Subscribe: TAB イベント メディア - 2D: グラフィックス
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_print_graphicdesign.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
〜 年    会場  土 ~    年 月    日 〜  日 土  日 日  日 金    月 日     
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - 2D: グラフィックス

TAB イベント メディア - 2D: グラフィックデザイン





 



「え、ほん?」展

(image)
「え、ほん?」展
ATELIER MUJIにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年11月03日 〜 2017年12月17日)

え、ほん?展へ、ようこそ。本と人類の関係は、長く深い。そのはじまりでは石や土、そして植物や動物の皮など身近な天然素材を活用し、今では電子化されるなど、その姿をすこしずつ変えて、本は私たちの生活に寄り添い続けています。では、もしも本や絵本が、立体になったら?ちょっと風変わりな読書体験とは?本展では、4組のアーティストがこの問いに挑戦しました。敢えてそれを「え、ほん?」と呼びたい、と思います。本とは、絵本らしさとは、何か。読書に何を求めるのか。ほんの少しそこからはぐれて、迷子になる楽しさが、ここにはあります。 [関連イベント] (1)アーティストトーク「ほん、えほん、え、ほん?」 日時: 2017年11月5日(日) 14:00〜15:30(受付は開始の15分前から) 会場: 無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI 定員: 35名(要事前予約) 参加費: 無料 登壇者: 中村至男(グラフィックデザイナー) (2)アーティストトーク「植物との暮らし・蒸留という仕事」 日時: 2017年11月5日(日) 16:00〜17:30(受付は開始の15分前から) 会場: 無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI 定員: 35名(要事前予約) 参加費: 無料 登壇者: 江口宏志(本好き・蒸留家見習い) (3)国立国語研究所ワークショップ「君の仮名。」新しいひらがなを作ろう 日時: 2017年11月19日(日) 14:00〜16:00(受付は開始の30分前から) 会場: 国立国語研究所 2階 多目的室 定員: 20名(要事前予約) 対象: 小学校3年生以上 参加費: 無料 登壇者: 大日本タイポ組合(デザイナー)、高田智和(国立国語研究所言語変化研究領域准教授) (4)アーティストトーク「え、ほうげん? え、ほうだん!」 日時: 2017年11月28日(火) 19:00〜20:30(受付は開始の15分前から) 会場: 無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI 定員: 35名(要事前予約) 参加費: 無料 登壇者: 大日本タイポ組合(デザイナー)、木部暢子(国立国語研究所言語変異研究領域 教授・副所長) (5)ギャラリートーク 作家のギャラリートークを予定しています。来日スケジュールなど、詳細は公式サイトにてお知らせします。 会場: 無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI 参加費: 無料 登壇者: Anna BUDANOVA(アニメーション作家) ※ご予約方法は公式ホームページよりご確認下さい。




澁澤龍彥 「ドラコニアの地平」

(image)
澁澤龍彥 「ドラコニアの地平」
世田谷文学館にて (世田谷、川崎エリア)
(2017年10月07日 〜 2017年12月17日)

フランス文学者であり、翻訳、評論、エッセー、小説にわたる多くの作品を執筆した澁澤龍彥。没後30年を迎える本展では、独自の文学表現活動を「澁澤スタイル」として、その創作と足跡をあらたな視点から総覧します。澁澤はサドをはじめとする異色の文学を出発点としました。転機となったエッセー集「夢の宇宙誌」、代表作「高丘親王航海記」など300点を超える草稿・原稿・創作メモ類の自筆資料、愛蔵の美術品やオブジェ、和洋の蔵書などから、表現活動の背景と博物誌的世界の魅力に迫ります。伸縮自在な澁澤龍彥の創作世界、ドラコニアの領域にようこそ。 [関連イベント] 1. 連続講座「澁澤龍彥 文学の旅」 日時: 10月21日(土)14:00~15:30 講師: 巖谷國士(仏文学者・本展監修者・明治学院大学名誉教授) 会場: 1階文学サロン 定員: 事前申込150名 参加費: 各回500円 2. 連続講座「回想の澁澤龍彥」 日時: 10月28日(土)14:00~15:30 講師: 養老孟司(解剖学者・東京大学名誉教授) 会場: 1階文学サロン 定員: 事前申込150名 参加費: 各回500円 3. 連続講座「澁澤龍彥の好んだもの嫌ったもの」 日時: 11月4日(土)14:00~15:30 講師: 池内紀(独文学者・エッセイスト) 会場: 1階文学サロン 定員: 事前申込150名 参加費: 各回500円 4. 記念対談「澁澤龍彥をめぐるトーク」 日時: 11月12日(日)14:00~15:30 講師: 榎本了壱(アートディレクター)、四谷シモン(人形作家) 会場: 1階文学サロン 定員: 事前申込150名 参加費: 各回500円 5. 朗読会「澁澤龍彥―この異なる物語世界を読む」 日時: 11月24日(金)13:30~15:40 講師: 朗読を楽しむ会、福島勝則(多摩美術大学名誉教授) 会場: 1階文学サロン 定員: 事前申込150名 参加費: 入場無料 6. 関連イベント「澁澤龍彥セレクト書店」 日時: 12月9日(土)・10(日)11:00~17:00予定 世田谷・松陰神社にあるセレクトブックショップの「ノストスブックス」が、文学、エッセー、博物誌など澁澤の著作または関連作家の著作、絶版書を集めて特別出店します。 会場: 1階ロビー 参加費: 入場無料 7. 関連展示「サロン展示 榎本了壱コーカイ記」 日時: 10月7日(土)~12月17日(日)10:00~18:00※催事が開催される日はご覧いただけません。ご了承ください。 会場: 1階文学サロン 参加費: 入場無料 ※イベントの詳細、申し込み方法は公式ホームページをご確認下さい。




