Subscribe: この漢、バスヲタにつき。
http://bus.naganoblog.jp/index.rdf
Preview: この漢、バスヲタにつき。

この漢、バスヲタにつき。



7番のりばから高速バス松本行が発車しま~す♪



Published: 2017-12-11T09:00:00+09:00

 



夏のベストショット!

2017-12-11T09:00:00+09:00

夏忙しくて殆ど画像を放出していない事に今更気付きました(滝汗 年内にいくつか画像を出していこうと思います♪ 季節感の無い記事ばかりになりますが・・・・ まず今回はこの夏のベストショットから! もう遭遇した時はテンションMAXでした。影入ってしまってますが、そんなの関係ない。 10073号車 KC-RU1JMCH 2000年式 アルピコ交通松本電鉄 新島々営業所 幕車ブルーリボンHIMRの「上高地」幕です!!!! 導入以来17年、LED化改造される事も無く普段はスクールバス用として在籍している00年式ブルーリボンHIMR。 ここ最近では松本のLED化改造済みブルーリボンHIMRが応援で来る事はよくあるものの ハイシーズンでも車庫で寝ている事が多い幕車のブルーリボンHIMRの上高地線充当を撮れました。 幕も綺麗ですし、背景や各仕様を除けば新車当時を髣髴とさせるシーンですね♪



神明車庫閉鎖

2017-12-09T09:00:00+09:00

アルピコ交通諏訪バスのエリアは茅野営業所と岡谷営業所(神明車庫)の2箇所でした。 それが今年10月、シルキーバスがアルピコタクシーに移管された時期でしょうか? 神明車庫が閉鎖されて茅野営業所に統合されました。 待機場所は岡谷駅前に新設されています。 今の神明車庫はこのようになっています。 建物は無くなりトラックが待機していたので、物流会社の駐車場になったのでしょうね。 もうこれからは茅野へ行ってもこの場所に寄る事は無くなるんだなと・・・・ ちなみにシルキーバスのローザはこうなっています。 5002号車 KK-BE63EE 2001年式 アルピコタクシー 元30206号車だったローザです。社番が変わっています。 何台転属したのか分かりませんが、少なくともシルキーバス専用色の3台は移管されていると思われます。 とりあえずアルピコ交通の所属車ではなくなったこのローザを紹介する事は今後ありません。 また頃合いを見てメインサイトも更新していこうと思います。



バスタ新宿でラッピング車2題

2017-12-07T09:00:00+09:00

バスタ新宿に滞在中にアルピコのラッピング車が2種類撮影出来ました♪ 最近は高速バスでもラッピング車が増えてきていますからね。 今回撮れたのはどちらも車体の後ろ半分をラッピングしたものです。 まず1台目は4Fに上がったら外を走って行った信濃大町・白馬行のエアロエース。 13019号車 QRG-MS96VP 2013年式 アルピコ交通川中島バス 白馬営業所 初代はセレガR FDに貼られていたラッピングですね♪ それが二代目としてエアロエースに貼られた経緯があります。 終点の白馬八方BTまで乗車すると5時間13分という結構な長時間になる昼行便です。 初台からすぐ乗れる高速道路を降りるのは3時間半強ですが、 結局そこから高速道路が無いので1時間半程かかる白馬エリアですからね。 そういった中、エアロエースのしなやかな乗り味なら5時間オーバーでも気にならないかもしれません♪ 2台目は待っている間にやって来てくれた茅野のガーラHD。 32643号車 LKG-RU1ESBJ 2011年式 アルピコ交通諏訪バス 茅野営業所 茅野市のラッピングになっているガーラHDです。 現在アルピコ旧社番の高速用ガーラはこの1台のみとなっています。 他の車両は全て新社番化されているか貸切用です。 入線前待機の駐車位置によっては物凄くベストアングルになるのがバスタの良さですね。 光線状態はかなり運に左右されてしまいますが、また挑戦してみたくなる場所でした。 岡谷行はバスタ新宿から3時間25分(上諏訪行は3時間35分)。 一見近いように見えますが、距離からいくとかなり時間が掛かっています。 途中の停留所が非常に少ない松本―新宿線が3時間18分なのを考えると、 松本まで行ける時間で岡谷までしか着かない、という見方が出来ます(汗 茅野―新宿線という区間便でも3時間3分かかるので、やはり中央道の停留所が多過ぎるんでしょうかねえ。 一番最初の降車停留所である中央道昭和はほぼ甲府市のエリア。 バスタからは1時間45分、そこから終点まで1時間40分。 全体の所要時間の中間にもう降車専用バス停があるというのは非常に稀な気がします。 それこそ長野―新宿線が長野駅まで3時間43分というのを考えると、やはり遅いですよねえ・・・・



