Subscribe: TAB イベント メディア - 2D: グラフィックス
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_type_print_graphicdesign.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
」展  〜 年    年 年  年 月    日 〜  日 金    月 日    関連イベント 月  関連イベント 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント メディア - 2D: グラフィックス

TAB イベント メディア - 2D: グラフィックデザイン





 



「Assembling Infinity_02」展

(image)
「Assembling Infinity_02」展
Alt_Mediumにて (新宿エリア)
(2017年05月25日 〜 2017年05月30日)

「Assembling Infinity」は一つの試みでもあります。それぞれの作家の個性(境界)がAlt_Mediumという場を媒介(Medium)として触れ合い、そこに何かの変化をもたらすことへの密やかな実験です。




山浦のどか「BAGEL PARTY」

(image)
山浦のどか「BAGEL PARTY」
HB ギャラリーにて (表参道、青山エリア)
(2017年05月26日 〜 2017年05月31日)




「The Juxtaposition - Calligraffiti Asia Exhibition Vol.2 - 」展

(image)
「The Juxtaposition - Calligraffiti Asia Exhibition Vol.2 - 」展
THE blank GALLERYにて (表参道、青山エリア)
(2017年05月20日 〜 2017年05月31日)

カリグラフィティとは、カリグラフィにとどまらず、グラフィティにおさまらず、文字を武器として様々な手法、表現、素材に展開するアート。Calligraffitiというムーブメントが生まれて10年目の節目の今年、アジアに広がるCalligraffitiアーティストを集めた合同展を、韓国、台湾、そして日本では昨年の11月に引き続きTHE blank GALLERYにて、三カ国同時に開催します。アジア圏のみならず、今回もイタリアやドイツなどヨーロッパからのアーティストを迎え、各地で発展を続けるムーヴメントの「現在」を一堂にご覧いただけます。




柳本浩市「アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」

(image)
柳本浩市「アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」
six factoryにて (世田谷、川崎エリア)
(2017年04月29日 〜 2017年06月04日)

2016年3月に46歳で急逝された、デザインディレクター、柳本浩市氏を追悼する展覧会「柳本浩市展」“アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの”を、2017年4月29日(土・祝)~6月4日(日)まで、東京都自由が丘の six factoryにて開催いたします。 柳本浩市氏は、2002年に出版やプロデュースを行う自身のレーベル Glyph.(グリフ)を立ち上げ、Glyph.名義での出版や、企業との商品開発、展覧会のプロデュースなどで多くの実績を残しました。同時に多様なジャンルの収集家として知られ、その収集物が展覧会や各種媒体で紹介されるなど、価値の高さが広く認められていました。膨大な知識の持ち主でもあり、収集物と知識を生かしたいっそうの活躍が期待されていました。 本展では、柳本氏をアーキヴィスト(ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイヴをつくり、未来へ発展させていく人)として捉え、彼の遺品を通してその思想と活動を伝えていきます。 会場では、柳本浩市氏が自ら作成し、自宅に保管していた資料ファイルを公開。来場者は実際に手に取って貴重な内容を見ることができます。そこには 多様な領域の記事や文献とともに、伝説的エアライン「ブラニフ」や過去のオリンピック関連の印刷物なども含まれています。また、世界各国のスーパーマーケットや郵便局などで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなども展示し、様々なアイテムを図書館のように分類と関連性をもって展示します。 また本展に合わせて冊子「YANAGIMOTO KOICHI - ARCHIVIST’ S VISION」(2000部限定)を製作し、「ファイリング」「トラベル」「ポストモダン」などのいくつかのキーワードを手がかりにアーキヴィストとしての柳本浩市氏の功績を紹介します。故人を追悼するとともに、その活動の意図がいかに未来に向けられていたかを考察していきます。 なお、本展の制作費用は、協賛企業からのご協力に加え、クラウドファンディングを活用する予定です。




「工学主義――田中林太郎・不二・儀一の仕事」展

(image)
「工学主義――田中林太郎・不二・儀一の仕事」展
東京大学総合研究博物館小石川分館にて (上野、谷中エリア)
(2017年02月04日 〜 2017年06月11日)