伊勢克也 「Macaroni / Lost and Found」

(image)
伊勢克也 「Macaroni / Lost and Found」
スプラウト・キュレーションにて (市ヶ谷、神楽坂エリア)
(2017年11月24日 〜 2017年12月22日)

小春日和のようにおだやかでいて、しかしどこかに鋭利な緊張感を湛えた伊勢克也のアートワークは、観る人の心の深い所へすっと届く、不思議な魅力に満ちています。ライフワークであるMacaroniシリーズの新作は、3.11以降どこかへ置き去りにしてしまった何かと、その後出会った何かを、過去作品も含めて「遺失物」として相対化する試みです。また本展では、伝説の「日グラ」大賞受賞作品の原画を展示いたします。




「MATERIAL DESIGN EXHIBITION 2017 - BYPASS」展

(image)
「MATERIAL DESIGN EXHIBITION 2017 - BYPASS」展
Material ConneXion Tokyoにて (表参道、青山エリア)
(2017年10月16日 〜 2017年12月22日)

3回目の開催となる本展のテーマは、「BYPASS(バイパス)」。今回のために集結した8組の企業とデザイナーが、展示品を通して素材の用途を「示す」だけではなく、用途に「つなぐ」ための実現を目指して完成までのプロセスも明らかに。彼らによって見出された用途につなぐ新たな道=BYPASSから、日本が誇る素材、技術、デザインの可能性も多角的に感じられる展示となります。展示作品の中には、約2ヶ月の会期中に完成される作品もあり、一度ではなく、何度でもお楽しみ頂ける点も魅力的です。




「Petzel at Nanzuka」展

(image)
「Petzel at Nanzuka」展
NANZUKAにて (渋谷エリア)
(2017年11月23日 〜 2017年12月22日)

この度、NANZUKAはニューヨークの著名な現代美術ギャラリーPetzelとの合同企画展「Petzel at NANZUKA」を開催致します。本展は、Petzel所属のサイモン・デニー、サラ・モリス、ジョイス・ペンサトー、セス・プライス、ニコラ・タイソンの他、両ギャラリーに共通して所属をしているダーク・スクレバー、佃弘樹を加えた合計7人のアーティストによるグループ展となります。 これら7人のアーティストは、皆それぞれ現代社会において語られることをテーマに研究し、作品を製作しています。彼(女)らによるイメージの再解釈や可能性のある未来についての飽くなき探求が、様々な方法によって多様な作品を生み出し、その結果が今日の我々の社会を再形成する一因となることに希望を抱いております。




「ムサビ助手展2017 -武蔵野美術大学助手研究発表- 」

(image)
「ムサビ助手展2017 -武蔵野美術大学助手研究発表- 」
武蔵野美術大学 美術館・図書館にて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年11月27日 〜 2017年12月22日)

本学研究室の一員である助手が、日頃の制作や研究の成果を発表する展覧会。日々の授業運営などを担う傍ら、アーティスト、デザイナーあるいは研究者としても活躍する助手たちの多彩な表現を展観する。本展では出品作家である助手自身が企画運営にも携わる。 [関連イベント] 1. シンポジウム 日時: 11月30日(木) 17:15-19:00 出演者: 田中正之(本学造形文化・美学美術史教授)、鈴木康広(アーティスト・本学空間演出デザイン学科准教授)、沢山遼(美術批評家・本学芸術文化学科非常勤講師) 会場: 武蔵野美術大学 美術館ホール 参加方法: 入場無料、先着順(予約不要)、直接会場へお越しください 2. アーティストトーク 日時: 12月9日(土) 14:30-16:30 出演者: 本展参加助手 会場: 武蔵野美術大学 美術館ホール 参加方法: 入場無料、先着順(予約不要)、直接会場へお越しください




「ハブとマングース」展

(image)
「ハブとマングース」展
東京ミッドタウン・デザインハブにて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年11月27日 〜 2017年12月24日)

多様化が進む現代社会における、理想のクリエイティブスタイルとは何か。本展では、グラフィックデザイン、映像、音楽、エンジニアリング、アート、ファッションなど、幅広い分野で活躍するクリエイティブチーム「TYMOTE (ティモテ)」のクリエイションを中心に、個を超えたチームが持つ可能性を提示します。デザインハブに着想を得たタイトルは、思いつきのアイデアから、デザインやアートを介在させながら混沌を生み、創造力へと昇華させる彼らのチームスタイルを象徴するものです。コラボレーションでのクリエイティブプロセスを紐解く本展が、今後を担うクリエイターの新しい働き方や社会との関わり方、プラットフォームを思考する一助となることを期待します。 [関連イベント] 1. トークセッション「ハブとマングース」 日時: 12月16日(土) 17:00~18:30 登壇: 浅葉球、飯高健人、石井伶、井口皓太、加藤晃央 場所: インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター (東京ミッドタウン・デザインハブ内) 2. 夜のギャラリーツアー「ハブとマングース」 日時: 12月6日(水) 19:00~20:00 解説: 加藤晃央 (TYMOTE) 会場: 東京ミッドタウン・デザインハブ ※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。




