Subscribe: 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル
http://blog.japan.cnet.com/nakajima/index.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
agent 「iptv  events docs  int itu  iptv events  iptv itu  iptv  itu int  itu iptv  itu  run agent  service iptv  service 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル

中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイルの最新ブログポスト





Published: 2006-07-01T09:49:10+09:00

 



ひとまずこの形でのブログは完結させていただくことに

2007-10-18T06:20:13+09:00

 CNetのブログを書き始めたのは2006年の初めなので、かれこれ1年半以上も前のことになる。「life is beautiful」というブログをすでに一つ持ちながら、こちらにもう一つのブログを書くということをしばらくしてみたのだが、簡単には続けられるものではなく、ここのところすかり更新が滞ってしまっている。結局のところ...




Apple iPhoneの二つの相転移

2007-07-28T02:15:12+09:00

 AppleのiPhoneが発売されてほぼ一週間だ。iPhoneに関しては、その「相転移」と言えるほどのユーザー・エクスペリエンス(おもてなし)が主なトピックとしてブログなどで語られているが、Appleが起こしたもう一つの相転移を見逃してはいけない。  私の別のブログで、少し前に「iPhoneのビジネスモデル」というエント...




「全業界がVistaに失望している」とAcer社長

2007-07-25T00:21:03+09:00

 開発者としての立場から言えば「Microsoftが出してくる新しいOSなんかよりは、Googleが出してくる新しいWeb Serviceの方がずっと面白い」というのが私の正直な気持ちだが(「アルファギークはLonghornの夢を見るか」参照−ちなみにLonghornはVistaの開発時のコードネーム)、パソコンを購入している一般消費者に関しても...




iPhoneアプリに見る「ネットに繋がった端末向けのアプリのあるべき姿」

2007-07-24T01:32:53+09:00

 私の新しいブログ「英語うんちく」でも紹介したのだが、AppleがiPhone用のアプリケーションの開発環境として「ブラウザー上のAjaxのみ」としたことに関して賛否両論が飛び交っている。  普段から「すべてのアプリケーションはウェブ・アプリケーションであるべき」と主張している私としては、Appleがこうした理由は...




AmazonとTivoの提携に思うこと

2007-07-13T08:49:10+09:00

 TDG ResearchのTiVoとAmazonの提携に関する記事を読んでますます強まったのが、映像配信ビジネスの行き着くところは、ウェブ・サービス・プロバイダー(この場合はAmazon)とデバイス・メーカー(この場合はTiVo)との提携、もしくはAppleのような企業の一人二役によるものとなり、既存の放送事業者もケーブル事業者も...




Google Gearsは「サッカーをもっと面白くする」?!

2007-06-14T06:00:44+09:00

 3ヶ月ぶりの更新である。その間にもMicrosoftのSilverlight、AdobeのApollo、Google Gears、SunのJavaFXそしてAppleのWindows版Safariと、色々と考えさせられるものがたくさん出てきて、「後でみる」リストが膨大に膨らんでしまっている状況である。  そうは言っても、全部をちゃんと勉強している時間はないので、...




UIEngineの一番の特徴は、UIEngine自身の移植性の高さにある

2007-02-21T09:22:26+09:00

 UIEngineの基本設計は、UIEvolution設立時の2000年の時点でほぼ固まっていたが、その際にもっとも注意を払ったのが、UIEngineそのものの移植性の高さである。  JavaにしろFlashにしろブラウザーにしろ、ほとんどのミドルウェアが「まずはパソコン用に作り、それを機能を削りながらなんとか携帯電話などの小さな...




UIEngineが実現しようとしていること

2007-02-07T08:00:02+09:00

 UIEngineはユーザーインターフェイスを実現するためのuser agentであるという話は前回したが、別の見方をすれば、UJMLというマークアップ言語で書かれたプログラムを実行するVirtual Machineでもある。  Virtual Machineというと、最初に浮かぶのがJavaだ。"Write once. Run everywhere"というキャッチフレーズのも...




UIEngineはUIの表示に特化したuser agent

2007-01-30T08:58:53+09:00

 「UIEngineとはいったい何なんですか?」という質問を受けると、普通は「ユーザーインターフェイスを表示するためのミドルウェアです」などと答えている私だが、内心は「ミドルウェア」というあいまいな言葉を使うことに毎回少し違和感を感じている。  技術的にもっとも的確な答は、「UIEngineはインタラクティブな...




UIEngineのデザイン・プリンシプル

2007-01-25T06:56:18+09:00

 このブログを書き始めて約1年が経つが、考えてみれば私の会社(UIEvlution Inc. 本社シアトル)がビジネスのコアに置いているUIEngineについてまだ一度もちゃんと解説していなかったことに気がついた。そこで、これから何回かのエントリーにまたがって、UIEngineとは何かどんな発想のもとに作られたのか、を書いてい...




