Subscribe: 有志館中学部ブログ 学闘通信
http://sssya.ti-da.net/index_c148799.rdf
Preview: 有志館中学部ブログ 学闘通信

弘文館進学ゼミACTメインブログ



         



Published: 2017-10-13T00:00:00+09:00

 



初心

2017-10-13T00:00:00+09:00

午前部は全科目塾長である私が担当している。 講師に充分な休養と労働基準法を遵守するためでもある。 1階の6人入れば満杯の部屋で2名の生徒さんが来春を目指して勉強をしている。 全科目でこの部屋の雰囲気は創業時と同じである。 当塾は私が中3限定で中学生全科目を担当してマンションの6畳間からはじまった。2011年の7月に汀良町のテナントを借りるまでこの体制だった。 その創業時と似た雰囲気で全科目を担当できることは創業時を思い出す。 初心にかえるときでもある。



目指せJ2!

2017-09-30T14:00:00+09:00

ライセンスはオッケー!あとは毎回3000人2位以内をクリアしたら昇格。YS戦まで連勝して上位になり直接対決で昇格だ。私にできるのはポスター貼り、チラシ配り、そして車を出して応援くらいだから、できる限りやる。



合宿のルーツ1

2017-07-31T00:00:00+09:00

 私が小学校4年生のときに連れて行かれた能力開発センターでは「集中トレーニング合宿」という恒例行事があった。受験学年は1週間、それ以外は3泊4日である。  期間中1日の午後の3時間だけのレク以外はずっと勉強である。テストも組み込まれていた。最終日の夜はやることもなくなってのんびりとした雰囲気になるのだが、翌日の午前中は学力判定テストがあるため緊張が伴った。  合宿で集中して勉強をしようというのは非常にいいことだと体感した。私がスタッフとして出身塾で合宿に行ったときも変わらない合宿だった。講師として最善で最高の内容を生徒さんに送りたかった。ただ休まずに1日10時間以上の講義をすると飛んだりはねたりする授業スタイルのせいか「股刷れ」ができてしまった。それ以来、対策をしてから長時間の連続授業に臨むことになった。これもいい経験である。  もっと集中的に短期間で低廉な費用で合宿ができないかと思っていた。独立してからも合宿がしたかった。そこでレンタカーを借りて信州を走りまくった。プラネタリウムのあるペンションとか諏訪湖にある運動部ご用達の民宿とかいろいろみた。結局、風呂がいいホテルにした。しかし、宿泊費が高く合宿費用も2泊3日で3万を余裕で超えてしまう状況だった。挙行人数が少ないため旅行会社に交渉もできない。旧知で独立した先生はもっと安く質の高い合宿をしていた。生徒数が多いこともあっただろう。  合宿は高くても越年特訓(夜行列車でする徹夜授業)を企画したら非常に低廉で質のいい講習ができた。  沖縄では自炊の施設を利用することで宿泊費を抑えたり、親御さんの協力でワゴンを1台出してもらうことで1万円台の値段で合宿ができた。周囲に恵まれて感謝である。



「海と日本プロジェクト」

2017-03-10T00:00:00+09:00

当塾では備瀬崎ビーチクリーンを通じて「海と日本プロジェクト」に参加します。 昨年は「ブルーサンタ」プロジェクトに参加したご縁です。 海と日本プロジェクトとは さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、ときに心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。 そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ皆が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていく、日本財団や政府の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクトです。 http://uminohi.jp/



秘密の扉

2016-11-05T00:00:00+09:00

塾の入り口に見えるのよくはじめてのお客様が間違えられます。 時には近隣の塾の父兄がわからずに当塾の前にとめることもあります。 ここは何でしょう? なんと車庫なのです。ときどき運がいい場合は大家でもあり、先代の塾長でもあるT先生が入庫をする場面が見られます。この幅に丁寧に入れます。おまけにマニュアル車なので難しいことかと思います。 こんな秘密がいくつかあります。まさに、企業秘密?!です。



