Subscribe: New Releases of maachang-project
http://sourceforge.jp/projects/jrcsv/files/rss
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: New Releases of maachang-project

New Releases of maachang-project



Releases headline of maachang-project(jrcsv) @ OSDN



Published: Mon, 26 Mar 2012 12:53:00 GMT

 



javascript - hotKey-0.01

Mon, 26 Mar 2012 12:53:00 GMT

ReleaseNote * HotKey for Javascript 説明 * version 0.01 初版. このJavascriptを、 こんな感じで、HTMLから呼び出しすることで、各ブラウザ(IE,FireFox,Opera,Safari,Chrome等)に対して、 HotKeyに対する処理を行うことが可能となります。 具体的には、こんな感じで特定のKeyを押した場合に、指定処理を実施することが出来ます。 こんな感じで実装することで、CTRLキー+Zキーを押下した場合に、「ctrl + zKey」がAlertで表示されます。 また、SHIFTキー+Zキーを押下した場合に、「shift + zKey」がAlertで表示されます。 と言うことで、こんな感じで「hotKey-min」を呼び出すことで、各キーに対する、Functionが連動して、 処理することが出来ます。 また、上記のような「_hotKeyZ」メソッドのように、各キーに対する予約メソッド条件は、以下のようになります。 // 通常キー0~9 _hotKey0 ・・・0キー. _hotKey1 ・・・1キー. _hotKey2 ・・・2キー. _hotKey3 ・・・3キー. _hotKey4 ・・・4キー. _hotKey5 ・・・5キー. _hotKey6 ・・・6キー. _hotKey7 ・・・7キー. _hotKey8 ・・・8キー. _hotKey9 ・・・9キー. // A~Z _hotKeyA ・・・Aキー. _hotKeyB ・・・Bキー. _hotKeyC ・・・Cキー. _hotKeyD ・・・Dキー. _hotKeyE ・・・Eキー. _hotKeyF ・・・Fキー. _hotKeyG ・・・Gキー. _hotKeyH ・・・Hキー. _hotKeyI ・・・Iキー. _hotKeyJ ・・・Jキー. _hotKeyK ・・・Kキー. _hotKeyL ・・・Lキー. _hotKeyM ・・・Mキー. _hotKeyN ・・・Nキー. _hotKeyO ・・・Oキー. _hotKeyP ・・・Pキー. _hotKeyQ ・・・Qキー. _hotKeyR ・・・Rキー. _hotKeyS ・・・Sキー. _hotKeyT ・・・Tキー. _hotKeyU ・・・Uキー. _hotKeyV ・・・Vキー. _hotKeyW ・・・Wキー. _hotKeyX ・・・Xキー. _hotKeyY ・・・Yキー. _hotKeyZ ・・・Zキー. _hotKeySF ・・・^キー _hotKeyEN ・・・¥キー _hotKeyEN2 ・・・¥(バックスラッシュキー) _hotKeyAT ・・・ @キー _hotKeyKAKU_S ・・・ [キー _hotKeyKAKU_E ・・・ ]キー _hotKeyCOLON ・・・ :キー _hotKeySEMICOLON ・・・ ;キー _hotKeyCOMMA = ・・・ ,キー _hotKeyDOT = ・・・ .キー _hotKeySLASH ・・・ /キー _hotKeyHYPHEN ・・・ -キー _hotKeyBS ・・・ back-spaceキー _hotKeyESC ・・・ ESCキー _hotKeyTAB ・・・ TABキー _hotKeyENTER ・・・ ENTERキー(通常、テンキー共通) _hotKeySPACE ・・・ SPACEキー _hotKeyDELETE ・・・ Deleteキー _hotKeyPGUP ・・・ PageUpキー _hotKeyPGDN ・・・ PageDownキー // 矢印キー. _hotKeyLEFT ・・・ ←キー _hotKeyRIGHT ・・・ →キー _hotKeyUP ・・・ ↑キー _hotKeyDOWN ・・・ ↓キー // ファンクションキー. _hotKeyF1 ・・・ F1 _hotKeyF2 ・・・ F2 _hotKeyF3 ・・・ F3 _hotKeyF4 ・・・ F4 _hotKeyF5 ・・・ F5 _hotKeyF6 ・・・ F6 _hotKeyF7 ・・・ F7 _hotKeyF8 ・・・ F8 _hotKeyF9 ・・・ F9 _hotKeyF10 ・・・ F10 _hotKeyF11 ・・・ F11 _hotKeyF12 ・・・ F12 // テンキー. _hotKeyT_0 ・・・テンキー0 _hotKeyT_1 ・・・テンキー1 _hotKeyT_2 ・・・テンキー2 _hotKeyT_3 ・・・テンキー3 _hotKeyT_4 ・・・テンキー4 _hotKeyT_5 ・・・テンキー5 _hotKeyT_6 ・・・テンキー6 _hotKeyT_7 ・・・テンキー7 _hotKeyT_8 ・・・テンキー8 _hotKeyT_9 ・・・テンキー9 _hotKeyT_DOT ・・・テンキー. _hotKeyT_SLASH ・・・テンキー/ _hotKeyT_ASTERISK ・・・テンキー* _hotKeyT_HYPHEN [...]