時里充 + 山内祥太 + 三木麻郁「Critical Selfies」

(image)
時里充 + 山内祥太 + 三木麻郁「Critical Selfies」
gallery to-plusにて (恵比寿、代官山エリア)
(2017年11月17日 〜 2017年12月24日)

四方幸子氏をキュレーターに迎え、11月〜12月に三展連続での企画展を行う運びとなりました。これからの日本のメディアアートを牽引して行くであろう期待の若手三人をご紹介いたします。ぜひ一連の展示をご覧いただき、この先未来を切り開いていくであろうこの世代が、「今」この時、何を感じ、何を考え、己とは何か、自己言及的スパイラルの中心に何が見えてくるのか、皆さまと共に感じていただければと思います。 また、各展示初日にはキュレーターの四方幸子氏と各作家との作品解説とオープニングパーティーも企画しております。 [イベント詳細] (1)時里充 「見た目カウントトレーニング#2」 日時: 2017年11月17日(金)〜11月26日(日) オープニングレセプション: 2017年11月17日(金)18:30〜20:00 (2)山内祥太 「ポチョムキン」 日時: 2017年12月1日(金)〜12月10日(日) オープニングレセプション: 2017年12月1日(金)18:30〜20:00 (3)三木麻郁 「誕生の讃歌/Hymn of birth」 日時: 2017年12月15日(金)〜12月24日(日) オープニングレセプション: 2017年12月15日(金)18:30〜20:00




「オルビス30周年記念 『ケの美』展」

(image)
「オルビス30周年記念 『ケの美』展」
ポーラ ミュージアム アネックスにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年11月17日 〜 2017年12月24日)

日本人の伝統的な世界観として、私たちの生活には、非日常的な「ハレ」と、日常である「ケ」の両面があります。「晴れ着」というように、祝い事や特別なイベントが「ハレ」であるのに対して、毎日繰り返されるごくあたりまえのことが「ケ」にあたります。現代社会は、とかく華やかな「ハレ」が注目を集めますが、その華やかな「ハレ」も、一見退屈にさえ思える「ケ」の充実の上にこそ特別で有り難い(ありがたい)ものとして感じられるのではないでしょうか。この展覧会では、毎日あたりまえに繰り返される日常生活の中における「ケ」に着目し、さらに、そこに潜む「美」とは何かを、日常生活に新たな提案をされ続けているクリエイターの方々にご参加いただき、浮かび上がらせたいと思います。 [参加作家] 石村由起子、緒方慎一郎、小川糸、隈研吾、小山薫堂、塩川いづみ、柴田文江、千宗屋、土井善晴、原田郁子、松場登美、皆川明、柳家花緑、横尾香央留




「絵・本・展 Vol.4 "夢見る本の世界!"」

(image)
「絵・本・展 Vol.4 "夢見る本の世界!"」
FEI ART MUSEUM YOKOHAMAにて (横浜、神奈川エリア)
(2017年12月09日 〜 2017年12月24日)

今年も様々な表現で絵本や本に関わる制作をしている作家さんが大集合です。絵本や挿絵の原画の他に、豆本や手作り本、立体作品やグッズまで、色とりどりの作品が盛りだくさん。五感いっぱいに本の世界を楽しんでください。お気に入りの作品は是非クリスマスプレゼントにいかがですか?




「東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵 映画ポスター名品選」展

「東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵 映画ポスター名品選」展
行幸地下ギャラリーにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年11月10日 〜 2017年12月25日)

東京国立近代美術館フィルムセンターは、1970年の設立以来、映画のフィルムを文化財として収集・保存し、積極的な上映活動を続けてきた日本で唯一の国立映画機関です。そのフィルムセンターのコレクションのもう一つの柱が、ポスター・スチル写真・シナリオ・プレス資料・機材・書籍といった映画資料です。 これまでフィルムセンターは所蔵資料を用いて数多くの展覧会を催してきましたが、この度、私たちのコレクションがより多くの方々の目に触れる機会として、いつもの展示室から飛び出し、丸の内の行幸地下ギャラリーで展覧会を開催することとなりました。展示品は、所蔵する映画ポスターの中から歴史的に価値の高い3つのコレクションそれぞれから10点ずつを選りすぐったものです。全30点の名品たちをご堪能ください。 このポスター展は、街路に貼られてきたポスターというメディアを、もう一度街中に呼び戻す試みとも言えるでしょう。また、20世紀以来世界の民衆を魅了してきた、映画という文化の豊かさを再発見する機会ともなるでしょう。 [展示ポスター] ・戦後期フランス映画のポスター(新外映コレクション) 10点 ・戦前期日本の映画ポスター(みそのコレクションほか) 10点 ・無声期ソビエト映画のポスター(袋一平コレクション) 10点 ※展示形態は、デジタル画像からの出力による複製展示です。




