Subscribe: CGWORLD.jp
http://cgworld.jp/atom.xml
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language:
Tags:
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: CGWORLD.jp

CGWORLD





Updated: 2018-02-19T10:40:23Z

 



ハイオーガニックジャパン - 新着求人情報

2018-02-19T10:40:23Z

募集職種: 1】3DCGクリエーター... 募集職種:
1】3DCGクリエーター



創造力の祭典「DTCクリエイティブセッション2018」、2018年3月25日(日)代官山TCにて開催(ティーンズ) - ニュース

2018-02-19T01:02:18Z

代官山ティーンズ・クリエイティブは、2018年3月25日(日)にティーンズと、クリエイターの創造力の祭典として「DTCクリエイティブセッション2018」を開催する。

代官山ティーンズ・クリエイティブは、2018年3月25日(日)にティーンズと、クリエイターの創造力の祭典として「DTCクリエイティブセッション2018」を開催する。
詳細はこちら

■「DTCクリエイティブセッション2018」とは

「DTCクリエイティブセッション2018」は、代官山ティーンズ・クリエイティブを利用するティーンズたちと、さまざまな分野で活躍するクリエイターがコラボレーションすることで生まれる化学反応を楽しむためのイベント。過去2年の開催で、ラッパー・ちゃんみな、高校生ダンサー・山田葵さんを輩出するなど、参加してくれたティーンズが、クリエイターとしてさらに飛躍し活躍できる、若手クリエイター・アーティストの登竜門のような場にもなっている。イベント当日には、自由に参加できる企画も用意し、誰でも楽しめる年に1度の施設の開放日。

参加クリエイター
森本千絵、KAORI(ELEVENPLAY)、ACE、しげたまやこ、仙石彬人、石若駿、角田純、TOMOHIKO a.k.a HEAVYLOOPER、モンスターズ、木下ようすけ、kEn kEn、日菜詩ほか

概要・日程
日時:2018年3月25日(日)9:30~16:30
場所:代官山ティーンズ・クリエイティブ(東京都渋谷区代官山町7-9 受付:4階)
入場:無料
主催:代官山ティーンズ・クリエイティブ
運営&コーディネート:マザーディクショナリー
イベント特設ページ:daikanyama-tc.com/creativesession2018

プログラム
・ティーンズがそれぞれ自分を自由に表現し、グランプリを競うコンテスト
「ティーンズ・クリエイター・オブ・ザ・イヤー」
・クリエイターとティーンズの、この日限りのコラボライブパフォーマンス
「DTC セッション」
・イラストレーター木下ようすけ氏が似顔絵に加えて、その人らしい調味料をつけてくれる「調味料似顔絵」と、代官山TC常連のキッズアーティストが、ロボットやモンスターに例えて描いてくれる
「似顔絵コーナー」
・画家の角田純さんと、木の端材でつくる
「木のコラージュ~誰よりも高い塔をつくろう」
・DJ兄弟によるクラブパーティー
・製麺機でのラーメンづくりワークショップなど

■代官山ティーンズ・クリエイティブとは

主に渋谷区在住・在学の小~大学生を中心に、こどもたちがクリエイティブとはどういうことかを体感しながら、自分の可能性の扉をひらき、将来の職業選択に対しても、興味と関心を持つきっかけづくりができる場所を目指し、日々運営している。




「8KVR×スマホ×ミュージックビデオ」アプリ配信開始、NTTドコモ25周年アーティストタイアップ「namie amuro×docomo VR stage」 - ニュース

2018-02-19T01:03:47Z

NTTドコモ(以下ドコモ)は、デビュー25周年を迎える安室奈美恵とのタイアップを実施。その一環として、安室奈美恵のライブパフォーマンスを体感できる8KVR(水平方向に一周約8000ピクセルで撮影した映像を360°全天周パノラマ映像に加工したVR動画)アプリ、「namie amuro×docomo VR stage」(以下、同アプリ)を2018年2月16日(金)より配信開始した。同アプリは世界初、スマホで楽しめる8KVRミュージックビデオとして高精細な視聴体験を実現した。

NTTドコモ(以下ドコモ)は、デビュー25周年を迎える安室奈美恵とのタイアップを実施。その一環として、安室奈美恵のライブパフォーマンスを体感できる8KVR(水平方向に一周約8000ピクセルで撮影した映像を360°全天周パノラマ映像に加工したVR動画)アプリ、「namie amuro×docomo VR stage」(以下、同アプリ)を2018年2月16日(金)より配信開始した。同アプリは世界初、スマホで楽しめる8KVRミュージックビデオとして高精細な視聴体験を実現した。
詳細はこちら