便利に

2016-10-25T00:00:00+09:00

台風の前後にいろいろ生徒さんに役立つようにしてみました。 台風前に塾内の台風に弱い箇所を補修、メンテナンスしたことを皮切りに、 先生用のホワイトボードマーカーや忘れ物の整理、事務所の文具整理などをしました。 せっかく棚を増やしたのだから生徒さんが使いやすいようにするために そうなんです。文具整理で副産物?と東京の三姉から送ってきた甥の使わなかった大量のノートを使って「忘れた人用」コーナーを設置しました。 ノートや筆記具を忘れたら授業に差し支えますのでこういったコーナーを設置しました。今までは社長に「筆記具を忘れました」といって借りていた生徒さん。社長が教室巡回をしていることもあるので生徒さんを待たせることなくできます。 あと、検定の申込書や時間割なども同じところに設置しました。携帯用ティッシュもおいておきました。 そしてトイレ! トイレットペーパーホルダーもさらに使いやすく改造しました。 今後はクロスを貼って見栄えをよくしようと考えています。あいている場所は簡単な棚をつけて携帯や財布を置けるようにします。 忘れ物コーナーも整理しました。 水筒多すぎ・・・。 イヤホンも掃除しました。どうやるか?穴1つひとつに爪楊枝を入れて耳垢を取ります。そして消毒液で消毒をします。そうするときれいになります。これは私が牧師の修行をしていたときに韓国の教会で教わった方法です。 いろいろと作ったり整理したりしてきます!



沖縄尚学中高説明会情報

2016-06-22T10:43:22+09:00

沖縄尚学中高の説明会情報です http://www.okisho.ed.jp/wp-content/uploads/static/H28_2016/OKISHO_H29orientation7_2~7_29.pdf 当塾でも10月に説明会と個別相談会をいたします。



鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校の説明会

2016-05-28T00:00:00+09:00

沖縄県内で受けられる公立中高一貫校であるり鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校の説明会が26日に実施された。 鹿児島県立楠隼中学校・高等学校(かごしまけんりつ なんしゅんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、2015年(平成27年)に鹿児島県肝属郡肝付町前田(旧・鹿児島県立高山高等学校校地)に設置された併設型公立中高一貫校である。鹿児島県では併設型公立中高一貫校としては鹿児島市立鹿児島玉龍中学校・高等学校以来2校目で、初の公立全寮制男子校であり、東京都立秋川高等学校が2001年に廃校して以来15年ぶりの公立全寮制高等学校の復活となる。 勉強だけではなく、鹿児島ならではの「宇宙学」などがカリキュラムに組まれている。公立であるため学費も寮費も低廉に抑えられている。 学校案内、入試関連情報、質疑応答という流れだった。 入試担当の先生も積極的に取り組んでおられる。多くの中高一貫校が大学進学実績で伸び悩んでいるのをみて、失敗をしないように教職員一同努力されておられるようだ。 鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校とは・・・。 http://kagoshima-tyuukou.seesaa.net/ 学校案内は https://www.pref.kagoshima.jp/ba05/kyoiku-bunka/school/koukou/saihen/oosumi_kentouiinkai/documents/33948_20131024105811-1.pdf



寒波1

2016-02-09T00:00:00+09:00

寒くなると信州時代を思い出す。 信州の冬は大雪の当たり年とそうでない年がある。 私は2度の豪雪を経験した。 塾に勤めながら医学部医学科を再受験していたときに勤務先の社長が理解ある方で、年始からセンター試験が終わるまで休ませてくれた。 年末から信州の山荘に篭った。数日おきに山荘においてあった軽自動車で買い物に行く以外は勉強だった。センター試験の前日に帰って翌日に備えることにしていた。 センター試験の前日の朝、窓を開けると一面が銀世界。というか、数日前から雪だった。そのときに帰京していればよかったのだが、ギリギリまで篭っていようとした。しかし、これが雪の怖さを知らない人間のいけないところだった。甘く見ていた。 ひとまず荷物をまとめて山荘から出た。歩いて駅まで向かった。途中での積雪が15センチ程度なのでまだ歩くことができた。 駅に着くと人が大勢いた。電車が止まっていた。しばらく待っていた。列車を走らせて線路を除雪させる方法でどうにかするような放送があった。しかし、その列車も除雪どころか立ち往生してしまった。 タクシーで長野まで出て新幹線という方法しかなかった。タクシーを拾う寸前に行ってしまった。 高速道路も通行止め。ひとまず山荘に戻った。 夕方に高速はチェーン規制で通行できるようになった。即座に高速まで軽自動車で走った。どうにか東京に向かうことができた。 東京で日割りで駐車場を電話でお願いした。駐車場所の確保もできた。 夜の9時過ぎに東京の自宅に着いた。 雪をなめきっていた。



FC琉球 J3ライセンス取得!