「IPTV Service Architecture(FG IPTV-ID-0094)」に対するフィードバック

2007-01-04T06:21:11+09:00

 日経エレの記事で、NTT、KDDI、シャープ、ソニー、東芝、日立製作所、三菱電機の7社が国内で検討しているIP放送の形態をまとめた「IPTV Service Architecture」(FG IPTV-ID-0094)という文書を連盟で提出したとのことを知り、さっそく目を通してみた。 http://www.itu.int/ITU-T/IPTV/events/072006/docs/ID/FGIPTV...




MySpaceとCingularの提携に思うこと

2006-12-20T12:07:25+09:00

 9月に「UIE、MySpaceと提携」と発表してから丸三ヶ月、ようやく実際のサービスのローンチにこぎつけたのでここを借りてアナウンス。  具体的には、Cingularからのプレス・リリース(英文)を見ていただくのが一番良いが、要約すれば、MySpaceの提供するSNSサービスへアクセスするための専用アプリをCingular Wirele...




Web2.0時代にふさわしい政治への参加の仕方

2006-12-09T14:10:16+09:00

 私は、前々から「ブログは人類のコミュニケーションの歴史にとって、言葉、文字、テレビ、電話などに匹敵する画期的なツール」と主張してきた。ブログのおかげで、誰でも自分の意見を数多くの人に伝えられるようになったことは、色々な意味で人間社会を大きく変えていくと思う。  そんな考えの私だから、今までも色...




「文化庁からJASRACへの天下り」は全面禁止にすべき

2006-12-02T10:16:41+09:00

 JASRACに関しては、「ジャズ喫茶やピアノバーなどに法外な著作権料の支払いを要求している」「収集した著作権料の大半は天下り役人の法外に高い給料や退職金となって消えている」「個人が運営するウェブサイトにまで法外な著作権料を請求して来るJASRACは、CGMの時代に逆行している」「徴収した著作権の分配方法が不透...




世界にひとつだけのブログ

2006-11-30T05:58:36+09:00

 すでにご存知の方も多いと思うが、CNET Japanでは「読者ブログアワード2006」というのを開催しており、その審査員の一人として私も参加させていただいている。  そんな関係上、「読者ブログ」をつらつらと読ませていただいているのだが、そんなことをしながらフと心に浮かんだのは、「良いブログの定義とはいっ...




「ソフトウェアパテントは必要悪」論

2006-11-04T09:07:19+09:00

 私自身、今までたくさんのソフトウェアに関する特許を申請・取得してきたし、現行の法律があるかぎり、それを続けるしかないのだが、正直なところを言わせてもらえれば、ソフトウェアの特許を簡単に認めすぎている現行の法律にはいささか疑問を持ち続けて来た私である。  一度はこの件に関して、ここで書かねばと考...




ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似てる(大阪弁バージョン)

2006-10-25T04:49:08+09:00

 先日、経済産業省向けの仕事をしとる知り合いと食事をしたのやけど、彼によると経済産業省の今の悩みは、「IT産業の階層化の弊害によっておこる下流のプログラマーの収入の低下」だそうである。「プライムベンダー」と呼ばれる「上流コンサルタント」たちがインドや中国にも仕事を発注できることを理由に、激しく値切...




「若者のテレビ離れ」に関する一考察

2006-10-20T01:34:40+09:00

 ソニーの出井さんとは、彼が現役だった5年ほど前に何度かお会いしたことがあるのだが、一番印象に残っているのが、「ソニーの一番の敵はNTTドコモ」という彼の言葉。それまで若い人たちが、AV機器や音楽・映画に使っていたお金が、携帯電話の通話・通信料金にシフトしてしまっていることを嘆いてのことだ。  そう...




時代にマッチした「サイト利用規約」を作ってみた

2006-10-03T07:08:48+09:00

 ここのところ、「無断リンク禁止は悪なのか?」、「野村総研がリンクする際には文書で申し出よというので文書で申し出た」などの時代遅れの「サイト利用規約」に関する話題で盛り上がっている。  「前例にならって無難な道を選ぶ」サイト運営者が多い結果だとは思うが、彼らをいくら非難したところで、「悪例(=ウ...




「ユビキタス社会」という言葉は誤用

2006-09-28T21:24:33+09:00

 誰が言い出したのか知らないが「ユビキタス社会」という言葉。今日もテレビのスイッチを入れたとたんに耳に飛び込んできて卒倒しそうになった。「ユビキタス・コンピュータ、ユビキタス・ネットワークの実現された社会」という意味で使われているようだが、「ユビキタス」という言葉の使い方が思いっきり間違っている...