■アプリ概要

同アプリでは、2017年11月よりOAを開始した安室奈美恵出演TVCMにて使用されている楽曲「How do you feel now?」のスペシャルパフォーマンスを観ることができる。スマホで観ることのできる高精細8KVRのミュージックビデオは世界初で、今後5Gによる高速・大容量通信を見据えた高精細コンテンツを提供する。スマホという気軽なデバイスで、まるでその場にいるような"リアルな体験"を可能にした。同アプリでは、360°VR映像向けにオリジナルの振付を準備し、安室奈美恵のパフォーマンスを楽しむことができる。なお、同アプリをより楽しめるスマホ用VRゴーグルを、2018年2月17日(土)よりスタートした安室奈美恵全国ツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」の来場者全員にプレゼントする。

「namie amuro×docomo VR stageアプリ」
提供期間:2018年2月16日(金)~2018年9月16日(日)
アプリ使用料:無料 (アプリケーションダウンロードや情報取得時の通信料は有料)

width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/gdmAGIODlls" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>




シネボーイ - 新着求人情報

2018-02-16T10:32:28Z

募集職種: 2DCGデザイナー(動画) 2DCGデザイナー(イラスト) 3D... 募集職種:
2DCGデザイナー(動画)
2DCGデザイナー(イラスト)
3DCGデザイナー
制作進行



Cygames採用セミナー ~3DCGアーティスト・テクニカルアーティスト編~3/7(水)開催決定 - ニュース

2018-02-16T09:02:45Z

Cygamesが3DCGアーティスト及びテクニカルアーティスト向けの採用セミナーを2018年3月7日(水)に開催する。講演では実際に開発しているモバイル向けゲームの開発体制からコンシューマー向けハイエンドゲームの最新技術を用いた制作事例などをお話いただく。

Cygamesが3DCGアーティスト及びテクニカルアーティスト向けの採用セミナーを2018年3月7日(水)に開催する。講演では実際に開発しているモバイル向けゲームの開発体制からコンシューマー向けハイエンドゲームの最新技術を用いた制作事例などをお話いただく。「最高のコンテンツ」をユーザーの皆様に届けるため、ゲーム業界だけではなく映画や映像業界においても、豊富な開発経験をお持ちのスタッフを積極的に募集中だ。

またCygamesの社内に業界最高峰の設備をそろえたフォトスキャンスタジオや、最新機材を導入したモーションキャプチャースタジオも開設された。それぞれのスタジオスタッフも募集している。Cygamesの「新しい挑戦」について現場のマネージャー、アーティストも交えてお話し頂ける機会になっている。ぜひ奮って参加してもらいたい。

>>>申し込みはこちらから (image)

Cygames制作事例

ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」第2弾トレーラームービー width="640" height="359" src="https://www.youtube.com/embed/Lv1YihyYHmU" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>

概要

■登壇者:
●谷本 裕馬 (たにもと ゆうま)3DCGアーティストチーム マネージャー
玩具の企画・設計の業務を経た後、ゲーム業界に転職し、コンシューマーゲームの開発に携わる。その後Cygamesに入社したのち、数々のタイトルの3DCGグラフィック制作を担当。現在はマネージャーとして、100名規模のアーティストを率い、業界トップクラスの3DCGグラフィックを目指して力強いチーム作りに取り組んでいる。

●小山 正彦(こやま まさひこ)3DCGチーム アーティスト
映画やドラマのCG業務を経験後、AAAタイトルのゲーム開発に携わる。プリレンダリング / リアルタイムレンダリング問わず最終的な画作りへのアプローチを得意とする。2016年SIGGRAPHでの登壇後、翌年Cygamesに入社、PBRの徹底を推し進めつつ、最高のグラフィックを追求している。

●鈴木 邦彦(すずき くにひこ)3DCGチーム アーティスト
様々な映画やゲーム映像などにセットアップアーティストとして携わる。Cygames合流後、物理シミュレーションに関するパイプライン構築や、キャラクターセットアップ全般を担当している。現在はAAAタイトル開発に携り、最高のアニメーションリグ完成を追求している。

