Subscribe: ウイルスアラート
http://news.drweb.co.jp/rss/get/?c=8
Preview: ウイルスアラート

News on update



Doctor Web news - News on update



 



Dr.Web Security Space 12.2 for Androidをリリース

Thu, 12 Apr 2018 00:00:00 GMT

2018年4月12日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Security Space for Androidをバージョン12.2へアップデートしました。今回のアップデートでは、Androidバージョン8.1が搭載されたデバイスのサポートが可能となったほか、機能の改善が図られ、発見されたエラーが修正されました。

Android 4.0-4.3対応デバイスの場合、Dr.Web Security Space 12.1 for Androidの利用を推奨します。Androidバージョン4.4以降が搭載されたデバイスでは、Dr.Web バージョン 12.2をご利用いただけます。

本製品のバージョン 12.2 では、以下の変更が加えられました。

  • デバイスを再起動せずにSIMカードを交換した場合、デバイスがAnti-theftによりロックされるオプションが実装されました。
  • ファイアウォールによるスキャンからアプリを除外するオプションが追加されました。
  • スキャンの高速化が図られました。
  • 脆弱性CVE-2017-0752の検出が可能となりました。

さらに、下記の修正が加えられました。

  • 購入されたDr.Webライセンスのアクティベーションを実施する際に起こる問題が解決されました。
  • Android TVを含め、アプリのインターフェイスでは変更が加えられました。
  • 7z形式アーカイブの検査時に、スキャンの異常終了を引き起こす問題が解決されました。
  • Dr.Web Enterprise Security Suiteに含まれる製品として、集中管理保護モードでは変更が加えられました。

Android 4.4以降のバージョンであれば、 アップデートは自動的に行われます。デバイス上で自動更新のオプションが無効になっている場合、Google Playにアクセスし、アプリケーションのリストからDr.Web Security Space または Dr.Web Security Space Lifeを選択後、"更新"をタップする必要があります。

Doctor Webのウェブサイトからアップデートを実行する場合には、 新しいディストリビューションファイルをダウンロードする必要があります。更新の設定で「最新バージョン」が有効である場合、ウイルスデーベースが更新される際に、新しいバージョンに関する通知が表示されます。通知が表示されたダイアログボックスより新しいバージョンをダウンロードすることができます。

Dr.Web Security Spaceおよび Dr.Web Anti-virusの有償版ライセンスをお持ちの方は、Dr.Web Security Space for Androidを無料でご利用いただけます。また、Dr.Web for Androidの新しいバージョンは法人向けDr.Web Mobile Security SuiteおよびDr.Web Anti-virusサービス(課金プラン"Dr.Web Premium"および"Dr.Web Mobile")として購入できます。




Dr.Web Light 11.1.0 for macOS をリリース

Tue, 10 Apr 2018 00:00:00 GMT

2018年4月10日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Light for macOS をバージョン11.1.0へアップデートしました。今回のアップデートでは、今後のmacOSバージョンとの互換性を維持するために、必要な変更が加えられました。

Dr.Web Light for macOS をバージョン11.1.0へアップデートするには、Mac App Storeにログオンし、アップデートのタブを開き、本製品名にあるUpdate ボタンをクリックする必要があります。本製品のユーザーは、無償でアップデートできます。

Dr.Web Light for macOSの保護機能は最小レベルの保護の提供となり、最高レベルの保護を希望される場合、Dr.Web for macOSの利用を推奨します。

#アップデート #Dr.Web #macOS



Dr.Web 11.0.4 for macOSをリリース

Tue, 03 Apr 2018 00:00:00 GMT

2018年4月3日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web for macOSをバージョン11.0.4へアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Enterprise Security Suite 10.1では、集中管理によるスキャンが実施される際に、除外するパスの情報が転送されない問題が解決されました。

バージョン11.0.4へのアップデートを行うには、新しいディストリビューションファイルをダウンロードする必要があります。

#Dr.Web #macOS #アップデート



Dr.Web Anti-virus 11.0 for Unix Mail ServerおよびDr.Web Anti-virus 11.0 for Linuxに含まれるコンポーネントのアップデート