田中林太郎(安政4-大正13)・不二(明治10-大正11)・儀一(明治35-昭和60)は、江戸から明治時代にかけて活躍した発明家で「からくり儀衛門」と呼ばれた田中久重(寛政11-明治14)の家系に連なる親子三代である。彼らはそれぞれ、皇居や東宮御所の造営、わが国最初の日本語による機械設計の教科書執筆、国会議事堂の内部装飾といった、近代日本における「工学」分野の発展を象徴する重要な仕事に携わった。東京大学総合研究博物館は、林太郎・不二・儀一の三代が所有してきた文書、写真、物品、書籍等から成る複合的な資料体を田中儀一旧蔵品として収蔵している。本展覧会では、本資料体を初めて特別展示として一般公開するにあたり、その中から彼らの主要な業績に関わる資料を選び、彼らの仕事を紹介する。三人の主要な仕事を一度に概観することにより、近代日本における「工学」の黎明期から発展期までという一つの時間軸を浮かび上がらせるとともに、土木から、建設、材料、機械、建築、意匠・デザインまでという「工学」が扱う領域の多様性を展開して見せる。 [関連イベント] 特別講演会「田中家の系譜と『工学主義』展」 講師: 寺田鮎美(東京大学総合研究博物館特任准教授) 日時: 2017年3月11日(土)13:30~15:00 会場: 小石川分館1階ゼミ室 参加費: 無料、事前申込不要




影山紗和子「バクルームは地下」

(image)
影山紗和子「バクルームは地下」
ガーディアン・ガーデンにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年05月30日 〜 2017年06月16日)

影山紗和子は、1日の物語を40mの絵巻物に表現したイラストレーション「地獄ちっく」で、第15回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。影山は、女の子、動物、食べ物、部屋の中などをカラフルな色でポップに描いています。本展では、グランプリ受賞後に描いた新作を含めて、ギャラリー空間全体で展開する作品を展示します。 [関連イベント] トークイベント「バクルームのつくりかた」 ゲスト: 大原大次郎(グラフィックデザイナー)、影山紗和子 日時: 2017年6月16日(金) 19:10〜20:40 参加無料、要予約




「11人のポップ・アーティスト展」

(image)
「11人のポップ・アーティスト展」
町田市立国際版画美術館にて (世田谷、川崎エリア)
(2017年04月12日 〜 2017年06月18日)

ポップ・アートの「ポップ」には、「ポピュラー」に由来する言葉と「ぽんとはじける」という言葉の、ふたつの重なった意味があります。1950年代のイギリスで誕生し60年代のアメリカで華やかに花開いたポップ・アートは、大量消費社会からまさに「ぽんとはじける」ように登場して一躍人気になりました。雑誌、漫画、報道写真、商業広告や商品そのもののイメージなどを取りこんで、「お堅い」芸術の世界をより身近なものへと変えたのです。 このミニ企画でご紹介するのは、ポップ・アート全盛期のニューヨークで1965年に出版された作品集です。題名は文字通りの『11人のポップ・アーティスト』。アメリカとイギリスの美術家たち11人が、この作品集のために3点ずつの版画作品を制作しています。50年以上も前に制作したとは思えないような奇抜さをお楽しみください。 [出展作家] アンディ・ウオーホル (1928-1987) 、ジョン・ウェスレイ (1928-) 、ロイ・リキテンスタイン (1923-1997) 、アラン・ダーカンジェロ (1930-1998) 、ジム・ダイン (1935-) 、アレン・ジョーンズ (1937-) 、ジェラルド・レイング (1936-2011) 、ピーター・フィリップス (1939-) 、メル・ラモス (1935-) 、トム・ウッセルマン (1931-) 、ジェームズ・ローゼンクイスト (1933-)




「第63回ニューヨークタイプディレクターズクラブ展」

(image)
「第63回ニューヨークタイプディレクターズクラブ展」
見本帖本店にて (千代田エリア)
(2017年05月23日 〜 2017年06月23日)

日本タイポグラフィ協会とニューヨークタイプディレクターズクラブ(N.Y. TDC)の提携により、当年度の優秀作品を紹介する展示会を開催いたします。「日本タイポグラフィ年鑑 2017 作品展」では、日本タイポグラフィ協会が国内外より作品を募集した中から当年度のグランプリやベストワークを含む上位高得点作品を展示。「第63回ニューヨークタイプディレクターズクラブ展」(N.Y.TDC展)では、世界各国からの応募作品より選出された優秀作品が一堂に会します。グラフィック作品が持つパワーやディテール、パッケージ作品などの重みや質感、エディトリアル・デザインにおける装丁や文字組みの絶妙さなど、作品写真では伝わってこない生のボリュームを、ぜひご実感ください。




