Subscribe: 有志館小学部ブログ
http://youshikan.ti-da.net/index.rdf
Preview: 有志館小学部ブログ

【小学部・中学受験部】





Published: 2018-02-26T00:00:00+09:00

 



おやくそく

2018-02-26T00:00:00+09:00

中学受験部のお約束があります。 1 志望校を強制しない。しかし、考えるヒントを与える。 塾が数を争うような学校別人数で対抗するようなことはいたしません。生徒さんが「いきたい学校」への進学をすすめます。決まっていない場合は説明会、学校見学を勧めて志望校を見て、きいて、感じていただいて決めていただきます。 2 徹底した非暴力主義 私は小学校時代に同級生が通っていた塾では竹刀やゴムホースでふくらはぎを叩かれることがありました。当時はそういった塾が東京でもありました。今でも沖縄ではそういった塾の話を多数ききます。当塾では生徒さんを1人の人間、お客様として接しております。もちろん非暴力主義であり、顧客第一主義の立場に立っております。授業中妨害するような生徒さんがいた場合は個別に徹底的にその原因を知るために話をきくようにしていおります。 3 生徒さんを商材にしない 生徒さんの成績や合格実績をネット、塾のウインド、雑誌、新聞などのメディアに掲載いたしません。これは生徒さんを商材つまり、宣伝材料にしないということです。 4 ご父兄との連携 塾だけでの学習時間では中学受験に合格できません。そこで当塾では家庭学習と塾の学習を両輪としてご家庭と連携させていただきます。 5 中学受験で終わらないシステム 当塾では中学、高校部をもっております。大学受験まで一貫での責任指導が可能です。



小学生のストレスマネージメント

2018-02-25T00:00:00+09:00

中学受験の塾では、テストで下位クラスになってしまったときに周囲に恰好悪いとか親に叱られるとかいうことがある。そこで子どもに過度なストレスがかかることがある。 講師が暴言、暴行をすることがあるため、いつも緊張状態で塾の授業を受けることがある。これも子どもに過度なストレスを与える。 こういったストレスに親が気づかないことが多い。 このストレスを子どもがどう処理するかである。 処理できない場合は心身症状に表れたり、学校、街、家庭などでいろいろな問題行動をする。 例えば小学校のトイレなどに「死ね」などの残酷な落書きをしたり、同級生に対して陰険なことや見えることなどで暴力を振るうことが起きたりする。 また、いろいろなものを壊したりすることや急に泣き出したり、逆に感情が麻痺するような感情に障害が出るなどいろいろある。 これはストレスマネージメントができていないからである。 今の時点で多くの中学受験を扱う塾ではこういった子どものメンタルケアができないない状況にある。 当塾では授業中のストレスを見つけるために各講師に授業中に態度、言動、行動なども観察してもらっている。1クラス10名以下であるので可能である。また、授業後に清掃を塾自ら行い。椅子や机を剥いたり、剥いだりすることがないか設備が故意に破壊されていないかなどを確認している。 授業がストレスにならないように講師の先生には「生徒さんが楽しくわかりやすい授業」を実践していただいている。生徒さんはみんな「授業がわかりやすくておもしろい」といってくれている。 ストレスを解消するために授業前後、休憩時の適度な運動を実施し、休日は概ね月2回のストレス解消イベントを実施している。 また、適宜、親御さんも生徒さんも精神保健福祉士及びストレスチェック実施者資格と実務経験(現在も非常勤で月に数回精神保健福祉に従事)を持つ塾長の面談を実施することにしている。 このようにストレスマネージメントとメンタルヘルスには細心の注意を払っている。



選抜試験はありますか?