元・長野のSクラスシート車

2017-12-05T09:00:00+09:00

かつて、長野―新宿線に半年間だけSクラスシート車が走っていました。 私も乗車した事のある唯一のSクラスシートがその長野―新宿線でした。 松本発着で県外高速バスに乗る機会が無いもので・・・・ あの時、まさか半年でプライムシートに切り替わってしまうなんて思っておらず、 たまたまいつもと違う時間の便に乗車出来るように予定変更してSクラスシート便に乗っておいて大正解でした。 結局、その1回だけなんですよね、Sクラスシートに乗車出来たのが。 試乗会は仕事のため撮影だけで帰りましたしorz 私の感想として、このグループのSクラスシートの可動枕がナンバーワンです。 ぜんぜんコシが無くて頭が沈み込むんですが、そもそもシートのリクライニング量も少ないので 頭をしっかり可動枕にのせるような事は無く、軽めに当たっている程度です。 それが絶妙な加減で、コシが無いのがベストマッチしていると思いました。 12004号車 LKG-RU1ESBJ 2011年式 アルピコ交通松本電鉄 松本営業所 社番は12000番台ですが製造は11年で登録が12年となります。 12004号車は現在松本に在籍しており、松本200か-847をつけています。 既に転属から5年以上が経過していますが、転属時に再登録されたままです。 もう1台はアルピコ交通東京に在籍しており、松本―新宿線の東京担当便で使用されています。 たまには長野で走っていたSクラスシート車のガーラの話でもしてみました♪



THEバスコレクション第23弾試作品

2017-12-03T09:00:00+09:00

ジョーシンのサイトにバスコレ第23弾のノーマル全12台の試作品画像が載っていました。 ローザとエアロミディが製品化対象になっており、ローザはミニバス第3弾です。 http://blog.joshinweb.jp/joshintrain/2017/11/2-6a3d.html エアロミディはもちろん良い仕上がりなのですが、驚いたのはローザ。 正直ローザにそんなに払えないよ・・・・と思っていましたw ただ、試作品を見るとガラスの厚みを全然感じない素晴らしい仕上がり。 小型どころか更に小さいマイクロバスなのに、それが目立たないのって本当に凄い。 これは金型的には意外と期待できる第23弾だなと思いました。 まあ、これが量産されると品質が落ちるので期待し過ぎは禁物なんですけどね(笑  



諏訪支社への貸し出しと転属

2017-12-01T09:00:00+09:00

新島々の車両が冬に各地へ散って行くのは前回のお話の通り。 昨年は初めてセレガハイブリッドが茅野へ貸し出されたのですが、 諏訪ナンバーになりましたが撮影出来ないまま新島々へ返却されるというorz 今冬も同じ車が茅野へ貸し出されましたが、一緒に違うやつも茅野へ・・・・ 13206号車 QQG-RU1ASBR 2013年式 アルピコ交通諏訪バス 茅野営業所 13705号車 QRG-RU1ASCJ 2013年式 アルピコ交通諏訪バス 茅野営業所 何と、セレガハイブリッドと連番で諏訪ナンバーに再登録されたのは松本の貸切用ガーラHD。 導入時は松本200か-883のナンバーを付けていた車両です。 この車両が諏訪支社初の新社番貸切車となりました。 これは貸出ではなく正式な転属だと思われます。 写真で隣にいる26092号車は現時点での茅野在籍確定。25091号車は未確認。 そして、25089号車はというと練馬200か3385に再登録され、アルピコ交通東京所属となりました。 わざわざ新社番貸切車で諏訪の古いSHD貸切車を玉突き転属させるという意味でも、 今回は特に非常に興味深い貸切車転属となりました。



