Subscribe: ヒダカズの「ココロの授業」比田井通信編
http://hidakazu.naganoblog.jp/index.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language:
Tags:
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: ヒダカズの「ココロの授業」比田井通信編

ヒダカズのココロの授業-比田井和孝・美恵ブログ



「私が一番受けたいココロの授業」著者、ウエジョビ(上田情報ビジネス専門学校)副校長比田井和孝と校長比田井美恵の公式ブログ。 ヒダカズが「幸せなるためのココロのあり方」をテ



Published: 2017-11-16T18:41:53+09:00

 



この一敗に意味がある

2017-11-16T18:41:53+09:00

11/11に配信された比田井通信よりお届けします! 比田井通信-あなたは幸せです!-第526号 (2017.11.11発行) おはようございます。 突然ですが、本日、11月11日は 「ポッキーの日」ですが、 私にとっては大きな記念日のひとつなんです。 2004年11月11日。 ウエジョビで初めて 「就職対策授業」を行った日なんです。 「私が一番受けたいココロの授業」のオビに 黒板がありますよね、その日は「11月11日」となっています。 ちょうど1年前、山村留学先で カンタが「12周年のお祝いコメント」を送ってくれました↓ ということで、本日は 「ココロの授業誕生13周年」のめでたい日なんです! 今年もカンタが、記念日を覚えてくれていました。 心優しい息子です! 話は変わりますが、 平昌オリンピックカーリング男子 日本代表チームの「SC軽井沢クラブ」が パシフィック・アジア選手権で3位に入賞しました。 9月に武藤團長と一緒にウエジョビに来てくれた 山口剛史選手も大活躍です。 2017.11.9 16:34 【カーリング】男子に世界選手権出場枠 女子のLS北見は優勝逃す (9月の様子↓) プレッシャーに負けない自分を作る~オリンピック選手の言葉~ プレッシャーに負けない自分を作る2~今に集中~ ただ・・・、「3位に入賞」と書きましたが、 彼らが目標としていたのは「優勝」だったんです。 1次リーグでは、8戦全勝でリーグを勝ち上がって 決勝トーナメントでリーグ戦では勝っていた韓国に 負けてしまい、なんとか3位決定戦で勝って かろうじて来年の「世界選手権出場枠」を獲得したという結果でした。 オリンピックを前に ここは優勝をして勢いをつけて いきたいところでした。 ところが、3位だったんです。 山口選手は毎日ブログをアップしています。 カーリング生活 山口剛史オフィシャルブログ 私も数日に一度はチェックをしているのですが、 この結果を山口さんがどう受け止めているのか 気になってみてみました。 そしたら、こんなことが書いてありました↓ =========== 結果は9勝1敗。 この1敗に意味があるんだと感じています。 =========== 11月10日のブログ パシフィックアジアカーリング選手権最終日 応援ありがとうございました! より どうですか、 私は「おぉ~!」って思いました。 「この1敗に意味がある」ってなかなか言えないですよ。 なんとなくですね、私もですね、 今回のパシフィック・アジア選手権の この結果は、オリンピックで最高の結果を出すために 必要な結果なんじゃないかなぁ~と思うんです。 山口さんもこのヒダツーの読者です。 カナダでも、オーストラリアでも このヒダツーを読んで下さっているそうです。 先日も山口さんから、 「先生のメルマガを見ていると  ハッとなることが多いです。本当に助かっています!」 なんて嬉しいメールを頂きました。 みんな同じヒダツー仲間として ぜひ、SC軽井沢クラブを応援してあげてください! さて、今日のテーマは「負ける」です。 やけに最近、私のところにやってくるんです。 この「負ける」というキーワードが・・・。 山口さんが先ほどのコメントを書いた前日。 我武者羅應援團がこんな動画をアップしました↓ いつものことですが、彼らのメッセージは最高です。 伊澤さん、言ってます。 「高校三年間負けっぱなしだったけど  あの時の一球の感触を今でも俺は覚えている」と。 手を伸ばしたその一球に意味があるんです。 さらに、私のところにこんな動画が届きました。 私のフェイスブックの書き込みで読者の方が教えてくれたんです。 毎日、書き込みをチェックしているわけではないのですが、 私がこの動画を観たのは昨日です。 もぉね、蔦監督、最高です。 こんな素晴らしい方だったんですね。 どうぞご覧ください↓ どうですか? 蔦監督が、甲子園で負けた後、 引退していく3年生に伝えた言葉 =========== 今まで、野球に勝て、勝て! としか言ってこなかったが あれは嘘や。 全国制覇する1校をのぞいて みんな負けるが高校野球じゃ。 高校野球なんてものは 人生の一部や。 これからの長い人生 勝ち続けるなんてむりや。 勝つことよりも 負けるときがほとんどや。 大切なことは 腐らず生きて、 生きて、生きて、 生きのびることや。 人間は死んだらあかんのや 人生はな敗者復活戦や ワシも池田高校を 甲子園につれてくるのに 20年もかかった せやからおまえらも 負け続けても頑張れ =========== 最後にこのメッセージを受け取った 3年生は幸せですよね。 今日は「負ける」というテーマで お話しました。 ↓こちらもよろしくお願いします。(*^o^*) 何をもって考えるかで人生が変わる ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.9.13放送 我武者羅應援團「アスリート応援大賞」発足式での 有森裕子さんの言葉のお話のつづきです。 その他のバックナンバーはコチラ↓ ■■第13回ココロの授業講演会■■■ 12月23日(祝)12:30スタート ゲスト講師:海洋冒険家 白石康次郎氏 ↓ご予約はこちら! 12月23日(祝)12:30 第13回ココロの授業講演会 白石康次郎×比田井和孝講演会 ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H29/12/10(日)長野県千曲市/10:00~11:30/千曲市ふれあい情報館/入場無料/定員100名(参加には事前申込が必要です。受付11/10(金)より開始)/NPO法人エリアネット更埴026-272-7772または市民活動交流センターえりあねっと026-214-7220 ●H30/2/1(木)長野県中野市/13:30~15:00/中野市中央公民館3階講堂/入場無料/中野市中央公民館 0269-22-2691



失敗の立ち直り方を知らない人は、失敗しないように生きるしかない

2017-11-15T20:00:26+09:00

比田井通信-あなたは幸せです!-第525号 (2017.11.3発行) 先日の10月29日。 白石康次郎さんと喜多川泰さんの コラボ講演&対談に愛知に行ってまいりました。 ちょうど、愛知県に台風が最接近した日でした。 喜多川さんの講演中に 演台の上に雨漏りで水がポタポタ落ちて来るという ハプニングもありましたが、無事にイベントが終了しました。 主催者の皆さんはかなりハラハラドキドキしたことと思います。 で・・・、やっぱり素晴らしいイベントになりました。 今回は白石さんと喜多川さんの対談が 90分もあったんです。 それをライブで観ることができるんです。 面白かったですよぉ~。 その中で、私にとって 「なるほどぉ~」と思えるお話があったんです。 それが「エスキモーロール」の話です。 毎年、喜多川さんと白石さんは芳直さんが夏に主催する 「四万十セミナー」の講師を務めています。 この四万十セミナー、 私も一度参加したことがあるのですが、 講演を聴いた翌日に四万十川でカヌーをやるんです。 カヌーと言うのは当然ですが ときにひっくり返って水に沈みます。 これを「沈(ちん)する」といいます。 エスキモーロールとは 沈した時にパドルを使って自力で 起き上がることをいいます。 この映像を観て頂いた方が早いですね↓ 喜多川さん、一昨年の四万十セミナーで 白石さんにこのエスキモーロールを 教えてもらったそうです。 これがですね、 そんなに簡単にできるものではないんですよ。 映像をみると 簡単そうにやっていますが、 初心者の人がやっている姿をみたら このエスキモーロールが どれだけ難しいかわかります。 こんな映像見つけました↓ どうですか? 普通はこんな感じなんです。 あの喜多川さんでも そう簡単にはマスター出来なかったそうです。 で・・・、 ここからが喜多川さんが凄い所なんですが、 昨年、白石さんがヴァンデ・グローブにいきましたよね。 喜多川さんはその白石さんに 「次会う時までに、『エスキモーロール』を  マスターしておきます」 って言ったそうです。 喜多川さんって、約束は必ず守る人です。 で・・・、喜多川さん、昨年1年かけて カヌーの練習をやって、 ホントにエスキモーロールをマスターするんです。 その対談の中でその映像が流れたんです。 白石さんもビックリですよ。 「喜多川さん、スゴイねぇ~!」の連発です。 それもかなりの急流のなかで エスキモーロールをやっているんです。 まずその映像に私、驚いたのですが、 喜多川さんはただ、 「約束まもりましたよ!  エスキモーロール、できましたよ!」 という自慢をしたくて その映像を観せたのではありませんでした。 大事なのはこの後なんです。 こんな話をしてくれました。 ========== エスキモーロールをマスターする前は カヌーに乗るときには 「沈(ちん)しないように気を付けます」  (※沈する…カヌーが転覆すること。) って言っていたんです。 ところが・・・、 エスキモーロールができるようになったら、 より激しい瀬にチャレンジしてみたくなったんです。 ========== これ、確かにそうです。 喜多川さんは人生も一緒だということを 伝えたかったんだと思うんです。 失敗したときの 立ち直り方を知らない人は、 失敗しないように、 失敗しないように、 生きていくしかないんです。 つまり、常に無難な生き方をするしかないんです。 「無難な生き方」というのは、 確かに「無難」ですよ。 でも、面白くないですよね。 逆に、失敗しても 自分で立ち直れる人は、 挑戦したくなるんです。 冒険したくなるんです。 もちろん、失敗しますよ。 でも、ときにうまく行くこともあるんです。 これが、「人生の醍醐味」ですよね。 失敗したときには・・・こうする。 うまくいかなかったときには・・・こうする。 決めておけばいいんです。 あとは、成功を目指して精一杯やるってことです。 ここで大事なことは エスキモーロールと一緒で 実際にやってみないと その難しさはわかりません。 さっきも観ましたよね。 上手な人がやっているのは こんな感じです↓ ホント、簡単そうにやるんです。 でも、実際はこうですよ↓ この方だって、きっと 動画とか本とか見てイメージはあったと思うんです。 「やり方」は知っています。 でも、実際はそんなに簡単なものではありません。 だから、「実際にやる」ってホント大事です。 だから、「実際に失敗する」ってホント大事なんです。 それを何度も繰り返して、 失敗からの立ち直り方を知るんです。 そしたら、人生、怖いものはありません。 喜多川さん、ありがとうございました!!! ↓こちらもよろしくお願いします。 どっちに舵を切る?…何をもって考えるのか。僕は「うらみ」では考えない。 ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.9.6放送 我武者羅應援團が「アスリート応援大賞」を発足しました。 その発足式で武藤團長が選んだのが有森裕子さんです。 対談の中で有森さんが言った、私にとって衝撃の言葉、それは・・・ その他のバックナンバーはコチラ↓



