Subscribe: この漢、バスヲタにつき。
http://bus.naganoblog.jp/index.rdf
Preview: この漢、バスヲタにつき。

この漢、バスヲタにつき。



7番のりばから高速バス松本行が発車しま~す♪



Published: 2018-02-24T09:00:00+09:00

 



当初の運用に戻った40446号車

2018-02-24T09:00:00+09:00

今年に入ってからでしょうか、40446号車が長野駅7・8番のりばに発着するようになりました。 元々40446号車は40350号車に引き続き【73】県道戸隠線用に導入されたと聞きます。 割と早い段階で【74】鬼無里線にコンバートされ、08年秋以降は松代方面専用になっていました。 それが、元・新町の41009号車が松代方面で運用されるようになり、 国際興業エルガも2年に渡り大量増殖した事も関係しているのか、 40446号車が県道戸隠線の運用に戻っているようです♪ 40446号車 KL-LV280L1 2004年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所 ちょっと画像が酷いですが、長野駅7番のりばから左折で出て行くシーンで LED表示も押さえて戸隠線に戻った事をハッキリ撮りたくてこの場所・時間にw 表示が写っていなくて中央通りとかだと戸隠線なのか分かりませんからね・・・・ 特に40446号車はLEDが暗くて順光だと表示が写らないので、無理矢理逆光にしました。



大きなびんずる号

2018-02-22T09:00:00+09:00

びんずる号と言えば赤・緑・紫の専用塗装車とレトロバスの合計4台が専用車として運用されています。 レトロバスなんかは20年を越えていますが、相変わらず頑張って走ってくれていますね♪ 先日、善光寺大門に居たらこんな車両が来ました。 03464号車 KL-MP37JM 2003年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所 気付くのが遅れて後打ちですが、【10】長野駅と表示されています。 直行便ではなく通常便に普通にエアロスターが入るというのはまだまだ珍しいですよね。 まあ、実際は大型ノンステなので観光客需要にもしっかり応えられるベストな選択なんですけどねw



乗降中表示器の文字

2018-02-20T13:00:00+09:00

90年代後半のバスから急激に普及し始めた乗降中表示器ですが、 最初は方向幕のように透明パーツに「乗降中」の文字が印刷され、 後ろから電球で照らす方法が一般的でした。 それが早々にLED球を散りばめて文字を表示する方式に変わりました。 画数の多い「降」の文字のユーモラスさが何だか好きです♪ 乗降中表示器も黎明期からみれば結構種類があるのでいつか纏めてみたいなあ とは思うんですが、何せ部品だけを纏めている時間が無く・・・・



バスコレ第24弾に伊那バスセレガR FSが入りました

2018-02-18T09:00:00+09:00

連続でバスコレの話題ですが、バスコレ通常版の第24弾が発表になりましたね。 今回は初代エアロバスとセレガR FSという組み合わせになりました。 その中で、セレガR FSは4台なんですが、うち1つが伊那バスに決定! 15167号車 KL-RU4FSEA 2003年式 伊那バス 駒ヶ根営業所 もう今は居ない車両な上に走ってない区間での画像ですが、 私のお気に入りのカットのためあえて掲載します♪ 気が付けば伊那バスのセレガR FSも風前の灯です。 たまに長野に来てくれているのを見ると嬉しくなりますね。 ラインナップとしてはこんな感じです。 ○初代エアロバス  阿寒バス(北海道)  福島交通(福島県)  千葉交通(千葉県)  立川バス(東京都)  東急バス(東京都・神奈川県)  大阪空港交通(大阪府)  中国バス(広島県)  宮崎交通(宮崎県) ○セレガR FS  北海道中央バス(北海道)  茨城交通(茨城県)  伊那バス(長野県)  名阪近鉄バス(愛知県・岐阜県・三重県) たしかに第10弾でセレガGDとセレガFDを模型化したのでまだやってないFSなんでしょうけど、 不思議な車種選択ではありますよねw シクレは福島交通のセレガRとかでしょうか?(居るのか知らないんですが・・・・) ところで、紹介文に非常に気になる点があります。 「昭和から平成への時代が変わる頃から現在まで活躍している三菱ふそうMS7と、徐々に引退しつつある日野セレガR-FS」 これだとMS7のほうはバンバン走ってるかのように見えるんですが、 初代エアロバスなんて全盛期の1%も残ってないんじゃないでしょうかね?? 前回同様まだAmazonのリンクが無いため、ジョーシンのURL貼っときます。 http://joshinweb.jp/train/25000/set4543736287773.html ※Amazonリンク追加します。今回も1BOXと専用ケースです。