2015-11-19T00:00:00+09:00

FC琉球 私達の島には、FC琉球がある。 http://fcryukyu.com/ 沖縄のサッカーチームであるFC琉球がJ3ライセンスを取得して来年度もJ3で試合ができます。 いろいろありましたが、よかったです。 当塾にも在校生、卒業生でユースチームに所属してJリーガーを目指している生徒さんがおられます。 沖縄のサッカー振興に欠かせないチームです。 そこで今季最終戦のご案内です。 11.23 (月・祝) 13:00 第39節 VS カターレ富山  会場 沖縄県総合運動公園陸上競技場 沖縄タイムスPresents 最終節 薩川監督率いるFC琉球の最終戦となります。 FC琉球と沖縄を心から愛するわが社長から 「松本山雅のことだけ応援しないで、たまには地元のFC琉球を応援しなさい!」 ということでした。 地元チームを愛すること、沖縄の地域発展のためにFC琉球があること 考えれば、うちのスタンスと同じ。 ということで、先月からポスター掲示、チラシ配布をFC琉球さんから提供していただき、微力ながら応援させていただいております。 勝敗以前に観客数が減少しているため、このままではJ2に上がれる力があっても観客数からJ2ライセンスが取れません。 それ以前に沖縄の少年サッカー人口が多いのにFC琉球の人気がないです。 そこで、なんとかしたいとわが社長が立ち上がりました。 私の大好きが松本山雅にいらっしゃった岩渕選手も所属しております。 沖縄のサッカー少年、ジョッカー少女に夢と希望を与えるFC琉球になってほしく協力していきます。 地元を愛する心がある限り、この国は滅びない!



TOKYO

2015-10-11T00:00:00+09:00

震災後、はじめて東京に行った。土曜の朝に出て日曜の夜に戻るという「弾丸ツアー」である。 目的は首都圏の私立高校への訪問のためである。 学校からの推薦方法、塾からの推薦基準などいろいろなことを打ち合わせた。 息子は物心ついてはじめての東京。いとこ(といっても30近い)が面倒をみてくれたので心配なく出張ができた。 日曜日は遅めの便で帰沖することにして本当に少ない時間で東京散策。 四谷から晴海埠頭行きのバスに乗って皇居を経て、銀座、勝どき、ベイエリアに向かった。 お台場で「逃走中」でみた光景に興奮をし、フジテレビを見学し、時間はすぐに過ぎてしまった。 帰りに大道芸をやっていた。息子と一緒にみていた。 大道芸人TOMIさんを囲むように人がみている。そこで思った。 この親子連れもカップルも東京人なのだろうか?関東人なのだろうか? 大半は電車で帰れる距離に家があるのだろう。 家に帰ったらサザエさんを見ながら家で夕飯を食べることができる人たちなのだろう。 私には東京に実家はあっても帰る場所ではない。 そこで自分の帰る場所は沖縄であることを再認識した。 内地人が希望を持って沖縄にやってくる。塾を開く人もいる。 しかし、途中で頓挫するとすぐに内地に帰っていく。何もないのならいいが、独自の怪しい方法を中途半端に伝えて帰る人もいる。内地に拠点を残したままで沖縄に来て「失敗してもいい」ようにしている人もいる。 今春、昨春も撤退した塾の中にこういったかたちで内地に帰っていった塾経営者が何名もいた。 そのたびに「あんたの沖縄への思いはそんなものだったのか?!」といいたくなる。 私は帰る場所がないので沖縄の教育に人生をかけることになる。 それでいいのだ。 「席次信仰で『商売』をしない」、「実名貼りだしで生徒を商材に使う塾であってはならない」、「塾を通じて沖縄の学力の向上に貢献する」日曜夕方近い台場で再び心に誓った。



