Subscribe: 働くがん患者学校
http://www.radionikkei.jp/gangaku/rss2/
Preview: 働くがん患者学校

日曜患者学校(第4週)





Last Build Date: Fri, 22 Aug 2014 22:29:58 +0900

Copyright: Copyright 2017 All rights reserved.
 



8月24日放送(「日曜患者学校」)のご案内

Fri, 22 Aug 2014 22:29:58 +0900

番組のご案内(image)

8月24日の放送は、8月17日の放送の続編となります。
ホームページ http://www.radionikkei.jp/inochi/post_32.html をご覧ください。

尚、多くの方のご参加と、大変好評を得ました8月3日のセミナーの模様は、
9月14、21、28日の3回連続シリーズとして放送いたします。 

 
番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第4日曜夜9時~)

 
(image) radikoで番組を聴く

ご意見、ご感想、健康相談】等の募集
  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。




8月3日(日)の番組公開録音の放送日のご案内

Sat, 16 Aug 2014 00:18:47 +0900

【番組のご案内】(image)

 毎月第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組の公開録音で、
放送日時が確定しましたのでここにご案内いたします。
全体を3回の放送に分けてお送りします。
9月14日(日)、9月21日(日)、9月28日(日)のいずれも、午後9時からの放送です。

【公開録音概要】
とき:2014年8月3日(日)①午前:講習会及び②午後:講演会
場所:東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス内(image)

詳細
①講習会:10時00分開場10時30分開講「失語症者の意思疎通支援」(東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス1号館5階講堂にて)
尚、講師は言語聴覚士の山本弘子先生ほかの方々、こちら講習会のみ資料代500円をご用意いただければと存じます。

②講演会(パネルディスカッション) :13時開場13時30分開演「公開シンポジウム『脳卒中・失語症』」(入場無料、東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス中央講堂にて)
尚、演者は、 安保雅博先生(東京慈恵会医科大学教授)、山本晴子先生(国立循環器病センター部長)、小西洋之先生(参議院議員、父親の介護体験から)
コーディネーターは、山本弘子先生(言語聴覚士)、進行アナウンスは大宮とき子(ラジオNIKKEIアナウンサーです。)
 




7月27日放送(「日曜患者学校」)のご案内

Sun, 27 Jul 2014 00:00:01 +0900

【番組のご案内】(image)

 4月から毎月第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。
 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)

今回はゲストに、参議院議員の小西洋之さんにお話しを伺ってまいります。 番組進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さんです。

 
 
番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第4日曜夜9時~)

 
(image) radikoで番組を聴く



【オンデマンド配信】

 今回の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます
 尚、配信は放送終了後の予定です。

番組をオンデマンドで聴く

(image) 今回放送「2014年6月22日放送」
(右オンデマンド一覧より選択クリックいただきお聞きいただけます。尚、配信は放送終了後の予定です。)


番組をポッドキャストで聴く

iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?

 
ご意見、ご感想、健康相談】等の募集
  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。




8月3日(日)、番組公開録音のご案内

Sat, 12 Jul 2014 07:47:04 +0900

【番組のご案内】(image)

 毎月第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組の公開録音のご案内です。
 尚、こちらの運営は、①、②とも、丸紅基金の助成を受けて運営するため、参加料は無料です。(ただし、①講習会のみ、資料が必要となりますので資料代500円を頂戴することになります。)
 

参加ご希望の方は、右PDFファイルをプリントアウトいただき、記載されているお申し込みFAX番号まで、FAX送信ください。公開シンポ案内.pdf


とき:2014年8月3日(日)①午前:講習会及び②午後:講演会
場所:東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス内(image)

詳細
①講習会:10時00分開場10時30分開講「失語症者の意思疎通支援」(東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス1号館5階講堂にて)
尚、講師は言語聴覚士の山本弘子先生ほかの方々、こちら講習会のみ資料代500円をご用意いただければと存じます。