FastReflect - 1.0.5

Fri, 28 Jan 2011 04:51:00 GMT

ReleaseNote

・(1.0.5)2011/01/28:Constructor,Method,Filedそれぞれを、sun.reflect系オブジェクトを利用するように変更しました。これはセキュリティチェックを無くすことで、高速化が期待できるからです。




FastReflect - 1.0.4

Sun, 26 Sep 2010 03:57:00 GMT

ReleaseNote

メソッド実行に対して、対象オブジェクトに存在せず、継承元に存在する場合に、実行出来ない場合がある内容を修正しました。
たとえば下記のような事例の場合にうまく実行できない問題を解決しました。
java.io.BufferedWriter.write(java.lang.String)
を実行させようとした場合、エラーになる。
write(java.lang.String)メソッドは、java.io.Writerオブジェクトには実装されており、またjava.io.BufferedWriter.writeメソッドに引数が1つのメソッドは、write(int)しか存在しない。そのため、継承されたメソッドを見る前に、こちらのメソッドを実行しようとしてしまう。




FastReflect - 1.0.3

Mon, 06 Sep 2010 08:44:00 GMT

ReleaseNote

Javaパッケージリスト/キャッシュ処理を追加.




unsafe - 1.0.0

Fri, 04 Jun 2010 07:41:00 GMT

ReleaseNote

Java上で、C言語のメモリ操作系処理を利用できるライブラリです。
・malloc
・free
・realloc
・memset
・memcpy
これらのC言語メモリ操作系が利用できます。
また、これらの情報は、
・get
・put
処理で、1バイト単位で情報のI/Oが出来ます。

ChangeLog

初版




FastReflect - 1.0.2

Tue, 09 Feb 2010 09:37:00 GMT

ReleaseNote

FastReflect経由で読み込んだClass情報関連のキャッシュを一定時間で解放するように変更.




bdb - 1.0.4

Tue, 05 Jan 2010 03:30:00 GMT

ReleaseNote

Berkeley DB wrapper
1.0.0は不具合があったので、修正
1.0.1は同期処理に問題があったので修正
1.0.2では、部分I/Oに対応
1.0.3では、内部的にロック処理を施す
1.0.4では、永続化キューオブジェクトを追加




baseHTA - 1.00

Tue, 27 Oct 2009 16:13:00 GMT

ReleaseNote

HTA(Html-Application)の開発に対して、有効な内容を展開したいと思います。
初版として、HTA基本操作が行えるもの。
INIファイル読み込み。
MSAccessの利用による永続化対応などの機能が盛り込まれています。

ChangeLog

初版




jtemplateJS - 1.00

Tue, 16 Jun 2009 10:17:00 GMT

ReleaseNote

Javascript上で動作する簡単なTemplateを作成しました。
ファイルをダウンロード後、ZIPファイルを解凍していただき、徐に、jtemplate.htmlを実行してもらうと、大体の動きがわかると思います。

ChangeLog

・初版




MBench - 1.0.2

Wed, 06 May 2009 09:13:00 GMT

ReleaseNote

色々あった不具合を修正したのと、
Atomic対応しました。
また、Thread実行毎にThread.sleep(1)
を入れていたので正確なベンチマークには
ならない等、結構適当に作っていたような
個所の対応を行いました。

ChangeLog

・不具合修正
・Thread.sleep(1)を止めました
・Atomic対応しました




FastReflect - 1.0.1

Mon, 13 Apr 2009 07:57:00 GMT

ReleaseNote

チケットにバグを挙げてくれたので修正しました。nagiseさんありがとうございます。
変更内容は変更履歴に既述しています。
また、チケット#16005(プリミティブ型とラッパー型でのオーバーロードがある場合にメソッドの同定を誤る)は、基本的にはFastReflect.invokeに対して、パラメータタイプを渡さず、渡されたパラメータを元に一致メソッドを検索しており、この場合のパラメータ引数に対して、たとえば以下のように
>FastReflect.invoke( "test.Test",null,"hoge",(int)10 ) ;
このような形でint値を渡したとしても、パラメータ引数はオートボクシングの影響で強制的にjava.lang.Integerに変換されてしまい、プリミティブかラッパークラスかを区別できないので、ペンディングとしました。

ChangeLog

以下の点のチケット内容を修正。
#16004:オーバーロードのあるメソッドの同定に失敗する。
#16006:内部クラスのインスタンス生成でObject型が返る
#16007:throws Exception宣言を修正してほしい