あらゆるものから心を離す

2017-11-14T17:51:23+09:00

10/21に配信された比田井通信よりお届けします! 比田井通信-あなたは幸せです!- 第523号 (2017.10.21発行) これまで、比田井通信では、 白石康次郎さんの 「なんで、わざわざやったんだ?」 の言葉から中村天風さんのエピソードまで 3週にわたってお話してきました。 なんでわざとはずしたんだ?~ある女子プロゴルファーへの言葉~ 「落ちるかも」と思う心が崖から自分を落とす。 天の声~病気も運命も心が決める~ 先週の中村天風さんとカリアッパ師のやりとりの エピソード・・・・、やっぱり難しかったですかね。 ちょっと長かったですしね。 このメルマガ、中学生や高校生も読んでいますので 「ちょっと、これは難しいかなぁ~」と思いながら発行をしたのですが、 やっぱり、ちょっと難しかったですよね。 で・・・先週はあまりに長くなってしまったので 書きませんでしたが、 私なりの解説を今日書きたいと思います。 天風さん、カリアッパ師から 「天の声を聴け!」と言われて 毎日「天の声」を聴こうとするも、 まったく「天の声」を聴くことができず、 最後はやけくそになって、 その場に寝転んで天を仰ぎ見たんですよね。 その時、天を漂う雲も見ながら 一瞬、心が無心になっている自分に気づくんです。 その時は鳥のさえずりや滝の落ちる音が 耳では聴こえていても心がそこから離れている状態になったそうです。 カリアッパ師は この状態こそが「天の声」を聴いている状態だと言うんです。 つまり、 「天の声」を聴いている状態というのは 病や運命から心が離れている状態だということです。 例え、体には病があっても その人は病人ではありません。 例え、運命が悪い人でも その人は運の悪い人ではありません。 カリアッパ師はこう言いました。 「たとえ病がないときでも、  病のことを心が考えりや、  病があるのと同じだ。  運命が良くとも、  運命が悪いときのことを考えてりや、  その人は運命が悪いのと同じだ」と。 つまり、すべては心が決めているということです。 だから、 「これからできるだけ心を、  病からもあらゆるものからも離すんだ」 とカリアッパ師は天風さんに言います。 このとき、天風さん、 「それをやったら、  病が治りますか?」 と聞きます。 「治る、治らないなんてことを考えちゃ駄目だ。  そう言ったらもとに戻ってしまうだろ。  そうして生きるのが人間の本当の生き方だから、  そう生きろと言ってるんだ」 とカリアッパ師。 この答えが、私は深いなぁ~と思うんです。 「それをやれば治るならやりますが  そうでなければ、やりません」 と考えている時点で心が病から 離れていない状態ですものね。 その状態では なにをやってもうまくは行きませんよね。 そして、さらにカリアッパ師は 「そうして生きるのが  人間の本当の生き方だから  そう生きろと言っている」 と言っています。 つまり・・・、 「病」や「悪い運命」から心を 離しながら生きるのが人間の本来の生き方 だということを言っているのだと思います。 あっ、これは、 けして、現実の嫌なことから逃げて 現実逃避をしろって言っているわけではないですよね。 むしろ、逆に その病や、運命を受け入れて でもそのことに心を囚われることなく さらに言うと、 目の前に与えられたことを 精一杯やりなさい。 ということだと思うのです。 また、今日も難しいお話になってしまいましたね。 でも、 もしも、ヒダツー読者の皆様の中で 一人でも二人でも 役に立ったと思ってくれる人が居たら もう、最高です! 私も今日も頑張ります! ↓まったく関係ありませんが、  最近、息子とそっくりだってよく言われます。^_^; ↓ウエジョビのブログ、こちらもよろしくお願いします。(*^o^*) 「学習室で雑談をしている人がいて困っています…」 ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.8.23放送 サッカー日本代表本田圭佑選手が大学生に送った意外な言葉。 「考えれば考えるほど、  人としてこの地球に生まれてきたこと自体、  そんなに意味はないんだと思う・・・。」 その他のバックナンバーはコチラ↓ ■■第13回ココロの授業講演会■■■ 12月23日(祝)12:30スタート ゲスト講師:海洋冒険家 白石康次郎氏 ↓ご予約はこちら! 12月23日(祝)12:30 第13回ココロの授業講演会 白石康次郎×比田井和孝講演会 ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H30/2/1(木)長野県中野市/13:30~15:00/中野市中央公民館3階講堂/入場無料/中野市中央公民館 0269-22-2691



天の声~病気も運命も心が決める~

2017-11-13T19:59:37+09:00

10/14に配信された比田井通信よりお届けします。 ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第522号 (2017.10.14発行) 先週の中村天風さんの師匠のカリアッパ師の 「どうしてわざわざ、落ちなきゃいけないんだ?」の言葉の お話、反響がとても大きかったんです。 「落ちるかも」と思う心が崖から自分を落とす。 ちょっといろいろと調べたんです。 中村天風さんはアメリカに行っても ヨーロッパに行っても、 なかなか治らない結核を このカリアッパ師に弟子入りして 2年半の修行で結核が治るんです。 これ、気になりません? どんな修行をしたんでしょうか? そしたら、こんなブログを見つけました↓ ブログ Yokoi Hideaki 天の声を聴く 中村天風師のインドでの悟り ============== (上記ブログより抜粋) (ちなみに「三郎」とは中村天風の本名です) 三郎の乗った貨物船はエジプトのアレクサンドリアに入港しましたが、 ある事情で五日間の停泊を余儀なくされます。 船底の船室で病に伏している三郎を心配した船乗りの一人が、 何も食べないのは体に毒だと、上陸して食事をするように薦めます。 食欲の全くない三郎は断るのですが、 船員は親切に三郎を抱え上げて食堂に連れて行きます。 拒絶したい気持ちより、申し訳ない気持ちが勝ち、 言われるままにスープに口をつけ、 一口、二口飲んでいると 食堂の反対側の浅黒い肌の紳士が目に入りました。 その紳士のところにはボーイが最敬礼で食物を運んできます。 三郎は「どこかの王族かいな?」と思ったそうです。 そして不思議な光景を目にします。 当時のエジプトには親指の先ほどの大きなハエがいました。 その大きなハエを紳士が指指すとハエが動かなくなり、 それを召使が長い箸で捕まえて灰皿に投げ入れています。 その不思議な光景に見とれていると、 「こっちへ来い」とその紳士が 流ちょうな英語で三郎に話しかけてきました。 一人で食堂まで来ることもできなかった三郎が、 言われるままにフラフラとその人の脇まで歩いて行ったそうです。 以下は天風師が語られたその時の会話です。 紳士)お前はどこへ行くんだい? 三郎)日本です。 紳士)墓場をこしらえに行くのかい? 三郎)やむをえず、そうなります。 紳士)そうかい、ところで、お前は右の胸に大きな病を持っているね? 三郎)何故わかるのですか? 紳士)インスピレーションだよ。    でも、何の用があって墓場を掘りに行くんだね?    誰かに言われたのかい? 三郎)そうではないですが、やるべきことをやっての果てです。 紳士)お前はこの世界にあるすべての事をやってみたのかい? 三郎)そうではありませんが、    良いと思うことは全てやってみました。 紳士)だけど大事なことでやっていないことが一つあるぞ。    とにかく理屈は抜きだ。俺についてくるかい? ここで普通の人なら「貴方はどなたですか?」とか 「どこへ行くのですか?」とか聞くのが当たり前ですが、 三郎は直ちに「サーテンリー(かしこまりました)」と即答したといいます。 この紳士がカリアッパ師でした。 そして、行先も聞かないまま旅を続けること数ヶ月、 カリアッパ師一行は北インドのある村に着きます。 [...]