●石川 大智(いしかわ だいち)テクニカルアーティスト
モバイルからAAAタイトルまで日々発生する課題に対し、多角的な視点で問題を特定、ワークフローの効率化を行っている。またプロジェクトを横断しアーティストとエンジニア間の連携をサポートしている。

■日時:
2018年03月07日(水)
19:45 開場
20:00 開始
22:00 終了予定
※時間は変更となる可能性有り。

■会場:
東京都渋谷区南平台町16番17号
住友不動産渋谷ガーデンタワー15階

■持ち物:
職務経歴書(形式自由)
※3DCGアーティストの方はポートフォリオを提出いただけると、より具体的な話をすることが可能だ。

■内容:
1.講演
2.座談会
 現場スタッフを交えての座談会を実施する。
3.個別面談
 セミナー終了後、個別面談が実施される。

■対象者:
Cygamesへの転職を検討されている3DCGアーティスト、テクニカルアーティストの方
※中途採用目的のため、就業経験の無い方は対象外。




「UE4 Tech Summit "活用事例編"セミナー」2月24日(土)に開催(サードウェーブ TrainingCamp) - ニュース

2018-02-16T01:27:25Z

サードウェーブは、2018年2月24日(土)13:00より、Unreal Engine4の活用事例を発表するセミナーを開催する。同セミナーでは、Unreal Engine4を使用して業界をリードしている各社の担当者が登壇し、ゲーム、建築、映像など、各種業界での実際の活用事例を幅広く語る。

サードウェーブは、2018年2月24日(土)13:00より、Unreal Engine4の活用事例を発表するセミナーを開催する。同セミナーでは、Unreal Engine4を使用して業界をリードしている各社の担当者が登壇し、ゲーム、建築、映像など、各種業界での実際の活用事例を幅広く語る。
詳細はこちら

■「UE4 Tech Summit "活用事例編"セミナー」について

ゲストスピーカー(順不同)
EpicGamesJapan コミュニティマネージャー 今井翔太氏
ハコヤ 代表取締役 山下浩司氏
山佐 チーフ映像プログラマー 佐々木優理氏、デザイナー 岡田栄嗣氏
ダズル エンジニア マネージャー 林 賢太郎氏
コミュ二ティ:
松井明日香氏(バンタンゲームアカデミー)、クライアントエンジニア ろっさむ氏

また会場では、サードウェーブが運営するUnreal Engine4の短期集中学習スクールTraining Campと同仕様の学習環境を用意。高性能ゲーミングPC「GALLERIA」を使用した快適な学習環境を、その場で体験できる。同セミナーは、参加費(1人 1,000円)で、誰でも参加可能。また、セミナー終了後は、1時間程度の懇親会も予定されている。

■開催概要

開催日時
2018年2月24日(土)13:30~17:15まで(受付開始13:00~)
場所
gumi東京オフィス
住所:新宿区西新宿4-34-7住友不動産西新宿ビル5号館4階
主催・協賛
主催:Training Camp(サードウェーブ)
協賛:EpicGamesJapan、山佐、gumi、ダズル、ハコヤ
参加費:1,000円(1名様/税込)
※支払いはイベント詳細ページよりPayPal(クレジットカード決済)による事前入金




<XFLAG PICTURES 特別連載>第一回:集え、冒険者達!新世代のアニメを創り出す、XFLAG PICTURESの挑戦。キーマンが語る"ケタハズレ"のアニメづくりとは? - インタビュー