「可観恒静-王舒野の書と画-」展

(image)
「可観恒静-王舒野の書と画-」展
日本橋髙島屋 6F / 美術画廊Xにて (京橋、日本橋エリア)
(2017年11月29日 〜 2017年12月25日)

王舒野は、1963年中国黒龍江省に生まれ、北京中央工芸美術学院(現・清華大学美術学院)を卒業し、1990年に来日しました。その後10年間は作品の発表はせず、宗教・哲学などの精神世界の探究と独自の絵画表現の創出に専心しました。高島屋では2003年の個展開催以来、定期的に発表を続け、個展毎に周囲の期待を大きく上回る作品を世に送り出してきました。そして2017年夏、鎌倉のアトリエとは別に、中国の最先端のアートシーンの中心をなす北京の798芸術区に広大なアトリエを構えました。 科学技術や、高度で大容量の、虚実ない交ぜとなった情報化、経済活動など文明・文化が劇的に発達、成熟するにつれ、人間は時代に応じた様々なコンプレックスや抑圧に苛まれていきます。美術は歴史的にその批判精神によって表現様式やコンセプトを変化させ時代に即応させてきました。自身の目指す理想的精神境地を、絵画という手段で視覚的に表現することを試みる王舒野は、こうした混迷する現代世界を生き抜くために、社会批判による社会変革の推進ではなく、そのような相対的批判精神に縛られた美術とその世界観への批判を基に、不確実性の中に永遠・絶対的な肯定性を追求していこうとします。 あるときはキャンバスに油彩、あるときは和紙に水墨を駆使して、対象の輪郭を解きほぐし集積していくような朦朧とした筆致は、視覚上の相対的分別認識を解除し、存在世界の絶対的で純粋な時空への無限の見方を指し示してくれます。 今展では、初めて朱墨と黒墨を同時に使った絵画作品や、作家の精神性を純化し表出するような書作品を発表いたします。高邁な理想に向って、王舒野のまた新たな芸術世界が展開されます。




アートラウンジ「この星の欠片」

(image)
アートラウンジ「この星の欠片」
パークホテル東京にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年10月30日 〜 2017年12月27日)

秋深まり次第に木々が色づきながら、街はクリスマスや年越しの装いを見せる華やかな季節。今回選んだのは、まさにこの星から生まれた形、質量、色、輝き、肌触りから着想を得て、アート表現へと昇華された作品達。素材も陶土、磁土、岩絵の具といった自然由来のものから、人工的な塗料、既成の工業品を取り入れたものまで様々。そのどれもが、この星に生きる人間によって見出され、加工され、再生され、新たな形状と質感を手に入れるのです。奇跡のように生まれた地球上のあらゆる物質も、人間の生み出す美の表現も、きっと「この星の欠片」なのではないでしょうか。また、本展開催を記念し、オープニングレセプションを開催いたします。作家数名が在廊の上で皆様と交流の時間を過ごしたいと思います。ワンコイン形式で、出展作家の器を用いてホテルセレクトの日本酒やスパークリングワインなどをお楽しみ頂けます。 オープニングレセプション 「かけらラウンジ」 日時: 10/30(月) 18:00-21:00 予約: 不要 参加費: 無料




矢萩春恵 「たのし・たのし」

(image)
矢萩春恵 「たのし・たのし」
MOA美術館にて (その他のエリア)
(2017年10月28日 〜 2017年12月27日)

矢萩春恵さんは、文字のもつ心や豊かさなどの表情を、鍛えられた書線で表現し、華やかさ、しなやかさ、そして強さに溢れた独自の書の世界を築いた女流書家の第一人者です。長年にわたり、国の内外で数々の個展を開催し、多くのファンに支持されてきました。「書は、美しく楽しいだけでなく、生き方や考え方まで豊かにするものです」と述べる矢萩さんが自ら選りすぐった珠玉の作品をご覧ください。




「Pattern 紋様 Forms of Beauty」展

(image)
「Pattern 紋様 Forms of Beauty」展
THE CLUBにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年10月28日 〜 2018年01月04日)

今世紀最も重要な抽象表現主義アーティストのひとりとされるクリストファー・ウールや、2016年のグッゲンハイム美術館での回顧展が記憶に新しいアグネス・マーティン、また、草間彌生や猪熊弦一郎など、西洋と東洋を代表するアーティストの作品を展示いたします。1966年に、ニューヨークMoMAが開催した「The New Japanese Painting and Sculpture」展に選出された猪熊弦一郎。彼がデザインをした日本初の百貨店オリジナル包装紙である三越の「華ひらく」は、世界で最もよく知られる紋様のひとつとして、時を越えて今なお人々に愛されています。一方で、ヨーロッパを代表するアーティストであるダーン・ファンゴールデンは、1960年代に日本に滞在し、日本独自の視覚的な伝統のひとつである紋様に出会い、それを彼自身の作品のモチーフに取り入れました。今回は、猪熊の代表的な作品と、ダーン・ファンゴールデンが「華ひらく」をモチーフに取り入れた作品を合わせて展示する貴重な機会となります。さらに本展では、パターンの可能性を多様なメディアで表現し、サーペンタイン・ギャラリーなどでの展示が話題を呼んだ、ロンドンを拠点として活動するリチャード・ライスの新作を発表いたします。 「美しさ」は、時代を追うごとに新たに生み出され、その多種多様なかたちは、それぞれの時代の価値観を内包しています。そのなかで紋様は、地域を問わず、アートをかたちづくる装飾的な要素として、また、コミュニケーションツールや標識といった実用的な要素として、存在してきました。「普遍的な美しさ」を表出し、アートと人々のくらしをつなぐ紋様をテーマにした「Pattern - 紋様 Forms of Beauty」を是非ご高覧ください。




