Subscribe: livedoor NEWS - Sportiva
http://news.livedoor.com/rss/article/vender/sportiva
Preview: livedoor NEWS - Sportiva

ライブドアニュース - Sportiva



ライブドアニュース - Sportiva



 



「サッカーなら、どんな障害も超えられる」。難病と闘うFC岐阜前社長の想い

Sun, 17 Dec 2017 17:05:41 +0900

(image)
FC岐阜・恩田社長の600日~Jリーグ地域クラブへの伝言~後日譚・後編前編はこちら>>連載 第1回から読む>>後編は、FC岐阜というよりはサッカーそのものについて論じてみようと思います。私はFC岐阜に関わるまでは、サッカーについてまったくの門外漢でした。そんな私が、FC岐阜社長の600日間で感じた「サッカーのチカラ」がたくさんありましたが、今回は「サッカーと障害」というキーワードで語りたいと思います。 現在は講演活動で各地を回っている恩田氏。終了後、記念写真 全文
Sportiva 12月17日 17時05分




「目立たなかった短距離メダリスト」高平慎士がクールに振り返る競技人生

Sun, 17 Dec 2017 11:15:23 +0900

(image)
【高平慎士が語る引退と男子短距離界・前編】今年4月に今季限りでの引退を表明した高平慎士は、9月の全日本実業団4×100mリレーで富士通の3走を走り、現役生活に別れを告げた。高平は、2004年のアテネ五輪で代表入りして以降、200mと4×100mリレーで代表の常連メンバーとなった。2006年以降は”3走のスペシャリスト”として、2008年北京五輪の4×100mリレー銅メダル獲得に貢献。その後も日本代表の中心選手として、2012年ロンドン五輪や、2014年のアジア大会などに出場した 全文
Sportiva 12月17日 11時15分




長谷川健太に再建を託すFC東京。16歳・久保建英はどう使われるのか

Sun, 17 Dec 2017 08:15:39 +0900

(image)
2017年シーズン、FC東京は18チーム中13位で終わっている。サッカーは結果がすべてではない。しかし、結果以上に、その内容は寂しいものがあった。「何をしたいのか、わからない」目玉選手として今季やってきた大久保嘉人は第5節、サガン鳥栖に引き分けた後、ミックスゾーンでそう洩らし、イラついていた。一時は3-1とリードしたが、後半43分、アディショナルタイムと立て続けに失点して追いつかれている。その悔しさもあったのだろう。しかし歯がゆさともどかしさは、この時点 全文
Sportiva 12月17日 08時15分




ステイ産駒のウムラオフは、ディープ産駒の兄と「特徴があべこべ」

Sun, 17 Dec 2017 07:45:24 +0900

(image)
厳選! 2歳馬情報局(2017年版)第30回:ウムラオフ12月の風物詩とも言える、暮れの中山開催。GI有馬記念(中山・芝2500m)をはじめ、中山特有のレースが多くのファンを楽しませる。もちろん、この時期に行なわれる2歳の新馬戦も、来年のクラシックを展望するうえでは見逃せず、ファンや関係者からの注目度は高い。その中山でのデビューを目指して、今まさに最終調整に入っている素質馬がいる。美浦トレセン(茨城県)の堀宣行厩舎に所属するウムラオフ(牡2歳/父ステイゴ 全文
Sportiva 12月17日 07時45分




北朝鮮に完敗。CB鮫島彩の「問題提起」が示す、なでしこの改善策

Sat, 16 Dec 2017 17:25:55 +0900

(image)
完敗だった。EAFF E-1選手権の優勝をかけて北朝鮮と戦ったなでしこジャパンは、後半に2発を浴び、一矢報いることすらできず0-2で惨敗。北朝鮮に大会3連覇を許した。それでも前半は予想以上の戦いとなった。もとよりスピード、テクニック、スタミナを兼ね備えた北朝鮮の2トップを含む、攻撃陣に攻め込まれるのは覚悟の上だった。特にキム・ユンミはそこに高さも加わる脅威の存在だった。本職ではないセンターバックで、仕事を果たした鮫島彩そんな北朝鮮に、トップスピード 全文
Sportiva 12月16日 17時25分