全国バスコレ、長野県はアルピコ交通です!!!!!!

2018-02-16T09:00:00+09:00

やっとです、待ちました・・・・長かったです・・・・ トミーテックの全国バスコレクション、長野県はこれまで出ていませんでしたが、 選ばれたのはアルピコ交通長野支社の現行ブルーリボンです!!! 写真は17310号車でしたが、わざわざ別で撮ってるっぽくも見えるので確定かもですね。 17310号車 QKG-KV290N1 2017年式 アルピコ交通川中島バス 新町営業所 まだAmazonのリンクが無いので一旦ジョーシンのURL貼っときます。 Amazon(公式)で取扱いが始まったらリンク追加します。 http://joshinweb.jp/train/25000/4543736289173.html 私は実店舗で購入予定です。いや~、何個買おうかな~♪ 実車は2台ですが、保存用と遊ぶ用を複数買ったら実車の数を越えてしまいますがそんなの関係ありません。 それにしても本当に待ちました。 第1弾が発売されたのは2013年3月です。 そこからシリーズ57台目、やっと長野県の番が回ってきました。 全国バスコレって言うぐらいだから47台で終わるだろう、と思ってた私の読みが甘かったですね(涙) 相手がトミーテックだという事をスッカリ忘れていましたw ※Amazonリンク追加します。



車椅子マーク貼り付け車増殖

2018-02-14T09:00:00+09:00

年末から年始にかけて、一部の車両に車椅子マークが貼り付けられました。 全車両の撮影はまだ全然進んでいないんですが、 今回は旧社番で貼り付けられた車両を紹介します♪ 40446号車 KL-LV280L1 2004年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所? 最近の運用では長野営業所に居る?と思わせる部分もある40446号車です。 これほどまでに旧エルガが中古導入によって増えたにも関わらず 奇跡的にこの空調を積んでいる車両が1台も導入されていない事で、 前から見ただけで40446号車と分かるのがこの車両の最大の特徴です。 戸隠線用に導入されたこの車両は高出力エンジンを搭載しているのも特徴です。 型式にエンジン出力が出ない分、レア度が上がっている気もします。



惜しい!あと1文字

2018-02-12T09:00:00+09:00

一部の車両のデータで面白いものがありますので紹介します。 全体でそうなっているのか、貸出により後からそうなったのかは不明です。 本来であれば恐らく横幅を詰めたフォントで表示される予定が、 通常フォントになってしまった結果、1文字入らないという事態に・・・・ ちなみに前面・側面は正しく表示されています。 前面の小さな表示器には横幅を詰めたフォントで表示されてます。 色んな車両、色んな運用があるのでデータを用意するだけで大変そうですね(汗 長野にはまだ居ませんがフルカラーLEDや白色LEDの表示器もどんどん普及していますし、 データの互換性がどれぐらいあるのかも個人的には気になっています。 これらの表示器はシャッタースピードを上げても表示が切れない素晴らしい製品です。 そういう意味でも長野に早く上陸して欲しいなと思ってやみません。