情熱

2015-09-29T00:00:00+09:00

高齢者施設の虐待が報じられている。 殴ること、ののしること、高齢者に対する配慮のない言動、虐待とゆるされないことがおおい。 高齢者は今の日本の基礎を気づいてくれたのだから感謝である。そのかたがたを見下したり、赤ちゃん言葉はいけない。 私が国文学科在学時代にアメリカ医学校への留学を志してTOEFLを受験した。一定の点数をとった。すでに入学のチャンスは翌年か翌セメスター。その間、特養でボランティアをしていた。ここで「赤ちゃん言葉」や「この人、できないわよ」と本人の前でいう光景をみた。他のボランティアもおかしいと思った。ワーカーさんにみんなで意見をした。それがなくなった。 しかし、日本中の施設で同じ状況はあるはずと私は社会福祉学科への転部を志した。日野原重明先生の講座に出たり、本をたくさん読んだ。ボランティアも継続、ワーカーさんからはいろいろならった。 「おかだ!福祉を勉強しても使えないぞ!大学でたら福祉以外で社会人経験をしなさいよ!」 と檄を飛ばされた。 福祉学科に転部してから知的、高齢者の施設をみて回った。学校からの「依頼書」という「印籠」を十二分に活用した。レポートもたくさん書いた。 本気で日本の福祉を変えたかった。 高齢者施設で何かあるとこのときの気持ちがよみがえる。 「高齢者の尊厳と自立を守る」 施設が変わらないとダメだ。 どう考えてもおかしいことが多い業界、これは沖縄の塾業界も同じである。 今は、 本気で沖縄の教育を変えたい。 だから、粉骨砕身でがんばっているのだ。



ブラック企業

2015-09-28T00:00:00+09:00

大学時代に商社の機械グループの1セクションでバイトをした。午前様は当たり前、急な転勤も当たり前。 今でいうなら「ブラック企業」を遥かに越えている。 しかし、この商社は大学生の入りたい企業のベスト10には必ず入っている。 結局、「ブラック」になるのは零細企業やベンチャー企業なんじゃないのかな?老舗の一流企業はブラックにされないのが不思議。それなら中央官庁なんてみんなブラックになってしまう。



那覇市プレミアム商品券

2015-08-27T00:00:00+09:00

当塾では那覇市プレミアム商品券で月謝の支払いができます。(期間あり) 例えば15000円で18000円分の買い物ができます。授業料を商品券で支払えば3000円のお得となります。 家計にやさしい塾でありたい。そんな思いで参加しました。 那覇市内でパンフレッドにある参加店で塾は当塾だけです。 どんどんご活用を!



韓国語講座その後

2015-07-05T00:00:00+09:00

韓国語教室! 当塾で何度も企画してつぶれてしまう韓国語教室 先日、恩師が沖縄にやってきた。そこで韓国人牧師夫婦と知り合うことができた。 恩師を迎えるために事前に連絡をいれた。 ここで韓国語を使うチャンス! 電話で韓国語で事情を話して、最後に韓国語で「日本語できますか?」ときいたら日本語での会話になった。 恩師を迎えにいくときに実際にご夫婦にお会いした。 気さくであり、日本や沖縄の文化も熟知されている。 奥様に「先生!韓国語上手ですね」 一本取られた(涙)。 ご夫婦とも日本在住歴が長く、2名の息子さんも開邦、那覇国際を経て大学に進学されている。 もちろん日本語は完璧である。 沖縄や日本の教育に重荷があり意気投合。 韓国語教室もやっているという。 月謝も格安であり、即座にコラボとなった。 場所はバークレー近くの330の立体を降りたところ。赤い十字架の教会の1階。浦添、那覇、宜野湾の境目。 小中学生も受講可能。 月謝は週1回で2,000円(1,000円はおやつ代)。 韓国語をマスターするには 現地で生活すること ちゃんとした韓国の人から習うこと が常套である。私もかつてそうだった。 詳細は、 ウイン韓国語教室 〒901-2226 沖縄県宜野湾市嘉数2-14-1-1F Winキリスト教会内 098-890-1967  090-9406-6651



お礼

2015-05-20T01:21:06+09:00

当塾で後援させていただきました2015年5月17日開催「三田茂医師&木下黄太氏講演会in沖縄」に関してご参加いただいた皆様へのお礼です。 この度は「三田茂医師&木下黄太氏講演会in沖縄」へご参加いただき 誠にありがとうございました。 事務局の想定以上に、沢山の方にお越しいただきました。 寄付金についても、多くの方にご協力いただき、大変感謝しております。 おかげ様で、当初心配されていた経費分をなんとか上回ることができ、心より感謝申し上げます。 アンケートにつきましては、現在とりまとめる作業を行っております。 皆様からいただきました貴重なご意見は、真摯に受け止め、 今後の講演会開催にいかしていきたいと思います。 なお、メーリングリストご希望の方は、これからの作業となりますので、 今しばらくお待ちください。 講演会から一日をはさみ、ご挨拶・ご報告が遅れましたことを、 お詫びいたします。 まずは略儀ながら、本メールにてお礼申し上げます。 2015年5月19日 三田茂医師&木下黄太氏講演会in沖縄事務局