「かさねのかたち - 原美術館コレクション」展

(image)
「かさねのかたち - 原美術館コレクション」展
ハラ ミュージアム アーク(群馬)にて (その他のエリア)
(2017年09月16日 〜 2018年01月08日)

本展では、「かさね」をキーワードに原美術館の所蔵作品を見てゆきたいと思います。クリスチャン・ボルタンスキーは、祭壇のように積みあげた少女のポートレイトを、生と死を思う記憶のメタファとしました。李禹煥は、反復しかすれてゆく線と余白に深い精神性と美を宿し、奈良美智は、タイトルの反戦歌の歌詞をなぞるように荒野に立つ少女の瞳に絶望と希望を表現、名和晃平は、小鹿の剥製を透明の球体で覆い尽くすことでその存在を「PixCell(映像の細胞)」へと変換させました。「かさね(る)」という言葉には多様な意味が込められています。それぞれの作品を構成するさまざまな「かさね」のかたちから、自分だけのたったひとつの物語を紡いでみてはいかがでしょうか。 出展作家名: アルマン、榎倉康二、大竹伸朗、ギルバート&ジョージ、草間彌生、クリスチャン・ボルタンスキー、佐藤時啓、束芋、崔在銀、奈良美智、名和晃平、堀浩哉、三木富雄、横尾忠則、吉田克朗、李禹煥、ルイーズ・ニーヴェルスン、ロバート・ラウシェンバーグ など




「パリ・グラフィック - ロートレックとアートになった版画・ポスター - 」展

(image)
「パリ・グラフィック - ロートレックとアートになった版画・ポスター - 」展
三菱一号館美術館にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年10月18日 〜 2018年01月08日)

19世紀末パリ、それまで情報伝達や複製の手段でしかなかった版画は、新たな芸術表現を切り拓く重要なメディアとなりました。トゥールーズ=ロートレックや世紀末の前衛芸術家たちによって、版画は絵画と同じく芸術の域まで高められ、それらを収集する愛好家も出現しました。一方、大衆文化とともに発展したポスター芸術をはじめ、かつてないほど多くの複製イメージが都市に溢れ、美術は人々の暮らしにまで浸透しました。世紀末パリにおいて、「グラフィック・アート」はまさに生活と芸術の結節点であり、だからこそ前衛芸術家たちの最も実験的な精神が発揮された、時代を映すメディアであったと言えるでしょう。本展は、こうした19世紀末パリにおける版画の多様な広がりを検証するものです。当館およびアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計約140点を展覧します。 [フリートークデー] 展示室内で声の大きさを気にせず、鑑賞をお楽しみ頂けます。但し、通常の開館日のお客様同士の会話を制限するものではありません。 実施日: 10月30日(月)、11月27日(月)、12月25日(月) 開館時間: 10:00-18:00 ※展覧会により実施日が変更する可能性があります。 ※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。




「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

(image)
「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」
森アーツセンターギャラリーにて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年11月01日 〜 2018年01月08日)

「こんなこといいな、できたらいいな」1970 年の誕生以来、ドラえもんは、日本中にたくさんの夢を届けてくれました。いま世界を舞台に活躍するアーティストたちの中にも、ドラえもんと出会い、夢を膨らませてきた方々がたくさんいます。そんなアーティストたちが感じた「ドラえもん」をアートで表現してもらえたら、いったいどんなすばらしいことが起こるのだろう。そんな想像に心をおどらせ、こんなお願いをしました。「あなたのドラえもんをつくってください」2017 年、TOKYO で、このコンセプトに共鳴したアーティストが集い、「ドラえもん」への思いが詰まった世界にひとつだけの新しいアート作品を生み出します。「アート」が「ドラえもん」と出会う、その特別な瞬間を一緒に夢見ましょう。 (参加アーティスト)会田 誠、梅 佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、奈良美智、西尾康之、蜷川実花、福田美蘭、町田久美、Mr.、村上 隆、森村泰昌+コイケジュンコ、山口 晃、渡邊 希、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原 愛、中里勇太、中塚翠涛、増田セバスチャン、山口英紀+伊藤 航、山本竜基、れなれな




「マリメッコ・スピリッツ」展

(image)
「マリメッコ・スピリッツ」展
ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年11月15日 〜 2018年01月13日)

