Subscribe: The Web KANZAKI - Updates
http://www.kanzaki.com/info/rss.rdf
Preview: The Web KANZAKI - Updates

The Web KANZAKI - Updates



このRSSデータは、The Web KANZAKIの最近の更新分15点です。



Published: 2016-11-17T13:33:41Z

 



メタデータからデータのウェブへ

2016-11-17

慶應義塾メディアセンター研修会でお話したスライドです。利用者タスクの観点から見た目録の4つの機能を切り口に、広い領域で共有・利用可能な(メタ)データのあり方を検討します。



文字情報基盤ブラウザ MJ Browser

2016-08-31

Retrieves Kanji character information from Moji-Joho Kiban (MJ) SPARQL Endpoint, and displays the results in a readable format. MJ database provides RDF graph that describes relationship between Kanji characters in several standard sets.文字情報基盤SPARQLエンドポイントから文字情報と関連情報を取得し、LDブラウザの機能を用いて表示します。MJデータベースは、各文字のコードポイントにURIを付与し、行政漢字コードや各漢和辞典に記載される「文字」間の関係を記述しています。



日本十進分類とリンクするデータ

2016-07-04

NDCのLD化共同研究成果報告会でお話したスライドです。NDCの分類をRDFグラフとして表現するためのURIの設計、語彙選定、階層モデル構築、ラベル設計などについて検討した成果を報告しました。本来の意味と違う使われ方が散見されるLinked Dataについても改めて確認しています。



Image Annotator: 画像部分の注釈と表示

2016-05-25

Displays image(s) and annotations described with Web Annotation JSON-LD, or images listed in a IIIF presentation API manifest JSON-LD. Annotations can be edited or added.Web Annotation JSON-LDの画像アノテーション、もしくはIIIFプレゼンテーションAPIによるマニフェストJSON-LDを読み込んで画像と注釈を表示します。画像の直接表示、また注釈の追加、編集も可能です。



Linked First Folio

2016-05-08

An experimant to search TEI/XML at The Bodleian First Folio, and connect the result to the corresponding digital image. The associations between text page and digitized image are described with Web Annotation JSON-LD so that they are parts of Lined Data.ボドリアン図書館のファースト・フォリオ・プロジェクトが提供するTEI/XMLのデータを検索し、デジタル画像と当該ページのテキストを結びつけて表示する試みです。関連付けやリンクをWeb AnnotationのJSON-LDとして記述しています。



映画のメタデータとリンクするデータ

2016-02-26

東京国立近代美術館フィルムセンター「デジタル映画の保存と活用に関する講演会」でお話したスライドです。FRBR的なデータモデルのGLAM分野での適用と、映画のメタデータ標準でそれがどのように取り入れられており、具体的な作品情報にどんな応用可能性があるのかを検討・報告しました。



オルフ:「カルミナ・ブラーナ」の音楽

2016-01-17

オルフの「カルミナ・ブラーナ」を演奏した機会に、楽曲の構造について調べたことをまとめたものです。歌詞は、別途用意した原詩紹介ページ「カルミナ・ブラーナ」についてへの参照としています。オルフの曲だけでもとても面白いですが、原詩の構成と比べてみるとさらに興味深いです。



ショスタコーヴィチ:交響曲第5番の音楽

2015-05-30

ショスタコーヴィチの「交響曲第5番」を演奏する機会に、主題の調性、旋法的な構造やそれぞれの関係について調べたことをまとめたものです。「自伝層」の話題ではなく、楽譜を読み演奏しつつ考察し、文献で確認したことを整理しています。



シベリウス:クレルヴォの歌詞と音楽

2015-03-11

シベリウスの「クレルヴォ」を演奏する機会に、曲の構成や歌詞について調べたことをまとめたものです。フィンランド語のどの単語が曲のどこで歌われるのか、また各主題はどのように関連するのかなどを、文献を踏まえて考察しています。



図書館目録からLinked Dataへ

2015-01-31

三田図書館・情報学会月例会でお話したスライドです。情報記述における実体の特定からモデル設計、さまざまなモデルを記述する共通基盤としてのRDFとURI、そしてそれらのモデルが図書館目録でどのように採用されているかを検討し、リンクするデータの可能性と課題を考えます。



データ共有のためのスキーマレジストリとグラフ“シェイプ”

2014-12-14

じんもんこん2014併催セミナーでの講演スライドです。RDFグラフをうまく共有・再利用するには、取得したデータの検証や、UIなどで入力補助を提供する手段が必要です。標準化が始まったグラフ“シェイプ”の表現方法を、RDFの語彙定義と比較しながら紹介します。



ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲

2014-11-10

ルトスワフスキの「管弦楽のための協奏曲」を演奏する機会に、曲の構成や民謡素材について調べたことをまとめたものです(ポーランド語の方言(?)はよく分からないので、民謡の内容については正確ではない部分があるかもしれません)



MLAとリンクするデータ 各国図書館の書誌・典拠グラフを中心に

2014-11-07

図書館総合展フォーラムでの講演スライドです。国立国会図書館、英独仏国立図書館、WorldCatの書誌・典拠グラフをリンクするデータの観点で比較し、その違いや共有の課題を考えます。博物館、公文書館のグラフも参考に分析しています。



リンクする漢字データ あるいはごく簡単なRDFの説明

2014-08-30

東アジア漢字データベース・シンポジウムでのパネルディスカッション用資料です。RDFの基本をできるだけ分かりやすくコンパクトに説明し、漢字の構造をグラフで表現する例を紹介した、とても短いスライドです。



ロジャー・ノリントンの話

2013-08-24

素晴らしい音楽を次々に生み出しているロジャー・ノリントンに関する情報ページ。最新の記事はです。