Subscribe: TAB イベント スタート間近
http://www.tokyoartbeat.com/list/feed/event_comingsoon.ja.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
  〜 年    イラスト ・  トーク 年  メディア  ・ トーク    年 月    日 〜    月 日   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: TAB イベント スタート間近

TAB イベント スタート間近





 



「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」

(image)
「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」
東京都美術館にて
メディア 絵画
(2018年01月23日 〜 2018年04月01日)

16、17世紀のヨーロッパにおいてもっとも影響力を持った画家一族のひとつであったブリューゲル一族。一族の祖であるピーテル・ブリューゲル1世は、現実世界を冷静に見つめ、人間の日常生活を何の偏見もなく、ありのままに表現した革新的な画家でした。この観察眼は、子から孫、ひ孫へと受け継がれ、一族の絵画様式と伝統を築き上げていくことになります。 父の作品の忠実な模倣作(コピー)を手掛けた長男のピーテル2世。父の自然への関心を受け継いで発展させ、多くの傑作を残したヤン1世。そして、ヤン2世やアンブロシウス、アブラハムといったヤン1世の子孫たちが、一族の作風を受け継ぎ、「ブリューゲル」はひとつのブランドとして確立されていくのです。 本展は貴重なプライベート・コレクションの作品を中心とした約100点の作品により、ブリューゲル一族と、彼らと関わりのある16、17世紀フランドル絵画の全体像に迫ろうという挑戦的な展示です。




「Decorative Greetings exhibition」展

(image)
「Decorative Greetings exhibition」展
DAZZLEにて
メディア イラスト ・ 工芸
(2018年01月23日 〜 2018年02月04日)

「あけまして~」「引越しました」といったご挨拶や季節のお便りをおくるとき、 いつものメールやSNSではなく、たまの「文通」が密かにブームらしいとの事。素敵なはがきでお便りしてみてはいかがでしょう。




「FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲」展

(image)
「FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲」展
コレド室町にて
メディア インスタレーション ・ メディアアート
(2018年01月23日 〜 2018年02月26日)

アーティスト 村松亮太郎(クリエイティブカンパニー NAKED Inc. 代表)が総合演出を手がける、生花、オブジェ、映像、インタラクティブ、香り、音楽など、様々な演出を通して、五感で楽しむ花の体験型アート展。植物の黄金比“フィボナッチ数列“で表現された空間のなかで、さまざまな花たちの新体験をお届けします。 会場: COREDO室町1 5F 日本橋三井ホール




「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」展

(image)
「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」展
クリエイションギャラリーG8にて
メディア グラフィックデザイン ・ パーティー ・ トーク
(2018年01月23日 〜 2018年02月22日)

日本のグラフィックデザイン文化は、20世紀を通じて西洋のデザイン文化とは異なる独自の美学や方法を発展させてきました。21世紀を迎えた現在、その歩みは豊かな歴史的源泉となっています。日本のグラフィックデザインは、今後どのような方向に向かうのでしょうか。あるいはどのような可能性へと開かれているのでしょうか。この問題について考えるためには、歴史への意識が不可欠です。本展では1953年から半世紀以上にわたって国内外のグラフィックデザインの最前線を追いかけてきた雑誌『アイデア』(誠文堂新光社)を手がかりに、現代グラフィックの第一線で活躍するデザイナーたちがそれぞれの視点から20世紀日本のグラフィックデザイン史を概観、注目されるべきと考える作品や人物、出来事を提示するものです。




ピーター・タラクセン 「MAINE ONE」

(image)
ピーター・タラクセン 「MAINE ONE」
Totem Pole Photo Galleryにて
メディア 写真
(2018年01月23日 〜 2018年01月28日)

アメリカの東側には国道1号線が走っている。マイン州にある北の始発点フォートケントから最南点のポートランドまでは約850キロ。北には森のゴーストタウンと静まり返ったハイウェイ。東には海の灯台と水面上を走る人。南には都市の灯りと落書き。この一つの道からアメリカの心を感じ、灰とダイヤモンドを見つけた。




「アラビアの道 - サウジアラビア王国の至宝」展

(image)
「アラビアの道 - サウジアラビア王国の至宝」展
東京国立博物館にて
メディア 彫刻・立体 ・ ファッション ・ 工芸
(2018年01月23日 〜 2018年03月18日)