「落ちるかも」と思う心が崖から自分を落とす。

2017-11-07T08:46:28+09:00

10/4に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第521号 (2017.10.4発行) 前回のヒダツー520号で、 白石康次郎さんの 「なんで、わざわざ失敗したんだ?」 の言葉を紹介しましたよね。 ↑写真は、ヴァンデ・グローブを終えて帰国したときのものです。 その時の記事はこちら せっかく失敗したんだから… このお話が予想以上の反響でして・・・ 「心当たり、あります!」とか、 「あのときの結果はわざわざ、  自分がやったことだったんですね」 という感想を頂きました。 まだ読んでいない方は、 こちらからバックナンバーをご覧ください↓ なんでわざとはずしたんだ?~ある女子プロゴルファーへの言葉~ で・・・、実はですね、 あのお話、続きがありまして・・・ 続きといいますか、 余談と言いますか・・・。 白石さんがなぜ、その言葉を言ったのか・・・ その前に、中村天風さんという方がいます。 ウィキペディアには ========== 中村 天風(なかむら てんぷう、1876年7月30日 - 1968年12月1日)は日本の思想家、実業家。 日本初のヨーガ(ヨガ)行者で、天風会を創始し心身統一法を広めた。 ========== と書いてあります。 私が生まれる前の年に亡くなった方なんです。 私が初めて「中村天風」のことを知ったのは 喜多川泰さんが「中村天風の本を読みます」と 言っていたのを聴いた時です。 「そんな人がいるんだ・・・」と思ったのを覚えています。 で・・・、 今回、ヒダツーに書くのに どんな人なのかを調べてみたら ウィキペディアにこんなことが書いてあったんです。 ちょっと簡単に書きますね↓ ============= 16歳の時に帝国陸軍の軍事探偵(諜報員)となり満州へ赴き、大連から遼東半島に潜入し錦州城、九連城の偵察を行う。日露戦争が迫った1902年(明治35年)には再度満州に潜入し、松花江の鉄橋を爆破したり、仕込杖で青竜刀を持った馬賊と斬り合いを演じるなどの活躍を見せ「人斬り天風」と呼ばれたという。1904年(明治37年)3月21日にはコサック兵に囚われ、銃殺刑に処せられるところであったが、すんでのところで部下に救出された。その後天風は様々な危険を乗り越え、無事目的地の大連に到着した。日露戦争に備えて参謀本部が放った軍事探偵は合わせて113名いたが、そのうち生きて大連に到着したのはわずか9名であった。 ============= これ、どうですか? 私、中村天風という名前の響きから 立派な宗教家か思想家的な人だと思っていたんです。 ところが、スパイ映画の主人公みたいな人なんですよ。 ところがですね、 さらにウィキペディアを読み進めていくとですね。 日露戦争が終わった後、通訳の仕事をしているんですが、 肺結核になりまして・・・ あの北里柴三郎さんの治療を受けても なかなか、よくならず・・・ そんなときに、 たまたま読んだアメリカの作家オリソン・スウェット・マーデンの 『如何にして希望を達し得るか』を読んで感動して、 病気のために弱くなった自分の心を強くする方法をみつけるために アメリカに渡り、マーデンに会いに行きます。 ところがマーデンにはたいして相手にされず、 [...]



なんでわざとはずしたんだ?~ある女子プロゴルファーへの言葉~

2017-10-17T08:46:30+09:00

9/30に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第520号 (2017.9.30発行) 9月15日に白石康次郎さんとコラボ講演を 島根の益田でしました。 久しぶりに白石さんとゆっくりお話もできました。 やっぱり、白石さん、 面白いですし、 深いです。 講演会終了後の懇親会で こんなお話を聴きました。 3月に白石さんは 有名女子プロゴルファーの方と テレビ番組に出演しました。 (仮にA子さんとしておきます) A子さんは 過去、賞金女王にもなっているスゴイ選手です。 ただ、ここ数年、優勝から遠ざかっていました。 そんなA子さんと3月に出会って、翌4月。 A子さんに久しぶりの優勝のチャンスがやってきます。 大会最終日、A子さん 最終ホール2位の選手と2打差で首位。 2打差ですから、普通にやっておけば まず、間違いなく優勝です。 ところが、5mのバーディパットを 相手が決めて11打差に迫ってきます。 それでも1mのパーパットを沈めれば優勝という場面で、 プロゴルファーにとって1mのパットというのは 決して難しいパットではないですよね。 ところが、A子さんそのパットをはずしてしまいます。 そして、プレーオフ。 A子さんは池にボールを落としてしまって 負けてしまいました。 数年ぶりの優勝がなくなったんです。 その直後に、白石さん、 A子さんと電話で話したそうです。 そのときに白石さんが A子さんに言った言葉が・・・ 「なんで、あのパット、  わざわざ、はずしたんだ?」 って言ったそうです。 どうですか? 普通、そんなこと言います? 誰だって、そんな大事なパットを わざわざ、はずす人なんていませんよ。 だから、それを聞いたA子さん、 「なに言ってるんですか!  わざとなんてはずしてませんよ!」 って怒ったそうです。 でも、白石さん、 「いや、わざとはずしたんだ!」 って言ったそうです。 この言葉、 深いですよね。 ここからは、私の解釈で話します。 もちろん、わざとはずすなんて そんなことするわけないですよね。 でも、白石さんが言いたかったことは こういうことだと思うんです。 どんなことでも、 どんな結果でも、 それは「必然」だってことじゃないでしょうか。 その最終ホールの大事な それもたった1mのパットを はずしてしまうような精神状態を 自分が作ってきたってことを自覚しろって ことじゃないでしょうか。 それを「わざわざ、はずした」という 言葉で言ったんだと思うんです。 これをですね、 「たまたまあのときは、ツイていなかったんです」とか 「たまたま、プレッシャーに負けました・・・」 と思っていたら、 また、同じことになるんです。 逆に言えば、 「自分があの状況を作った」と自覚できたら、 「自分がわざわざパットをはずしたんだ」と 思えたら、自分がやるべきことがわかるじゃないですか。 「次は自分次第でなんとでもなる」って思えるじゃないですか。 きっとA子さん、 白石さんのその言葉の意味を分かったと思うんです。 1ヶ月後の大会で 数年ぶりの優勝を果たしました。 きっと、この優勝、 白石さんのおかげです(笑) さすが、白石さんです。 もしも、うまくいかなかったときに 「あれは、自分がわざわざやったことだ」と 考えることができたら未来は明るいです。 それは一見、理不尽なことだったり、 どう考えても自分に否はないと思うようなことでも 「自分がわざわざ、やったこと」 と考えてみてはいかがでしょうか? これは、自分を責めるという意味ではないですよ。 「自分がやってきたことに相応しい結果がでただけ・・・」 と考えるだけで、未来は明るいです。 今日は短いですが、 白石さんに教えて頂いた深いお話をしました。 その白石さん、今度は愛知の大府市に来ます。 しかも、喜多川泰さんとのコラボ講演です。 先週、主催のTeamBASEの方がチラシを持って ご挨拶に来てくれました。 そのときに言っていたのですが、 今回のメインは白石さんと喜多川さんの対談です。 これ、ホント楽しみです。 あっ、もちろん、 私、行きます! チケットも購入しました! 昨日、名古屋の高校生に講演をしたのですが、 800枚チラシ配ってきました。 高校生、無料なんですって! こんなラッキーなことないですものね。 ぜひ、10月29日、大府市で会いましょう!!! ■白石 康次郎×喜多川泰講演会in大府市 1.日程 2017年10月29日(金) 14:00~19:00 2.会場 愛知県大府市勤労文化会館 3.内容   ①喜多川泰氏 講演  ②白石康次郎氏 講演  ③白石康次郎氏×喜多川泰氏 対談 4.参加費  一般   5,000円  大学生  3,000円  高校生以下 無料 5.お問い合わせ  TeamBASE メール:info@team-base.info みなさん! 会場でお会いしましょう!! 白石康次郎×喜多川泰 講演会 in 愛知県大府市 ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.8.2放送 本のソムリエ団長さんが、 ウエジョビの学生たちに伝えてくれた言葉 「納得のいかないことをやる」 この言葉の意味は・・・ その他のバックナンバーはコチラ↓ ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H29/10/21(土)長野県白馬村/14:20~15:50/ウイング21文化ホール/入場無料/白馬村教育委員会 青少年村民会議/白馬村公民館 0261-85-0726(横川様、南條様) ●H29/10/30(月)松本市/13:30~15:00/松本市立山辺中学校/入場無料/山辺中学校 0263-32-0267 原様 ●H29/12/10(日)長野県千曲市/10:00~11:30/千曲市ふれあい情報館/入場無料/定員100名(参加には事前申込が必要です。受付11/10(金)より開始)/NPO法人エリアネット更埴026-272-7772または市民活動交流センターえりあねっと026-214-7220 ●H30/2/1(木)長野県中野市/13:30~15:00/中野市中央公民館3階講堂/入場無料/中野市中央公民館 0269-22-2691 ■■第13回ココロの授業講演会■■■ 12月23日(祝)12:30スタート ゲスト講師:海洋冒険家 白石康次郎氏 ↓ご予約はこちら! 12月23日(祝)12:30 第13回ココロの授業講演会 白石康次郎×比田井和孝講演会 ■お知らせ■ 「ヒダツー(比田井通信)が届かなくなってしまった!」 というお声を耳にします。 ヒダツーのシステムが諸事情により変更になりました。 お手数ですが、 ヒダツーへの登録は再度、こちらまでお願いします。  ヒダツー登録解除、登録、アドレス変更 ※ブログには、ヒダツーの一部しか掲載していません。  ヒダツー読者限定のお知らせもありますので  気になる方は登録してくださいね。^^



10/29(日)白石康次郎×喜多川泰 講演会!