2018-02-16T00:02:05Z

[PR] 2015年7月、ミクシィ内に誕生したXFLAG スタジオ。『友達や家... [PR] 2015年7月、ミクシィ内に誕生したXFLAG スタジオ。『友達や家族とワイワイ楽しめる"アドレナリン全開"のバトルエンターテインメントを創出し続ける。』をミッションに掲げる同スタジオにおいて、アニメーション制作に特化するXFLAG PICTURES。アニメCGの積極的な活用、テレビ放送ではなくYouTubeによる動画配信など、既成概念にとらわれない新たなアニメづくりに邁進するXFLAG PICTURESの原動力とはどういったものだろうか? ゲーム、アニメ、マーチャンダイジング、リアルイベントなどの各種コンテンツ展開を、すべて自社内で運営する「垂直統合型」で行うXFLAG スタジオにおいて、アニメーション制作のスペシャリスト集団として、その一翼を担っているというXFLAG PICTURESのキーマンたちに話を聞いた。 「モンスト」への愛着をさらに増すためのアニメ <XFLAG PICTURESの足跡01> ▲『モンストアニメ(2016)』 2015年10月10日から配信開始(全52話) anime.monster-strike.com CGW:「モンスターストライク」(以下、モンスト)のアニメを制作していこうと考えられた動機についてお聞かせいただけますか? 鈴木洋平プロデューサー(以下、鈴木):「モンスト」のゲームをプレイしてくれる方との関係を、キャラクターを通じてもっと深めたいというのが一番の動機でした。XFLAGはブランドロゴに「B.B.Q.」の文字を入れています。これは文字通りバーベーキューの意味ですが、"友達や家族とみんなで集まって熱く盛り上がれる場所を、コンテンツを通して提供しよう"という想いを込めています。ゲームだけでなくアニメを創ることで、「モンスト」のキャラクターやストーリーなどの会話を友達や家族と一緒にしてもらえればという思いがありました。 「モンスト」にはゲーム内のストーリーがなく、キャラクターのフレーバーテキストでもさほどキャラクターの深掘りをしていません。それは友達に誘われて初めてゲームを始めた際、ひっぱって弾く直感的なゲーム性や、友達と顔を合わせて楽しむ面白さがシンプルに伝わるように、複雑に感じさせる要素を削ぎ落とした結果でもあります。ただ、時間を掛けて遊び続けると、より強いクエストを攻略したいという欲求から、特定のキャラクターが欲しいと思うようになります。 鈴木洋平/Yohei Suzuki XFLAG PICTURES 部長/プロデューサー/編集長 career.xflag.com ここを起点にゲーム性能だけでなくキャラクター自体にも関心が向き始め、次第に想像を膨らませながら共感したり好きという状態になっていくように感じています。つまり、ゲーム攻略の必要性からキャラクターが欲しくなるのですが、アニメーションを通してもっと豊かに表現されるようになれば、すごく興奮する出来事になると思いますし、友達との会話も弾むようになると考えています。ですからアニメーションを制作してその目的を達成したいと考えました。 <XFLAG PICTURESの足跡02> ▲劇場版アニメ『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』 2016年12月10日公開 anime-movie.monster-strike.com CGW:アニメーションを制作する上で心がけたことは何でしたか? 鈴木:観た人が感情を揺さぶられ[...]



[お知らせ]Blizzard Entertainmentで活躍する小池氏による『アニメーション即戦力テクニック講座』を4月3日に開催(CGWORLD +ONE Knowldege) - ニュース

2018-02-15T07:27:47Z

Blizzard Entertainmentでアニメーターとして活躍する小池洋平氏によるアニメーション講座『アニメーション即戦力テクニック講座』を4月3日(火)に開催します。

CG/映像クリエイターのためのスキルアップ講座『CGWORLD +ONE Knowledge』。

Blizzard Entertainmentでアニメーターとして活躍する小池洋平氏によるアニメーション講座『アニメーション即戦力テクニック講座』を4月3日(火)に開催します。

アニメーション即戦力テクニック講座

お申し込み/詳細はこちら

講座概要

講座名:
アニメーション即戦力テクニック講座
知ったその日から使えるアニメーション技術を解説!

内容:
前半は講義へのより深い理解をしていただくためにアニメーションの技法のおさらいから始め、その後アニメーション作業においてすぐにでも活用可能な無数のテクニックを惜しみなくシェアします。
加えて、日本ではまだ浸透していないレイヤードアプローチについても言及し、それを利用したウォークサイクルの作り方をデモンストレーションで解説します。

後半はオーバーウォッチのシネマティックで私が担当したショット、技術の高いアニメーターのショットがどのように以上の知識により構成されているか解説します。

(image) (image) (image) (image)

開催日時:
2018年4月3日(火)19:00〜22:00

講師:
Blizzard Entertainment / Character Animation Artist
小池 洋平 氏 通称(ヨーヘイ)

神奈川県出身。2013年Academy of Art UniversityにてPixarアニメーターを講師にアニメーションの基礎を学ぶ。その後2K Gemesにてインゲームアニメーションを経験。2015年、欧米では最大規模のアーティスト向けイベントCTNにてBlizzard Entertainmentのブースでリクルーターへデモリールを見せたことがきっかけでシネマティック部署からのジョブオファーを受け今に至る。その後BlizzardからリリースされたシネマティックショートフィルムではOverwatchをはじめWorld of Warcraftなどに関わる。

src="https://player.vimeo.com/video/252113137" width="640" height="360" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen>