今季も多数貸出

2018-02-10T09:00:00+09:00

新島々のセレガHDやセレガハイブリッドは冬になると運用が殆どありません。 そのため、多くの車両が松本・白馬・長野へ貸し出されます。 今季もたくさん貸し出されています。追い掛けられないぐらいです(笑 16105号車 QTG-RU1ASCA 2016年式 アルピコ交通松本電鉄 松本営業所貸出 東口で見た松本ナンバー車が一律白馬貸出とは言えないのが最近の困ったところw 私の推測では僚車の16104号車が松本貸出っぽいので、 16105号車は今年は白馬かな?と予想していましたがどうやらこれも松本の模様。 13~15年式のセレガハイブリッドがどこに行ってるのかも分からないんですよね・・・・



02509号車、びんずる号運用

2018-02-08T09:00:00+09:00

本来【79】川後線用のエルガミオが先日【10】びんずる号運用に入っている姿を目撃しました。 ある意味、大型車が代走に入るより珍しいんじゃないでしょうか?? 02509号車 KK-LR233J1改 2002年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所 平日の日中に02509号車が長野駅ロータリーに入るシーンの珍しさ。 これを撮れただけでも良かったなと思える瞬間となりました♪ 車種としては中型ノンステという事で善光寺線にバッチリなんですけどね、 何せ超ローカル線専属車両なので市街地運用には縁が無いんですよね。



みすずハイウェイバスの回送

2018-02-06T09:00:00+09:00

駅前に姿を現した05年式セレガHDの様子です。 回送表示で長野大通りへ左折していきました。 40596号車 ADG-RU1ESAA 2005年式 アルピコ交通川中島バス 長野営業所 このブログで長野の05年式セレガHDを載せるの何年振りだろう…という世界です(笑 川中島バスが3台を導入しましたが、2台は新社番になって現在アルピコ交通東京に在籍。 唯一残っているのがこの写真の40596号車です。 座席背面テーブルを装備しないのが川バス05年式セレガHDの特徴。 また、観察する機会が殆ど無いため最新情報は分からないのですが、 ALPICO Wi-Fiのステッカーを昨年夏以降も貼られていない事から、 県外路線の1号車への充当は不可能になっているのかもしれませんね。 というのも、長野ではみすずハイウェイバスという県外路線並みに所要時間の掛かる県内路線があり、 従来は共通仕様で運行されてきましたが、県外路線にはWi-Fi・コンセントが必須となったため 共通運用では追加工事が必要になる車両数が不必要に増えてしまう事から、 最近では完全にセレガR FD・古いセレガHDの固定運用にされています。 これらの車種にはステッカー等からも上記の追加装備を施工していない事はほぼ間違いなく、 Wi-Fiだけ装備(これは以前から)している40596号車は県外指定は出来ないんですよね。 06076号車はALPICO Wi-Fiステッカー貼ってありますが、コンセントはあるんですかねえ。 あと、私は40666号車と相性が悪いのか半年以上見れていません。 今の40666号車の仕様が知りたいところです。



県内用エアロエース初導入

2018-02-04T09:00:00+09:00

長電バスに年の瀬差し迫った頃に納車されたとみられるエアロエース。 ロゴや車体仕様の差からも分かる通り、県内用のトイレ無し仕様です。 特急色のセレガR・セレガHD・エアロエースの3車種が揃うのは短期間かもしれません。 このカラーリング本当にカッコいいんですよね。 1638号車 2TG-MS06GP 2017年式 長電バス 長野営業所 非公式側のルーバーでMS06である事は分かるのですが、この車、 何と側面窓の前方側下部に付くはずのエンブレムがありません。 これがMS06の最大の識別点だと思っていただけに肩すかしを喰らいました(T T) これからエアロエースを見る時、エンブレムがあれば勿論MS06でしょうが、 無くてもMS06の可能性があると思わなければならなくなりました。