新島々のセレガ、冬恒例の貸し出し

2017-11-29T09:00:00+09:00

先日、長野駅前にセレガが来ていました。 ナンバーから新島々の上高地用セレガHDだと分かります。 17113号車 QTG-RU1ASCA 2017年式 アルピコ交通松本電鉄 松本営業所貸出 長野―松本線に松本ナンバーで運用入りしていたので松本貸出で間違いなさそうです。 他にも松本ナンバーのまま長野―松本線に入っている車を目撃しています。 長野ナンバーになるやつが果たして出てくるのか、これも注目です。 例年この時期ですからね、再登録でナンバーが一気に進むのは。



03470号車デビュー

2017-11-27T09:00:00+09:00

松本には今年度の中古導入車が複数入っていましたが、 長野には全然入らなくてヤキモキしていました。 それが今月に入り、やっと1台が導入されました!! 03470号車 KL-LV280L1 2003年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所 4方向が簡単に撮れる犀北団地まで行ってサクッと撮影♪ 松本所属車は窓下が黒色、長野所属車は窓下白色という識別点があります。 長野の車両については02年式も白色なので、基本的には見た目一緒です。 ただ、車内は違うそうで。同じ国際興業でも年式が違えば色々変わってくるんですね。



アルピコ交通東京 江戸川営業所12/1開設

2017-11-25T09:00:00+09:00

アルピコのHPを何気なく見ていたら、アルピコ交通東京の江戸川営業所が12/1に開設になるとのリリースが出ていました。 これでアルピコ交通東京は現在の本社営業所と江戸川営業所との2拠点体制になります。 具体的に何の事業を行うのか、リリースからでは分からないのが何とももどかしいですね(笑 http://www.alpico.co.jp/traffic/news/003160.html 場所は都営新宿線船堀駅から南へ600mほど行ったところですが、 地図を見る限りでは車庫は置けそうにないです。 ちょっと南側には空地があるようですが、どういう営業形態になるのかも注目したいところです。



バスタ新宿観察

2017-11-23T09:00:00+09:00

私のブログでこれをやる日がついに来るとは・・・・ いや、むしろ遅すぎたと言うべきかww 何せ、高速バス乗る時は新宿行が基本で、帰りは新幹線なのでバスタの上に上がる機会無いんですよね。 新宿着いたらすぐ次に移動しちゃいますし、そもそも最近は池袋行が多かったりorz そんな中、行きが新幹線で帰りが高速バスという日があって、 ついにバスタの上に上がる機会を手にしました!! もちろん早く行って観察していました。当然ですよね。 10分おきに色々来てくれますし、長野県向けのバスが一番多い事は 当初より話題だったので割と効率は良さげなのかなと実感しました。 あと、行った時間帯は京王バス東が出入りする時間帯だったようで、 静岡行と河口湖行が並んで待機していました。 諏訪エリアなんかでお馴染みですが、本当にセレガ多くなりましたよね。 まあバスタ目的で行く事はほぼ無いので移動途中での観察にはなりますが、 今後も機会があれば少し早めに入って楽しみたいと思います♪



