなフェルトマークの「マーメイド」が1956年の発売から60周年を迎えました。エンボスとフェルトマークの歩みと、新製品「レザック16」までのレザックシリーズの進化の歴史を探ります。




伊藤桂司 + 佐藤ブライアン勝彦 「Alligatoo Boogaloo アリガトーブーガルー」

(image)
伊藤桂司 + 佐藤ブライアン勝彦 「Alligatoo Boogaloo アリガトーブーガルー」
TETOKA(テトカ)にて (千代田エリア)
(2016年12月02日 〜 2017年01月15日)

伊藤桂司多くの広告、書籍、音楽関係のアートディレクションやグラフィックワーク、映像を手がけてきました。 伊藤は、フォーマットを限定せず、多様な素材と表現手段を即興で組み合わせることにより、作品の場面にリズム、拍子、間、反復などの音楽的特性を生み出します。その作品を愛するファンは数多く、音楽関係では、テイ・トウワ対談集「ハタチ」や、木村カエラ、キリンジ、PES from RIPSLYME、スチャダラパーのCDジャケットやビデオクリップなど、数々のミュージシャンにアートワークを提供しています。 佐藤ブライアン勝彦は1990年代前半から東京を拠点に、雑誌のイラストレーションを手がけてきました。 佐藤に転機が訪れたのは、2011年の東北地方太平洋沖地震です。被災地における当事者であった佐藤は、自身が営んでいたレストランを開放し、避難所に入れなかった人々に、食物や水、毛布の提供を行いました。見知らぬ約20名とともに、不安な2週間を過ごした佐藤ですが、一番印象に残っているのは、震災当日、停電の中に見た星空だったと言います。この経験から、自然への畏敬の念や、物の価値のうつろいを意識するようになった佐藤は、震災とそれに伴う社会変化をきっかけに、それまでの明るいイラストタッチの作風から、社会政治的な矛盾や葛藤を描き出す、現在の作風へと変化を遂げました。 これまで20年来の交流を続けてきた、伊藤桂司と佐藤ブライアン勝彦。バックグラウンドの相違にも関わらず、両氏の創作姿勢には「周囲のあらゆる情報をニュートラルに受け入れ、イメージのコラージュを行い、作品に投影する」という共通点があります。両氏はいずれも、様々な時代のアイコンや不特定多数のキャラクターをモチーフとして選び、それらを重ね、削り、歪ませ、結合する=コラージュ作業を行うことで、現実と非日常が混在した作品を制作しています。 本展では、二人の共通する手法である「コラージュ」を軸に、大小・新旧のコラボレーション作品と、それぞれのソロ作品、合計約20点を発表予定です。 [関連イベント] オープニング・レセプション 日時: 12月2日(金)19:00~21:00 新春餅つき大会 日時: 1月4日(水)14:00~ クロージング・レセプション 日時: 1月15日(金)18:00~21:00




「デザインの解剖展 - 身近なものから世界を見る方法 - 」

(image)
「デザインの解剖展 - 身近なものから世界を見る方法 - 」
21_21 DESIGN SIGHTにて (六本木、乃木坂エリア)
(2016年10月14日 〜 2017年01月22日)