オリジナリティ溢れるデザインと色彩センスにより、日本をはじめ世界各国にファンを持つマリメッコ。職人の手技と近代的な工業化の融合がはじまったフィンランドに、明確なヴィジョンと鋭い感性を持った女性、アルミ・ラティア(1912-1979)が登場し、マリメッコが誕生しました。彼女は、才能あるデザイナーを発掘する能力にたけており、1951年の立ち上げ当初からデザイナーが自由に創作意欲を発揮できる環境を整え、時代を超えて愛され続けることとなる代表的なデザインパターンを次々と生みだしていきました。本展では、そんなマリメッコの現在を支えるデザイナーの中から3名-パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラ-に焦点をあて、その創作活動に迫ります。マリメッコのための代表パターン各4点をはじめ、オリジナル作品や各作家のインタビュー映像などを通して、三者三様の個性を紹介する一方、65年以上もの間不変的に受け継がれてきた、彼らのなかに共通する“マリメッコの精神”とは何かを俯瞰します。また今回、一度も来日したことのない、フィンランド生まれフィンランド育ちの彼らに、あえて“JAPAN”というテーマで新作パターンに挑戦いただきました。自然界の美を取り入れ、シンプルなものづくりで日常生活を豊かにしてきたフィンランドのデザインは、日本人の多くに共感され、愛されてきました。そんなフィンランドと日本とが共鳴し合える感性とはどこにあるのか、改めて見つめ直す展覧会となります。 [関連イベント] ギャラリートーク (要予約) 日時: 11月15日(水) 16:00-17:30 出演: ミンナ・ケメル=クトゥヴォネン、パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラ 会場: DNP銀座ビル3F 定員: 70名 参加費: 無料 ※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。 [同時開催] 「Marimekko Spirit – Elämäntapa (マリメッコの暮らしぶり)–」 期間: 2017年12月15日(金) - 2018年2月28日(水) 会場: GALLERY A4 (ギャラリーエークワッド)




「キンダーブックの90年 ―童画と童謡でたどる子どもたちの世界―」

(image)
「キンダーブックの90年 ―童画と童謡でたどる子どもたちの世界―」
印刷博物館にて (市ヶ谷、神楽坂エリア)
(2017年10月21日 〜 2018年01月14日)

幼稚園や保育園で、子どもたちに読まれている『キンダーブック』は1927(昭和2)年11月に『観察絵本キンダーブック』として誕生し、2017年で創刊90年を迎えます。キンダーブックは園に直接配本される月刊保育絵本の先駆けであり、時代ごとの幼児教育と密接に関わってきました。長きにわたり発行されてきた本誌をふり返ると、背景となるその時々の人々の生活や、作り手から子どもたちへの思いが今も生き生きと伝わってきます。また、印刷技術の進歩と共に、創刊号から続く絵に写真が加わり、さらに写真とイラストの組み合わせなど、その表現も大きく変化してきました。魅力的な誌面を作るための工夫や、編集者、画家や作家の思いなども紹介します。この記念の年に、約300点の資料を通じて、知られざる『キンダーブック』の世界をひも解いていきます。 [関連イベント] ・コンサート「湯山昭・童謡トーク&フレーベル少年合唱団コンサート」 11月4日(土) 14:00-16:00 会場 トッパンホール チケット: 全席自由 1500円 ※印刷博物館の入場料込み ・講演会「元編集長に聞く『キンダーブック』制作秘話」 登坂秀樹(元フレーベル館取締役) 11月25日(土) 14:00-15:30 会場: 印刷博物館 グーテンベルクルーム 料金:無料(ただし企画展入場料が必要です) 定員: 80名(先着順) お申し込み方法: 事前予約制 ・ワークショップ 「武井武雄の童画で蔵書票をつくろう!」 2017年12月16日(土) 、12月17日(日) 【午前】 ①10:30-10:50 ②10:50-11:10 ③11:10-11:30 【午後】 ①13:30-13:50 ②13:50-14:10 ③14:10-14:30 会場: 印刷博物館 印刷の家 入場無料・各回5名(先着順) (お申し込み方法は博物館ホームページをご確認ください。)




「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」

(image)
「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」
アーツ前橋にて (その他のエリア)
(2017年10月20日 〜 2018年01月16日)