LED表示器搭載の長電バスの貸切用セレガ

2018-02-02T09:00:00+09:00

昨年秋に導入された長電バスの貸切車、ようやく撮れました。 残念ながらガチガチに凍結した氷のせいでLED表示器は見えず(笑 1621号車 (2TG-RU1ASDA) 2017年式 長電バス 長野営業所 超久しぶりのジェイ・バス製の貸切車です。 高速車・急行車では僅かですが導入されていますが、 貸切車に限ると06年式の690号車以来11年ぶりです。 しかもハイデッカーの12mセレガとなると長野22~時代以来。 私が撮れている中では96年式の2127号車以来21年ぶり。 2台導入されたらしいので、もう1台もはやく撮影したいなあと♪ 前面のみですが行灯にLED行先表示器を装備したという事は、 写真のような冬場の急行運用にはもってこいの車両といえます。 ごく稀にある新潟線の代走や2号車にも使えますね。



ブルーリボンシティハイブリッドには黒いラッピングが似合う?

2018-01-31T09:00:00+09:00

この冬に登場したバス車体広告の中にこんなものがありました。 881号車 BJG-HU8JMFP 2008年式 長電バス 長野営業所 881号車に黒姫の広告が入りました。 黒色で文字が白色、非常に目立つ仕様になったんじゃないかと思います。 以前、10年式の2台が三菱自動車のラッピングになった時は真っ黒でした。 ブルーリボンシティハイブリッドには真っ黒のラッピングが似合う気がします。 顔もブラックフェイスですしね、意図的なのかな~?なんて思ったりもw



駅前右折シリーズ復活

2018-01-29T09:00:00+09:00

北陸新幹線延伸開業に合わせて整備された長野駅善光寺口ロータリーが完成したのはもう3年も前の事。 工事期間もかなり長かった(2年半)ですが、それ以上の期間が過ぎています。 工事期間には数多くのバスがロータリーに入らず右折していったのでシリーズ中止していましたが、 その後は8番のりば発着の戸隠線・鬼無里線・川後線・高府線のビッグハット行が 8番のりばへ右折していく以外はロータリーに入るようになりました。 そのため、上記路線の車両以外は駅前右折シリーズ復活と言って良いでしょう(笑 ぐるりん号が千石入口までで乗客ゼロになった場合などで見られますが、 工事以前より右折回送されていく車両が少なくなった気がしないでもないような・・・・ そんな中、絶対上記路線に入らないであろう車両が右折していった様子がこちら。 02442号車 KL-LV280L1改 2002年式 アルピコ交通川中島バス 若槻営業所 やっぱりここの右折ってカッコいいですよね。 歓迎アーチがあったらもっとアツかったかもしれませんが贅沢は言えませんw



KC-代ワンステ7Eの尺違い

2018-01-27T09:00:00+09:00

長野BTにて個人的にとても参考になる写真が撮れましたので共有しますw アルピコ交通には現在、ワンステ7Eは2台在籍しています。 いずれも長野支社の車両で、元・横浜市交の41035号車はL尺。 元・京成バスの41081号車はN尺。どちらもワンステで中扉4折戸仕様。 大きく違うのは尺とフロントバンパーぐらいで、似ている2台です。 基本的に尺が違う場合は前扉と中扉の間の長さが変わります。 写真の前輪の後方にあるパネル分割線に注目です! L尺の41035号車はパネルの幅が狭くほぼ正方形。 N尺の41081号車はパネルの幅が広く明らかな長方形。 窓割などでも分かったりするんですが、最近のバスはサッシが黒色な上に 元事業者が違うと窓割や方向幕の位置が違ったりするので見分けにくい場合もあるんですよね。 まあ、パネルの分割線もシャシメーカーが違ったり事業者が違ったりすると差がある場合もあるんですけどね(汗 あと、よく見ると側面のウィンカーの位置が微妙に違います。これは何の差でしょうか・・・・?