②講演会(パネルディスカッション) :13時開場13時30分開演「公開シンポジウム『脳卒中・失語症』」(入場無料、東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス中央講堂にて)
尚、演者は、 安保雅博先生(東京慈恵会医科大学教授)、山本晴子先生(国立循環器病センター部長)、小西洋之先生(参議院議員、父親の介護体験から)、沼尾ひろ子さん(日曜患者学校パーソナリティ、失語症患者団体代表)の皆さんです。)
 

尚、②での講演会の模様は、番組『日曜患者学校』の公開録音放送となります。




6月22日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内

Sun, 22 Jun 2014 00:31:57 +0900

【番組のご案内】 4月から毎月第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)  番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。 今回は、言語聴覚士であり、ご自身が脳卒中による高次機能障害(失語症等)をもつ関啓子さんをお迎えしておおくりします。   番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第4日曜夜9時~) radikoで番組を聴く 【オンデマンド配信】  今回の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます。  尚、配信は放送終了後の予定です。 番組をオンデマンドで聴く今回放送「2014年6月22日放送」(尚、配信は放送終了後の予定です。)番組をポッドキャストで聴く iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?  【関啓子氏プロフィール】医学博士、神戸大学大学院保健学研究科客員教授、三鷹高次脳機能障害研究所長 【経歴】 1971年  :国際基督教大学(ICU)教養学部入学、1年間のスペイン留学を経て、1976年 :同大学同学部卒業 1976年  :(株)東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。1981年 :国立障害者リハビリテーションセンター学院聴能言語専門職員養成課程入学1982年 :(財)東京都神経科学総合研究所(現東京都医学総合研究所)入所 この間、中村記念病院(札幌市)言語室において約5年間臨床活動 1995年 :東邦大学大学院医学研究科から医学博士号取得1999年 :神戸大学医学部助教授に着任 2002年:神戸大学医学部教授  高次脳機能障害の領域で活動中の2009年7月 に脳梗塞を発症 以後、10か月にわたる懸命のリハビリの末,2010年5月現職復帰。  2011年3月 :神戸大学を退職、神戸大学大学院保健学研究科客員教授に就任主な著書に、『失語症を解く 言語聴覚士が語ることばと脳の不思議』 (人文書院,2003年)、『 「話せない」と言えるまで 言語聴覚士を襲った高次脳機能障害』(医学書院,2013年)、『言語聴覚障害学基礎・臨床』 (新興医学出版社,1986)、『右半球の神経心理学』 (朝倉書店、1991)、『言語聴覚士指定講習会テキスト』 (医歯薬出版,2001)、『高次脳機能障害のリハビリテーション』(医歯薬出版,2004)、『標準言語聴覚障害学 高次脳機能障害学』(編著、医学書院,東京,2009)などがある、【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。 [...]



5月25日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内

Fri, 23 May 2014 22:23:33 +0900

【番組のご案内】(image)

 4月から毎月第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。
 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)

 番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。

 今回は、「高次脳機能障害」について、東京慈恵会医科大学教授の安保雅博先生にお話しを伺ってまいります。

 
 
番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第4日曜夜9時~)

 
(image) radikoで番組を聴く



【オンデマンド配信】

 今回の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます
 尚、配信は放送終了後の予定です。

番組をオンデマンドで聴く

(image) 今回放送「2014年5月25日放送」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/05/player-post-23.html 

番組をポッドキャストで聴く

iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?

 
【安保雅博氏プロフィール】(image)
平成2年3月 東京慈恵会医科大学卒業
平成5年3月 神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション科医員
平成6年3月 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座助手
平成8年4月 東京都立大久保病院リハビリテーション科医員
平成10年4月 スウェーデン カロリンスカ研究所/病院
      Department of Clinical Neuroscienceに留学
平成12年8月 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座講師
平成19年4月 東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座主任教授
平成21年4月 首都大学東京客員教授

専門は、リハビリテーション全般(脳卒中リハビリテーション、脳機能画像、高次脳機能障害、リンパ浮腫、失語症)
特に、脳機能画像評価とリハビリテーション、脳の可塑性とリハビリテーション。経頭蓋磁気刺激療法と集中リハビリを組み合わせたIntensive Neurorehabilitative Approach(「NEURO」)を積極的に行っている。