参加費:
12,000円(税別)

定員:
70名

お申し込み/詳細はこちら

受付中の講座

カナバン流企画書の作り方 Ver1.1
CGプロダクションによるオリジナルアニメーションの企画発案とは

(image)

開催日時:
2018年3月14日(水)19:00〜22:00

お申し込み/詳細はこちら

ハリウッド流クリーチャーモデリングマスタークラス:Day1

(image)

開催日時:
2018年3月24日(土)15:00〜18:00

お申し込み/詳細はこちら

ハリウッド流クリーチャーモデリングマスタークラス:Day2

(image)

開催日時:
2018年3月25日(日)15:00〜18:00

お申し込み/詳細はこちら



[お知らせ]急遽ライブ配信が決定!『2Dアニメーターに学ぶキャラクターアニメーション講座』(CGWORLD +ONE Knowledge) - ニュース

2018-02-15T04:52:14Z

2月25日(日)に開催されるCGWORLD +ONE Knowldegeの講座『2Dアニメーターに学ぶキャラクターアニメーション講座』をライブ配信にて視聴できるようになりました。満席で申し込みをすることができなかった方や遠方で受講したいけど諦めていた方はぜひライブ配信の視聴もご検討ください。

2月25日(日)に開催されるCGWORLD +ONE Knowldegeの講座『2Dアニメーターに学ぶキャラクターアニメーション講座』をライブ配信にて視聴できるようになりました。満席で申し込みをすることができなかった方や遠方で受講したいけど諦めていた方はぜひライブ配信の視聴もご検討ください。

お申し込み/詳細はこちら

講座概要

講座名:
2Dアニメーターに学ぶキャラクターアニメーション講座
躍動感のあるしなやかな動きを表現するアニメーションとは

開催日:
2018年2月25日(日) 14:00〜17:00

講師:
アニメーター
立中 順平 氏

岡山県出身
1993年よりディズニーアニメーションジャパンにてアニメーターとしての仕事をはじめる。
以後、アンサースタジオを経て現在フリー。
「tigger movie 」「メジャー(TV)」「ダイヤのA」「ユーリ!!!on Ice」など。

内容:
「ダイヤのA」や「ユーリ!!!on Ice」など特にスポーツのアニメーションを多く担当してきた経験をもとに2Dによるキャラクターアニメーションをスケッチからアニメーションのデモンストレーションまで行い解説します。

前半は基本的なアニメーション原則のうち、特に意識している4つのポイントを中心にわかりやすく解説します。後半のデモンストレーションでは実際の映像(ジャズダンス)を見ながらキーポーズを鉛筆でスケッチし、そのキーポーズをもとにアニメーションを付ける工程を解説しながら作成します。

width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/yP1feRhcw7c?rel=0&controls=0&showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>

参加費:
8,000円(税別)

注意事項:
※本ライブ配信では質問などを受け付けることはできません
※本ライブ配信は後日アーカイブとして配信映像を期間限定で視聴することができます
※同時ログインが不可のため視聴できるデバイスは1台のみとなります
※当日ご利用されるデバイスで無料のチュートリアルなどを視聴していただき確認をお願いします
※本配信は日本国内のみ視聴が可能になります。日本国外からの視聴は対応していません
※同時視聴可能数に限りがありますので視聴可能数を超えた場合は売り切れとなります
※ライブ配信のキャンセルは製品特性上できませんので予めご了承ください

お申し込み/詳細はこちら



アルディナ・ビジュアル - 新着求人情報

2018-02-15T01:36:50Z

募集職種: ①建築CGクリエイター(正社員)CGパース制作歴3年以上 ②建築CG... 募集職種:
①建築CGクリエイター(正社員)CGパース制作歴3年以上
②建築CGクリエイター(正社員) 未経験者
③アルバイト