私たちは日々、数え切れないほど多くの製品に囲まれて生活しています。大量に生産された品はあたり前の存在として暮らしに溶け込んでいますが、実は素材や味覚、パッケージなど、製品が手に届くまでのあらゆる段階で多様な工夫が凝らされています。それらをつぶさに読み解いていくのが「デザインの解剖」です。本プロジェクトは、グラフィックデザイナーの佐藤 卓が2001年より取り組んでいるもので、身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する試みです。本来の「解剖」が生物体を解きひらき、構造や各部門の関係、さらには条理を細かに分析していく行為であるように、ここではデザインを解剖の手段として、とりあげる製品のロゴやパッケージのレイアウトや印刷などのグラフィックを解析し、製品の内側の仕組みまで細かな分解や観察を重ねます。これまでに「ロッテ キシリトールガム」、「富士フイルム 写ルンです」、「タカラ(現:タカラトミー) リカちゃん」、「明治乳業(現:明治) 明治おいしい牛乳」、「ISSEY MIYAKE A-POC BAGUETTE」などの製品が解剖され、それぞれ一般的に紹介されることのなかった部分が引き出されてきました。原料や製法、製品管理から流通に至る幅広い要素が掘り下げられることで、私たちが知っていると思いながら、知らない多くのことに気づくきっかけをもたらしています。また、佐藤 卓が教鞭をとった武蔵野美術大学 デザイン情報学科では教育プログラムの一環としても、身近な品々の解剖が続けられてきました。 本展では、これまでに蓄積されてきた解剖の成果を紹介するとともに、新たに「株式会社 明治」の5つの製品に着目します。参加作家には、様々な分野で活躍する若手のクリエイターを招き、子どもから大人まで楽しんでいただける展覧会を目指します。本展は、製品を取り巻く世界はもちろん、社会、暮らしとデザインの関係について、さらにはデザインの役割や可能性について、改めて深く考察する機会となることでしょう。 [出品アーティスト] 荒牧 悠、aircord、奥田透也、小沢朋子(モコメシ)、佐久間 茜(文字なぞり部)、柴田大平(WOW)、下浜臨太郎、菅 俊一、鈴木啓太、高橋琢哉、中野豪雄、原田和明、細金卓矢




「奇想天外! アートと教育の実験場 筑波大学 『総合造形』展」

(image)
「奇想天外! アートと教育の実験場 筑波大学 『総合造形』展」
茨城県近代美術館にて (その他のエリア)
(2016年11月03日 〜 2017年01月29日)

メディアアーティストにして絵本作家の岩井俊雄、ユニークなパフォーマンスでテレビでもおなじみの明和電機など、多彩な分野で活躍する筑波大学「総合造形」の卒業生たち。彼らが学んだ筑波大学「総合造形」の実態に迫ります。現代美術の教育を目ざす「総合造形」では、「絵画」「彫刻」といったジャンル、あるいは固有の材料や技法にとらわれることなく自由にメディアを選択し、現代社会に生きる自らを軸にして道なき道を切り拓きながら、創作活動が行われてきました。分かりにくいと評されやすい、現代美術の多様性、それは「総合造形」という教育の場にも現れているのです。 [関連イベント] トーク&ワークショップ「篠田先生の課外授業」 日時: 11月13日(日) 13:30~16:00 トーク&ワークショップ 「動物に大変身! しっぽアート マルシェの森をタリラッタ」 日時: 11月18日(金)10:00~12:00/13:30~15:30 動物感をとりもどそう!まるめたスチロールに布やボアの切れ端を貼りつけ、ひもをつけてしっぽをつくります。 ※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。




「戦後ドイツの映画ポスター」展

「戦後ドイツの映画ポスター」展
東京国立近代美術館フィルムセンターにて (京橋、日本橋エリア)
(2016年11月15日 〜 2017年01月29日)

第二次世界大戦の終結後、政治対立により東西二つに分断されたドイツは、1990年に統一されるまでの間、冷戦の最前線にあって映画界も別々の道 を歩むことになりました。西ドイツでは映画製作が息を吹き返すとともにアメリカや西欧の映画が盛んに輸入され、東ドイツでは国営会社DEFAによって独自 の社会主義的な映画文化が育まれました。そうした映画文化の分岐は、映画のポスターにも及びました。西ドイツでは、アート・フィルムを配 給する会社がハンス・ヒルマン、フィッシャー=ノスビッシュ夫妻ら新世代のグラフィック・デザイナーを積極的に起用し、時に大胆なタイポグラフィに訴えた 鮮烈なポスターが制作されました。一方で東ドイツでは、DEFAの采配のもと、エアハルト・グリュットナーやオットー・クンメルトらが、内省的な、しかし 宣伝美術の枠に囚われない自在な表現を生み出します。 この展覧会では、フィルムセンターと京都国立近代美術館の共催により、1950年代後半から1990年までに制作された85点(西ドイツ45点+東ドイツ40点)の映画ポスターを通じて、“鉄のカーテン”の両脇で花開いた二つのグラフィズムを紹介します。またこの展覧会は、11月29日から12月25日まで開催される特集上映「DEFA70周年 知られざる東ドイツ映画」の関連企画として行われます。映画上映と併せてお楽しみください。