2017-10-16T19:17:54+09:00

ヒダカズからのお知らせです! なんと、なんとですね! 白石さんと喜多川さんのコラボ講演会が 10月29日に愛知県大府市にて 行われるんです! 主催はTeamBASEの皆さんです。 で・・・、コチラの↓ 10/29(日)白石康次郎×喜多川泰 講演会 ~冒険しよう!自分らしさの見つけ方~ in 愛知 告知ページにこんなことが書いてあったんです。 =========== こんにちは。 TeamBASEの藤浦です。 現在の申込数は、ざっと150名くらいです。 今回は800人満席を目標としているので、 まだまだ全然足りてないというチャンスな現状です(笑) 僕たちとしては、 白石さん、喜多川さんをもっと沢山の人に知ってもらいたい! できることなら、 お二人を知らない人に講演会に参加してほしい! また、ホールを満席にして、 白石さん、喜多川さんを驚かせたい! 沢山の参加費を集め、 3億円以上必要な白石さんの 世界最高峰のヨットレース費用として最大限寄付したい! そんな想いがあります。 でも、私たち主催メンバーだけでは、 声をかけられる人にもやはり限界があります......。 そこで、この講演会にひとりでも多く参加してもらえるため に お力添えしていただける熱い仲間を募ることにしました! もし「応援するよ!」という方がいらっしゃいましたら、 コメント、メッセージ、メールでも構いませんので、お声がけください! =========== どうですか? こんなこと、書かれちゃったら、 7年前から白石さんのことを応援している 私としては、黙っているわけにはいきませんよね(笑) だって、同志ですものね。 「同じ志」と書いて「同志」と読むんですよ! しかも、喜多川さんとのコラボ講演だなんて・・ ・ ちょっと、悔しいです・・・(笑) 例え、悔しくても 「同じ志」を持つ「同志」を応援するのは当然のことです。 で・・・、 先日 ですね、 主催のTeamBASEの加藤さんと藤浦さんと中村さんが わざわざ チラシを 持って 来てくれたんです! チケットも買わせて頂きました! 動画応援メッセージも送らせて頂きました↓ 私 も当日を楽しみにしています!!! 今回の目玉は、 白石さんと喜多川さんの90分のトークです! きっと喜多川さんが白石さんの魅力を 引き出しちゃうんでしょうね! 愛知近辺にお住いのみなさん! こんなチャンス、なかなかないですよ! TeamBASEさん、 よくぞ、やってくれました!!! ホント、今から、メチャメチャ、 楽しみにしています!!! ご予約はコチラです↓ 白石康次郎×喜多川泰 講演会 in 愛知県大府市 ■白石 康次郎×喜多川泰講演会in大府市 1.日程 2017年10月29日(金) 14:00~19:00 2.会場 愛知県大府市勤労文化会館 3.内容   ①喜多川泰氏 講演  ②白石康次郎氏 講演  ③白石康次郎氏×喜多川泰氏 対談 4.参加費  一般   5,000円  大学生  3,000円  高校生以下 無料 5.お問い合わせ  TeamBASE メール:info@team-base.info みなさん! 会場でお会いしましょう!! 白石康次郎×喜多川泰 講演会 in 愛知県大府市



就職はゴールじゃない!

2017-10-15T14:48:30+09:00

9/23に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第519号 (2017.9.23発行) ウエジョビには毎週水曜日、 「ジョビトーク」という時間があります。 これはですね。 「ウエジョビの先生が  学生のために、  メチャメチャためになる  トークをする時間」 という意味で、略して 「ジョビトーク」です。 私が名付け親です(笑) けっこう、気に入ってます。 実は昨年は「私の失敗」というテーマで やっていたので 「失敗談」と呼ばれていました。 ウエジョビの担任を持っている先生が 週1度、順番に全クラスを回って 10分ほどお話をしたのですが、 去年は基本的に「失敗話」だったんです。 今年は、 別に「失敗話」に限らなくても・・・ということで、 「ジョビトーク」に変わったんです。 先生たちは、 「自分が経験したことを語る」というお約束がありますが、 それを守れば何を話してもOKです。 先生方、それぞれに、 今、このクラスの学生たちには どんな話をしたら 役に立てるんだろうか…と考えながら 話してくださっているようです。 私には「就職対策授業」がありますし、 水曜日に学校にいないこともあったりするので このジョビトーク、やっていなかったんですが、 この3週間ほど、 初めてジョビトークを 私もやっているんです。 これ、思った以上に楽しいです。 いつもの「就職対策授業」とは 雰囲気がまったく違いますし、 短いですし、 とにかく楽しいんです。 で・・・今週の水曜日に 私が行ったのが公務員科行政事務コース1組です。 このタイミングがですね・・・ 今週で公務員科は前期の授業が終わって 長期休みに入るというタイミングなんです。 公務員試験を目指して半年間、 メチャメチャ勉強して、 1次試験がほぼ終わって この後は、1次試験が受かった学生は 休み中に面接試験があります。 そんなタイミングです。 その学生たちにどんなお話が 役に立つかなぁ・・・と考えまして、 話したのがこんなお話です↓ =========== 先日、私のところに1通のメールが届きました。 そのメールの件名は 「こんな卒業生がいます・・・」 という件名です。 名前もわかりませんが、 多分、男の子です。 読みますね。 ---------- 行政事務コースを卒業しました。 地元の市役所に採用いただき、三年目になります。 「必要とされる人間になるぞ」と足を踏み入れた市役所。 今はどうでしょう。 「空っぽの人間」と言われてしまいました。 就職はゴールじゃない。 毎朝テレビから聞こえるフレーズ。 とても胸が痛いです。 社会人になって色々経験し、 私の心はペしゃんと、ある時潰れてしまいました。 今はだいぶ回復しましたが、 ウエジョビ時代の私と今の私、 全然違います。 それは大人になったから変わったとか、 そういうのではなく、 悪い方へと変わってしまいました。 親身になって私の心を支えてくれている上司に言われました。 「あなたには自分がないのか」と。 友達のいない、 全く知らない土地で一人暮らしをし、 毎日夜7時や8時まで勉強するウエジョビを選んだ。 そこまでして公務員になる道を選んだ。 それは紛れもなく私[...]



プレッシャーに負けない自分を作る2~今に集中~

2017-10-01T12:21:47+09:00

9/16に配信された比田井通信よりお届けします。 ---------- 今日は先週の続きですね。 「プレッシャーに負けない自分をつくる」 の続きです。 (先週、読んでいない方はコチラを先にご覧ください↓) プレッシャーに負けない自分を作る~オリンピック選手の言葉~ 平昌オリンピック カーリング男子 日本代表に選ばれた山口剛史さんが ウエジョビ生に話してくれました。 (現在、カナダ遠征中の山口さん、調子いいみたいです↓) 山口剛史オフィシャルブログ 山口さんは 2012年バンクーバー五輪 2014年ソチ五輪と 2回、オリンピックを狙えるチャンスがありましたが 残念ながらそれは叶わず。 2018年の平昌五輪が 3度目の挑戦です。 ところが3年前の アジア選手権が地元軽井沢で開催されたのですが、 その決勝で山口さん、大失敗します。 原因は「プレッシャー」です。 「極度の緊張」と言ってもいいかも知れません。 決勝戦までは調子よかったんです。 ところが、決勝戦。 完全にプレッシャーに負けて、 もう、自分の体が自分の体では ないような感覚に陥り、 せっかくの地元での決勝戦に 負けてしまいました。 前回も書きましたが 自分の持っているチカラを 出し切ることができたら、 たいていのことはうまくいくんです。 でも、プレッシャーや緊張で チカラが出せないことって多々ありますよね。 そのとき、山口さんも考えました。 「同じ人間で、同じ体なのに、なんでこんなことになるんだ・・・」と。 行きついた答えは・・・・「心」です。 結局、「心」を鍛えないと 試合で結果なんてでないと気づくわけです。 そして、たまたま縁もあって コーチングのセッションをうけるんです。 週1回程度、電話で コーチングをしてもらうんです。 「コーチング」とは コーチが質問をしてくれるんです。 「現在の悩み事は?」とか 「その原因はなんですか?」とか 「どうしたら、その原因を取り除けますか?」とか コーチは答えは言いません。 全部、自分で考えて答えていくんです。 コーチングの考え方は 「すべての答えは自分の中にある」 という考え方です。 ですから、外から 答えを教えるのではなく 自分で気づいて、自分で解決していきます。 そのセッションを山口さん受けます。 その中で、上手くいく試合と 上手くいかない試合の違いを探っていくんです。 山口さんは毎回、プレッシャーのかかる試合で プレッシャーに負けていたわけではないんです。 プレッシャーに負けずに 調子が良いときもあったんです。 その共通点を探っていくと、 ひとつの答えが見つかりました。 山口さん、 「シンプルでした」って 言っていました。 それは・・・ 「僕の場合は・・・  今に集中できているかどうか」 だそうです。 上手くいかない時は 今に集中できていないんです。 心が「今」ではなく、「未来」や「過去」にあるんです。 例えば、 「このショット、きめたら、  盛り上がるだろうな・・・」とか 「失敗したらどうしよう・・・」とか 「さっきのショット、失敗しちゃったなぁ・・・」とか、 結局、心が「今」にないんです。 逆に調子が良いときは 「今」に集中できているんです。 「未来」も「過去」も関係なく 「今」に集中できているときは 上手くいくんです。 原因がわかりましたから、 今度は、どうやって 「今に集中できる」心を作るかです。 最初は、そのプレッシャーがかかる試合を 何度も重ねてトレーニングすれば・・・って 思ったそうです。 でも、本当にプレッシャーがかかる試合って 年間で3回ぐらいなんですって。 1試合だいたい2時間ですから、合計6時間です。 1年間で6時間しか プレッシャー対策の練習ができないんです。 こんなんじゃ、全然、間に合わないんです。 しかも、プレッシャーがかかる試合というのは 当たり前ですが、大事な試合なんです。 「そんな大事な試合でトレーニングしている場合じゃないな」 って思うわけですよ。 大事な試合では結果を出さなくてはいけませんよね。 で・・・、山口さん、考えます。 「ん・・・、まてよ。  1日は24時間あるぞ・・・  この24時間が全部、  トレーニングになったら、    1日で4年分のトレーニングができる」 と気づきます。 スゴイですね(笑) で、なにをしたかといいますと、 「今に集中」です。 なにをやるときにも 「今に集中」です。 例えば、歯磨きをしているときもです。 ほっておくと歯磨きとか 無意識でやっていることありますよね。 朝、起きて、 ぼぉ~っとしながら ただ、歯を磨いていたりしません? それを、意識的に 「今、奥歯の内側を磨いている、  次は前歯・・・」 こんな感じです。 山口さんも言ってましたが、 けっこう無意識にやっていることって ありますよね。 例えば、気が付くとスマホで フェイスブック見ているとか・・・ そういう時間を減らすんです。 フェイスブックも意識的に見るならいいんです。 常に「心を今に集中させる」んです。 もちろん、簡単ではありませんが、 そういう時間を増やすんですって。 で・・・どうなるかというと、 最初の頃は 「あっ、今、無意識だった・・・」 と気づく回数はそんなに多くないんですって。 ところが、トレーニングを重ねていくと その回数がどんどん増えていくそうです。 つまり、 「心を今に」戻せる回数が増えるということです。 このトレーニングを続けることによって 試合でも効果がでてきたそうです。 私、「なるほどぉ~」っと思いながら 聴いていました。 確かに、「今に集中」できていないこと ありますよね。 例えば、このヒダツーを書いているときだって 時には別のことを考えながら書いてしまうこと あるんです。 でも、そういうときって、 いいものは書けませんし、 時間も余計にかかってしまうんです。 「今に集中」、大事ですね。 きっと山口さん、 今日もカナダでの試合、 「今に集中」して、頑張っているはずです↓ 山口剛史オフィシャルブログ 我々も「今に集中」して 良い、一日にしましょう!!! ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H29/10/6(金)長野県下諏訪町/10:50~12:20/下諏訪中学校講堂(※駐車場はご用意できません)/入場無料/下諏訪中学校 0266-27-3000 ●H29/10/11(水)長野県上田市/19:00~20:30/上田市川西公民館大ホール/入場無料/川西公民館 0268-22-5004 ●H29/10/21(土)長野県白馬村/14:20~15:50/ウイング21文化ホール/入場無料/白馬村教育委員会 青少年村民会議/白馬村公民館 0261-85-0726(横川様、南條様) ●H29/10/30(月)松本市/13:30~15:00/松本市立山辺中学校/入場無料/山辺中学校 0263-32-0267 原様 ●H30/2/1(木)長野県中野市/13:30~15:00/中野市中央公民館3階講堂/入場無料/中野市中央公民館 0269-22-2691 ■■第13回ココロの授業講演会■■■ 12月23日(祝)12:30スタート ゲスト講師:海洋冒険家 白石康次郎氏 詳細・ご予約はコチラ↓ http://www.uejobi.ac.jp/2017/03/kokoro13/ すでに、850人を超える予約を頂いています! お早目のご予約をおススメします!