古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島。本展では、その躍動的な歴史と文化を示すサウジアラビア王国の至宝を日本で初めて公開します。100万年以上前にさかのぼるアジア最初の石器、5000年前に砂漠に立てられた人形石柱、ヘレニズム時代やローマ時代に賑わった古代都市からの出土品、イスラームの聖地マッカ(メッカ)のカァバ神殿で17世紀に使われた扉、サウジアラビア初代国王の遺品(20世紀)など、400件以上の貴重な文化財をとおして、アラビア半島の知られざる歴史をお楽しみください。 会場: 東京国立博物館 表慶館




大垣早代子 「黄金テンペラの世界」

(image)
大垣早代子 「黄金テンペラの世界」
そごう横浜店 6階 美術画廊にて
メディア ドローイング
(2018年01月23日 〜 2018年01月29日)

テンペラ画、洋画家の大家である石原靖夫先生に師事し、黄金テンペラで描く、そのヨーロッパ風景や人物は、テンペラ画ならではの緻密さのなかに黄金の輝きを放つ、独特の美しい世界観が広がります。作家のエネルギーを感じる35余点の作品を一堂に展覧いたします。




安食愼太郎 展

(image)
安食愼太郎 展
そごう横浜店 6階 美術画廊にて
メディア 絵画
(2018年01月23日 〜 2018年01月29日)

横浜では初個展となる安食愼太郎先生は、全国の公共施設に25m以上の壁画を制作展示するなど壁画のように厚塗りで鮮やかな色彩で描くダイナミックな画風は、強烈な存在感があり、人々の心を捕らえます。複数枚収集するコレクターも多く、大変人気のある作家です。本展では、赤富士、向日葵、バラなどをモチーフにした風景画を中心に一堂に展覧いたします。




柳田有希子 「CRYSTALLINE」

(image)
柳田有希子 「CRYSTALLINE」
日本橋三越本店 - 本館6階アートスポットにて
メディア 絵画
(2018年01月24日 〜 2018年02月06日)

一見、抽象画や印象派の風景画のように見える作品は、チタニウム板に複数の異なる電圧をかけることで化学反応させ、独特な色を引き出しています。手に入らない一瞬をとどめ、観るものの記憶とリンクさせる氏の作品をご高覧ください。




「en[縁]:アート・オブ・ネクサス - 第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展」

(image)
「en[縁]:アート・オブ・ネクサス - 第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展」
ギャラリー・間にて
メディア 建築 ・ トーク
(2018年01月24日 〜 2018年03月18日)

第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016年5月28日 ~ 11月27日)において日本館の展示「en[ 縁]:アート・オブ・ネクサス」は1975年以降生まれの建築家12 組に光を当て、困難な時代の中で建築に取り組む彼らの実践を「人の縁」「モノの縁」「地域の縁」という3つのテーマで鮮やかに提示。日本国内のみならず世界中の人びとの共感を獲得し、「特別表彰」を受賞しました。 進歩と信じ、西洋社会の後を追いかけるように近代化の道を突き進んできた日本社会は、高度経済の終焉や3.11を経たいま大きな転換期を迎え、現代社会において建築が何を実現すべきなのか、改めて建築家ひとりひとりに問われています。本展で着目した建築家たちは、人びとのつながりや地域との連関といった小さな物語を丁寧に形に起こすことで、建築の新たな価値を創出してきました。その背景には、モダニズムが生まれたヨーロッパ社会がもつリジットな石造文化とは異なる、アジア特有の柔軟な木造文化が強く関与しており、そこからは建築のもつ可能性をさらに押し広げ、独自の立ち居地を確立しようとする現代の建築家たちのしなやかな強さが感じられます。本帰国展ではヴェネチアでの展示をベースに、映像や模型等のオリジナル要素を追加、再構成を行い、出展作家たちのみずみずしい感性から生み出される建築と、ビエンナーレ以降の取り組みについて紹介。記念シンポジウムや出展作家によるギャラリートークでの議論と合わせて、これからの時代に建築と建築家が果たす役割について展望します。 [関連イベント] シンポジウム CPD認定プログラム 日時: 2018年2月16日(金) 17:00開場、18:00開演、20:30終演(予定) 会場: 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20) 監修・モデレーター: 塚本由晴(建築家/アトリエ・ワン、東京工業大学大学院教授)、山名善之(建築家、東京理科大学教授、本展監修者) パネリスト: 槇 文彦(建築家/槇総合計画事務所)、西田 司(建築家/オンデザインパートナーズ)、成瀬友梨(建築家/成瀬・猪熊建築設計事務所)、能作文徳(建築家/能作アーキテクツ)、伊藤 暁(建築家/ BUS、伊藤暁建築設計事務所) 定員: 350名 参加:無料 事前申込制:申込期間内にTOTO ギャラリー・間ウェブサイトよりお申込みください。 お申込期間:2017年11月17日(金)~2018年1月28日(日) ※詳細は公式ホームページよりご確認ください。




