Subscribe: ケンケン・ルミルミの音楽ルンルン話
http://morimorimori.ti-da.net/index_c150946.rdf
Preview: ケンケン・ルミルミの音楽ルンルン話

ケンケン・ルミルミの音楽ルンルン話



喜納健仁・喜納留美子が音楽と関わって楽しく生きる夫婦のルンルンばなし。 音楽をやって楽しかったこと、子育て、趣味、食べ物、地域活動などの話だよ~ん!!!  森の音楽館、オペ



Published: 2010-10-25T20:40:07+09:00

 



演奏会を終えて

2010-10-25T20:40:07+09:00

[ルミルミ] 美しい浦添のてだこホール 舞台側から見たお客様のいないホールを見ることができる事の幸せをどう伝えたらいいのだろうか? 今回の演奏会は16時開演の演奏会だったので、20時には自宅でワインにチーズと生ハムでほろ酔い気分でございました。 なぜ早々と帰宅かと申しますと・・・・! 演奏会の後、駐車場にてオリーブオイルのおいしい香りがしてたのです。 きっと近くにおいしいイタリアンのレストランテがあったのかもしれません!! どこ?どこ?どこなの~~? 少しキョロキョロしてたのですが、二人の頭によぎったのは、 おいしいイタリアンそれにはワインがつきもの、 さて、そのワインだれが飲みますか? 車はだれが運転しますか? ふたりとも口に出さず、だって、二人の望みは同じだから・・・ 心の中で、ルミルミは飲みますといいました。 ケンケンは運転はしないといったでしょう。(きっとそうです) だから、とにかく家をめざすことになったのです。 帰り道三越の食品館で何種類かのチーズとハムを購入。 おいしい晩餐です。 8月からの稽古を終え皆の笑顔の中 音楽を続けられていることに感謝と喜びで一杯です。 しかし、音楽は、知れば知るほど、 演奏すればするほど奥の深さを感じる道でござります。 演奏会の当日は安堵と喜び、翌日は感謝と学び ほんとに長くて深~いすっばらしい道です。



あいさつっていいねぇ~~

2010-09-27T20:15:38+09:00

 [ルミルミ] 夕方ベランダへ出ると近所の子供が中学校の制服をひらひらさせながら(暑いのでしょう)帰ってくる姿に思わず3階から「おかえり~!」と声をかけると「ただいま~」と元気な返事が返ってきました。 嬉しい~~ねぇ~ 3階から声かける私って変?だけど、「ただいま」って見上げながら答えるMちゃんもいいでしょう ちいさなできごとですが、ルンルン 青空に広がる虹を見たような気分です。 「おかえり」と声をかける「ただいま」と返ってくる。そんな日常の小さな出来事を大切にしていきたいなぁ~としみじみ思うルミルミです。 元気だった~~って、明るく挨拶をかけあえるっていいなぁ~~ 人の出会いや、日々おこる出来事に感謝して生きてゆきたいものです。 以前見た「ベンジャミン・バトン」という映画の中に「永遠はない、あるのは今だけ」というせりふがありました。 一瞬の今を大切にしたいね P・S 一泊研修で家を空けていたら、ありゃりゃ昨日のブログ 私だらけではないかなかな 驚き・もものき・どげんしょう!オペラ座の美しさに「撮ってくだされ」とお願いしたのは私だけど・・肖像権はいつのまにかなくなってしまって・・・



月への思いつきぬものなり・・・?

2010-09-23T22:24:54+09:00

[ルミルミ] でたでた月が・・・ 夏のなごりの残る中、 今夜はお彼岸でした。 雲の切れ間から月が出てくると 月の美しさにみとれてしまいます。 月に願いをと歌があるけれど 夜空にうかぶ月をみると 願いをかなえてくれるように思うのは私だけ? お仏壇に手をあわせながら、日々の事々に感謝しつつ 義母の作ってくれたそーき汁をおいしくいただきました。 川面に映る月も美しいですね。 息子達の小さい頃は にぎやかだった年中行事も 親世代だけになり静かなものです。 静けさの中幼い息子達を 懐かしむ母がいます。 月の美しさのせいか ちょっぴりセンチメンタルになりました。