プレッシャーに負けない自分を作る~オリンピック選手の言葉~

2017-09-15T17:50:06+09:00

9/9に配信された比田井通信よりお届けします! --------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第517号 (2017.9.9発行) 一昨日の9月7日、 久しぶりにウエジョビにビッグなゲストが来ました! 我武者羅應援團 團長の武藤貴宏さんと カーリング男子平昌オリンピック日本代表の 山口剛史選手のスペシャルトークショーが あったんです!!! 9月7日の山口さんのブログ↓ 「ウエジョビで気合いの叫び」 これ、凄くないですか? 武藤團長と現役オリンピック選手が なんでまた・・・?って思いますよね。 フェイスブックにはチラっと書いたのですが、 7月29日に武藤さんに誘って頂いて 軽井沢のイベントに行ったんです。 ↓翌日の新聞の写真です。 で・・・、私、初めて カーリング会場を観させてもらったのですが、 ビックリしました。 たぶん、このヒダツーを読んでいる ほとんどの方もカーリングをやったことも ないと思いますし、会場すら観たことないですよね。 いや、テレビでは観たことあると思うんです。 でも、実際の会場に行ってみないと 判らないことって言うのがあるんですよ。 やっぱり、実際に行ってっみないとね。 で・・・、なにに驚いたかといいますと・・・ テレビで観ていると、 ストーンを投げる人が正面から映って その後、映るのはサークルを真上から撮っている映像で ストーンの動きがわかりますよね。 あれだけ観ていると、 どうですか? あの距離って、10mぐらいにしか 思えてないんじゃないでしょうか。 私はそんな感覚だったんです。 ところですね・・・ 実際のカーリング場ってこんなんですよ↓ これ、わかります? なんと、サークルまでの距離は 40mもあるんです。 40mですよ! 40m! 白石さんのヨットのマストが 28mですからね! それより、12mも長いんですよ。 実際にその場でみたらですね、 ストーンを投げるところから、 ストーンを止めなくてはいけない サークルが見えないんですよ! そんなサークルに ミリ単位の精度であの人たち ストーンを止めるんです。 そんなスポーツですよ。 7月のイベントで、 まず、その会場を観て驚いて、 つぎに驚いたのは、 山口さんの筋肉です。 胸板の筋肉凄いんです。 カーリングって 女子のイメージが強いですよね。 しかも、そんな筋肉モリモリの イメージってないじゃないですか だから、山口さんの筋肉モリモリを見て 驚いちゃったんです。 そして、そのイベントで 山口さんが楽しそうに話しているんですよ。 メチャメチャ、ナイスガイなんです。 そんな山口さんをみてたら・・・、 もう、おわかりですよね。 「ウエジョビに来てほしい!」って思っちゃったんです。 ところがですね、 8月28日にアメリカ遠征から帰ってきて 来週の9月11日には3ヶ月のカナダ合宿に 行かなくてはいけないんです。 その忙しい、合間を縫って ウエジョビに来てくれたんです。 そしたら、武藤さんも 「僕も行きたい!」って言ってくれて・・・ そしたら、 武藤さんにも話して欲しいじゃないですか。 ということで、実現した 「奇跡のトークショー」だったのです。 で・・・、 今回のキーワードは 「プレッシャー」 です。 この一点でお二人に話していただきました。 ちょうどタイミングがですね。 ウエジョビの公務員科の学生たちが 先週、国家公務員の大きな試験があって 受けてきたんです。 で・・・学生たちに 「どうだった?」って聞いてみると、 中には、 「手が震えちゃって、  どうにもならなかったです」 とか、 「試験官の『始め!』の声を聞いた瞬間、  頭の中が真っ白になっちゃって、  文字を読んでも全然、  頭の中に入ってこないんです・・・」 なんていう話を聞きました。 「プレッシャー」に負けちゃったんです。 でも、これは誰でもそうですよね。 本来、持っているチカラを すべて出し切ることができたら、 たいていのことはうまくいきますよね。 ところが、この「プレッシャー」によって、 その実力の半分も出せないことって よくある話ですよね。 ですから、今回のテーマを 「プレッシャーに負けない自分を作る」 としました。 山口さんだって 数々のプレッシャーを乗り越えて オリンピック出場を手に入れたんです。 武藤團長なんか、 日々、プレッシャーとの戦いですよ。 その二人から 「プレッシャー」の 乗り越え方を直接、教えてもらった ウエジョビ生はなんて、幸せなんでしょう。 で・・・、ホントは ここから、「プレッシャーの乗り越え方」のお話を 書かなくてはいけないのですが・・・ 実は、今日、 午前中は松本市の鎌田小学校。 猛ダッシュで帰ってきて、 午後は、ウエジョビの出願説明会と 完全に体力を使い切りまして・・・ 今日はこの辺でご勘弁くださいm(__)m 来週、ちゃんとお伝えします。 それではまた来週!!! ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H29/10/6(金)長野県下諏訪町/10:50~12:20/下諏訪中学校講堂(※駐車場はご用意できません)/入場無料/下諏訪中学校 0266-27-3000 ●H29/10/11(水)長野県上田市/19:00~20:30/上田市川西公民館大ホール/入場無料/川西公民館 0268-22-5004 ●H29/10/21(土)長野県白馬村/14:20~15:50/ウイング21文化ホール/入場無料/白馬村教育委員会 青少年村民会議/白馬村公民館 0261-85-0726(横川様、南條様) ●H29/10/30(月)松本市/13:30~15:00/松本市立山辺中学校/入場無料/山辺中学校 0263-32-0267 原様 ●H30/2/1(木)長野県中野市/13:30~15:00/中野市中央公民館3階講堂/入場無料/中野市中央公民館 0269-22-2691 ■■第13回ココロの授業講演会■■■ 12月23日(祝)12:30スタート ゲスト講師:海洋冒険家 白石康次郎氏 詳細・ご予約はコチラ↓ http://www.uejobi.ac.jp/2017/03/kokoro13/ すでに、700人を超える予約を頂いています! お早目のご予約をおススメします!



9/15(金)白石康次郎×ヒダカズ講演会 in 島根県益田

2017-09-05T15:22:25+09:00

ヒダカズからのお知らせです! 9/15(金)、海洋冒険家の白石康次郎さんとヒダカズの コラボ講演会が行われます! ■白石康次郎×比田井和孝 講演会 in島根 1.日程 2017年9月15日(金) 18:30~20:30 2.会場 サンパレス益田 3.スケジュール   18:00 開場  18:30~19:00 比田井和孝 講演  19:00~20:00 白石康次郎氏 講演  20:00~20:30 白石康次郎×比田井和孝 対談 4.参加費  一般 3,000円  中学生以下 1,500円 5.お問い合わせ  株式会社ビジネスプラン/あんの会計 0856-23-6111 詳しくはこちらです!



