Subscribe: Dimension mtbproshop
http://sky.ap.teacup.com/dimensiondiary/rss.xml
Preview: Dimension mtbproshop

Dimension mtbproshop



Dimension店長のブログです。 商品の事や、整備のことなど、日々起こったこと、感じたことを書連ねています。



Published: 2017-12-08T19:46:10+09:00

 



明日9日 営業開始が遅れます。

2017-12-08T19:34:00+09:00

[画像] 私は別に登山家じゃないんですが、ファットバイクのせいで、どこでも走れるもんだから走るフィールドがどんどん過酷になってきています。 今シーズン蔵王に続きもう一つの山に雪山登山しに行きます。 その山は冬の間はもう何も近づかないので登山をする人すらいません。 しかし山頂付近はパラダイスみたいなので春先に行ってきたいと思います。 そうなると、当然雪山の知識が必要になってくるので、明日は雪崩講習を受けに行きますので開店時間が遅れます。 14:30くらいに開店すると思います。 仕事が片付かないのと家族全員...



冬山登山必須の技

2017-12-07T19:40:00+09:00

ブログ書いてる時間も無いほど作業が詰まっておりますので、さらっとだけ説明させていただきます。 冬の蔵王登山のようなマイナス15度、風速30mの中でも確実に変速させるためにはとにかくあうたーワイヤーの中に水を入れないということが重要です。 ファットバイクはたいていがフルアウターであるのはアウターワイヤー内部に入った水分が凍結して動かなくなるのを防ぐためです。引っ張る方は力でどうにでもなりますがリリースする方はスプリングの強さでしか戻らないので凍るとリリースレバー側に変速しません。 で、どうすれば水分...



COOKERMAXI24 操縦性は最高ですね。

2017-12-03T15:44:00+09:00

[画像] 今日は妻がやっている幼稚園児向けの自転車教室に駆り出されました。 基本的にただ突っ立ってるだけなんですけど、通販とかで買った子供用自転車をその子が乗れるように調整したりするので私が必要なのです。 これは完全なボランティアなので、調整を含めて無料でやっています。 すでに10人程度のお子さんが参加しているので、親も含めると数十人規模のイベントになりつつあります。うちのイベントより参加者多いじゃないですか。 雪上イベント用のレンタルファットバイクとして用意したCOOKERMAXI24も持っていきました。 根...



非常に魅力的なチェーンガイドとバッシュガードです。

2017-12-02T18:38:00+09:00

77designzが先鞭をつけた超軽量チェーンガイドの世界ですが、そろそろ低価格化の波がやってきました。 その中でも群を抜いて安くてものが良いのがFUNNの製品です。 iscg05用とダイレクトマウント用、Eタイプ用がございますが、そのどれもが3000円台なのです。 かなり丁寧に作られておりまして、見た目品質も非常に高いです。 [画像] さらにバッシュガードとの併用も可能となっております。 そのバッシュガードも3000円台でもう無茶苦茶な価格設定です。 [画像] スプロケットの歯数に合わせて2種類のガードが付属しているのにです...



今年最後の在庫処分です。

2017-12-01T17:36:00+09:00

今までのRockymountainのトレイルバイクは、ジオメトリーも作りもクロカンメインで考えられていて、下りで楽しめるバイクではありませんでした。 それが2017モデルで劇的に変化したのです。 ヘッドチューブは寝かされ、リアセンターが短くなり、トップチューブも長くなりその分ステムが短くなりました。 もう完全にフォワードジオメトリです。これで思い切り下りを攻めることが出来ます。 サスペンションフォークトラベルも120mmとされ、キャパシティーが100mmトラベルとは段違いです。 リアセンターを短くしすぎていないので...



いよいよFARGO Ti入荷します。

2017-11-30T18:34:00+09:00

限定生産のチタンシリーズFARGO Tiがモトクロスインターナショナルに入荷しました。 当店にもすぐに届くと思います。 SALSAは最近までチタンをトップモデルに据えるメーカーだったのですが、レース志向の高まりによってカーボンに置き換わりラインナップから落ちていました。(生産工場から品質管理が厳しすぎてやってられないと言われていたという話も聞きますが) [画像] 現在のFARGOはブーストリアエンドのかなりごついバイクになりましたので、自動的にフレームが重くなっていました。カンフーチュービングから...



アキウツーリズムファクトリーの本拠地が工事開始しました。

2017-11-28T18:53:00+09:00

[画像] 来春から本格的に稼働するアキウツーリズムファクトリーですが、とうとう本拠地の工事が始まりました。 と言っても私は見に行けてないのでこの写真もずいぶん前のものですが、母屋はレストランとして、離れはツアーの受付等に使われると思います。 敷地は800坪、最新型のクラフトビールサーバーを導入し、コーヒーも最高のものが楽しめるようにイタリアから高価な機械を導入します。 秋保では珍しく夜営業するレストランです。 うちのMANTISが置いてあるKYOUに宿泊して、日中はMTBで山を走り回り、夜はここで食事...



ブースト141

2017-11-27T18:17:00+09:00

とうとうSALSAまで141mmブースト クイック規格の完成車を出してきちゃいましたので、これはやっぱり定着するのだという雰囲気になってきました。 大手コンポーネントメーカーが対応してくればもう確定ですね。 さて、141mmのメリットですが、148mmブースとハブのボディそのものを使うため、左右フランジ間の距離が広く、ホイールの横剛性と強度を簡単に高めることが出来ます。 スルーアクスルではないので、フレームとの取付では不安がありますが、あくまでも廉価版という位置づけなので、そこには目をつぶろうということ...



ジオメトリーは一緒でも乗り味は別物

2017-11-26T15:43:00+09:00

[画像] この2台の対比、非常に面白いです。 タイヤとジオメトリーが一緒のため、あくまでも特性の違いは材質や剛性バランスの違いによって発生します。 走り始めてはっきり違うのは2はとにかくすべてが軽いということです。 ぺだリングだけでなく、バイクを振った時もはっきり軽いです。 タイヤの空気圧も当然同じにしてありますので、バイクの動きに違いが出るとすればやっぱり剛性の違いが大きいです。 1のほうはやっぱり結構たわみが大きいのです。 それによって力が逃げて動きがのろくなってしまいますよね。 前後アクスルががっ...



COOKER MAXI1が完売したので次はこれです。

2017-11-25T18:17:00+09:00

おかげさまで1日2台くらいのペースで売れたので完売となりました。 どうもありがとうございます。 そこで、日本国内どころか世界的に見ても全然情報がないCOOKER MAXI2です。 2017モデルになるに当たり、全く別なバイクになるほど進化、コンセプトがかなりレーシング寄りというかほのぼのしたChargeらしからぬ本格派になりました。実はこの流れが2018モデルの流れになります。 [画像] フレーム、フォークがアルミになり、前後アクスルはスルー化、ステアチューブもテーパードになっています。 [画像] 驚くのはその軽さと剛...