FastReflect - 1.0.0

Fri, 03 Apr 2009 07:42:00 GMT

ReleaseNote

高速リフレクションAPI。
リフレクションは、Java6等で速度UPしたのですが、如何せん使い勝手がわるいことと、やはり、速度が遅いと思います。
そこで、高速にリフレクション呼び出しができないかと思い、作りました。
しかし、リフレクション呼び出しそのものが重いので、FastReflectでは、メソッド検索等をキャッシュ化することで、速度UPを量ることで、速度UPを実現しています。
また、String#valueOfのような引数が違うけど、同一名のメソッド名に対するアクセスなどは、一番最適な値に対してメソッド実行するようにしています。

ChangeLog

初版




SimpleHtmlParser - 1.0.2

Sun, 15 Mar 2009 06:08:00 GMT

ReleaseNote

HTMLパーサ処理の不具合を修正しました。

ChangeLog

不具合修正




MaachangComet - b1.2A

Sat, 13 Dec 2008 08:35:00 GMT

ReleaseNote

今回のリリースは主に速度改善を行いました。1kByte程度のHTMLならば、同時10000アクセスぐらいは、耐えれるようになっています。
(参照スペック:CPU:Q6600(Core 2 Quad Q6600),Memory8G)
また、乱数発生にxor128を採用したことで、新規セッションID作成の速度UPとなりました。

ChangeLog

・速度改善




Lux IO for java - 0.1.0

Fri, 05 Dec 2008 09:15:00 GMT

ReleaseNote

Lux IO[http://luxio.sourceforge.net/]をJNIでラッピングしました。これで、B+木で高速なDBMをJavaから利用できます。
また、
http://d.hatena.ne.jp/winebarrel/20081109/p2
にあるWindows対応版のLux IOを利用して、Windows(32Bit)とLinux(32Bit)に対応しています。

ChangeLog

新規作成




MaachangComet - b1.29

Fri, 21 Nov 2008 04:31:15 GMT

ReleaseNote

久しぶりの更新です。
今回のバージョンでは、多くの不具合があったので、修正しました。
また、Nio関連(NonBlocking通信関連)について、最適化を行いました。これにより、前回より、20%ぐらいの速度UPが見込めます。
あと、Comet機能と、RPC機能の大幅改善を行いました。

ChangeLog

・不具合修正
・Nio関連の最適化
・Comet機能の大幅改善
・RPC機能の大幅改善




execHTA - b1.00

Sun, 05 Oct 2008 09:13:00 GMT

ReleaseNote

execHTAは、Microsoft系のOSで動作するHTA(Html Application)の支援ツールです。
具体的には、execHTA起動時に、HTTPサーバから動作に必要なファイル群をダウンロードして、起動します。これの効果としては、更新ファイルをHTTPサーバで一元管理できることです。
これで少しはHTAが利用しやすくなるかもしれません。

ChangeLog

初版




MaachangComet - b1.27

Thu, 02 Oct 2008 08:42:00 GMT

ReleaseNote

帳票機能を追加しました。
基本的には、テンプレートファイルとなるExcelファイルをPOIで操作して、ダウンロードさせる簡単な仕組みです。

ChangeLog

・帳票機能の追加。




MaachangComet - b1.25

Wed, 27 Aug 2008 10:10:12 GMT

ReleaseNote

今回も、速度改善に対してのリリースです。
よく使うメソッド(たとえばisNullとか)はJava側で実装しました。
これにより、速度が1.7倍ほど高速になりました。

ChangeLog

・速度改善を行いました。




MaachangComet - b1.24

Sat, 16 Aug 2008 09:13:32 GMT

ReleaseNote

今回は、スクリプトエラー時に、画面に表示されるエラー画面で、ソース行数の詳細を出すように修正しました。
これで、開発時において、だいぶ楽になると思います。
また、前回Rhino本体を別途導入したことから、せっかくなので、スクリプト実行時に、最適化するように変更しました。
それぞれ、compile=9,eval=1で最適化するようにしています。

ChangeLog

・スクリプト時におけるエラーメッセージ表示を修正しました。
・ScriptEngine.compileと、ScriptEngine.evalに対する最適化数値をそれぞれ、compile=9,eval=1で処理するように変更しました。




MaachangComet - b1.23

Wed, 13 Aug 2008 09:35:00 GMT

ReleaseNote

今回は、通信周りの改善及び、ライブラリキャッシュ関連の大幅
改善を行いました。
また、jsr223のScirptEngine周りのソース付加及び、Rhino1.7R1を
利用するように修正しています。