キース・ヘリング 「グローイング - 進化するフォルム - 」

(image)
キース・ヘリング 「グローイング - 進化するフォルム - 」
中村キース・へリング美術館にて (その他のエリア)
(2016年04月24日 〜 2017年01月31日)

最期まで拡張と進化を続けたキース・ヘリングの芸術を、とくに1980年代後半に見られるフォルムの変容について探る展覧会。会期中、特別展示として1983年にグラフィティ・ライターLA IIと共作したデイグロー・ペインティングをブラックライトのもと公開。特別展示に関してはスケジュールをご確認下さい。




「TADANORI YOKOO POP-UP STORE」

(image)
「TADANORI YOKOO POP-UP STORE」
DIESEL ART GALLERYにて (渋谷エリア)
(2016年11月25日 〜 2017年02月10日)

2016年はDIESELが日本にローンチして30周年を迎えるアニバーサリーイヤー。これを記念してDIESELは、PORTERと日本を代表する美術家・横尾忠則氏とのコラボレーションを実現。全6アイテムからなる「DIESEL × PORTER ARTWORK by TADANORI YOKOO」を日本限定で発売する。また、DIESEL ART GALLERYでは、2016年11月25日(金)から2017年2月10日(金)まで、横尾忠則氏のポップアップ・ストアをオープン。限定アイテムを先行販売するほか、入手困難だった名作ポスター、新作グッズなどを展開する。




「メディアラボ第 17 期展示 数理の国の錯視研究所」

(image)
「メディアラボ第 17 期展示 数理の国の錯視研究所」
日本科学未来館にて (お台場、勝どきエリア)
(2016年11月17日 〜 2017年05月15日)

見えるはずのない模様が見える、あるはずの物が消える――。メディアラボ第17期展示「数理の国の錯視研究所」では、こうした不条理で奇妙な錯視の世界を、数学を使って解明しようとしている研究者、新井仁之氏と杉原厚吉氏の作品を 18 点紹介します。「目でものを見る」とはどういうことなのか、人の目をあざむく錯視を、数学という道具で解明する研究のおもしろさを、実際の作品を見て感じてください。あなたの目の前で展開される不条理な錯視の世界に驚き、数学によって設計された様々な錯視作品を楽しんでいただけることでしょう。新井仁之氏の作品は、静止画が動いて見えたり、画像を見る距離を変えることによって違う絵が見えてきたりするなど、錯視を平面上に表現した 11 点です。新井氏は、新しい数学理論を生み出し、脳内の神経細胞による情報処理の数理モデルの研究を行っています。目から入った情報が脳でどのように処理されるかを数学的にとらえ、神経細胞が行っている処理に近い計算をコンピューターで行います。この数理モデルを使えば、錯視を強めたり取り除いたりすることや、好きな画像から錯視を作ること、さらに人の視覚機能の一部を特化させた画像処理を行うことも可能になりました。杉原厚吉氏の作品は、画家エッシャーの版画にあるような、現実の世界では不可能と思われる現象を立体作品として実現させた 7 点です。形の情報が光に乗って目に届くまでの仕組みを、幾何学という数理的構造を手がかりにすることによって、錯視の謎に迫ります。今回展示される立体作品は、ある視点から見える平面の画像情報から元の立体を復元する方程式を作り、解を求めることで実現したものです。視点を変えて作品を見ると、あり得ないはずの立体や動きが見えてきます。これらの研究成果によって得られた錯視をコントロールする技術は、例えば、車の運転中に起きる目の錯覚を弱めて交通事故の軽減を図ったり、さまざまな画像処理技術に応用したりするなど、実社会への活用が期待されています。今回展示する作品は「数理モデル」を使って制作されたものです。数理モデルとは、現実世界の現象や仕組みを数式で記述したもので、数理モデルを利用すれば、錯視を作り出したり見え方をコントロールしたりすることが可能になります。