Thu, 29 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月29日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus 11.0 for Unix Mail ServerおよびDr.Web Anti-virus 11.0 for Linuxに含まれるdrweb-maild (11.0.5-1803212111) をアップデートしました。今回のアップデートにより、drweb-maildの動作では改良が加えられました。

drweb-maildでは、メール内に検出された脅威に関する情報をロギングするルーチンが改良されました。

アップデートはDr.Webリポジトリ経由で実行されます。

#アップデート #Dr.Web #UNIX #Linux




Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web KATANA 1.0、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1、 Dr.Web 11.0 for MS Exchange、Dr.Web 11.0 for Microsoft ISA Server and Forefront TMG および Dr.Web 11.0 for IBM Lotus Domino に含まれるコンポーネントのアップデート

Wed, 28 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月28日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Shellguard (11.01.13.03260)、Dr.Web Anti-rootkit API (11.1.21.201803260) およびDr.Web Protection for Windows (11.01.18.03230) をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されたほか、内部変更が加えられました。

Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web KATANA 1.0、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1に含まれるDr.Web Shellguardでは、以下の変更が加えられました。

  • ソフトウェア「TrustView」により保護されたMS Officeアプリケーションの起動時に、Dr.Web Shellguardの誤警報を引き起こすエラーが修正されました。

Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1に含まれるDr.Web Anti-rootkit APIでは、以下の変更が加えられました。

  • ディスク上のブートセクターのカスタムスキャンを行う際にクリティカルなシステムエラー (BSOD) が発生する問題が解決されました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。

#アップデート #Windows #Exchange #Lotus




Dr.Web KATANA 1.0に含まれるコンポーネントをアップデート

Thu, 22 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月22日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web KATANA バージョン1.0に含まれるDr.Web Anti-rootkit API (11.1.20.201803140)、Dr.Web Protection for Windows (11.01.17.03020)、Dr.Web Sysinfo (11.1.8.201802260)、Dr.Web Thunderstorm Cloud Client SDK (11.0.5.01150)、Lua-script for dwprot (KATANA) (1.0.1.03131)およびkatana-service (11.1.8.03130)をアップデートしました。Dr.Web 11.0 for Windows製品ラインアップと一致するよう、上記のコンポーネントでは必要な変更が加えられたほか、Windows 10 Redstone 4との互換性維持が図られました。

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、ヒューリスティック保護および脅威検出ルーチンが改善されました。

他のコンポーネントでは内部変更が加えられました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。




Dr.Web 11.0 for UNIXに含まれるコンポーネントをアップデート

Mon, 19 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月19日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus 11.0 for UNIX Mail Server、Dr.Web Anti-virus 11.0 for UNIX File Server、Dr.Web Anti-virus 11.0 for Internet Gateways Unix、Dr.Web Anti-virus 11.0 for Linuxに含まれるdrweb-esagent (11.0.5-1803141314)、drweb-configd (11.0.6-1803051755) および drweb-libzypp (11.0.5-1712081357)をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

drweb-esagentでは、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.1の集中管理によるスキャンが実行される際に、除外するパスが連携されないエラーが修正されました。

drweb-configdでは、コンソールユーティリティdrweb-ctl cfsetを使用して一部の設定を変更するときに発生するエラーが修正されました。

drweb-libzyppでは、コンポーネント更新のためにzypperが用いられるOS対応コンピューターにて、runパッケージに含まれる一部のコンポーネント更新のルーチンが最適化されました。

今回のアップデートはDr.Webリポジトリ経由で実行されます。

#update #Dr.Web #UNIX #Linux



一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Anti-rootkit APIをアップデート

Wed, 14 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月14日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1、Dr.Web 11.0 for MS Exchange、Dr.Web 11.0 for Microsoft ISA Server and Forefront TMG、Dr.Web 11.0 for IBM Lotus Dominoに含まれるDr.Web Anti-rootkit API (11.1.20.201803140)をアップデートしました。発見されたエラーの修正とともに、Microsoft社によりリリースされた更新 (KB4088875 および KB4088876) との互換性を維持するために、今回のアップデートは実施されました。

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、下記の変更が加えられました。

  • Microsoft社によるWindows 7 (x86)対応コンピュータ向けの更新である KB4088875 およびWindows 8.1 (x86)対応コンピュータ向けの更新である KB4088876 のリリース後に発生していたDr.Webライセンスの検証問題が解決されました。
  • アプリケーション Lenovo Vantage動作時に、予防的保護機能の誤警報を引き起こす原因が解消されました。
  • 予防的保護機能がsvchost.exeプロセスに対し誤警報を出すエラーが修正されました。