太陽のごとく

2010-09-22T21:42:56+09:00

[ルミルミ] くちびるに歌を! 心に太陽を! 日出る国日本に生まれた女子として、 太陽のように輝いて生きていきましょう。                     日女道より 以前から、ケンケンに「姫」と呼ばれていた私は今年の1月より とうとう日女道精神を学ぶため月に一回東京へ通い始めたのですよ~ん。 、 毎月上京のとき、ブレスレットのチャームを一つずつ買い足してきました。 チャームが1.2個の頃はバランスが悪かったのですが、今ではご覧のとおり、10月11月の研修のスペースを残すのみです。時々、眺めて、よくがんばりました。と自分をほめています。うふふ そして、今週末、沖縄で1泊ワークが行われます。 全国から素敵なひめがあつまります。楽しみですね。 私は沖縄のいちゃりばちょでぃの精神をご紹介する予定で~す。 汝の足元を掘れ!!ではありませんが、とてもよい機会をいただき感謝してます。 ひめ力(りょく)アップ中のルミルミひめです。



学力テスト

2010-08-05T22:11:45+09:00

[ルミルミ] 先日全国学力テストの結果が発表されましたね。 結果はご存知のとおり最下位と46位・・・う~~~ん暑いからねぇ 暑さのせいにしてはいけないのだけど・・・ 昨年から、沖縄県は成績上位の秋田県から、よいところを吸収しようと現役 の教諭を招聘している。糸満市の小学校にも、秋田から素敵な先生が いらっしゃった。そして、夏休みのこの時期に糸満市は小学校の先生方 を集めて、I先生の模擬授業をしていただき、授業改善研修会を行いました。 この猛暑の中、体育館での研修です。座っているだけでも、汗が・・汗が・・  でも、その暑さの負けず、模擬授業での生徒役の先生方をはじめ、研修 している先生方はとても生き生きとしていました。 やっぱり皆さん天職なんだなぁと思います。 私は教育委員として参加しました。 ソプラノ姫がなぜ、教育委員? そう3年目になりました。 なぜ、教育委員?それはまた、いつか・・・



1万人のエイサー踊り隊

2010-08-02T17:28:47+09:00

  [ルミルミ] 1万人のエイサー踊り隊。国際どおりへ、初めて見学しました。 お天気はご快晴美しい青でした。 アメリカから帰省した妹家族が出演するので、三越前から久茂地りうぼうまで、カメラを片手に追っかけましたよすごい熱気に驚きちびっ子から大人まで、エイサー踊り隊が、国際通りをうめつくしてました。 エイサーは、今や男子だけのものではないのだ。大太鼓を持つ女子のかっこいいこと! 妹も甥っ子もかっこよく踊ってました アメリカに住んでいる妹家族が参加する事がなければ、地元の私達は出かけることもなかったのだから・・・感謝です。 そして、私の友人は来年こそ1万人のエイサー踊り隊の参加するのだとはりきっていた。 クラッシック界にも《1万人の第九》というのがあるのだけど、いつか沖縄でも《1万人の第九》演奏できるといいなぁ~~



西芳寺

2010-07-30T23:50:09+09:00

 [ルミルミ] 今回の京都のお出かけ場所の担当は私。どこに行こうかなぁ?悩んだ末、6月のJALの機内誌でみた美しいお庭の写真に惹かれ、参拝の申し込みのはがきを出して、西芳寺(苔寺)こけでらへ28日に出かけることに・・・ 本堂でお経を唱えて、祈願のお札を書いた後、お庭の散策しました。お庭は写真のようにお掃除の行き届いたお庭です。私たちの見学中もお二人の方が腰に蚊取り線香をかけて、お掃除をしていらっしゃいました。参拝料金は3千円と高かったのですが、清められたお庭を拝見すると、納得かな  美しい緑色のビロードの絨毯がひかれたようなお庭。私たちが「きれいだねぇ」と感激してる頃、次男は実技の試験中。公開なので、聴きたかったけれど、お寺の参拝を予約をしているので、今回はあきらめまいした。事前に知ってれば・・・と残念でしたが、これも次回のお楽しみ!!  ブログのおかげで写真の撮影のために止めた足をせかされることもなく。 ケンケンはカメラを手にすることも増え、おかげさまで私の記録写真も増えそうです。ブログさまさま