小野伸二、稲本潤一、中村憲剛、松井大輔が教える「W杯の勝ち方」

Sat, 16 Dec 2017 17:15:20 +0900

(image)
「このメンバーでやれるのは、ほんま特別なもんがあるね」ナインティナインの矢部浩之がそう言って表情を崩す。12月17日(日)深夜(0時5分~)放送予定の、テレビ朝日『やべっちF.C.(秘)SP!! 超豪華レジェンドとガチンコサッカー対決』の収録が都内某所で行なわれ、”黄金世代”の小野伸二、稲本潤一、小笠原満男、本山雅志らをはじめ、Jリーグ王者となった川崎フロンターレの”顔”中村憲剛や、現在ポーランドでプレーする松井大輔が集結し、「Jレジェンド」を結成。矢部 全文
Sportiva 12月16日 17時15分




岡崎慎司が吉田麻也との駆け引きに勝った2点目。その詳細を2人が語る

Sat, 16 Dec 2017 08:05:10 +0900

(image)
12月13日に行なわれたサウサンプトンvs.レスター・シティ戦で、しびれるような駆け引きが展開されたのは後半なかばのことだった。吉田麻也の守備を振り切って2ゴール目を決めた岡崎慎司右センターバックとして先発したサウサンプトンの吉田麻也と、セカンドストライカーとして先発したレスターの岡崎慎司。3-1でレスターがリードして迎えた69分、プレミアリーグで戦うふたりの日本人プレーヤーがゴール前の最終局面で相まみえた。レスターのカウンターのチャンスに、FWジェイ 全文
Sportiva 12月16日 08時05分




朝日杯FSの人気馬に疑問。穴党記者は鼻息荒く「稼げる2頭」を叫ぶ

Sat, 16 Dec 2017 07:45:28 +0900

(image)
今年も残すところ、中央のGIレースはあと3戦。12月17日には2歳GIの朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)が行なわれる。今年から、同じ2歳戦のホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)がGIに格上げになったものの、顔ぶれが手薄になることなく、GIに相応しい好メンバーがそろった。ただ「例年とは異なる点がある」と、日刊スポーツの松田直樹記者が言う。「今年はホープフルSがGIに昇格したことで、陣営の、それぞれのレースに向けた管理馬の起用法が明確に 全文
Sportiva 12月16日 07時45分




福田正博が予想。ロシアW杯「日本のH組以外」で番狂わせがあるのは?

Fri, 15 Dec 2017 17:15:49 +0900

(image)
【福田正博フォーメーション進化論】前回、日本代表が入ったグループHの分析をしたが、ロシアW杯のグループリーグの組み合せは、いわゆる”強豪国”が全体的に散らばった印象がある。直近10大会で決勝に進んだことがあるのは7カ国のみ(ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、スペイン、オランダ、イタリア、フランス)で、そのうちイタリアとオランダの2カ国が出場を逃したのだから、”死の組”が生まれなかったのもうなずける。メッシ擁するアルゼンチンはグループDの本命と見ら 全文
Sportiva 12月15日 17時15分




【国際プロレス伝】阿修羅・原の身体能力にアニマルは度肝を抜かれた

Fri, 15 Dec 2017 17:05:19 +0900

(image)
【第23回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」若かりしころの阿修羅・原鍛え上げた身体でラグビー日本代表として名を馳せ、1976年には日本人初の世界選抜メンバーにも選出された原進(はら・すすむ)。30歳でのラグビー引退を機に、国際プロレスの次期エースと期待されて入門した。リングネーム「阿修羅・原」は作家・野坂昭如(あきゆき)が命名。国際プロレス解散後も全日本プロレス、SWS、WARで活躍し、天龍源一郎とのタッグ「龍原砲」でプロレス界に一時代を築き上 全文
Sportiva 12月15日 17時05分