ChangeLog

・通信周りの実装を修正
・ライブラリキャッシュ関連の大幅修正
・Rhino1.7R1を利用するように変更しました。




MaachangComet - b1.22

Sat, 09 Aug 2008 07:32:57 GMT

ReleaseNote

以下の不具合を修正しました。
・SSLに対して不具合があったので修正しました。

NonBlockingSocket周りの実装を最適化しました。

ページキャッシュ機能を追加しました。
この機能はMHTMLや、Innerに対してファイルの先頭に
@cache@
もしくは
@cache@=60
(60は60秒を意味する)
とすることで、そのページ自体が、デフォルトで30秒、
下記のように設定することで、任意の秒間ページキャッシュします。

JSファイル及び、CSSファイル対して、キャッシュ化するようにしました。

これらの修正及び、追加により、だいぶ速度的に改善できたと思います。

ChangeLog

・SSLに対して不具合があったので修正しました。
・NonBlockingSocket周りの実装を最適化しました。
・ページキャッシュ機能を追加。
・外部ファイル(js,css)のキャッシュ化。




MaachangComet - b1.21

Tue, 29 Jul 2008 06:37:40 GMT

ReleaseNote

OpenWysiWyg1.47を導入しました。
これで、MaachangCometでも、WysiWygエディタが利用できるように
なります。

ChangeLog

OpenWysiWyg1.47を導入




MaachangComet - b1.20

Tue, 22 Jul 2008 02:36:00 GMT

ReleaseNote

タグライブラリ機能を追加しました。
たとえば、MaachangCometでテキストボックスを表示する場合、
<%= textTag( "name" ) %>
のようにしていたのですが、この場合、見づらいのですが、これを
今回
<$text name="name">
のように記述できるようにしています。

また、タグライブラリは、オリジナルなものも作れるようにしています。

ChangeLog

・タグライブラリ機能の追加。




MaachangComet - b1.1F

Thu, 17 Jul 2008 08:29:16 GMT

ReleaseNote

SSLの不具合を修正
>前にNonBlocking用のSSLとして、SSLEngineを利用したものをリリース
したのですが、この部分に不備があったので、修正しました。
具体的には、一定以上の長さのレスポンスに対して、SSLが失敗してしまう
というものです。

マスターDBのキャッシュを管理するようにしました。
感じとしては、テーブル名の最後の文字が「_master」Model名では
「Master」であるか、テーブル生成用コンフィグファイル内に、
>master_cache="true"
とすることで、キャッシュを取ってくれます。
マスターDBのキャッシュ利用方法としては、
>cacheDB.モデル名
で、IDをキーとしたmap形式で情報が返されます.
また、IDを昇順として、array形式で情報を取得する場合は、
>cacheDB.$モデル名
のように、モデル名の頭に$をつければ、取得できます。

それ以外には、色々不具合が合ったりしまくったので、それを
修正した感じです。
あとは、機能等や、新しいメソッドの追加などもあります。

ChangeLog

・不具合修正
・マスターDB機能追加。
・その他新しいメソッドなど




rawio - b1.00

Sun, 15 Jun 2008 06:39:40 GMT

ReleaseNote

JavaでファイルのRawIO(DirectI/O)を行うためのライブラリ。
JNIを使って、WindowsとLinuxのRawI/Oが利用できます。

Windows: FILE_FLAG_NO_BUFFERINGでファイルをオープン
Linux: O_DIRECTでファイルをオープン

ChangeLog

初版




MaachangComet - b1.1E

Fri, 13 Jun 2008 14:18:00 GMT

ReleaseNote

・通信速度が遅い・・って思ったので、色々実装をいじりました。
 >根本原因として、TCPNoDelayがOFFになっていたことが原因です。
  それをONにすることで、速度が劇的にUPしました><
・新しいMDBMエンジンを導入しました。

ChangeLog

・通信速度改善
・MDBM-b1.13を導入




MaachangDBM - b1.13

Mon, 09 Jun 2008 12:31:21 GMT

ReleaseNote

不具合修正版。
非同期書込みのキャッシュが、終了処理時点で存在していた場合、
その情報がなくなるまで、終了処理を待機するようにしていたのですが、
非同期書込みキャッシュの終了ポイント位置が、書込み前になっていたので、
たまに、書込み失敗例外が発生することがあったので、修正しました。

ChangeLog

不具合を修正。




MaachangDBM - b1.12

Sun, 08 Jun 2008 09:29:32 GMT

ReleaseNote

MDBMエンジンを再実装しました。
主な機能追加内容は以下の通りです。
・非同期書込み
・書込みキャッシュ
・キー長の制限を撤廃

以前と比べ、少しは実用に耐えれるようになったと思います。

ChangeLog

・MDBMエンジンをすべて再実装




MaachangComet - b1.1D

Mon, 02 Jun 2008 06:32:17 GMT

ReleaseNote

SSLEngineによる、非同期SSLに対応しました。

ChangeLog

・SSLEngineによる、非同期SSLに対応。