弥勒菩薩

2010-07-21T21:20:37+09:00

 [ルミルミ] この菩薩さまが、国宝1号の弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしいぞう)でありまする。 お釈迦様にかわってすべての悩み、苦しみをお救い下さり、正しい道へとお導き下さる慈悲の仏様です。そして、「一切衆生をいかにして救おうかと考えている」お姿を表している。(パンフより)  琵琶湖研修の帰り、ひょんなことから、お寺めぐりをすることになり、京都太秦の広隆寺へでかけました。 研修へ出かける前にNHKで仏像の特集があり、まじまじと見ると愛らしいなぁ~などと思っていたので、誘われるまま、京都駅から、太秦行きのバスにて出かけました。  なんとなんと静かなこと、境内は私と女友達の二人と、後からいらした女性の二人ずれの計4人。聖徳大使建立の京都最古の寺院らしい。  やっぱり聖徳太子は人間として生きていらっしゃったんだぁ~~~!! わけのわからぬ感動の中、新霊宝殿のなかへ進むと、静かな宝殿の中でたくさんの仏像がお出迎えしてくれました。 「あれっっ!!テレビで見たような・・・???」 まもなくして、美しい弥勒菩薩さまが・・・ 宝殿の真ん中で静かに座していらっしゃいました。 目の前の弥勒菩薩様はほんとに美しく、心が洗われるというのはこういうことなのでしょう。 魂をこめて、つくられたものは、何千年の時を超えて、魂に響くのだなぁ~ 何もおっしゃらないのに、何か伝えてくださる。 思わず、背筋を伸ばす私がいる。(感謝) きっと美しい菩薩様たちのための静寂を守るためだと思いますが、観光マップには小さ~く小さ~く表記しているようですよ。 ところで、このことをケンケンに話す時  R「すごくよかったよ!ミクロ菩薩・・・・・」  K「それって、弥勒(みろく)じゃない?」  R「あちゃ~ 」  一字違いで感動を伝える前に笑いをあたえてしまい。ちょっと悔しがるルミルミです。 お庭もきれいでした。この蓮池のはすの花が咲くとまた素敵なんだろうなぁと眺めておりました。



この喜びを・・・

2010-07-19T19:59:10+09:00

 [ルミルミ]  この喜びをなんとあらわしましょう お休みの午後一人パソコンに向かっていたら、ピンポ~ン  先月の糸満ハーレー歌大会で受賞したY氏ご夫妻がマンゴーと共にいらっしゃいました。 みごとな大玉(というのかしら?) あま~いかおりが・・うふふ 夏の果物の王様マンゴー だいすきな果物です。 私はうるし科のアレルギーもないので、パクパクいただけます。 もちろん家族全員パクパクいただけますが・・・ 現在、息子達は留守!! (お~~っ! どうしよう~~)と悩むふり?? さぁ!冷蔵庫で冷やしましょ!! 余談 アクの強い果物として、以前はパイナップルもそうでしたね。 今は、品種改良しているので、食べた後、口びるが痒くなる事も無く、生のままおいしくいただいているのですが、私の小さい頃、母は生のパイナップルを食べさせては大変と、カットした後、お湯でアク抜きして、砂糖で、甘く煮て私達にたべさせてくれました。 その事を友人達に言うと不思議がられるのですが、「まっ!お嬢さまだったということで・・・」と話を終わるルミルミです。