アップデートは自動的に行われます。

#アップデート #Windows #Exchange #Lotus



Dr.Web 11.0.3 for macOSをリリース

Tue, 13 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月13日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.0.3 for macOSをリリースしました。新しいバージョンではmacOS High Sierra (10.13)との互換性が改善されました。

macOS 10.13に搭載されるSKEL (Secure Kernel Extension Loading)の保護メカニズムに異常動作が発生した場合、アンチウイルスの正常な動作を確保するために、今回のアップデートは実施されました。

バージョン11.0.3 へのアップデートを行うためには、新しいディストリビューションファイルをダウンロードする必要があります。

#Dr.Web #macOS #アップデート



一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Anti-rootkit APIをアップデート

Tue, 06 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月6日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1、Dr.Web 11.0 for MS ExchangeおよびDr.Web 11.0 for IBM Lotus Domino に含まれるDr.Web Anti-rootkit API (11.1.19.201803051)をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、一部のプロセスのスキャン中、除外が処理される際にDr.Web Control Serviceが異常終了する問題が修正されました。

アップデートは自動的に行われます。

#アップデート #Windows #Exchange #Lotus




一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Protection for Windowsをアップデート

Mon, 05 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月5日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1に含まれるDr.Web Protection for Windows (11.01.17.03020)をアップデートしました。今回のアップデートでは発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Protection for Windowsでは、OSよりディスクの問題を誤警報するメッセージが出力され、不要なCHKDSKが実行される問題が解決されました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。

#アップデート #Windows




Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web KATANA 1.0、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1 に含まれるDr.Web Shellguard anti-exploit moduleのロールバック を実施

Fri, 02 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月2日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、2月27日にアップデートされた一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Shellguard anti-exploit moduleを更新前のバージョン11.01.11.11070にロールバックしました。

アップデートされたDr.Web Shellguard anti-exploit moduleと他のソフトウェアとの間に互換性問題が発生したため、今回のロールバックは実行されました。

以前バージョンへのロールバックは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。




Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および 10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1、Dr.Web 11.0 for MS Exchange、Dr.Web 11.0 for Microsoft ISA Server and Forefront TMG、Dr.Web 11.0 for IBM Lotus Dominoに含まれる Dr.Web Anti-rootkit APIをアップデート

Thu, 01 Mar 2018 00:00:00 GMT

2018年3月1日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Anti-rootkit API (11.1.18.201803010) をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、以下の変更が加えられました。

  • MS Office 2016のドキュメントを保護ビューにて開く際や"Absolute LoJack"の実行中に、予防的保護機能による誤検出が発生する問題が解決されました。

アップデートは自動的に行われます。




Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web KATANA 1.0、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 と 10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0 と 10.1、 Dr.Web 11.0 for MS Exchange、 Dr.Web 11.0 for Microsoft ISA Server and Forefront TMG およびDr.Web 11.0 for IBM Lotus Dominoに含まれるコンポーネントをアップデート

Tue, 27 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月27日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Protection for Windows (11.01.16.02260)、Dr.Web Anti-rootkit API (11.1.17.201802260)、Dr.Web Sysinfo (11.1.8.201802260)およびDr.Web Shellguard anti-exploit module (11.01.12.02130)をアップデートしました。さらに、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1に含まれるDr.Web Enterprise Agent for Windows setup (11.0.11.02260)、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1に含まれるDr.Web AV-Desk Agent for Windows setup (11.0.11.02260)がアップデートされました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正され、内部変更が加えられました。

Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1に含まれるDr.Web Protection for Windowsでは、下記の変更が加えられました。

  • Novell Netwareボリュームへのアクセスや他のタスクの実行中に、Windows XPコンピューター上でクリティカルなシステムエラー(BSOD)を引き起こす問題が解決されました。

Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web KATANA 1.0、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0および10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0および10.1に含まれるDr.Web Shellguard anti-exploit moduleでは、次の変更が加えられました。

  • ブラウザーのプロセス保護時のメモリ消費量が最適化されました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。




Dr.Web for Windows製品に含まれるコンポーネントをアップデート

Mon, 26 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月26日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Security Space 11.0、Dr.Web Anti-virus 11.0 for Windows、Dr.Web Anti-virus 11.0 for Windows File Server、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.1およびDr.Web AV-Desk 10.1(Control Service バージョン11.0.33.02220)、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0およびDr.Web AV-Desk 10.0(Control Serviceバージョン 11.0.32.02221)に含まれるDr.Web Control Serviceをアップデートしました。さらに、上記の全製品およびDr.Web KATANA 1.0では、drwbase(201802220)がアップデートされました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Control Serviceでは、下記の変更が加えられました。