男のロマンの旅 second stage

2017-08-11T10:08:48+09:00

8/10に配信された比田井通信よりお届けします! ----------- 比田井通信―あなたは幸せです!―第513号 (2017.8.10発行) 1年以上前からヒダツーを読んで下さっている方は 毎年、この時期の恒例行事がありましたよね。 (昨年の記事はコチラ↓) 子どもはたくさんの●●に触れてこそ、豊かに成長する そうです!私とカンタの 「男のロマンの旅」です。 もともと、カンタの小学校6年間の夏休みに 男二人で「ロマンを感じられる旅」に行こう!と 始めました。 ですので、昨年はファイナルということで 「北海道キャンピングカーの旅」に行きました。 これ、かなりお金もかかりました。 一番高いのはキャンピングカーのレンタル料です。 飛行機で北海道に行ってしまいましたしね。 それも、早く予約をしないと 借りれなくなっちゃうんです。 だから、5月ぐらいに予約をして 計画を立てて行ったんです。 もう、大イベントです。 で・・・、今年なんですが、 もう、中学生ですし、 昨年でファイナルを迎えてますし・・ 普通の中学生は部活とか、 友達との約束とかで 親と付き合ってなんかくれないと 思っていたんです。 ところが、カンタ・・・、 部活もなんにもやってないんです。 どう思います・・・? ホントは中学生になったら なにか、スポーツでもなんでも 打ち込んでほしいじゃないですか。 親としたら、 なんでもいいから、 一生懸命にやって欲しいわけです。 ところが、 「部活の中に興味のあるものがない」って 言うわけですよ。 こればっかりは 仕方ないです。 「うまくいかないのが『子育て』」 私が「子育て講演」でいつも言っている言葉ですが、 最近、身に沁みて「ホント、思うようにはいかない・・・」と 思っています(笑) 話がそれましたが、 そんな状況で部活もやっていないんです。 さらに、カンタが 「今年も男のロマンの旅に行きたい!」って 言うわけです。 でも、例年のように 何ヶ月も前から計画なんてしてませんし、 予約もなにもしてませんから・・・ 「じゃぁ、近場にキャンプでも行こうか?」って 言ってたんです。 で・・・、 ここで、ヒダツー読者のあなたに お知らせしなくてはいけないことがあります。 実は・・・私・・・、 「バイク好き」なんです。 大学生の時には 毎年、北海道にバイクでツーリングに行ってましたし・・・ 大学1年の夏休みには「日本一周ツーリング」もしてますし・・・、 オーストラリアにも2回、バイクツーリングで行っています。 社会人になってからは、 そんなツーリングもできませんでしたので ここ、18年ほどはバイクも持っていなかったんです。 ところが、昨年、 「アフリカツイン」というバイクがホンダから出たんです。 HONDA アフリカツイン もともと、ホンダが 「パリ・ダカールラリー(通称パリダカ)」を イメージして作ったバイクで、私の憧れのバイクなんです。 (詳しくはコチラ↓) HONDAアフリカツイン大全 中学生のときに パリダカの映像をテレビで観て しびれちゃったんです。 そういうの、男の子な[...]



7/22(土)ヒダカズ&望月龍平さん トーク&舞台 in東京

2017-07-19T13:04:45+09:00

ヒダカズからのお知らせです! 7月22日に久しぶりに 東京でのイベントに参加します! 望月龍平さん率いる、 「龍平カンパニー」の「文七元結 the musical」の 7月22日(土)12:00開演の舞台の アフタートークにお招きいただきました! 望月龍平さんは、 あの劇団四季に12年間在籍していたトップスター。 望月さんを一躍トップスターにさせたのは、 超有名ミュージカル「CATS」のミストフェリーズ役です。 望月さんは、この大役を世界最年少で演じたのです。 このブログにも、何度も望月さんのことを掲載しました。 ↓ これもいい記事です!  望月さんがなぜミストフェリーズを演ずることになったのか…。  そのきっかけにはドラマがありました。  望月さんの「あり方」が引き寄せたのです…。 213-返事が良くないといい仕事はできない ↓ こちらは、望月さんが手掛けた舞台「君よ生きて」を 観に行った時の記事です。 あの日本人のような大人になりなさい さて、「文七元結」ですが、 私、過去2回、この舞台観てます。 こんな舞台です↓ あのですね、 ホントにおもしろいです(笑) 面白いだけじゃありません。 やっぱり、日本人っていいな!って心から思えるんです。 だから、2回も行ってしまいました。 その「文七元結 the musical」が 久しぶりにやるんです。 これは観に行かないわけには 行きません! カンタも乗り気で一緒に行きます! その文七元結、7月22日12:00のアフタートークに 呼んで頂いたんです!!! 7月上演作品 アフタートークイベントゲスト第二弾発表! こんな有難いことはありません! ということで・・・もしよければ 7月22日、私とカンタと一緒にいかがですか? 以前、望月さんはブログでこんなことを書いていました。 タイトル「舞台で大事なこと」 …興味ありますよね。 こんな内容です。↓ ------------------ 舞台で大事なこと 自分を信じることも相手を信じることも大事なんだけど もっと大いなるチカラを信じてもいいのだと思う 芸能は本来、神事なのです 神様に見せるのにいいカッコしようとか いいとこ見せようっておかしいんです 神様は全部お見通しなんですから(笑) 自分一人のチカラで人を感動させようと思っても大したものにはならないんです その人の「我(が)」が匂うから 実は、その匂いには人はめっちゃ敏感なんです でも、その「我」を捨ててfor youで出来ると、人は技術でなく、その心に感動する いい仕事、志事ほど、そんなに頑張らなくていい 喜んでもらいたいって、そのホスピタリティが大事。 ------------------ おぉぉぉ~! きましたね~! 「人は技術ではなく、その心に感動する」 シビレました。 「『喜んでもらいたい』という、そのホスピタリティが大事」 その通りですね。 これは舞台だけではないですよね。 「人生」も同じじゃないですか。 「神様」はぜ~んぶ、お見通しですよね。 「自分が!」「自分が!」って言って、 自分の事しか考えていない人のところには、「いい事」起きないですよね。 「み~んなで、がんばろ~!」って言う人のところに「いい事」がやってきますよね。 舞台も同じなんですね。 そして、「もっと大いなるチカラを信じてもいいのだと思う・・・」 って、奥が深い言葉ですよね。 「大いなるチカラ」を信じることができたとき、 人は行動が変わります。 そんな気がします。 だからこそ、望月さんの舞台からは、 言葉では言い表せないエネルギーを 感じることができるんですね。 心に刺さるんですね。 みなさん! 「大いなるチカラ」の結集した舞台のパワーを 全身で受け取りに行こうではありませんか!! ご予約はコチラです↓ 「文七元結 the musical!!」チケット カンタと一緒に待ってます~!^^ ↑ これは、7/17に、白石康次郎さんのヨット、「スピリットオブユーコー」に  乗せていただいた時の写真です! 嬉しくて載せちゃいましたが  残念ながら、文七元結には、白石さんは来ません~。お間違いなく!^^



「自発」のパワー

2017-05-21T13:58:48+09:00

5/20発行の比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第501号 (2017.5.20発行) 先週、500号記念動画をアップしました。 もうご覧になりましたか? その中で、 「500号記念ヒダカズシール」プレゼントの お知らせをさせて頂きましたが、 ご応募いただいた皆さん、 もう、届きましたでしょうか? 信越シールの倉田社長が 厚意で作って下さったスペシャルシールですので 大切に使って頂けると嬉しいです。 さて・・・、 今日はですね、 大変だったんですよ。 午前中、実家の「田植え」がありまして なんとか終わらせて 午後1時からはオープンキャンパスで 50分間の出番でした。 今日は暑かったですからね。 この「田植え」で私の1日分の 体力を完全に使い切りまして・・・ オープンキャンパスの50分は もう、勢いで乗り切りました(笑) で・・・、 せっかく500号まで続いたヒダツーを ここで、途絶えさせるわけにもいきませんので、 なんとか頑張って ヒダツーを書いているわけでございます。 さて、本日のヒダツーですが・・・ 実は、最近、私の中ではとっても 大きな出来事があったんです。 それはですね・・・、 もちろん、 2日前の48歳の誕生日に ヒダツー読者の皆様から お祝いメッセージがたくさん届いて、 とっても嬉しかったこと。 その日のお昼休み、 先週の美恵先生と同じく↓ こんなに幸せな誕生日は生まれて初めてです… 警察消防コース3組の女の子たちが 受付に来てくれて、 「比田井先生!お誕生日おめでとうございます!!!」って クラッカーを鳴らしてくれたこととか、 その日の帰りには2号館の学生たちが やたらと、「比田井先生、お誕生日おめでとうございます!」って 言ってくれたことも、ホント嬉しかったんです。 でもですね、それとは違う 大きな出来事があったんです。 それはですね、 今年の4月から 私、ネットワークエンジニアコース1年生の 副担人を仰せつかったんです。 副担ですよ!副担! 「副」はついていますが、 「担任」であることに変わりはないです。 もう、15年ぶりじゃないですか。 担任を持つのは・・・。 今年のネット1年生が 42人のウエジョビ1番の大所帯なんです。 ですので、担任の堀光先生の サポートということで、 副担をやっているんです。 私の一番の役割は 一人ひとりの学生との「面談」です。 この面談がですね・・・、 楽しいんですよ! もぉ、楽しくてしょうがないんです。 この15年間、 担任ってやってなかったんです。 ですので、立場上、 1対1で学生と面談をするという 状況がほとんどなかったんです。 あったとしてもですね。 ちょっと問題が起きたりして 説教をしなくてはいけないような 状況だったり・・・ そんな感じです。 これは、「楽しい!」って 感じじゃないですよね。 でもですね、 副担としてやる面談は 別に問題があるわけではないですが、 「どうよ、調子は?」みたいなことが 話せるんです。 で・・・特に新入生ですから、 だいたい私が聴きたいのは 「なんで、ウエジョビ来たの?」って ことなんです。 長野県内には ウエジョビ以外にも専門学校は ありますからね。 そしたらですね、 これが予想以上にですよ。 「資格だけじゃなくて、  人間性を磨きたくて来ました」って 言ってくれる学生がとっても多いんです。 その中の一人、H君という学生がいるのですが・・・ 今週の5月17日(水)の終礼のときに 担任の堀先生に 「僕にちょっとだけ時間を頂けますか?」って言って みんなの前で、なにを言うのかと思ったら、 「僕は、基本情報をこのクラス全員で  合格したいと思っています。  だから、明日から可能な日は毎日、  放課後に授業をします。  授業中、わからないことが  ある人は、ぜひ、僕の授業を受けて下さい!」って言ったんです。 これには驚きました。 「基本情報」というのは 国家資格の「情報処理技術者試験」の中の 「基本情報技術者試験」という試験なんですが、 「基本」って入っていますが、 学生でこの試験に受かるというのは かなり難しいんです。 逆に言えば、「基本情報」さえ 持っていればそれだけで、 就職はできるという資格です。 過去の先輩たちで言えば 卒業までに5割合格したら、もうスゴイね! という資格です。 ここ数年で言えば、 3~4割ってところでしょうか。 そんな難しい資格ですから、 自分が合格するのだって 大変なんです。 それをH君は 「全員で合格したい!」って みんなの前で言ったんです。 そのために 「僕が授業をする!」って言ったんです。 H君は県内有数の進学校から来てます。 勉強が得意です。 でもそれを、 自分のためだけに使うのではなく、 クラスみんなのために使いたいと 思ってくれて、 「授業やります!」って言ってくれたんです。 担任の堀先生も 大喜びなんです。 そして、そして、 それを聞いていたクラスメイトから 拍手が沸き起こったんです。 「助かる!」って思った学生が たくさんいたんです。 これね、 担任の堀先生が 「放課後に補習をしますから、  希望者は残ってください」って 言うのと訳が違うんです。 クラスの雰囲気が 一気に変わるじゃないですか。 「えっ、そんなことしてくれるの!」って 雰囲気になるじゃないですか。 そんな人がいるなら、 俺も頑張らなくちゃ!って 思う学生がいっぱい出てきますよね。 これなんです、 これが、入学式で芳直師匠が言っていた 「自発」ってやつです。 「自発」のパワーはスゴイです。 そんな嬉しいことが 今週、あったんです。 いやぁ~嬉しかったです。 また、報告しますね。 さて、話は変わりますが、先週、 「長野放送の信州夢山河という番組に出ました。 美恵先生がブログでアップしてくれました↓ 学生達がたくさんテレビに映りました! 「モヤさま」に出ていた人と同じ人とは思えない、 ちょっとカッコいい感じでの出演です(笑) コチラの「信州夢山河」、 3週連続で、 第2話「3つの約束」が 5/21(日)8:25~8:30 第3話「情熱教室の原点」が 5/28(日)8:25~8:30 にNBS長野放送で放送されます! (長野県限定です。) ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.3.15放送 明日の3/16、カンタが小学校を卒業します。 6年なんてアッという間ですね。 思い出すのはあんなことや、こんなことです。 2017.3.22放送 今年のお正月に「山村留学」を続けるのか、帰ってくるのか・・・ 家族会議を開きました。 私と美恵先生は、せめて、もう1年続けてほしかったんです。 それは、この1年の成長が凄かったからです。 ところが・・・ その他のバックナンバーはコチラ↓ ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H29/5/23(火)千葉県山武市/13:45~15:15/成東文化会館のぎくプラザ/入場無料/山武市教育委員会生涯学習課 0475-80-1451 ●H29/6/9(金)島根県益田市/19:00~20:30/益田駅前ビルEAGA/入場2,000円/(株)ビジネスプラン0856-23-6116 ●H29/10/30(月)松本市/13:30~15:00/松本市立山辺中学校/入場無料/山辺中学校 0263-32-0267 原様