ピコピー

2017-11-21T09:00:00+09:00

先日、ラッピング変更を目撃してアップした西工UDオリジナルボディの01507号車ですが、 公式側も一応撮れましたのでアップしてみます。 01507号車 KK-RM252GAN改 2001年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所 こちらもピコピーの黄色がハッキリと目立つデザインになっていますね。 公式側のほうが白目が大きく見えるような気がしますが、非公式側は 非常口があって窓が小さく連続しているので白目部分に目線がいきにくいんでしょうね。 99418号車のほうも無事にラッピング変更されたので、こちらも早く良い状態で記録しないと・・・・



三菱×いすゞ×富士重工

2017-11-19T09:00:00+09:00

少し前に長電バスの新7Eに施工された全面ラッピングが一部で話題ですw それは三菱自動車のアウトランダーPHEVの広告です。 以前、日野のハイブリッドバスに施工されて話題になった車種です。 その時はハイブリッドバスにプラグインハイブリッドバスの広告だったのですが、 今回ラッピングが施工されたのは普通のディーゼル車ですwww 1485号車 KL-LV280L1 200-年式 長電バス 長野営業所 前も言いましたけど、三菱ふそう車いるのに他社製のバスに貼るという(笑 しかも今回はシャシとボディが別で、ボディは富士重工です。 いすゞのシャシに富士重工(=スバル)のボディに三菱自の広告。 趣と言って良いのか分かりませんが、特徴的な車両に仕上がったのは間違いありません。



ぐるりん号の離合

2017-11-17T09:00:00+09:00

長野市中央通りでカメラを構えていたら目の前でぐるりん号がちょうど離合してくれました♪ どちらも長電バス受け持ちの1179・1180号車です。 ポンチョ導入で15分間隔になって以来、長野市内で見かける頻度が更に上がり、 中央通りでの離合のチャンスも増えたように思いますが、 実際どこですれ違うかは道路状況次第なので意外と難しいんですよね。 今回は光線状態も良く、満足いく画像になったと思います。



長野―松本線県庁直行便

2017-11-15T09:00:00+09:00

高速バス長野―松本線の朝には上下1本ずつ直行便が運行されています。 長野発は合同庁舎直行便「ごうちょっ急」。 昭和通り6:50発で長野インター前まで乗車扱いを行った後は松本合同庁舎までノンストップ。 合同庁舎行はこの1本しか無いため、長野道姨捨~長野道安曇野間の乗客は合同庁舎まで乗れる便はありません。 松本発は長野県庁直行便「けんちょっ急」。 松本BT6:50発で、長野道安曇野まで乗車扱いを行った後は長野県庁までノンストップ。 この便は県庁通りをそのまま北上してくるため、唯一3番のりば着となる運用です。 そして、長野BTに停まっていたエアロバスにこんなサボが!!! 早朝行かないと見れないと思っていたサボがたまたま出ていて確認出来ました。 ちなみに、LED表示も県庁直行という文字が入ります。 今度はLED表示もちゃんと撮らないとですね。



長野駅の早朝の光景

2017-11-13T09:00:00+09:00

長野駅の早朝と言えば高速バスラッシュです。 夜行便の到着と、昼行便の出発が重なるのでたくさんの高速バスが見れます。 まだ路線バスがそれほど動いていない時間帯から高速バスは活発に動いています。 最近の撮影ではありません。そして、敢えて縦のアングルで撮影w 高速バスをまとめて撮るなら朝に限ります。 アルピコ交通の新宿線夜行便と長電バスのなんば線は6時より前の到着ですが、 それ以外の夜行便は6時台の到着で、昼行便も6~7時台は多いですからね。



エアロキング、ついにバスコレで模型化!!!