根本中堂

2010-07-06T22:01:11+09:00

[ルミルミ] 根本中堂 比叡山延暦寺。 霧雨は山深き延暦寺のすべてを霧に包み、荘厳さを増していました。 足元の悪さもありましたが、カメラを向けたものの「う~~んそうじゃないんだよねぇ~~」と取り直しをしている間に削除してしまって、本堂の写真を紹介できなくて残念です。 さすが世界遺産!!ですよ 本堂にある1200年たやさずに灯りつづいている不滅の法灯も拝まさせていただきました。 1200年灯り続いているのは、法灯を守る係りの方がいらっしゃるのでは思われるようですが、そういう係りはないそうです。 係りを決める事で、そこに油断が生まれる、 だから、係りは決めず、皆で守っているとのことです。 すごい事ですね。ふか~~~いはなしです。 「一隅を照らそう」とは、 「お金や財宝は国に宝ではなく、家庭や職場など、自分自身が置かれた場所で精一杯努力し、明るく光輝くことのできる人こそ国の宝である。一隅を照らす人になろう」 人と比べることなく自分自身として全力を尽くす。 私自身の人生を生きていく 今回もたくさんの事を学びました。 さあっ!! また頑張りましょう。 「掃く、拭く、磨く、挨拶をする はきものを揃える。」



ノリタケ社のおしゃれさん

2010-06-29T23:54:08+09:00

[ルミルミ]     美しいカップでしょ! 西洋と日本の調和の美しさにひとめぼれして自分用にちょっと勇気だして購入したカップ。 カップのために色々考えると、なかなか出番がなくて、ながめてはウフフとニヤケていた私。 それなのに、息子は久しぶりに帰省した時、このカップでコーヒー牛乳を飲んでおった。息子はこの美しさがわかってたのだろうか?確認することもできず、多忙な教育実習を終えて戻って行ってしまった。 それ以来、よくテーブルに出現すようになったのは 思いっきりのいい息子に感謝すべきかな?? 今日は久しぶりにレッスンが早く終わり 静かな夕方の時間をたのしんでおります。 階下の道路は、家路を急ぐ車でちょっとした混雑ぶり   それを横目に見ながら夕焼け空をながめながら、コーヒーたいむ 夕暮れ時は逢魔の時間・・・? 「たそがれは逢魔の時間」 青島広志さんのオペラがありましたね~ 主人公のサラリーマンが女子高生との出会いで忘れた初恋を思い出す物語。 女子高生とサラリーマン、サラリーマンの心の声、そしてその妻、 題材の原本が少女漫画ということもあって、不思議なオペラだったなぁ・・・・ 私は、サラリーマンの妻の役、いろいろ考えて、演じたつもりだけど きっと、解釈は浅かったと思う。 後日談で、オペラの内容をしらずに知人が夫婦でオペラ観戦とお友達夫婦をお誘いしたら、誘われたご夫婦のご主人がまさにオペラのごとくオイタ中だったようで、お誘いしたご夫婦も誘われた夫婦もなんとも気まずい時間だったと・・・・ まさに「オペラはワイドシショーのごとし」とはよくいったものです。 しかし、このたそがれ時、ママの時代にはあっという間に過ぎさり、気がついたら寝る時間。夕方のママのとってほんとに忙しかったんですもの。 ある日の夕方、息子のお迎えの帰り道、あまりに夕焼けがきれいだったので、 「太陽を見てこう!!」赤い太陽に向かって、自転車の後ろに次男を乗せてペダルをこいだのもなつかしいなぁ~~ ずいぶん前の事なのに夕暮れとなるとよく思い出すシーンです。 太陽のエネルギーがほしかったのかなぁ・・・? 子育て中はこの忙しさが一生続くようで・・・叫びたくなる日もあったハズ。 (ハズと言うのも、時間に圧縮されちゃって、忘れるんだよね!!) 今、息子達が進学で家を離れると夕方の静かな事、静かな事・・・ で、ブログを始めて、改めて息子達の幼い頃の写真を眺めると、 かっわいい!!ほんと親ばかだよねえぇ。 写真を一枚眺めては、タイムスリップするので、仕事は進まない、進まない。 幸せな時間をありがとうと息子達に感謝するルミルミでござります。