2018-02-24T00:00:00+09:00

選抜試験はありますか? とよくきかれる。 選抜試験はありません。 これが答えだった。 しかし、6年の直前期に 「今から部活と両立して受験をします」 「沖尚くらいは受かりますよね」 という相談があまりにも多く、入塾しても今までの進度に得今日を与えるため小6の連休明け後の受入れは学力診断をして入塾の可否を決めることとした。 小6の5月までは当塾では選抜試験は課していない。時間をかけた面談と体験授業を受講していただければ入塾となる。 選抜試験をすることにはいろいろな意味がある。 1つは授業についていかれないと困るからである。次にいい生徒を集めれば塾の手間がかからないこと。そして、将来的に実績になるからである。 多くの実績がいいとされる塾では入塾試験を課す。新聞広告で募る塾が多い。それも日時を指定して難関有名私立中学のような様相である。そこで合格すれば何か大きなものを手に入れたようなステータスになる感じもある。これは塾にある程度、勉強ができる子を集めるための手段である。ここで集まった生徒さんが勉強をすれば薬科でも青雲でも灘でもも実績になる可能性がある。 私の中学受験をしたころは進学塾が全盛期だった。四谷大塚、TAP進学教室、日本進学教室、桐杏学園、学習指導会などだった。日能研は横浜の地域塾から脱しはじめたころだった。どこも選抜試験を課して合格した生徒が誇りを持っていた。四谷大塚は準会員と正会員の各もあり、ここでも「お前は準会員じゃねぇか」ということもよくあった。 私が通った塾も選抜試験があったが、成績が悪くても平日講座(当時の塾は土日がメインだった)に出れば入塾許可を与えていた。問題行動をするかしないかは「性格判定テスト」いわゆる心理テストを実施して学級崩壊を防いでいた。 当塾では選抜試験はしない。 それは生徒さんと親御さんのモチベーションを重視するからである。 最初に時間をかけて面談をして生徒さんと親御さんのやる気を見る。 その後で体験授業に出ていただき(親御さんも参加可能)、再度面談をしてから入塾とする。 入塾時の成績がどんなに悪くてもやる気と親御さんの協力が揃えば合格に向けて歩むことができる。 選抜試験を課さなくても当塾は薬科中を含んで合格率100%となった。 驚くべきことは大半は小6からのスタートである。 これこそモチベーションを重視する結果である。 選抜試験を課さないことは生徒さんの可能性にかけてみたいからである。 できないのなら補講なり個人指導なりいろいろな方法があるのだ。



大手塾・有名塾との違い

2018-02-23T00:00:00+09:00

大手塾に通っていて転塾してくる生徒さんと接しているといろいろみえる。大手の上のクラスにいない場合は基礎学力がついていない。 これは上のクラスは合格に近いため講師もそれなりの講師がつき、授業内容も充実しているのだろう。そうでないクラスの場合は適当にやっているのがわかる。そうでなければ基礎学力がもっとついているはずである。 通っている側も大手への安心感や信頼感が強いので、こういった状況にあっても通っていれば大丈夫と思い、そのまま継続してしまう。結局、中学受験は不合格になってしまう。そして、目が醒めればいいのだが、中学受験に失敗して公立や滑り止めの中学に入学しても他を含め大手にこだわる。そして回転ドアのようにこういった状況が続く。 なぜ、こういったことが起きるのかは、上位クラスに比べてそうでないクラスは手間がかかるからである。また、手間をかけても響かない場合が多かったり、人数が多いので手が回らないのだ。つまり、月謝で「安心」と「信頼」を買って、最終的に成果にならないのである。 これは、すでに私が小学時代からあった。私も大手に憧れて大手の選抜試験を受験した。中位クラスだった。母は大学の同級生仲間から情報を得て、「大手は上位でないと駄目、下だろ『お客様』つまり、月謝を払うだけ」ときいていた。結局、そのままの塾に留まることとなった。 大手の塾に入るとブランド性も高く、安心感を得てしまう。気づかないうちに親子共々プライドも高くなり中小や個人塾を見下すようになる。しかし、プライドとブランド性だけでは基礎学力がない生徒さんは合格できない。 当塾ではこういった生徒さんは少人数の中で質問しやすい環境にあり、アットホームで楽しく授業を展開する。大手からの転塾者の親御さんの多くから「いままでと違って楽しそうに通っています」という感想をいただく。 大手ではできないことができる。これが当塾の役割である。もしも、大手に成長しようともこのスタンスは崩さない。



沖尚のクラス分け試験対策

2018-02-22T00:00:00+09:00

沖尚のクラス分け試験対策。 いよいよ追い込みだ。 休憩時間にいろいろ話す。 すでに生徒さんには母校愛ができている。 だから私も理事長先生、副理事長先生をはじめとする職能集団に関しての話しや以前に当塾で講師をしていたK先生の話題などいろいろ話をする。 がんばれ!沖尚新1年生