ロマン・チェシレヴィチ 「鏡像への狂気」

(image)
ロマン・チェシレヴィチ 「鏡像への狂気」
ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて (銀座、丸の内エリア)
(2017年05月15日 〜 2017年06月24日)

極めて水準の高いポスターやコラージュ作品を長年にわたって数多く制作し、人々に知的な感動を与え続けてきた、ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ。研ぎ澄まされた感性は、鏡像を駆使したように、全体を左右両側から押し込み、シンメトリーを維持しながら中央部を消失させていく新境地の手法を切り拓き、観る者に揺さぶりをかける力強いイマジネーションを生み出しました。 ロシア構成主義とバウハウスを学び、50年代後半はポーランド・ポスター芸術派として、ヘンリク・トマシェフスキやヤン・レニッツァ等と共に活躍しているチェシレヴィチ。60年代の初期にフランスへ渡り、フォトモンタージュの巨匠、ジョン・ハートフィールド等にインスピレーションを得て、丹念に構成された幻想的な世界観を呈示しました。映像をモンタージュの手法で料理し、フランスのグラフィックデザインやアート領域にも多大な影響を与えています。60年代の後半には、雑誌『エル』や『ヴォーグ』のADとして、大胆で斬新なエディトリアルデザインとフォトモンタージュに情熱を燃やし、ヴィジュアルスキャンダルによる風刺、皮肉、批判を行い、ポピュラーマガジンの概念を変えました。 日本初となる本展では、ポズナン国立美術館の貴重な収蔵作品から、ポスター122点、コラージュ29点、雑誌・その他グラフィック作品38点を厳選し、チェシレヴィチの本質に迫ります。 [関連イベント] ギャラリートーク 日時: 5月25日 (木) 6:30〜8:00pm 出演: 矢萩喜從郎(本展監修/デザイン) 会場: DNP銀座ビル3F ※お申し込みは公式ホームページより。 (参加無料 要予約 定員70名)




「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」

(image)
「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」
六本木ヒルズ 東京シティビューにて (六本木、乃木坂エリア)
(2017年04月07日 〜 2017年06月25日)

マーベルは1939年より、その時々の時代背景・社会情勢を作品に反映させながら、絶えず変化を繰り返すことで、常に新しい驚きとエンターテインメントを生み出してきました。近年では、『アベンジャーズ』や『アイアンマン』など、映画作品も世界的ヒットが続き、マーベルの人気は日本でも急速に高まっています。本展では、アベンジャーズやスパイダーマンなど、マーベルおなじみの作品やキャラクターをはじめ、日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具など約200点の展示など、過去から現在に至るまでのマーベルとその世界観を余すところなく紹介。単なる「ヒーロー作品」の枠組みを超え、ヒーローたちが“ひとりの人間“として苦悩や葛藤を抱えながらも、それぞれの正義を背負って戦い、成長する姿を描いた作品として、多くの文化や人々に影響を与えるマーベルの魅力に迫ります。




「カッサンドル・ポスター展」 - グラフィズムの革命 -

(image)
「カッサンドル・ポスター展」 - グラフィズムの革命 -
八王子市夢美術館にて (武蔵野、多摩エリア)
(2017年04月07日 〜 2017年06月25日)

ウクライナに生まれ、フランスで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナー、カッサンドル(1901年〜1968年)。彼が生み出した作品は、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」をもたらします。都市の街頭を埋め尽くしたポスターはもちろん、レコードジャケットや雑誌の表紙等、数々の複製メディアの仕事を手がけ、生活の隅々にそのデザインが満ち溢れました。カッサンドルは機械と大量消費の時代をまさに体現したのです。 この展覧会ではカッサンドルの数々の仕事を、ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏が築いたコレクションを通してご紹介します。松本氏のカッサンドル・コレクションは、保存状態の良好なポスターの代表作、およびカッサンドル直筆の貴重なポスター原画を含むものとして、世界的に高く評価されています。国内ではおよそ20年ぶりの回顧展となる本展で、カッサンドルが到達した至高のポスターデザインを展示します。 ※5月23日より作品の一部に展示替えがあります。 [関連イベント] 1、「カッサンドル・ポスター展」ギャラリートーク 日時: 5月20日(金) 15:00より約30分 申し込み不要 講師: 当館館長 2、「上野星矢 音の万華鏡 フルートで語るフランス絵画」 出演: 上野星矢(フルート、お話) 岡部昌幸(お話) 正住真智子(ピアノ) 会期: 5月7日(日)14:00開演 会場: 八王子市芸術文化会館(いちょうホール)小ホール