No.02(後編)>>コロプラ - 連載

2018-02-16T09:25:25Z

「キャラクターをつくりたい」という動機から、3DCGやイラストレーションの制作に挑戦し、「これを仕事にしたい」と考えるようになる人は数多くいる。そんな人たちの自己分析と業界研究の足がかりにしてもらうため、本連載では様々なゲーム会社やCGプロダクションを訪問し、キャラクター制作に従事しているアーティストたちの仕事内容やキャリアパスを伺っていく。第2回となる今回は、コロプラの『白猫プロジェクト』におけるキャラクター制作の仕事を、「前編」「後編」の2回に分けて紹介する。 「キャラクターをつくりたい」という動機から、3DCGやイラストレーションの制作に挑戦し、「これを仕事にしたい」と考えるようになる人は数多くいる。そんな人たちの自己分析と業界研究の足がかりにしてもらうため、本連載では様々なゲーム会社やCGプロダクションを訪問し、キャラクター制作に従事しているアーティストたちの仕事内容やキャリアパスを伺っていく。第2回(※)となる今回は、コロプラの『白猫プロジェクト』におけるキャラクター制作の仕事を、「前編」「後編」の2回に分けて紹介する。 ※ 本連載のバックナンバーは下記にて公開しております。 No.01(前編)>>フロム・ソフトウェア No.01(後編)>>フロム・ソフトウェア No.02(前編)>>コロプラ No.03>>カプコン TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD) PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/eBlza_9eiUI" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen> ▲『白猫プロジェクト』ゼロ・クロニクル ~はじまりの罪~ PV。『白猫プロジェクト』はコロプラが2014年に配信を開始したAndroid・iOS用のアクションRPGゲームアプリだ。本記事の前編では、2017年7月末~ 8月にかけて開催されたイベント「白猫シェアハウス Season2」における、キャラクターデザインの仕事を紹介する。さらに後編では、同イベントにおける、キャラクターモデリングの仕事を紹介する © 2014-2018 COLOPL, Inc. イラストのどこを優先するのか、順位付けをする CGWORLD(以下、C):キャラクターデザインの仕事に続き、それを3D化するモデリングの仕事についても教えていただけますか? T.M:実際にモデリングを始めるのは、イベントがリリースされる約1ヶ月前からです。ただし、それ以前からPMやデザイナーと話をして、意見のすり合わせをしておきます。モデリング用の二面図が手元に来たら、それをもとにモデルをつくります。なお、モデリングの後には、アニメーションとエフェクトの工程が控えています。 ▲「レイン」のモデリング用二面図。【左】は「私服」、【右】は「バイト服」。3Dモデル用にデフォルメされたキャラクターが描かれている。『白猫プロジェクト』では二面図用のフォーマットが用意されており、その上から服を着せるように描いていく ▲【左】「レイン(私服)」とバイクのモデル(ワイヤフレーム)を表示したMayaの画面/【右】同じくモデル(シェーディング)を表示したMayaの画面 ▲同じく「オスクロル」のモデリング用二面図。[...]



ショートフィルム専門オンライン映画館「ブリリアショートショートシアターオンライン」がオープン(ビジュアルボイス) - ニュース

2018-02-15T03:36:22Z

株式会社ビジュアルボイスは、2018年2月14日(水)より、世界のショートフィルムの魅力をオンラインを通じて無料で全国に発信する「ブリリア ショートショートシアター オンライン」をスタートした。

株式会社ビジュアルボイスは、2018年2月14日(水)より、世界のショートフィルムの魅力をオンラインを通じて無料で全国に発信する「ブリリア ショートショートシアター オンライン」をスタートした。

■「ブリリアショートショートシアターオンライン」について

記念すべきローンチ公開作品は、大人気ドラマ『シャーロック』でおなじみのベネディクト・カンバーバッチ主演ショートフィルム『Inseparable』やマーティン・フリーマン主演の『Call Register』など計10本。今後、2週間に1本のペースで新しい作品が追加され、それぞれ約3ヵ月間の配信期間で視聴できる。ショートフィルムの視聴には会員登録が必要だが、全作品無料で視聴できる。生活の中に心の豊かさを求める人々が増えている現代。ショートフィルムならではの「心のサプリメント」となるような作品を、ショートフィルムだからこそのライフスタイルにフィットした形で紹介、発信していく。

サイトでは、ショートフィルムの他に「シネマティックなライフスタイル」を共通テーマにしたオリジナルの記事コンテンツも展開。2月のスペシャル・インタビューには、劇団EXILEの鈴木伸之氏、様々な角度から映画体験を開拓している人物に迫る「フロント・ランナー」のコーナーでは、移動映画館「キノ・イグルー」代表の有坂塁氏のインタビューが公開予定だ。そのほか、映画祭や屋外上映イベントなどを紹介するコーナーや、映画の中のファッション、食、インテリア、本などにフォーカスした「Cinema for Life」、映画が撮影された地の魅力的なスポットを紹介する「てくてくシネマ散歩」など盛りだくさんの記事コンテンツを楽しむことができる。