ソニーのマーケティング部門の人に提案

2006-09-23T00:57:41+09:00

 「ブロガーを巻き込んだマーケティングが今の時代には大切」などという分かりきったことを今さら私が書く必要もないとは思っていたのだが、今回、あまりにもその重要さを鮮明に際立たせる例があったのでここで紹介する。  昨日のCNETの記事で、ソニーの久夛良木氏が東京ゲームショーで基調講演をしたことを知った私...




そして任天堂も…

2006-09-16T09:59:47+09:00

 アップルがiTVを発表したのは今週の火曜だが、その余韻も冷めぬうちに今度は任天堂のWiiの詳しい情報が発表された。 http://www.irwebcasting.com/060914/01/index.html  偶然だとは思うが、一気に「リビングルームの覇権」の戦いの幕が開けられたようで、妙にワクワクしてしまう。  それにしても任天堂の岩田社...




着実にコマを進めるApple

2006-09-13T04:56:48+09:00

 例によって、「次は何を発表するのだろう」とマスコミをさんざん煽っておいて、メディアとブロガーの注目が一同に集まったところで、スティーブ・ジョブズの口から直接伝えられる新商品。いつものことながら芸術的なマーケティング・テクニックだ。このテクニックのおかげで、はるかに少ない予算で、Microsoftを上回る...




AmazonとWalmartの狭間に消えたTower Record

2006-08-27T13:39:33+09:00

 Tower Recordの倒産は日本でも報道されたようだが、NHKが夕方のニュースであたかも「Tower Recordの倒産はダウンロード型ビジネスモデルへのシフトだけが原因」であるかの誤解を与えるような報道していたのが少し気になったので、米国に暮らすブロガーとして一言。  確かに、AppleのiTune Music Storeに代表される音...




寡占状態がさらに進む米国の携帯オーディオプレーヤー市場

2006-08-22T06:46:23+09:00

 今日のWall Street Journalに、ScanDiskがiPodの倍(8GB)の容量を持つ携帯オーディオプレーヤーを$249.99で発売するとのニュースが載っていたが、興味深いのはその記事に紹介されている米国での各メーカーのシェアの推移。Appleが約75%のマーケットシェアを持っていることは既に知っていたが、それに続く3社がSa...




YouTube、パロディ・ビデオは良識的に見て許されるべきか

2006-08-18T00:40:50+09:00

 先月ここで書いた「YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察」。「よくぞ言ってくれた」と賛同していただけた方から、「(私の)良識を疑う」という意見まで幅広くいただいた。Carbuncle氏が上手にまとめてくれたので、それを紹介する。 ・動画の YouTube へのアップロードを「引用」として正当化...




GoogleとMySpaceの提携、これで「Web2.0もビジネスになる」と結論付けるのは早急すぎるか?

2006-08-08T23:55:53+09:00

 昨日アナウンスされた、GoogleのMySpace向けの検索・広告サービスの提供のニュース。これだけだとピンと来ない人も多いだろうから、過去の関連する記事を幾つかピックアップしておく。 ・MySpaceをめぐり、グーグル、ヤフー、マイクロソフトが三つどもえの戦いへ ・マードック氏率いる米News社が「MySpace.com」を買...




YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察

2006-07-21T07:41:39+09:00

 私はWinnyなどのP2P型のファイル共有サービスを使って音楽や映画をコピーすることは犯罪であり徹底的に取り締まるべきだと考えているが、YouTubeにテレビ番組の一部をアップロードする行動に関しては、「ある程度までは許容範囲として認めるべきではないか、必要であれば著作権法の方を変更すべき」と感じている(参照...




IBMの半導体部門の副社長、「CELLチップの歩留まりは良くて10〜20%」と発言

2006-07-15T21:25:34+09:00

 パソコン並の値段設定を発表して波紋を呼んだPS3だが、今度はその心臓であるCELLチップの歩留まりに関する具体的な数字がIBMの半導体部門の副社長、Tom Reevesによってリークされてしまったので業界で波紋を呼んでいる。  問題の記事は、Electronic Newsによるインタビュー記事「Turn Down the Heat」。次世代のチッ...




Tellme に学ぶ「データビジネス」

2006-07-01T09:49:10+09:00

 「Software is Service」、「これからはサービスの時代」、このブログを通しても何度も引用してきた言葉だが、肝心の「なぜサービス型のビジネスモデルにシフトすべきか」という話をきちんとしていなかったとことに気がついた。そこで、今日は私の知り合いが経営しているTellmeを題材に、そのあたりを掘り下げてみよう...