主な著書に、「脳卒中マヒが改善する!腕と指のリハビリ・ハンドブック」「知っているつもりのリハビリテーションの常識非常識」等がある。


ご意見、ご感想、健康相談】等の募集
  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。




4月27日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内

Sat, 26 Apr 2014 08:38:30 +0900

【番組のご案内】 4月から毎月第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)  番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。 今回は、3月28日、東京大学医科学研究所内の講堂にて開催された、 講演会「脳梗塞」(未病社会の診断技術研究会主催)の基調講演「脳梗塞とは? その早期~発症前診断」の模様をダイジェストでお聞きいただきます。 講演者は、水澤英栄先生(東京医科歯科大学元教授)   番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第3,4日曜夜9時~) radikoで番組を聴く 【オンデマンド配信】  今回(3月23日)の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます。  尚、配信は放送終了後の予定です。 番組をオンデマンドで聴く今回放送「2014年4月27日放送」http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/04/player-post-22.html 番組をポッドキャストで聴く iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?  【水澤英洋氏プロフィール】1952年生まれ。東京大医学部卒。東京大医学部神経内科助手、筑波大臨床医学系神経内科助教授、東京医科歯科大医学部医学科長等を歴任する。21世紀COEプログラム「脳の機能統合とその失調」の拠点リーダー。 厚生労働省の脳科学研究、心の健康科学、長寿科学、ヒトゲノム・再生医療等プロジェクトリーダーも務める。 主な著書に『脊髄小脳変性症のすべて』(日本プランニングセンター)、『神経・筋疾患のとらえかた』(文光堂)などがある。【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。 [...]



3月23日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内

Sat, 22 Mar 2014 09:55:47 +0900

【番組のご案内】 毎月第3、第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)  番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。 今回は前回の放送に続き、山梨県在住の在宅言語聴覚士(在宅ST)の平澤哲哉さんへのインタビューの模様をお送りします。   番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第3,4日曜夜9時~) radikoで番組を聴く 【オンデマンド配信】  今回(3月23日)の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます。  尚、配信は放送終了後の予定です。 番組をオンデマンドで聴く今回放送「2014年3月23日放送」http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/03/player-post-21.html  前回放送「2014年3月16日放送」http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/03/player-post-20.html 番組をポッドキャストで聴く iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?  【平澤哲哉氏プロフィール】1961年山梨県生まれ。1983年青山学院大学在学中に交通事故に遭い、失語症となる。1985年大学卒業。1988-1989年 大阪教育大学言語治療コースで学ぶ。 1987-2002年 山形、山梨のリハビリテーション病院に勤務。  2002-現在  在宅言語聴覚士として訪問ケアを展開。 在宅言語障害者の訪問活動を展開しながら、デイサービスセンターなごみの郷、山梨県立育精福祉センター、北杜市立塩川病院、韮崎東ヶ丘病院 などに非常勤で勤務。 忍野村の言語リハビリ教室を担当。 東山地区失語症友の会を事務局。 主な著書:「失語症者、言語聴覚士になる」(雲母書房 2003/12)「失語症の在宅訪問ケア」(雲母書房 2005/10) 「月間ブリコラージュ」(七七社)"地域に飛び出したST"、「訪問看護と介護」 "日常ケアにおけるコミュニケーションのコツ" (医学書院 2005/05)「毎日新聞」障害者コラム"ことばを求めて"に連載。2005.1~3月(12回)【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。 [...]