■ブリリア ショートショート シアター オンライン概要

1.URL:https://sst-online.jp/
2.コンセプト:「日常を豊かにする映画体験」
3.目的
(1)忙しい現代人に心のサプリメントを提供すること
(2)日本でショートフィルムの鑑賞を普及すること
(3)映画鑑賞者のすそ野を広げ、映画館やイベントの認知を図ること
4.コンテンツ内容
(1)ショートフィルムの配信
配信は2週間に1本ペースで公開 ※視聴は無料だが会員登録が必要。視聴可能期間は3か月
(2)「映画体験」にフォーカスした記事コンテンツ
映画館や自宅での映画鑑賞だけでなく、屋外上映や地方映画祭といった従来の映画視聴にとどまらない新しい映画の楽しみ方を紹介。ファッションやインテリアなど多様なテーマを「映画」という切り口で記事化していく。
※記事は会員登録なしで楽しむことができる
・スペシャルインタビュー:著名人が語る「映画のある暮らし」 第1回ゲスト 鈴木伸之氏(劇団EXILE)
・フロントランナー:映画体験の開拓者にインタビュー 第1回ゲスト 有坂 塁氏(キノ・イグル―代表)
第2回ゲスト 大高健志氏(Motion Gallery代表)
・Cinematic Event:映画祭や屋外上映イベントなどの情報&レポート
・Cinema for LIFE:映画の原作本や登場した本、映画がもたらしたファッションやカルチャーのヒントを紹介
第1回コラム 『ラ・ラ・ランド』菅原敬太氏(シンクロニシティ)
・てくてくシネマ散歩:映画のロケ地やその土地のミニシアターなどを紹介
第1回コラム 「小江戸・川越をシネマ散歩」
5.ターゲットユーザー
30代を中心とした働く男女。映画、アート、本、カルチャー、ファッション、トラベルなどに興味があり、平日は仕事に励み、休日は趣味や社会的な活動にアクティブな層。




ラピス - 新着求人情報

2018-02-15T01:42:20Z

募集職種: ①3DCGアニメーター【新人/経験者/リードクラス】 ②3DCGモ... 募集職種:
①3DCGアニメーター【新人/経験者/リードクラス】
②3DCGモデラー【新人/経験者/リードクラス】
③3DCGコンポジター【経験者/リードクラス】



MARI 4.0 新製品発表セミナー、3月16日(金) 開催(インディゾーン) - ニュース

2018-02-14T01:21:31Z

3月16日(金)、東京のワテラスコモンホールにて「MARI 4.0 新製品発表セミナー」が開催される。今回のセミナーでは、Foundry社クリエイティブ・スペシャリストの山口貴弘氏が、これからMARIを使い始めたい人、使い始めて間もない人のスタートアップに役立つ情報について紹介。同じくFoundry社スタッフで、2016年にアカデミー科学技術賞を受賞したMARIの日本人開発者である中垣清介氏が、MARIの詳しい設定の仕方からMARIに関する役に立ちそうなTipsなどを紹介する。さらに、フリーランスCGデザイナー 越智光進氏が、MARIを使用したキャラクターメイキングについて制作事例を交えながら解説する。

3月16日(金)、東京のワテラスコモンホールにて「MARI 4.0 新製品発表セミナー」が開催される。今回のセミナーでは、Foundry社クリエイティブ・スペシャリストの山口貴弘氏が、これからMARIを使い始めたい人、使い始めて間もない人のスタートアップに役立つ情報について紹介。同じくFoundry社スタッフで、2016年にアカデミー科学技術賞を受賞したMARIの日本人開発者である中垣清介氏が、MARIの詳しい設定の仕方からMARIに関する役に立ちそうなTipsなどを紹介する。さらに、フリーランスCGデザイナー 越智光進氏が、MARIを使用したキャラクターメイキングについて制作事例を交えながら解説する。
詳細はこちら