萩原朔太郎は夜の街を詩人が歩いていく様子を「憔悴するひとのあるく路・夕焼けの路(前橋市民に捧ぐる詩)」という未発表作品の中でこのように記しています。人は別の場所へ向かって歩き、誰かと出会い、誰かへ向けて言葉を投げかけます。また、文字にすることで、言葉は時間や場所を越えた他者とも対峙する手段になります。言葉は「私」とその他の生きる者たちとをつなぐものであり、時代や社会の変化と共にそのあり方も役割も変化するものです。 印刷やインターネット技術の誕生により言葉の性質は大きく変化しました。また、東日本大震災に直面した私たちは言葉による表現の限界を目の当たりにし、言葉を失うことさえも経験しました。私たちが生きることそのことへ疑問を抱いた時、時に叫びとして、また祈りとして、唄として、言葉は新たな形に変換されます。 本展では、文学と美術の表現を「ことば」という切り口からご紹介します。描かれた一つの線が絵や文字となり、そして美術や文学となるように、言葉は常に私たちの生きることのそばに存在しているものです。私たちは「ポスト真実」と呼ばれる危機の時代に直面しています。そのような社会的コンテクストの中で、過去のそして現在の時代の空気を芸術家や詩人たちが、個人の身体感覚を通じてどのように捉え、世界と対峙しているのかをぜひ感じていただきたいと思います。 ※会期中一部展示替えあり [前期]: 2017年10月20日(金)~11月28日(火) [後期]: 2017年11月30日(木)~2018年1月16日(火) 参加作家: 足立智美、荒井良二、浦上秀樹、大澤雅休、大澤竹胎、オノ・ヨーコ、oblaat、河口龍夫、河原温、フランチェスコ・カンジュッロ、北園克衛、草野心平、ジョン・ケージ、塩見允枝子、クルト・シュヴィッタース、白石慶子、鈴木ヒラク、トゥッリオ・ダルビゾラ、トリスタン・ツァラ、東宮七男、TOLTA、新国誠一、ni_ka、萩原恭次郎、萩原朔太郎、福田尚代、文月悠光、ベン・ヴォーティエ、ジョージ・マチューナス、Maniackers Design、フィリッポ・T.マリネッティ、ミヤギフトシ、ムットーニ、山川冬樹、山村暮鳥、横堀艸風] [関連イベント] 1. ヒツクリコ ガツクリコ トーク 日時: 10月21日(土) [第一部 14:30~16:00] 平川克美(文筆家、思想家)×文月悠光(本展参加作家、詩人)×萩原朔美(前橋文学館館長) [第二部 16:30~18:00] 名児耶明(五島美術館副館長)×鈴木ヒラク(本展参加作家)×住友文彦(アーツ前橋館長) 会場: 前橋文学館 3階ホール 参加費: 無料 定員: 100名 2. 今日の原稿用紙 -TOLTAによるツアー型ワークショップ- 日時: 10月22日(日) 14:00~ 集合場所: アーツ前橋 1階総合案内 持ち物: 時計(携帯電話でも可) 参加費: 無料(要観覧券) 対象: 高校生以上 定員: 20名 3. ムットーニ からくりミニシアター 上演とトーク 日時: 11月4日(土) 14:00~ 会場: 前橋文学館 3階ホール 出演: ムットー二(武藤政彦) 参加費: 無料(要観覧券) 定員: 80名 4. 三角みづ紀 詩のワークショップ 日時: 11月11日(土) 14:00~ 会場: 前橋文学館 4階研修室 講師: 三角みづ紀(詩人、第22回萩原朔太郎賞受賞) 参加費: 無料 定員: 25名 5. 山川冬樹 パフォーマンス 日時: 12月2日(土) 14:00~15:30 パフォーマンス、16:00~17:30 山川冬樹×今井朋(本展担当学芸員) 対談 会場: アーツ前橋 地下ギャラリー 参加費: 無料(要観覧券) ※申込み不要 6. かくとはなす 日時: 12月9日(土) 14:00~14:30 ドローイングパフォーマンス、14:45~16:15 今福龍太(文化人類学者)×鈴木ヒラク 対談 会場: アーツ前橋 地下ギャラリー(パフォーマンス)、アーツ前橋スタジオ(対談) 参加費: 無料(要観覧券) 定員: 50名(対談のみ) 7. 学芸員によるギャラリーツアー 11月18日(土) 13:30~(前橋文学館)、15:00~(アーツ前橋) 12月10日(日) 13:30~(アーツ前橋)、15:00~(前橋文学館) 1月13日(土) 13:30~(前橋文学館)、15:00~(アーツ前橋) ※申込み不要(観覧券をご購入のうえ、アーツ前橋1階総合受付又は前橋文学館2階展示室にお集まりください) 8. こどもアート探検 日時: 11月26日(日) 14:00~ 会場: アーツ前橋 ギャラリー 対象: 小学生以下(未就学児は保護者同伴) ※申込み不要 9. ヒツクリコ ガツクリコ街なか回遊プロジェクト ・千代田通りフラッグプロジェクト ・前橋ことばの学校 詩のまちから言葉のまちへ ・荒井良二を巡る旅 各種イベントの詳細、申し込み方法は公式ホームページをご確認下さい。




OPEN SITE 2017-2018

(image)
OPEN SITE 2017-2018
トーキョーアーツアンドスペース本郷にて (千代田エリア)
(2017年10月14日 〜 2018年01月28日)

オープンサイトは、全てのジャンルを対象に新しい表現を創造し、社会へと開いていく意欲に満ちた企画が集まるプラットフォームを目指すプログラムです。第2回となる今年度は、国内外から昨年を上回る応募があり、その中から審査を経て選ばれた7つの公募企画と、トーキョーアーツアンドスペースが推奨する1 企画の合計8企画を実施します。アートの領域横断化がますます加速する現代社会の中、既存のジャンルに囚われず、自己の表現において、自由かつ強い意志を持った意欲的な企画に、是非ご期待ください。 Part 1: 2017年10月14日(土)~11月26日(日) Part 2: 2017年12月9日(土)~2018年1月28日(日) [関連イベント] Part 1 オープニング・トーク 日時: 2017年10月15日(日) 15:00-16:30 出演: 畠中実、キム・ウジン、長谷川新 Part 2 オープニング・トーク 日時: 2017年12月9日(土) 15:00-16:30 出演: 遠藤水城、黒田大祐、IP ヤック=ユー 他 参加費: 無料 日英逐次通訳あり、予約不要