祝! 比田井通信500号 10年間よく頑張りました!

2017-05-16T07:59:31+09:00

5/13に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第500号 (2017.5.13発行) 本日、ついにヒダツーが500号を迎えました。 ということで・・・、本日は 500号記念動画を作成しました。 スペシャルゲストも登場しますし、 最後に特別プレゼントのお知らせもしますので、 ぜひ、ご覧ください! 本日撮影して、 やっと編集が終わった、 撮り下ろしの 謝恩ムービーでございます! あっ・・・ えぇ~っと・・・・ かなり、ゆるい雰囲気の動画になってしまいました。 ですので・・・ あまり、期待しないでください(笑) おもいっきり、 ハードルを下げて頂いて、 観て頂けるとちょうどいいです。 どうぞ、ご覧ください! ということで、 本日のヒダツーは 特別動画の撮影と 編集にすべての労力と 時間を費やしましたので この辺で失礼します。 ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.3.8放送 21年前に卒業した教え子のI君に久しぶりに会いました。 彼は郵便局で保険の営業の仕事をしています。 郵便局はこの21年間で大きく変わりました。 彼が就職したときは国家公務員でした。 現在は完全民営化です。 ほかの卒業生から聞く話は「民営化になって大変だ・・・」という どちらかというと後ろ向きな言葉なんです。 ところが、I君は「民営化のおかげで・・・」って言ってます。 この違いはどこにあるのか・・・ ※過去のバックナンバーはコチラ ■■一般参加可能なヒダカズ講演■■■ ●H29/5/23(火)千葉県山武市/13:45~15:15/成東文化会館のぎくプラザ/入場無料/山武市教育委員会生涯学習課 0475-80-1451 ●H29/6/9(金)島根県益田市/19:00~20:30/益田駅前ビルEAGA/入場2,000円/(株)ビジネスプラン0856-23-6116 ↓こちらもよろしくお願いします。(*^o^*) 学生たちがたくさんテレビに映りました!



納得のいかないことをやる

2017-05-15T09:19:02+09:00

5月5日に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第499号 (2017.5.5発行) さて、この1週間も濃かったですよ。 29日は 我武者羅應援團の10周年華の大演舞会。 30日は飯田での団長さんと イラスト書道家の和全さんのトークショー。 そして、 せっかく長野に来て下さった団長さんを そのまま、帰すわけにはいきませんので 翌日、5月1日の朝、ウエジョビに団長さんを 連れて来てしまいました! 当然、学生たちにお話をして頂きました。 そんな濃い、3日間だったんです。 我武者羅應援團の大演舞会は 10周年に相応しい、 ガムシャラマニアにはたまらない 見事な演出と圧倒的な演舞、 そしてメッセージに感動して帰ってまいりました。 一緒に行った北原先生もメチャメチャ感動してました↓ 公務員科 北原準司先生が書きました。 我武者羅大演舞会 そして、そして、翌日、 飯田での団長さんのトークショーで 大きな学びがありました。 そのトークショーの中で団長さんが 「納得のいかないことをやるんです」って言ったんです。 これ、わかります? 普通は「納得してやることが大事」って言いますよね。 意味もわからないでやるより、 「なぜ、それをやるのか」ちゃんと 納得してやった方がいいですよね。 ところがですね、 団長さんは「納得のいかないことをやるんです」って 言うんです。 どういうことかと言うと、 「納得がいくこと」と言うのは 今の自分の枠の中で 「なるほど、それは大事なことだからやろう」ってことですよね。 もちろん、これも大事なことです。 でもね、それだけをやっていても 今の自分の枠の中での成長しかないんです。 もしも、今の自分の枠をぶっこわして、 成長しようと思ったら 「納得がいくこと」だけをやっていても ダメだということなんです。 ときには「納得がいかないこと」を やることも大事だってことです。 どうですか? 私、これ聴いて、 メチャメチャ、納得しちゃったんです(笑) 確かにですね、 「やってみないとわからないこと」ってあるんです。 これは勉強だって スポーツだって 仕事だって そうじゃないですか。 例えば、上司に言われて 「こんなことやって意味があるの?」 って思うことってありますよね。 でも、その通りやってみて はじめてわかることって あるじゃないですか。 だから、団長さんは 「納得しないことをやるんです」と 言いきっています。 これは団長さん自身が 自分の人生で学んで学んできたこと かもしれません。 以前のヒダツーでも書きましたが 団長さんのお母さんは 見ず知らずの子どもを家に連れて来て ご飯を食べさせ、 団長さんに「一緒に学校に行きなさい!」 って言うような人です。 (詳しくはコチラ↓) 「ぼくの母」 「ぼくの母その2 謎の団長さんのルーツ…」 これ、団長さんにとったら、 納得いかないですよね。 でも、やりました。 団長さんはロックバンド「一里塚歌劇団」のボーカルです。 普通、ロックバンドのボーカルなんて言うと 小さい頃からの夢を叶えて・・・って思いますよね。 ところが、全然そうではなくて、 むしろ、そういう世界にだけは 入りたくなかったらしいです(笑) ところが、これも 大学の友人に無理やり、 「おまえもやるよな!」って言われて 断り切れずに始めちゃったのが最初です。 でもですね、 この二つが無かったら 今の団長さんはないですからね。 お母さんのそんな姿を 観てきた団長さんは あぁ見えて、メチャメチャ面倒見がいいんです。 自分の得にもならないことを 人のために一生懸命にやるんです。 無理やり、ロックバンドの メンバーになったからこそ 今の団長さんのキャラと価値なんです。 「納得のいかないことをやる」 どうですか? ときには必要ですよね。 ■■FM長野「ヒダカズのココロの授業」バックナンバー■■■ 2017.3.1放送  今年のお正月にカンタが白石さんからお年玉を頂きました。 そのときに白石さんが 「いいか、カンタ、パァ~っと使え!」って言ったんです。 カンタ嬉しそうでしたよ。 そして、ホントにパァ~っと使っちゃったんです。 何に使ったかと言いますと・・・ その他のバックナンバーはコチラ↓ ■ ヒダカズ千葉県での講演です! ●H29/5/23(火)千葉県山武市/13:45~15:15/成東文化会館のぎくプラザ/入場無料/山武市教育委員会生涯学習課 0475-80-1451



【長野放送】ヒダカズインタビュー番組「信州夢山河」

2017-05-13T17:15:50+09:00

「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京)に引き続き、 長野放送でもヒダカズのインタビュー番組が 3回に渡って放送されます! 「信州夢山河」、5月14日(日)、21日(日)、28日(日) 午前8:25~8:30 です! 長野県にお住まいのあなた! ぜひご覧くださいませ!(*^-^*) NBS長野放送「信州夢山河」