2017-11-11T09:00:00+09:00

いやー、この日をどれだけ首を長く、いや、首を長~くして待っていた事か。 国産バスの王様、エアロキングがついにバスコレで模型化されます。 先日のトミーテック新製品発表会にて発表されました。 新製品の詳細は週明けに、とお伝えしましたが、たくさんの反響を頂いております #バスコレ #エアロキング の、説明会でお披露目させて頂きましたテストショットをこちらにも掲載させて頂きます!リンクのPDFもご覧ください。2018年3月の発売予定です!https://t.co/RazTnwJEIl pic.twitter.com/QnwbsYvJ7k— ジオコレ【トミーテック公式】 (@tomytecdiocolle) 2017年11月9日 http://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20171109_05.pdf 私はもちろん買います。買わないで後悔するぐらいなら、買って後悔します(謎 サイトによっては分解状態の画像も見れるのですが、非常によく出来ています。 1F部分が無かったりするのは、これから別部品が付くのかな?と邪推したり・・・・ 走行化ユニットの開発も期待したいところですよね、1F全部埋めれば良いんですからw 商品リンクも貼っておきます。 こうやって見ると、商品としてラインナップされたんだなあと感慨深いです。    尚、ジェイアールバス東北の2台セットのみエアロキングが入りませんが、 グランドリームの白くて美しい塗装が特徴のガーラと可愛いRJは魅力的ですね♪ このブログでは普段長野県関連の事業者しか扱っていないため、 掲載した事のあるエアロキングははかた号用の車両1回だけでした。 4402号車 福岡200 か 1984 BKG-MU66JS 2009年式 西日本鉄道 この日何故撮れたのか分からない、ほんと偶然の遭遇でした。 もうエアロクィーンに代替わりしているため現在は存在しない車両です。



セレガR GJが2台並ぶ

2017-11-09T09:00:00+09:00

長野BTの高速車待機スペースにセレガR GJが2台並んでいました。 この場所にSHD車が並ぶと迫力満点ですね!! 今や定期便でこの場所にやって来るSHD車はアルピコ交通長野支社のセレガR GJのみ。 以前は松電・川バス両方のエアロクィーンIや、千曲バスの予備車も見れました。 もっと前は信南交通や伊那バスもSHD高速車を所有していましたし、 長野―新宿線開業時の京王担当便はパンダエアロで、長野BT始発でした。 現状その最後となるのが今のセレガR GJ。 今後、セレガーラSHDが路線転用される可能性もありますが、 そんな未来を見たいような、でも最後まで貸切車として走って欲しいような、 ちょっと切なく複雑な気持ちになります(笑



発車モニター

2017-11-07T09:00:00+09:00

今年に入ってからでしょうか、アルピコ交通長野駅前案内所の中に バスの発車を案内するモニターが設置されていますね。 目の前の7番のりばの発車便を6本分表示出来るモニターです。 のりばの表示もありますが、7番のりば以外表示される事はあるんでしょうかねw 高速バスが並ぶ中に川後線が表示される事もある訳ですよね、7番のりば用ですから。 1~4番のりばにも付いてくれると更に良いなと思う、素晴らしい設備だと思いました。 将来的にバスにGPSが付いて、「どこを出ました」みたいな案内も入ったら尚いいですね♪



エアロスター

2017-11-05T09:00:00+09:00

その昔、川バスにはブルドッグやエアロスターM、エアロスターKなど、 沢山のふそう路線車が在籍していました。中古も新車も両方。 対して長電バスにはごく一部にだけ居たイメージ? 今はどちらも中古のエアロスターが在籍しており、 この写真には3台のエアロスターを画角に収める事が出来ました♪ ちなみに一番手前の相鉄エアロスターはこの後に全面ラッピング化されたので 暫くはこの標準色を拝む事は出来なさそうですw



上里SAで出会った2台の千曲バスエアロエース

2017-11-03T09:00:00+09:00

長電バスと同じく西武バス共同運行の千曲バスは上里SAで休憩です。 上里SAは西武・長電・千曲の高速バスが結構来るので最高のポイントですね♪ そんな千曲バスのエアロエースが上里SAで揃いました。 それぞれ他の場所から来た路線同士なんでしょうかね、 繁忙期でもない普通の平日で増車は無いと思うので。 ここは地面が明るいので反射の光も使ってソコソコ明るく撮れるのも良いです。