「自由への解釈 : 中国美術_近代から実験・現代芸術へのダイナミクス #5」レクチャー

(image)
「自由への解釈 : 中国美術_近代から実験・現代芸術へのダイナミクス #5」レクチャー
あなたの公-差-転にて
メディア イラスト ・ 絵画 ・ ドローイング ・ 版画 ・ トーク
(2018年01月25日)

第二次世界大戦後、中国ではまだ解放に向けての内戦が続いていました。今回は戦中戦後の版画作品と戦争画、風刺画を中心にお届けします。 講座シリーズについて: 15年間中国で活躍していた清水惠美さんというアーティストによって10回連続の中国美術の講座シリーズを開催しています。古代から芸術論が確立したこの国では、西洋化に基づく新しい審美や価値観の変化が日本のそれとは異なりました。また、戦後も続いた激動の時代が80年代からの中国現代美術にも大きな影響を与えています。今回中国の現代美術を紹介するにあたり、1900年代の油画技術が入ってきたころからの上海画派・新文化運動、戦前戦中の風刺漫画と30-40年代の木刻運動、戦後-文革時代の伝統改革、80-90年代のネオ・ダダと中国的ヒューマニズム、そして現代の状況と、周辺国との比較を交えてご紹介したいと思います。中国の美術は常に水墨画か政治絡みで紹介されてしまうのですが今回、美術と生活のコンテクストで改めて美術家の視点から紹介したいと思います。特に80年代以降の資料については、現地でのドキュメンタリーフィルムや、作家自身からの資料などもお借りしてきて公開します。 ※申込方法など詳細は公式ホームページよりご確認下さい。




「ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション- 」展

(image)
「ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション- 」展
ATELIER MUJIにて
メディア 工芸 ・ トーク
(2018年01月26日 〜 2018年04月15日)

福岡在住のインテリアデザイナー、永井敬二氏が50年にわたり自分自身の目と手と足で世界中から集めた、暮らしを豊かにする膨大なプロダクトデザイン・コレクションの中から、ギフトをテーマにセレクトしました。また、自宅に溢れんばかりに集積され、4つの倉庫に大量に収納されたコレクションの、ほんの一部をご紹介します。それらはジャンルも、家具、生活雑貨、電化製品、福祉用品、書籍など多岐に渡っています。 永井氏のコレクションは、ものとして美しく、道具として優れていることはもちろんですが、デザインとは、人間や暮らしにとって何か、という根本的な問いに答えをもたらす物語が、ひとつひとつのプロダクトにこめられています。 [関連イベント] 1. 永井さんが語る、永井コレクション 日時: 1月26日(金) 13:30~15:00 2. 永井さんと語ろう。グッドデザインってなに? 日時: 2月6日(火)18:30~20:00 ※詳細は公式サイトにてご確認ください




韓国クリエイター in TOKYO 「KOREAN POP CUTURE NOW」

(image)
韓国クリエイター in TOKYO 「KOREAN POP CUTURE NOW」
ROCKETにて
メディア イラスト ・ 絵画 ・ ファッション
(2018年01月26日 〜 2018年01月31日)

音楽や映画だけでなく、ファッション&アートの分野でも注目度の高い韓国カルチャーシーンでジャンルレスに活躍する気鋭のイラストレーター、ペインター、ファッションブランドなどによる、韓国ポップカルチャーを体感できるイベント。会場では、それぞれの作品やアイテムを展示&販売するほか、ポスターやポストカード、ジンなども販売予定。