かけもちがダメ

2018-02-21T00:00:00+09:00

中学受験クラス生の受け入れに関してです。 一 昨年までは受けておりましたが、今年からは講師の負担とクラスの進度があるため、以下の場合は受け入れることはできません。 1 他塾と併用する場合で当塾をサブにする場合。 例えば、他塾の授業が不安だとか授業数が足りないという思いから当塾で補充、補習塾的な利用をする場合や休日、年末年始に授業をやっているということからその時間の授業を個人指導を含めて受講を希望する場合。 2 他塾に通っていて1科目および開邦中学校の適性検査対策の一部を受講すること。 3 開邦・球陽中学校を「力試し」とか「運試し」だと思って受験する場合。 ※毎年他塾に通っていながらの相談がありますので、念の為掲載しました。



土曜検定クラス

2018-02-20T00:00:00+09:00

数検・英検・漢検は小学生のうちからやっておいても遅くはないです。 当塾では英検(準1級まで)と数検(2級)までの対策を実施しております。 小学生も参加可能です。 検定はその学年の範囲を学ぶのに最適です。



琉附中の追加合格

2018-02-19T00:00:00+09:00

今月5日に琉附の抽選で残念になった生徒さんと親御さんが塾に来られた。 「琉附の追加合格で合格になりました!」 嬉しい知らせであった。 昨年も琉附の追加合格になった生徒さんが1名いた。 そのためこの生徒さんが残念だったときに「追加合格の可能性」に関して話をしてあった。 こういう最後の最後での逆転。 受験は一人ひとりにストーリーがある。 中学にいってもがんばれ! ※来年度の琉附中作文対策は12月開講です。 ※当塾は新中1、2を対象に琉附専門クラスがあります。



入塾の流れ

2018-02-18T00:00:00+09:00

■新小6 ①最初に時間をかけて面談をします。(塾の説明などを担当者から直接させていただきます) ※面談は随時行います。個別対応です。 ②5月以降は学力診断試験を受けていただきます。小5までの範囲の習熟度を知るためです。併せて体験授業を2週間受講していただきます。(5月までは体験授業で双方で様子を見させていただきます。) ※学力診断テストでクラスに入れないレベルの場合は個人指導あるいはパーソナル指導を行いクラスのレベルまで持って行きます。 ③入塾決定となります。入学金はありませんが教材費をお納めください。テキストをお渡ししてスタートします。 ■小3,4,5 ①最初に時間をかけて面談をします。(塾の説明などを担当者から直接させていただきます) ※面談は随時行います。個別対応です。 ②学力診断試験はありません。体験授業を2週間受講していただきます。 ※授業の取り組みかたに問題がある場合は入塾をお断りする場合があります。その場合は個人指導あるいはパーソナル指導の受講は可能です。 ③入塾決定となります。入学金はありませんが教材費をお納めください。テキストをお渡ししてスタートします。 ※諸手続きは保護者の方が来校にて手続き。面談も保護者ともやります。相談はお気兼ねなくどうぞ 詳細は 911-1867 まで



新年度の中学受験部

2018-02-17T00:00:00+09:00

国語 A東大式国語学習法を導入します。 最初は基本をじっくり作っていき徹底した問題演習をします。 算数 計算強化とスピードをつけて最小限の努力で最大の効果を発揮するメソッドを導入します。 教材も厳選されたものを使用します。 理科・社会 4,5年生は基礎をしっかり、6年生はゴールデンウィーク明けまでに全範囲を修了します。 演習を通じて昨今の出題が多い考察問題に対応できる頭をつくります。 適性検査・独自算数 3年間過去問プラス既存の県立中学の過去問を研究してもっとも効率的でもっとも効果的な方法で挑みます。 ※目標は開邦、薬科です。東京、大阪私立、鹿児島ラ・サール志望の生徒さんには別時間で個人指導対応となります。 ※琉大附属中作文対策は12月開講となります。



衛生強化

2018-02-16T00:00:00+09:00

パーソナル教室、個人指導教室の清掃を徹底した。 ハウスダストに弱い生徒さんが多いからである。あわせて購入して使用していなかったファン式の空気清浄機をおいてみた。   すぐにハウスダストを感知して勢いよくまわりだした。その間に水拭きを徹底した。 そして実際に座ってみてのどや鼻の感じを確認した。