  • ファイルのバックアップコピーの作成時にControl Serviceの異常終了を引き起こす問題が解決されました。

drwbaseでは、次の変更が加えられました。

  • 証明書および信頼アプリケーションのデータベースが更新されました。
  • Lenovo VantageおよびSandboxieベータ版が動作する際に、予防的保護機能にて誤検知が発生する問題が解決されました。

今回のアップデートは自動的に行われます。




Dr.Web 11.0 for UNIXに含まれるコンポーネントをアップデート

Mon, 26 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月26日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus for UNIX Mail Server、Dr.Web Anti-virus for UNIX File Server、Dr.Web Anti-virus for UNIX Gateways 11.0およびDr.Web Anti-virus for Linux 11.0に含まれる drweb-esagent (11.0.4-1801312330)、Dr.Web Anti-virus for Linux 11.0に含まれるdrweb-gui (11.0.5-1802201049) をアップデートしました。 今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

FreeBSD および Solaris向けdrweb-esagentでは、一部種類のライセンスキーファイルが用いられる場合において、集中保護モードにてScanEngineの管理が改善されました。

drweb-guiでは、集中管理モードに切り替えた際に、スケジュールによるスキャンのローカルな設定で発生するエラーが修正されました。

今回のアップデートはDr.Webリポジトリにより実行されます。

#update #Dr.Web #UNIX #Linux



Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および10.1、 Dr.Web 11.0 for MS Exchange、Dr.Web 11.0 for Microsoft ISA Server and Forefront TMG、 Dr.Web 11.0 for IBM Lotus Dominoに含まれるコンポーネントをアップデート

Wed, 21 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月21日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web製品一部に含まれる Dr.Web Control Service (11.0.31.01170、 11.0.30.01170)、 SpIDer Agent for Windows (11.0.24.01220)、 Dr.Web Firewall (11.1.8.12280)、 Dr.Web Firewall Driver (11.01.09.11030)、 Dr.Web Net filtering Service (11.1.15.01100)、 Dr.Web Scanning Engine (11.1.14.201802120)、 Dr.Web Protection for Windows (11.01.15.02120)、 Lua-script for dwprot (11.0.7.01310)、 Dr.Web Anti-rootkit API (11.1.16.201802130)、 Dr.Web Thunderstorm Cloud Client SDK (11.0.5.01150)、 sysinfo (11.1.7.201802140) およびdrwbase (201801290) をアップデートしました。さらに、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および10.1に含まれるDr.Web Enterprise Agent for Windows setup (11.0.10.02150)、Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるDr.Web AV-Desk Agent for Windows setup (11.0.10.02150)がそれぞれアップデートされました。今後リリースが予定されるWindows 10 RS4とのDr.Web製品の互換性を維持するために、今回のアップデートでは、内部変更が加えられたほか、発見されたエラーが修正されました。

上記のDr.Web製品 では、2018年春ごろにリリースが予定されるWindows 10 Redstone 4との互換性の維持が図られました。

Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および 10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるDr.Web Control Serviceでは、次の変更が加えられました。

  • データ損失防止機能では、変更点を復元する際にエラー発生を引き起こす問題が解決されました。また、ルートフォルダとサブフォルダが別々に追加された場合にバックアップコピーが作成されない問題が解決されました。

Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および 10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるDr.Web Control Serviceでは、次の変更が加えられました。

  • データベースのみの更新に設定されていても、その制限が遵守されない問題が解決されました。

Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および 10.1、Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるDr.Web Firewallでは、次の変更が加えられました。

  • ポート番号が1024を上回る、または正しくないIPアドレスが指定された場合に、ルール検証が異常となり、コネクション処理がフリーズしてしまうエラーが修正されました。
  • ルール作成のウィンドウ内にあるポート入力フィールドの位置が変更されました。

Dr.Web 11.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および 10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるDr.Web Firewall Driverでは、次の変更が加えられました。