「君、このままだと間違いなく、地獄に落ちるよ…」

2017-05-07T14:27:18+09:00

4月28日に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第498号 (2017.4.28発行) さて、今日のヒダツーはですね。 4月13日に聴いた メチャメチャ勉強になったお話をひとつ。 佐藤芳直師匠の勉強会に行ったんですよ。 その勉強会のゲスト講師が 高塚伸志(のぶゆき)さんという方だったんです。 この方、プルデンシャル生命の 保険の営業マンです。 MDRTという組織、ご存知ですか? 私は知りませんでした。 「Millon Dollar Round Table」の略で 1927年に発足した世界67ヶ国500社以上で活躍する、 43,000名以上の会員を有する、 卓越した生命保険と金融サービスの専門家による 国際的かつ、独立した組織・・・なんですって。 簡単に言うと 世界中の 「凄い保険営業マン」の 人たちの集まりってことです。 その、「凄い保険営業マン」4万3千人の中で、 「TOT(Top of the Table)」と呼ばれる人たちが 200人いるんです。 「トップ オブ ザ テーブル」ですからね。 もぉ、ちょっと響きが違うじゃないですか。 「凄い保険営業マン」の中の0.5%ですよ。 「超超凄い保険営業マン」ってことですよね。 高塚さんはその 「TOT」の一人です。 北海道の方なんですが、 少なくとも北海道ではたった一人です。 その高塚さんが言うんです。 「幸せ過ぎて、今死んでもいいと思ってます(笑)」って。 で・・・、 「保険の営業マン」ってどんなイメージですか? どちらかというと 「大変そう」なイメージですよね。 営業ノルマがあって、 日々、営業に駆け回って 保険を売り込んで・・・。 そんなイメージあるじゃないですか。 しかも、高塚さんも言ってましたが、 以前の高塚さんは名刺を出すのが 嫌だったんですって。 初対面であった人に 保険会社の名刺をだすと、 それだけで嫌な顔をされるんですって。 一言も「保険入ってください」なんて 言っていないのに、 名刺出すだけで 「ごめんなさい。保険には入れないの」 なんて言われたりするんですって。 だから、初対面の人に名刺をだすのが 嫌だったんです。 これって、切ないですよね。 自分がやっている仕事を隠すような そんな人生って辛いじゃないですか。 で・・・、そんな頃、 当時、ある勉強会に所属していたそうです。 先生はメチャメチャ厳しい方だったそうです。 その頃の高塚さん、 保険の契約でいうと、 かなりの契約数を誇っていたそうです。 契約数で言えば、札幌ナンバーワンだったそうです。 そんなときにその厳しい先生に 突然、言われるんです。 「君ね・・・、 そこそこの仕事をしているようだけど・・・ このままいったら・・・   間違いなく、   地獄に落ちる・・・」 …って言われたんですって。 どうですか? いきなり、 「地獄に落ちる」って言われたら あなただったらどうします? 普通だったら、 「なにをこの人はいきなり言うんだ! 失礼な!」 …って思っちゃいますよね。[...]



5/6(土)12:10~ モヤモヤさま~ず2 信越放送SBC!!

2017-05-06T09:05:03+09:00

今日5/6(土)、12:10~15:35、信越放送SBCで 「モヤモヤさま~ず2  ありがとう10周年  歴代メンバー全員集合3時間半スペシャル」 が放送されます! その新聞広告が本日信濃毎日新聞に入っていたのですが… ここ見て下さい! 「テンションが高い専門学校の先生を発見! …授業は!?」 そうなんです! ヒダカズの授業をさま~ずのお二人が受けて下さったのです! 実は東京では、すでに4/30(日)に放送されたのですが、 そこでウエジョビが5分ほど放送されたと、 友達が写真を送ってくれたのです! 実はこの日… 「私が一番受けたいココロの授業」の出版社には電話が殺到。 「私が一番受けたいココロの授業」(比田井和孝・比田井美恵著 ごま書房新社) テレビを見た人が本の注文をして下さったのです。 アマゾンも即在庫切れ! 急遽、増刷が決まりました! すごいですね~! テレビの力は! すごいですね~! さま~ずさん!! ありがたいことです。 ということで、長野県内のあなた! 5/6(土)、12:10~15:35、信越放送SBCです。 「モヤモヤさま~ず2  ありがとう10周年  歴代メンバー全員集合3時間半スペシャル」 長野県内各地をさま~ずが訪れます! 上田、松本のお店や名所もたくさん放送されます! ぜひぜひご覧くださいませ~!(o^o^o)/



ぼくの母その2 謎の団長さんのルーツ…

2017-05-05T13:10:54+09:00

4/16に配信された比田井通信よりお届けします! ---------- 比田井通信-あなたは幸せです!-第497号 (2017.4.16発行) おはようございます! 私が大好きな、「本のソムリエ」の 団長さんが2016年大晦日に送ってくれた 衝撃のメルマガの続きです。 ※前回の記事を読んでない方はこちらから ぼくの母 --------------------- そんな型破りな母も、 7年前に大病をわずらったのをキッカケに、 右半身にマヒが残り、 介護が必要な身になりました。 母にとってはツラく、 不自由な日々となりましたが、 ぼくにとっては、 直接恩返しをするチャンスです。 結果的に、母の介護がぼくの人生にとって 非常に大きな出来事となりました。 介護をきっかけにして、 今まで知らなかったことを どれだけ多く知ったことか! 入院して病院にお世話になった際には こんなにスゴイことをしてるんだ! と看護師さんらスタッフの働きに 目を奪われました。 団長FCにも医療関係で働く方が 何人もいらっしゃいますが、 敬意を抱かずにはいられません。 医療の現場、介護の現場で働く人、 そして、うちと同様にお世話になっている人たち。 ぼくの思いもかけないような人生が たくさんありました。 また、豪快な母の陰で存在感の薄かった父と 初めてまともに向き合った感じもします。 ああこういう人だったんだ、と 今さらながら知ったというか(笑) ただ、優柔不断な印象の強かった父が 母の介護に関しては 「悔いのないように、  自分たちの手に負えなくなるまでは  ウチで生活させてやりたい」 と強い意志を示したのには驚きました。 父が珍しく男気を見せてくれたので ぼくも、 「よし、とことんやってやろう!」 と腹がくくれました。 そんなわけで、 ぼくは全く料理も家事もできず、 実働面では何の役にも立たない男でしたが、 もはや、そんなことも言ってられません。 幸い、ちょうどその頃に “弁当の日”という食育の取り組みをしている方たちとの縁にも恵まれ、 食や料理への関心が一気に高まりました。 日々、両親の暮らす家に通いながら、 父をサポートする形で 主に料理を担当しました。 大急ぎでタッパーに料理を詰め、 冷蔵庫に入れてから 講演などの現場に向かう僕なんて、 想像もつかないですよね、きっと(笑) 主婦の皆さんや、 仕事しながら家事をしているお母さんたちの 気持ちがよーくわかりました! すごい収穫です。 また、病院や介護の皆さんから ストレスはないか、とよく心配していただきましたが、 カッコつけではなく、本当にありません。 時間のやりくり、体力的な厳しさはあったものの、 直接の親孝行の機会をもらえてるだけでも、十分ありがたい。 何より、本当に学ぶことが多く、 世界が広がりました。 この数年、ぼくは“驚くほどの進化”と言っていただくことがあり、 しばしば、その秘訣をたずねられますが、 それは、世界40カ国に行ったり、美術館に通いこんだり、 本をたくさん読んだりした結果だけから生まれたのではありません。 この介護の経験から得たものも 極めて大きいのです。 今まで一度も話したことがないんで 誰も知るわけがないのですが(笑) そして、ぼくがドイツから帰国したばかりの 12月25日、クリスマスの日。 母は急に体調を崩し、 あの世に旅立ちました。 まったく予想もしてないタイミングで 心のぽっかり穴が開いたような、とは まさにこんな気持ちなのかな、 という感情を味わっております。 同時に、多少の安堵感もあります。 この7年、ぼくには勉強になることばかりでしたが、 母は年々不自由になって、苦しいことばかりだったと思います。 ほんと、ボロボロになるまで生き抜いた感じで、 母のためには、7年前にあの世にいけてたら さぞやラクだったことでしょう。 だから、この7年は、 母が身体を張って残してくれた最後の教え、 と、受け止めています。 そして、通夜や告別式には 母が面倒を見たり、縁のあった人たちが集まり、 「幸せな人生とは何か」 というのを身をもって教えてもらいました。 ぼくは、まだまだです。 最近、何かの折にふれ お母さんたちに対して、 「母は偉大なり!」 と言ったり、書いたりしてますが お母さんという存在は、子どもたちにとって 本当に大きなものです。 毎日の中で、大変なこと、メンドくさいこと、苦しいことも 随時あるかと思いますが、 その分、誰よりも大きなものを残せます。 他の何にも替えられない、大きなものを!! そのことを心に留めて、自分の信じた道を歩んでください。 いつも応援してますよ!! そして、ぼくら全員は、その偉大なる母から生まれた、 ほんとうに貴き人です。 悩んでも迷ってもいいんです。 この命を大事に、親が育ててくれた自分という素材を これから、自らの手で大きくしていきましょう! 必ずできますので!! 以上、非常に長くなりましたが、 大切な皆さんへ ぼくからの気持ちです。 本当は自分の胸のうちにしまっておくつもりでしたが、 何か少しでもお役に立てれば嬉しいです。 いつもどうもありがとうございます!!! ------------------------ こんなメールが12月31日に届いたんです。 途中までは、 「凄いお母さんだな・・・」と 思いながら読んでいたのですが、 最後の最後に、 「あの世に旅立ちました・・・」って 書いてあってビックリしたのと同時に、 私の中の「謎」だらけの団長さんですが、 その謎のひとつがわかった気がしました。 団長さんの「器」がどうして、 あんなに大きいのか、 どんな人でも、 どんな状況でも 受け入れられる、大きな大きな「器」です。 そんなお母さんの姿を観て 育ってきたからなんですね…。 団長さん、まだまだ謎だらけです。 一層、興味がわきました!