この春から新体制

2018-02-15T00:00:00+09:00

合格力強化のため今春からさらに強化した体制になります。 いろいろと変更をすることがでてきます。 1 小6の受入れ 何度かここでも書きましたが、小6はゴールデンウィーク休暇以降の新規受入れはいたしません。学力診断試験をしたいうえでゴールデンウィーク講習参加が新規入塾の最低条件となります。 2 演習と宿題の徹底 宿題を出してもやってこない生徒さんに関して土曜日の朝呼び出しなど徹底的に指導をさせていただきます。 3 父兄と二人三脚での指導強化 親御さんが「塾に行っているから安心」ということもあるのか家で学習しない生徒さんに対して親御さんとの連携を強化して家庭学習の習慣強化をいたします。 以上の点を強化させていただきます。



うれしい訪問

2018-02-14T00:00:00+09:00

中学で当塾に在籍されていた生徒さん達からも、大学合格進学の報告をいただき癒されています。 筑波大学に進学K君、立命館アジア太平洋大学に進学内定U君、おめでとうございます‼️ まだ受験を控えている生徒さんも沢山いるため、緊張感のある雰囲気の中、励ましになりました。 他のみんなもしっかりと目標を達成できるよう、頑張ろう❗️



昨日は父兄会だった。

2018-02-13T01:00:00+09:00

昨日は父兄会だった。 今までずっと親御さんとは個々で対応をさせていただいていたが、新小6は大きな方向転換をするため集団で説明会を実施した。親御さんは全員参加してくださった。 クラスの現状、来年度の方針、各科目の1年間の流れ、入試問題分析と親御さんに知っていただきたいことや親御さんの協力をしていただきたいことをお願いした。 実際に薬科中と県立中高一貫校の問題をごらんいただきこれからの方針を知っていただいた。 私からは来年度の算数の方針として沖縄では未だ使っていない教材を使用することとその理由を説明させていただいた。 来年度から国語の担当になるA先生からは国語の大切さと授業方針を説明させていただいた。A先生の国語は独自のもので小学生の全教科に役立つ方法が説明された。 社長からは今春の入試傾向と報告がなされた。そして来年の入試に向けた方針が説明された。 これを機に年に数回こういった父兄会を実施したい。 親御さんのみなさま昨日はほんとうにありがとうございました。 重ねて感謝をするとともに来年度に向けて塾をあげて粉骨砕身がんばってまいります。



薬科に入ることは一番?

2018-02-12T00:00:00+09:00

「沖縄のうわさ話」などをみていると、「薬科に入ることは一番」という意識を持っている人が多い感じがする。 実際に薬科に合格、入学したからといってすべてを手にいれたような錯覚をもってしまうこともあるだろう。また、医学科へのプラチナチケットを手に入れたように思うこともあるだろう。 しかし、薬科も学年200人の生徒がいる。そこで国公立医学科に入る人は40~50人程度である。全体の4分の1である。ゆえに入学後の努力が必要となる。 沖縄の私学は各中学校にカラーがある。学校が主体になってグイグイ引っ張っている興南、人間形成とあわせて受験指導を濃厚にする沖尚、少人数で個人をきめ細かく指導をするカトリックというように各校の特徴がある。 当塾では「偏差値が高いから薬科を受けなさい」といった指導はしない。中学からはじまる大学受験までの6年間という長い期間を送る生徒さんに対して慎重に学校選択をするように話している。イベントがあるごとに何度も学校に足を運んだり、周囲の在学生や卒業生から情報を収集したりしていただいている。 これは入試へのモチベーションにもなり、また、入学後にがんばれる糧となる。



中学生の模試に思う

2018-02-11T00:00:00+09:00

中学生の模試が全部おわった。 1月から4回の連続で行った模試で国語の飛躍が目覚しい。 ファイナルの県模試では58点を最高に国語のSクラス生が塾内上位4位までを占めた。 私が驚いた。 これは毎日の中沢方式トレーニングを12月から半強制的やらせたことと、有坂方式を徹底したことの成果といえる。 1ヶ月足らずで成果が出たのだ。 おそるべし中沢方式! おそるべし有坂方式!