アールエフラッピング2題

2018-01-25T09:00:00+09:00

昔からアールエフのラッピングはアルピコ・長電に各1台が基本。 代替わり時期などで4台になっている事もありますがw 10年前はツーステの都営ブルーリボンHTの2台でした。 そこからの変遷を経て、現在は2台共にノンステになりました♪ この2台、よく並んで撮れる気がします。 LED表示を撮るためにシャッタースピードを落としていたため1053号車が大きくブレるという・・・・orz またチャレンジしたいと思います。



全中スケート大会ラッピング'18

2018-01-23T10:00:00+09:00

長電バスの920号車と947号車は長電バスの長野地区で最後となる前後扉車です。 同じ東武レインボーでも前中扉仕様がある中、今となってはとても特徴的な2台です♪ 947号車は導入から少ししてラッピング化されて以降、ずっとラッピング車です。 920号車は色んなラッピングが施されては撤去されを繰り返しています。 いま920号車は全中スケート大会のラッピングとなっています。 その2台が長野駅ロータリーで並びました。 この2台、昼前に並んで入ってくるところを時々見掛けます。 ちなみに920号車は全中スケート大会ラッピングの指定車となっており、 3年連続で全中スケート大会のラッピングを纏っています。 毎回デザインは一緒で、日にちなどが変わっているだけと思われます。 このラッピングを見ると「ああ冬が来たんだな」と思うようになりましたw



通路両側タイプの補助席

2018-01-21T09:00:00+09:00

40531号車に乗った事がある方は分かると思うんですが、 通路の両側に補助席がセットされているんですよね。 これって、2人で座れる(片側を通路に出来る)という意味なのか、 片ケツずつ乗せるという意味なのか、どっちなですかね? 40531号車の画像を見ていたらふと気になってしまいました(笑 最近ではブルーリボンHIMRでも補助席付きは珍しくなりましたが、 今でも補助席が残っていると思われる99363号車なんかは 普通の観光バスと同じく補助席片側設置なんですよね。



バスコレ「JRバス30周年記念8社セット」

2018-01-19T09:00:00+09:00

バスコレで過去最大の商品ではないでしょうか?? オープンパッケージで8台セット、しかも収録されるのはJRバスだけ。 それならば1セットは買うしかないでしょう!笑 その名もJRバス30周年記念8社セット。 パッケージはこんな感じです。 この専用装丁、いつもの紙素材ではありますがなかなか良いです。 サイズは通常シリーズ専用ケースより一回り小さいぐらいの大きさです。 そして外側の蓋を開けるとこんな感じです。 左側(蓋の裏)の詳細については購入するか、店頭でご覧頂くのが良いのではないかと思います。 余白が大きいのでこのサイズのケースになっていますが、並べ方も良いなと思いました♪ 流石に高額商品なのもあって2個目(開封用)までは買えませんでしたが、 私はしばらくはこのケースに入ったままで楽しみたいと思います。 これからJRバスのエアロキングも発売されますし、一緒に楽しみたいなと♪



長電バスの初代ぐるりん号

2018-01-17T09:00:00+09:00

昨年、長電バスの初代ぐるりん号用エアロミディがLED化された事は記事にもしました。 LEDになった事で雰囲気が変わりましたよね♪ 68号車 KK-MJ23HE 2000年式 長電バス 長野営業所受け持ち LED化された事で18年前の車両とは思えない仕上がりになったとも思えるような? ちょうど発売されたばかりのバスコレ第23弾を見ても思いますが、 エアロミディってホント古さを全く感じない素晴らしいデザインですよね。 2012年秋のぐるりん号再編後、引退してしまうのかなと思っていましたが、 2018年になっても3台の初代車両は全て現役という嬉しい誤算でした♪ 実際、ポンチョよりこのエアロミディのほうが収容力もあって良かったりするんですよね(笑 ポンチョの幅広仕様があれば良かったんですけど、やはり中型幅のエアロミディのほうが分があります。