紫陽花

2010-06-22T22:14:01+09:00

 [ルミルミ] 6月の花は紫陽花 沖縄が梅雨明けする先週末 東京は梅雨入りしました。 私は学生生活を東京で過ごしました。 大都会と言われていた東京ですが、 街に咲く季節の花に日本の文化を 再認識させられたものです。 その中でも、紫陽花は漢字も素敵ですが、 6月の雨の季節にある日 緑の中に突然、紫色の太陽のように現れるのです。 私の通っていた大学はお庭のあるお宅が多かったので、 垣根に紫陽花の花が咲く季節は 「あぁ~ にっぽんだなぁ~~~」 と季節の変わり目を楽しんだものです。 私の住んでいたところは郊外の閑静な住宅地でしたが、 今、息子のすんでいる所は23区内(谷根千)ということもあり、 江戸の雰囲気の残るお寺の多いところです。 春は桜が美しく、6月は紫陽花は美しく咲いてました。 日本の四季や文化が色濃くのこる谷根千とよばれるこの地域は 何度行っても、新しい発見があって、好きな場所のひとつです。 以前はよく行った渋谷や原宿が遠くになったのは、 山の手線の反対側という事もあるのだけど、 他の理由かなぁ・・・? 次回は若いエネルギーの街に挑戦してみようかなぁ・・・・ と一人思うのでした。



響きあう食卓展

2010-06-14T17:45:24+09:00

[ルミルミ] 素敵な色でしょう。 果茶という中国茶なんです。 色も素敵だけどお味もあま~くて 香りもすごく良いかおりです。 昨日サンパレスホテルでの「響きあう食卓展」にでかけました。 各テーブルとても素敵で、立ち止まったり、 お話を伺ったり、楽しく過ごしていました。 そして、藍色が素敵な女性作家の焼き物を眺めていると 「ウチナーンチュはうちなーの焼き物を使わないと~ それに女性の作家はみんなで応援しないと~」 と力説するおば様、よき日のウチナーパワーを感じながら 小鉢を購入 うふふ 後ろ髪を引かれながら、サンパレスのお気に入りの階段 (シンデレラが舞踏会から降りてくるの階段のように思えるのは 私だけかしら?)を降りると ロビーで中国茶の試飲のコーナーの写真を撮っている知人を発見! 「こんにちわ」と声をかけたら 「お茶飲んでいかない?」と誘われて、 腰掛ける勇気はなかったはずだったけど・・・ 重ねる月日は、私に勇気を与えてくださってました。 (・・と友人に言ったら、単におばさん化したんじゃない!とのこと トホホ) なにはともあれ、お茶のおいしいこと。 お茶を入れてくださった女性の凛とした姿も美しく また、同席の銀髪のご婦人の美しいこと 風邪のように美しさもうつります様にと おもわず背筋が伸びた私です。 「響きあう食卓展」はおひな祭りとお誕生日、クリスマスとお正月 のわくわく感を味わえる楽しい空間でした。 次回も是非出かけたいと思います。 駐車場にて料金を確認すると2時間経過! アリスが不思議な国に迷い込んだように 時間を忘れて楽しんだルミルミでした。



夫のうそ?

2010-06-11T19:58:11+09:00

[ルミルミ] だ~れだ うふふ! ウィッグではありませんよ。 2010年仕様の私です。 過去20年くるくる巻き髪のロングヘヤーは私のトレードマークでした。 「きれいなお姉さんはすきですか?」 のN社のCMが出る前から、クルクルの巻き髪の私 たくさんの後輩達に巻き髪を伝授してきたのだけど・・・・ ある日「切ってみるかなぁ~~」と思い切って切ってみたのでした。 家族は短く切った私の後姿に「誰かわからない」と静かに驚いていましたが、 「短いのもいいんじゃない」とまずまずの感じ。 ところが、先日、学校訪問で、去年レッスンをみていた おしゃれな小学生の女の子に会ったら、 私を見るなり「え~~っ髪切ったの~~~」 「意味ぷ~」 いみぷ~??ってナニナニ??不思議なことばだったけど、 あきらかに彼女には不評だということはわかった。 そのことを家族に言うと 「後悔先にたたずだな」だって・・・・ というは家族にも不評だったのかなぁ? 「短いのもいいじゃない」って言ったのに~~ うそだったの~!! そんなことにメゲズ、 私は、お帽子や髪飾りで楽しむのです。 (負け惜しみかなぁ?) 髪は伸びるし・・・・・ね