新小6の親御さんへ

2018-02-10T00:00:00+09:00

開邦は来年から募集人数が倍になりますが人気は衰えません。 当塾では与勝緑ヶ丘時代からの県立中学分析して参りました。今春のものもあり、すでに分析を済ませております。 この入試問題で用いられる適性検査は昭和時代から東京の東大附属中学で行われる2000年代から公立中高一貫校ができ拡がりました。全国から沖縄県に酷似したものも分析してあります。 今年度から開邦中学校志望者のコースも私立受験コースと同様に5月の連休以降の募集は原則として行いません。 理由はカリキュラムを厳密化しているため途中から来て後戻りしないためです。 もしも連休以後の入塾希望の場合は ① 学力診断試験 ② ①に基づいたいた学力相談 ③ クラスに入れるかを判断(体験授業もあり) ⑤ コース変更、進度に追いつくまで個人指導・パーソナル指導で徹底学習 となります。無理なく無駄なく勧めていきます。



興南の特待生

2018-02-09T00:00:00+09:00

興南高校は今年度の前期入試受験者は全員が合格した。 さて、今日の話題は奨学生である。 沖尚高校と興南中高は入試の成績で特待生として学費減免の制度がある。 興南中学、高校の特待生は入試成績80%以上を取らないと認められない。 毎年の入試で2、3名しかこの特待生になることができまい。 つまり80%超えの受験生が少ない。これは興南の入試が難しいという証でもある。 今年、当塾生が興南高校の特待生を勝ち取った。 秋に興南入試を決意してから「特待生」を目指して実力をつけてきた。 入試対策の時期になり、過去問題を何度も解いて受験に備えた。 しかし、ネックになるのが国語である。興南の国語は古典分野で突飛押しもない難問が出ることがある。文学史や古語の知識問題である。 直前期には大学受験用の文学史や文学史知識を扱った教材を使って何が出てもいいように備えた。 合格発表の日に封筒に「特待生」の通知が同封され、併せて学校側から連絡がきた。 前にも合格後に学校から連絡がきた生徒さんがいた。 この生徒さんも成績優秀であった。 塾としても興南の80%超えという挑戦に応援できたことが嬉しかった。生徒さんも塾も受験でしか味わえない達成感を味わえた。 毎年、興南の特待生が出せるように指導強化、対策強化を怠らないでいこう。 S君!本当におめでとう!



新中1準備講座の詳細

2018-02-08T00:00:00+09:00

新中1準備(現小6)講座時間割のお知らせ 〜しっかり準備して、 自信をもってスタートしよう!〜 ※今週からこのスケジュールです。 ◆新規受講生も受付中❗️(ご紹介キャンペーンあり) ◾️水曜日 午後5時半〜7時半 国語、数学 ◾️金曜日午後5時半〜7時半 理科、社会 ◾️土曜日 午後3時45分〜5時 英語、 5時〜6時15分 数検対策(※数検は希望者のみ) ◯受講料: 国、数2教科9千円、 +理社11,000円 英語増設で13,000円 数学対策込15,000円 ※単科受講1教科5千円 ※上記の金額に消費税がつきます。 今月から合流される方は今月分は月謝無料です。 弘文館進学ゼミACT



新中1 概要

2018-02-07T00:00:00+09:00

新中1の体制に関して スタートはみんな同じ。どれだけモチベーションを継続できるかです。 コースは Kコース 県立難関(開邦・球陽・那覇国際など)を目指す生徒さんを対象にして入試を主眼としたコースです。定期試験の2~4週前は学校の教科書準拠となります。 Rコース 琉大附属中生に特化したクラスです。県立難関(開邦・球陽・那覇国際など)を目指します。定期試験の2~4週前は学校の教科書準拠となります。琉附特有の考えさせる問題に対応します。 指導科目は 英・数・国・理・社 で週3回となります。 開始時間は入学前まで 17:00~19:30 入学後は 19:30~22:00 ※22時以降の延長はありません。塾都合で22時半以降の終了になった場合や親御さんの都合でやむをえなく迎えができない場合(付き合い飲酒、睡眠時間維持など)は塾で送迎いたします。