宇宙(コスモス)へのまなざし-原美術館コレクション

(image)
宇宙(コスモス)へのまなざし-原美術館コレクション
ハラ ミュージアム アーク(群馬)にて (その他のエリア)
(2017年03月11日 〜 2017年06月25日)

人は太古の昔より空を眺めて暮らしてきました。気象予報や方向の見極めに始まる科学的観察の一方で、星々を想像上の見えない線で結びかたどった星座に神話を重ねたり、天女伝説を語り伝えたりしてきたのです。宇宙(マクロコスモス)に対し、小宇宙(ミクロコスモス)とは人間自身を指す言葉です。今回の展示では、無限に広がる遥かなる宇宙と、どこまでも深い内なる小宇宙の森羅万象に向けられた、想像力と創造力に富んだアーティストのまなざしを追ってみましょう。




玉置太一 + 三澤遥 + 八木義博 展

(image)
玉置太一 + 三澤遥 + 八木義博 展
クリエイションギャラリーG8にて (銀座、丸の内エリア)
(2017年05月30日 〜 2017年06月29日)

1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在会員数約3,000名を誇る日本最大規模のデザイン団体として、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。また毎年、『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する104名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。 35回目となる今回の受賞者、玉置太一・三澤遥・八木義博の3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心にご紹介いたします。 [関連イベント] 「ギャラリーツアー」 ギャラリーで実際に作品を鑑賞しながら、3人の受賞者がそれぞれの作品を解説します。 日時: 6月9日(金) 19:10〜20:10 案内: 玉置太一、三澤遥、八木義博 定員40名、参加無料 「クリエイティブサロン」 2017年JAGDA新人賞を受賞された3名と、同賞の1993年受賞者でもある佐藤卓さんをお招きします。デザイナーになるきっかけ、受賞作品について、また、デザインに対する思いなどお話しいただきます。 日時: 2017年6月13日(火) 19:10〜20:40 出演: 佐藤卓、玉置太一、三澤遥、八木義博 入場無料、要予約




「Arts in Bunkacho - トキメキが、爆発だ - 」展

(image)
「Arts in Bunkacho - トキメキが、爆発だ - 」展
文化庁 パブリックスペースにて (千代田エリア)
(2017年03月09日 〜 2017年06月30日)

文化庁と全国芸術系大学の主催により、「Arts in Bunkacho - トキメキが、爆発だ - 」を開催します。本プロジェクトは文化庁のオープンスペース等を展示空間として使用し、全国芸術系大学コンソーシアムに加盟している芸術系大学の大学院生、卒業生・修了生の若手芸術家の選抜された作品(38点)を展示するものです。あわせて、新進気鋭の音楽家たちによる木管五重奏、弦楽、邦楽等の演奏会も実施し、美術・音楽を問わず、若い芸術家たちによる情熱とトキメキを霞が関から国内外へ発信いたします。




「ディズニー・アート展 - いのちを吹き込む魔法 - 」

(image)
「ディズニー・アート展 - いのちを吹き込む魔法 - 」
日本科学未来館にて (お台場、勝どきエリア)
(2017年04月08日 〜 2017年09月24日)

ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』(1928年)にはじまり、世界初の長編カラーアニメーション『白雪姫』(1937年)、『ダンボ』(1941年)など初期の作品から『アナと雪の女王』(2013年)、『ズートピア』(2016年)、最新作の『モアナと伝説の海』に至るまで、約1世紀にわたるディズニー・アニメーションの歴史を紐解く、原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点が日本にやってきます。 本企画展のコンセプトは、「いのちが吹き込まれた瞬間」。ディズニー・アニメーションは、想像力を駆使し、その時代の最新技術をとりいれることで、いのちを吹き込む技=魔法を生み出してきました。本企画展は、ディズニー・アニメーションの数々の魔法を解き明かし、まさに「いのちが吹き込まれた瞬間」に迫る、貴重な機会となるでしょう。展示されるほとんどの作品が日本初公開。ディズニー・アニメーションの想像力と技術革新の軌跡は、きっと子供も大人も夢中に、そしてたゆまぬ創造性の追求やその未来に思いを馳せるきっかけとなるはずです。