■「MARI 4.0 新製品発表セミナー」開催概要

  • 開催日時
  • 2018年3月16日(金)15:00~18:20(開場 14:30予定)
  • 参加対象
  • ・MARIを導入している人や検討中の人
    ・Foundry製品に興味のある人
  • プログラム概要
  • MARI 4.0スタートアップセッション
    Foundry社 クリエイティブ・スペシャリスト 山口貴弘氏

    「MARIは巨大アセットをハンドリング可能にするパワーとパフォーマンスを兼ね備えたアーティストフレンドリーな3Dペイントツールです。このセッションではこれからMARIを使い始めたい方、使い始めて間もない方のスタートアップに役立つ、押さえておきたいMARIコンセプト&ベーシックをご紹介いたします」。
    MARI開発者が語るMARIのイロイロ
    Foundry社 シニア・ソフトウェアエンジニア 中垣清介氏

    「MARI開発者のトークセッションです。MARIの詳しい設定の仕方からMARIに関する役に立ちそうなTips等、もしかしたらあまり知られていないかもしれないMARIに関する様々な事をMARIの日本人開発者が皆様に直接お伝えいたします」。
    ユーザー事例
    フリーランスCGデザイナー 越智光進氏

    「MARIを使用したキャラクターメイキングについて制作事例を交えながら解説」。
    ※登壇者の都合により、内容が変更する場合もあり
  • 開催会場
  • ワテラスコモンホール (東京 淡路町)
    〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
    JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口直結、丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩10分
    地図・アクセス方法はこちら
  • 参加費
  • 無料



AR/VRコントローラー開発環境「ヴルームSDK」無料配信サイトを開設(ワンダーリーグ) - ニュース

2018-02-14T01:22:58Z

スマートフォン向けAR・VRハードウェア、ソフトウェアをワンストップで提供する、株式会社ワンダーリーグは、エレコム株式会社が販売するAR単眼ゴーグルとARアプリ専用コントローラーで、iOS 11対応のARKit技術を活用したコントローラー体験などが簡単に実装できる開発環境、「ヴルームSDK」の配信サイトを開設し無料ダウロード提供を開始した。「ヴルームSDK」は、無料で(※ビジネス利用に関しては別途条件有り)ダウンロードサイトより自由にダウンロードして利用可能だ。

スマートフォン向けAR・VRハードウェア、ソフトウェアをワンストップで提供する、株式会社ワンダーリーグは、エレコム株式会社が販売するAR単眼ゴーグルとARアプリ専用コントローラーで、iOS 11対応のARKit技術を活用したコントローラー体験などが簡単に実装できる開発環境、「ヴルームSDK」の配信サイトを開設し無料ダウロード提供を開始した。「ヴルームSDK」は、無料で(※ビジネス利用に関しては別途条件有り)ダウンロードサイトより自由にダウンロードして利用可能だ。
詳細はこちら

■「ヴルームSDK」とは

「投げる、切る、打つ」といった動的な機能実装や、パネル表示などのUIをアプリに機能追加するためのUnity用開発ツール。iOS/Android両OSに対応している。iOS向けにオープンに使えるモーションコントローラーSDKは他に存在せず、iPhone向けゲームなどが簡単に開発できるようになっている。ヴルームSDKは無料で公開されている。

■「AR単眼ゴーグル」と組み合わせて、ルームスケール新体験

iOS 11搭載ARKitをベースに、AR単眼ゴーグルと専用コントローラーを組み合わせ、スマホARでルームスケール機能をフル活用したゲームを2本(『ARブレードガンナー』、『ARスタースマッシュ』)提供している。

『ARブレードガンナー』
ゲーム概要: iPhone対応のシューティングゲームアプリとなり、現実空間上に現れるモンスターと3mの範囲内を自由に動きながら戦う。
デモムービー:https://www.youtube.com/watch?v=uVkzZMpZow8
配信:エレコム
企画開発:ワンダーリーグ

『ARスタースマッシュ』
ゲーム概要:ステージ内の指定された位置にある星マークのパネルを打ち抜く体験を行うゲームとなり、現実空間上に現れるARステージを実際に動き回ってARスポーツを体験できる。
デモムービー:https://youtu.be/at4YAVMiciU
配信:エレコム
企画開発:ワンダーリーグ

このようなゲーム体験がAR単眼ゴーグルで実施可能だ。またワンダーリーグでは、企業のイベントやキャンペーン向けゲームやなど開発サポートも行なっている。

width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/YNUEJoZJvag" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>