【個性を伸ばすには、その子を釣り上げる。】

2015-04-25T00:00:00+09:00

大阪で社会保険労務士であり、人材コンサルタントをされている友人の文です。 【個性を伸ばすには、その子を釣り上げる。】 共通した教育を施すと個性を伸ばすことは無理だと、世界的には考えられています。これは成績優秀な子供を、1~2学年特進させる事とは全く違います。教育を施すこととは違って、その子を釣り上げるといった概念です。 そして、その上で、「互いに弱い人を守ること」 並びに、「はっきり話す人を守ること」、この両面で正常な社会が成り立つと思います、・・・これが今日のテーマと思っています。 創業期にある多くの経営者は、事業発展させるために、より有能な子供を釣り上げる努力をしていることはみなさんもご存知の通りです。江戸時代の近江商人は琵琶湖湖東の山間部や平野一帯で、より有能な子供を釣り上げる地域制度を作っていました。近江商人と周辺の人たちは上方初期の経済や文化の形成を支えてきました。その個性ある人材の輩出基盤には集落ごとの寺子屋が存在し、それは日本一の規模でした。 ICT産業革命といわれる現代でも、これをリード出来る有能な子供を釣り上げるシステムが必要なのでしょう。日本の産業育成、地域活性化には、地域外の情報やネットワークに疎い人物やさっぱり売れない独りよがりの特産品開発者ではなく、個性を持った人物が不可欠となるからです。 「個性を伸ばすには、その子を釣り上げる」。どうでしょう日本では聞かれたことの無いものでしょ。 如何に今の日本は画一的なのでしょう。



お知らせ

2015-04-22T00:00:00+09:00

5月1日~5月6日までの授業は休講となります。 個人指導、パーソナル指導、レギュラーを含めて休講です。 また、事務手続き、相談もできません。 なお、電話対応は可能です。 911-1867 自習室の開放時間は塾内に掲示します。あくまでも自習だけであって質問ができません。TAが自習室の担当になるので高度な質問はできません。 年間休日は休日カレンダーがありますので在籍生徒さんでもらっていない方は事務所まで。 よろしくお願い致します。



【5/17(日) 三田茂医師&木下黄太講演会in沖縄】

2015-04-14T00:00:00+09:00

ご縁で協賛させていただくこととなりました。医師である三田先生のお話しがきくことができます。 【5/17(日) 三田茂医師&木下黄太講演会in沖縄】 12時30分開場/13時開演(15時15分終了予定) 開催場所 沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」1Fホール (沖縄県那覇市西3-11-1) 参加費 1,000円  定員 250人(先着順) 申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/277410/ なお基本はこくちーずによる申込をお願いします。それが難しい方は、メールなどでの対応も致します。 メールでの申込先:houshanoubougyo.okinawa@gmail.com 「こくちーず以外のお申込みの場合は、①お名前(ふりがな)、②お子様連れの場合の人数、③託児・母子観覧席の希望、をお知らせください。」 なお、問い合わせの電話番号も設定していますが、こくちーずやメールなどネット上で対応可能な方は、その手段で極力、問い合わせてください。 電話:080-1107-0876(受付10~17時)



古い小テープ

2014-08-29T00:00:00+09:00

Big1でテープをMP3に変えられるカセットレコーダーとソフトのセットがあった。 たくさん集めた韓国語の賛美歌の入ったテープがある。いつもデスクワークがはかどらないときに聴くものだ。以前は車の中に入れていたがCDに変えてから使用しなくなった。 お盆の時期で休講も出たためこれを機に変換をしてみた。3日かかった。 変換したものをマイクロSDに移してカーステレオに入れるもすでにカーナビのソフトが入っていた。使っていないUSBに入れて韓国語の曲名を全部日本語に翻訳して名称を変えた。 韓国語の賛美歌は力強い。大きく励まされる。残った夏期講習期間を終え、よい活力源になるだろう。