3月16日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内

Fri, 14 Mar 2014 19:58:28 +0900

【番組のご案内】 毎月第3、第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)  番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。 今回の放送は、山梨県在住の在宅言語聴覚士(在宅ST)の平澤哲哉さんへのインタビューの模様をお送りします。   番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第3,4日曜夜9時~) radikoで番組を聴く 【オンデマンド配信】  今回(3月16日)の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます。  尚、配信は放送終了後の予定です。 番組をオンデマンドで聴く 「2014年3月16日放送」http://www.radionikkei.jp/podcasting/gangaku/2014/03/player-post-20.html 番組をポッドキャストで聴く iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?  【平澤哲哉氏プロフィール】1961年山梨県生まれ。1983年青山学院大学在学中に交通事故に遭い、失語症となる。1985年大学卒業。1988-1989年 大阪教育大学言語治療コースで学ぶ。 1987-2002年 山形、山梨のリハビリテーション病院に勤務。  2002-現在  在宅言語聴覚士として訪問ケアを展開。 在宅言語障害者の訪問活動を展開しながら、デイサービスセンターなごみの郷、山梨県立育精福祉センター、北杜市立塩川病院、韮崎東ヶ丘病院 などに非常勤で勤務。 忍野村の言語リハビリ教室を担当。 東山地区失語症友の会を事務局。 主な著書:「失語症者、言語聴覚士になる」(雲母書房 2003/12)「失語症の在宅訪問ケア」(雲母書房 2005/10) 「月間ブリコラージュ」(七七社)"地域に飛び出したST"、「訪問看護と介護」 "日常ケアにおけるコミュニケーションのコツ" (医学書院 2005/05)「毎日新聞」障害者コラム"ことばを求めて"に連載。2005.1~3月(12回)【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。 [...]



2月23日放送(沼尾ひろ子「日曜患者学校」)のご案内

Sat, 22 Feb 2014 16:24:07 +0900

【番組のご案内】 毎月第3、第4日曜日の日曜患者学校では、脳卒中でリハビリテーションを受けておられる方、また、その家族、支援者に向けてお送りする番組です。 (あるいは、突然、脳卒中の当事者になるかもしれない皆様、あるいはその家族となるかもしれない皆様にむけて、いざその時の心構えをもっていいただくようお伝えしてまいります。)  番組の進行役は、脳梗塞を患い、その後遺症としての失語症のリハビリ経験をもつアナウンサーの沼尾ひろ子さん。 今回の放送は、日本脳卒中協会主催の「脳卒中体験記「脳卒中後の私の人生」で、平成19年、18年度の優秀賞受賞作品を紹介します。(朗読は大宮とき子アナウンサーです。) 番組を放送時間にリアルタイムで聴く(第3,4日曜夜9時~)  radikoで番組を聴く 【オンデマンド配信】  今回(2月16日)の番組は、下記をクリックいただければお聞きいただけます。  尚、配信は放送終了後の予定です。 番組をオンデマンドで聴く「2014年2月23日放送」番組をポッドキャストで聴く iTunes用URL  RSS ⇒ポッドキャストとは?  【5月、6月に紹介した脳卒中協会の活動内容について】  *脳卒中体験記優秀賞作品『神様からのご褒美』(島根県出雲市福間清子)の発表。(朗読は小林玉果さん)*脳卒中克服十ヶ条(日本脳卒中協会)1 生活習慣  : 自己管理 防ぐあなたの 脳卒中2 学ぶ    : 知る学ぶ 再発防ぐ 道しるべ3 服薬    : やめないで あなたを守る その薬4 かかりつけ医: 迷ったら すぐに相談 かかりつけ5 肺炎    : 侮るな 肺炎あなたの 命取り6 リハビリテーション: リハビリのコツはコツコツ 根気よく7 社会参加  : 社会との 絆忘れず 外に出て8 後遺症   : 支えあい 克服しよう 後遺症9 社会福祉制度: 一人じゃない 福祉制度の活用を10 再発時対応 : 再発か?迷わずすぐに 救急車 *脳卒中週間標語は、こちらをクリックください。*脳卒中予防十ヶ条(日本脳卒中協会)1  手始めに 高血圧から 治しましょう2  糖尿病 放っておいたら 悔い残る3  不整脈 見つかり次第 すぐ受診4  予防には タバコを止める 意志を持て5  アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒6  高すぎる コレステロールも 見逃すな7  お食事の 塩分・脂肪 控えめに8  体力に 合った運動 続けよう9  万病の 引き金になる 太りすぎ10 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集  番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。メールの方は右欄の「番組宛メール送信フォーム」からご投稿ください。 [...]