ヴァジコ・チャッキアーニ「Moment in and out of time」

(image)
ヴァジコ・チャッキアーニ「Moment in and out of time」
スカイザバスハウスにて
メディア 彫刻・立体 ・ インスタレーション ・ 映像・映画
(2018年01月26日 〜 2018年02月04日)

ジョージア出身の若手アーティスト、ヴァジコ・チャッキアーニの個展。社会的な出来事を代弁する象徴を用い、個人の経験と現実のあいだの溝を暴きながら、鑑賞者の心理の深部を照らし出します。《Moment in and out of time》(時を行き来する瞬間)(2014年)は、監禁用の独房から引き剥がされた金属製の扉です。室内にあった蝋燭でのぞき穴を塞ぐわずかな介入によってふたつの世界を遮断し、独房のドアの暴力的な性格を強調しています。シングルチャンネルの映像作品《Winter which was not there》(そこにはなかった冬)(2017年)では、海底からクレーンにより引き上げられた英雄の像が引き摺り回され、現実を別の心象風景と響き合わせることで、その含意を深めていきます。作品は、ジョージアにおける時事問題、文学や詩のトピックと交差しながら、孤独、暴力、怒りなどの内的な条件に呼応しています。




「今右衛門の色鍋島 - 人間国宝の技と美 - 」

(image)
「今右衛門の色鍋島 - 人間国宝の技と美 - 」
そごう美術館にて
メディア 陶芸 ・ トーク
(2018年01月27日 〜 2018年02月18日)

江戸時代に鍋島藩、現在の佐賀県で生み出された最高級色絵磁器、色鍋島。幕府をはじめ各藩への献上品として職人たちの手によって発展し、受け継がれてきました。明治以降、その伝統と技術を守ってきたのは今泉今右衛門家でした。本展では、江戸時代の優れた作品から、2014年に陶芸家としては史上最年少で人間国宝に認定された十四代今泉今右衛門の新作まで、370年にわたる色鍋島の歴史を約180点の秀作とともに振り返ります。 [関連イベント] 人間国宝 十四代 今泉今右衛門氏に習う親子で体験ワークショップ 日時: 2月17日(土) 13:00〜、14:00〜 登壇者: 十四代今泉今右衛門 場所: そごう横浜展6階 美術画廊 定員: 角界5組10名(小学校高学年以上の親子) 参加費: 2000円 ※申し込み方法については公式ホームページをご覧ください




MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE1958

(image)
MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE1958
川崎市市民ミュージアムにて
メディア イラスト ・ 絵画 ・ マンガ ・ 映像・映画 ・ メディアアート
(2018年01月27日 〜 2018年03月25日)

マイブーム」「ゆるキャラ」などの命名者であり、現在の「仏像ブーム」を牽引してきたみうらじゅんは、2018年2月1日で還暦を迎えます。本展では、みうらじゅんの生誕60年を記念し、「MJ’s FES みうらじゅんフェス!」と銘打って膨大かつ深遠な創作活動に迫り、「マイブーム」の起源と全貌を明らかにします。 [関連イベント] 1. 学芸員によるギャラリーツアー 日時: 2月12日(月)、3月11日(日)、3月21日(水) 各日14:00~ 参加費: 入場料のみ 2. 「長髪大怪獣ゲハラ」 日時: 2月12日(月)、3月11日(日)、3月21日(水) 各日15:00~ 会場: 3階 ミニホール 参加費: 無料 定員: 40名 3. 関連上映&トークショー みうらじゅん×いとうせいこう 日時: 3月4日(日) 作品上映14:00~、トークショー15:45~16:45 定員: 270名、 参加費: 映画上映の入場券 ※詳細は公式サイトにてご確認ください




マージナル・コンソート ライブ・イベント

(image)
マージナル・コンソート ライブ・イベント
トーキョーアーツアンドスペース本郷にて
メディア 音楽 ・ パフォーマンス
(2018年01月27日)

TOKAS推奨プログラムとして即興音楽集団マージナル・コンソートのパフォーマンスを1/27(土)に開催します!1997年の活動開始以来、今井和雄、越川T、椎啓、多田正美の4名が実験的なパフォーマンスを継続しており、ロンドンやベルリンにて公演を行うなど国際的に活躍しています。3時間に及ぶ本公演では、観客は会場内を自由に歩き回って聞くことができます。 ※申込方法等詳細は公式ホームページをご確認下さい。