  • Windows XP上でネットワークインターフェイスのパラメーターにIPアドレスが表示されないエラーが修正されました。

Dr.Web Net filtering Serviceでは、次の変更が加えられました。

  • 自動書類管理システムDocsvisionを実行している場合、PCの動作が遅くなる問題が解決されました。
  • Windows 10に組み込まれたFTPクライアントの異常動作を引き起こす問題が解決されました。
  • Dr.Web SpIDer Gateが有効になっているときに、ブラウザーから監視カメラの画像が見えないエラーが修正されました。
  • IMAPフォルダー上にメールがダウンロードされる際に、プロセッサーへの高負荷およびメールクライアントの終了を引き起こす問題が解決されました。

上記の全製品を対象に、Dr.Web Scanning Engineでは、次の変更が加えられました。

  • ルートキットのスキャンを実行時にメモリ消費量が最適化されました。

Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および 10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるDr.Web Protection for Windowsでは、次の変更が加えられました。

  • クラスターの共有ボリュームに関するディスク操作を妨げる問題が解決されました。

上記の全製品を対象に、Dr.Web Anti-rootkit APIでは、次の変更が加えられました。

  • ヒューリスティック保護および脅威検出ルーチンが改善されました。

Dr.Web 11.0 for Windows、 Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0 および 10.1、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および 10.1に含まれるdrwbaseでは、次の変更が加えられました。

  • 証明書および信頼されるアプリケーションのデータベースが更新されました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。




Dr.Web Security Space 12.1.1 for Androidをリリース

Thu, 15 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月15日 株式会社Doctor Web Pacific Doctor Webは、Dr.Web Security Space for Androidをバージョン12.1.1へアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。 今回のアップデートでは、一部のAndroid対応デバイスにて本アプリの異常終了を引き起こす原因が解消されたほか、プログラムのインターフェイスに変更が加えられました。 Dr.Web Security Space for Androidユーザーの場合、新しいバージョンへのアップデートは自動的に実行されます。デバイス上で自動更新のオプションが無効になっている場合、Google Playにアクセスし、アプリケーションのリストからDr.Web Security Space または Dr.Web Security Space Lifeを選択後、"更新"をタップする必要があります。 Doctor Webのウェブサイトからアップデートを実行する場合には、新しいディストリビューションファイルをダウンロードする必要があります (https://download.drweb.co.jp/android?lng=ja)。更新の設定で「最新バージョン」が有効である場合、ウイルスデーベースが更新される際に、新しいバージョンに関する通知が表示されます。通知が表示されたダイアログボックスより新しいバージョンをダウンロードすることができます。 Dr.Web Security Spaceおよび Dr.Web Anti-virus有償版ライセンスをお持ちの方は、Dr.Web Security Space for Androidを無料でご利用いただけます。また、Dr.Web for Androidの新しいバージョンは法人向けDr.Web Mobile Security SuiteおよびDr.Web Anti-virusサービス(課金プラン"Dr.Web Premium"および"Dr.Web Mobile")として購入できます。 #Dr.Web #Android #アップデート Dr.Webを使用して Androidデバイスを保護しましょう! 無料ダウンロード ロシアで最初に開発されたAndroid用アンチウィルスです Google Playだけで1億3500万回以上ダウンロードされています Dr.Webの個人向け製品のユーザーは無料です [...]



Dr.Web Security Space 12.1.0 for BlackBerryをアップデート

Mon, 05 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月2日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Security Space for BlackBerryをバージョン12.1.0へアップグレードしました。新しいバージョンでは、新機能が搭載されたほか、発見されたエラーが修正されました。

ライセンス使用許諾の改定に伴い、アップデート時に、ライセンス使用許諾に再度同意する必要があります。

本製品では、以下の変更が加えられました。

  • Security Auditorが改善されました。
  • インターフェイスが改善されました。
  • スキャン時に発生するエラーが修正されました。

Dr.Web Security Space for BlackBerryの新しいバージョンは、Doctor Webのホームページよりダウンロードできます。




Dr.Web Link Checker 3.9.14をアップデート

Mon, 05 Feb 2018 00:00:00 GMT

2018年2月2日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、ブラウザGoogle Chrome、 Safari および Opera向けDr.Web Link Checkerをバージョン3.9.14へアップデートしました。今回のアップグレードでは、発見されたエラーが修正されました。

例外に関するダイアログボックスを開示後に、ページはスクロールできないエラーが修正されたほか、アプリの文章で若干の訂正が加えられました。

Dr.Web Link Checkerの新しいバージョンを利用するためには、拡張機能のストア(ブラウザにより名称は異なります)からダウンロード/起動する必要があります。既にDr.Web Link Checkerを利用しているユーザーの場合、アップグレードは自動的に行われます。