Subscribe: hail2u.net - Weblog
http://feeds.feedburner.com/hail2u/blog
Preview: hail2u.net - Weblog

ウェブログ - Hail2u



ウェブ標準やフロントエンド、ウェブ・デザインの話題が中心ですが、それに限らず備忘録や日々の記録までを含めることで、10年以上続けることができたウェブログの記事一覧ページです



Last Build Date: Mon, 18 Nov 2017 11:47:36 +0900

 



落ちている手袋

Mon, 18 Dec 2017 11:46:22 +0900

道端に落ちている手袋を写真に撮っている。たまにInstagramに上げるくらいでまとめたりはしていない。撮っていて気づくのは、急に寒くなるあたりで突然落ち始め、寒いピークにはあまり落ちていなくなるということだ。手袋の取り扱われ方を想像するとなんとなく理解できる。もう一つは月曜日によく見つかることだ。日曜日に楽しくお出かけしている時は落としても気づかないのだろうか。



2017/12/17

Sun, 17 Dec 2017 09:55:36 +0900

昨夜、半年ぶりくらいにひどい腹痛に襲われ、トイレで30分くらいうなっていた。出すものを出したらすぐにすっきりしたので、ただの食べ過ぎだったようだ。ヤリイカのショウガ焼きを2杯分くらいまでは大丈夫だったと思うが、食後に寒川神社で売っている八福餅を2つ食べたのがとどめを刺した。



パンツを挟んで吊るすハンガー

Sat, 16 Dec 2017 12:31:08 +0900

ちょっと良いパンツをはいて出かけた時は、一晩ハンガーに吊るすようにしている。今まで洗濯ばさみが二つ付いている無印良品のハンガーを使っていたが、裾を挟むには向いていないような気がずっとしていた。そこで長い板状のもので挟むハンガー、MawaだとMAWAmat 26のような形のものを探して買った。ニトリで85円だった。



2017/12/15

Fri, 15 Dec 2017 09:10:32 +0900

タイトルを考えることとある程度長く書くことが面倒になってくる期に入った。良い傾向だ。



vim-css3-syntax v0.26.0

Tue, 12 Dec 2017 13:19:12 +0900

Writing ModesのLevel 4仕様のWDが公開された。Level 3用のシンタックス・ファイルから先送りされたプロパティー等をLevel 4用のシンタックス・ファイルへ分離し、vim-css3-syntax v0.26.0をリリースした。他いくつかの仕様の更新に追随させているが、特に変更はない。



ひげで

Fri, 8 Dec 2017 14:13:18 +0900

色々整理している過程でmustacheでHTMLとRSS、そしてSitemapsを生成するようにした。記事自体も更新や再生成する時はmustache経由で行うようにし、再構築(昔の流行語だ)がスムーズに行えるようになった。



Kinto Hibiタンブラー ブルー

Tue, 5 Dec 2017 19:07:10 +0900

夏に家に転がっていたウィスキー・グラスで水を飲んでいたらすこぶる調子が良かった。しかし薄いので割りそうで怖かった(怒られる)ので、厚めで安価なものを探し、Kintoの淡いブルーのものにした。MoMA Design Store 表参道で972円だった。



2018年のウェブフォントについて

Sun, 3 Dec 2017 09:55:10 +0900

少しの間Noto Sans Japaneseを利用していたが、すぐに止めた。やはりFOITが気になる。かといってFOUT強制も苦肉の策という印象しかない。……このような記事を書いていたら、先にうまくまとまったfont-displayデスクリプターについての記事が広まっていたので、そちらを読むのが良い。



画像の縦横サイズの追加

Fri, 1 Dec 2017 14:03:33 +0900

img要素へ画像の縦横サイズを付け直した。数年ごとに付けたり消したりしている。付けたり消したり。



vim-css3-syntax v0.25.0

Wed, 29 Nov 2017 16:10:22 +0900

vim-css3-syntaxからHTMLとSCSSのサポートを外し、v0.25.0をリリースした。Vimでは他のファイルタイプのシンタックス・ファイルを参照することは想定されていても、他のファイルタイプへばらまくことは考慮されていないからだ。色々なシンタックス・ファイルを見て回ったり、どうあるべきかということを考えた結果、外すべきだろうという結論になった。異論はありそうだが、メンテナンスの面倒くささなども外した理由のひとつなので、撤回はしない。