「『思いつく』を考える展」

(image)
「『思いつく』を考える展」
アド・ミュージアム東京にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年12月01日 〜 2018年02月24日)

話題のヒット作、便利な日用品など、優れたアイデアの裏側には何があるのか。それらのアイデアを「思いつく」というのは、才能や感性の産物ではなく「思いつく方法を見つける」ための思考方法や地道な努力の成果でもあります。そこで、「思いつく」の過程に迫り、考えることの面白さを伝えていきます。 展示を通して、「アイデアが生まれるって、こういうことか」「これなら自分にもできるかも」と、明日からの仕事や生活をちょっとだけ変えるヒントになればという想いから生まれた企画展です。




「世界のブックデザイン2016-17 feat.21世紀チェコのブックデザイン」

(image)
「世界のブックデザイン2016-17 feat.21世紀チェコのブックデザイン」
P&P ギャラリーにて (市ヶ谷、神楽坂エリア)
(2017年12月01日 〜 2018年03月04日)

本展では、2017年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書とともに、7カ国(日本、ドイツ、オランダ、スイス、カナダ、中国、チェコ)のコンクール入賞図書を加えたおよそ200点を展示します。会場では本を実際に手に取って確かめ、世界最高峰のブックデザインと造本技術を楽しんでいただくことができます。 今年は「日本におけるチェコ文化年2017」にあたり、「チェコの最も美しい本コンクール」受賞作に加え、21世紀チェコのブックデザインに焦点を当てた特別コーナーを設け、50点の図書を紹介します。 ※小部数等の理由で入手不可能な本があるため、入賞作すべての展示ではありません。 [関連イベント] 1. 講演「チェコのブックデザイン近年の傾向とコミックの影響」 日時: 1月27日(土) 14:00~18:00(終了時間は予定です) 講師: パヴェル・コジーネク(チェコ共和国科学アカデミー・文学研究所 研究員) ジャン・ガスパール・パーレニーチェク(チェコセンターパリ 元ディレクター) 会場: 印刷博物館グーテンベルクルーム(地階) 料金: 無料(印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です) 定員: 80名 ※事前予約制、通訳付き 2. トーク「第51回造本装幀コンクール受賞者「受賞作」を語る」 日時: 2月17日(土) 15:00~17:00(終了時間は予定です) 出演: 井原靖章(グラフィックデザイナー)、大島依提亜(アートディレクター、グラフィックデザイナー)、赤田千恵(株式会社岩波書店製作部) 会場: 印刷博物館グーテンベルクルーム(地階) 料金: 無料(印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です) 定員: 80名 ※事前予約制 イベントの詳細・申し込み方法は公式ホームページをご確認下さい。




コシノヒロコ 「あるがまま なすがまま」

(image)
コシノヒロコ 「あるがまま なすがまま」
KHギャラリーにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年12月19日 〜 2018年02月24日)

KHギャラリー銀座では、このたび展覧会「コシノヒロコデザイナー歴60周年記念出版完成披露展覧会 HIROKO KOSHINO it is as it is あるがまま なすがまま」を開催します。 この書籍は、1978年から2017年秋冬までのコレクションルックと長年描き溜めてた絵画を一挙に掲載したものです。本展では、書籍を装幀したグラフィックデザイナーの三木健がギャラリー全体の空間構成をデザインします。書籍に納められた「空」「然」「素」「組」「耕」「遊」「色」の7章を、8メートルに及ぶ立体的な表現とオブジェにより、ヒロココシノの理念を可視化します。また、コレクション作品と絵画により「HIROKO KOSHINO」の世界をご覧いただきます。さらに洋服と絵画の制作現場を再現し、創作への情熱が直に感じられる空間を創り出します。 コシノヒロコが問い続けてきたのは、「真の豊かさ」。そのライフスタイルは、ファッションやアートはもちろんのこと、衣・食・住・遊・休・知・美の日本の文化と重ねつつ、広く他国の文化も柔軟に受け入れる独自の世界を作り続けることでした。そしてその歴史と思想を社会に還元し、次の世代へ伝えていきたいと語ります。モードとアートを自由に往来する、コシノヒロコの集大成となる本と、創作の軌跡をどうぞご高覧ください。




「ププププレゼン力」展

(image)
「ププププレゼン力」展
森岡書店にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年12月19日 〜 2017年12月28日)

アートディレクター、アーティストである成田久がビジネスサイトにて連載してきた文章のために描いたイラスト原画を初展示。それとともにこの「ププププレゼン力」を書籍化、展示・販売致します。ブックデザインは凸版印刷のグラフィックデザイナー山本暁さんが手がけます。 [関連イベント] 「CUEのププププレゼン力ブック」発売記念トークショー 日時: 2017年12月21日(木)19:00〜20:30 会場: 鈴木ビル地下1階(受付: 森岡書店) 登壇者: 成田久、森岡督行、山本暁 定員: 35名 参加費: 1000円




赤岩保元 展

(image)
赤岩保元 展
兜屋画廊にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年12月19日 〜 2017年12月24日)