Subscribe: 魂の仕事人:キャリア&転職研究室
http://www.jinzai-bank.net/edit/rss/info_rss.cfm?cid=tm
Preview: 魂の仕事人:キャリア&転職研究室

魂の仕事人:転職研究室



転職活動中の人も、そうじゃない人も……。ガツンと効く一言があるかもしれない転職支援サイトです



 



第40回 ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ-その6-仕事なんて何でもいい 重要なのは「どう生きたいか」

2009-06-22T00:00+09:00

独立して9年が経った今でも、会社を辞めるときに選択した、人生の時間を自分でコントロールする生き方を実現している。完結編の今回は須藤氏にとって仕事とは何か、何のために働くのか、そして幸せとは何かに迫った。



第40回 ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ-その5-目指すは意識のバリアフリー

2009-06-15T00:00+09:00

次男の誕生を機に、健常者と障がい者が自然に共存できる社会の実現を目標とした須藤氏。「意識のバリアフリー」をコンセプトとして動き始めたそのプロジェクトは「ネクスタイド・エヴォリューション」と命名された。



第40回 ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ-その4-次男の誕生をきっかけに独立 福祉業界の変革を決意

2009-06-08T00:00+09:00

本社の役員に逆らったことで飛ばされた支店で孤軍奮闘していたころ、私生活でも大きなライフイベントが発生した。次男の誕生である。この出来事が須藤氏の人生を180度変えていくこととなる──。



第40回 ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ-その3-苦節5年で夢の宣伝課へ

2009-06-01T00:00+09:00

1年間の命懸けの債権回収業務で結果を出した須藤氏は、丸井の花形・渋谷のヤング館へ栄転。ジュニアマネージャーとして現場の販売員を束ね、業績アップに貢献した。その後、半年間の商品部の係数管理業務を経て、カード企画部への異動の辞令が下った。これが夢の宣伝課への布石となった。



第40回 ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ-その2-命の危険を感じる仕事も 夢のために頑張れた

2009-05-25T00:00+09:00

大学最後の海外放浪から帰国した須藤氏は本格的に就職活動を開始。子どもの頃からの夢を追い求めようとするが、しかし、またしても思い通りにはいかなかった。



第40回 ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ-その1-障害者と健常者の垣根を壊す 熱き社会起業家の仕事魂

2009-05-18T00:00+09:00

ファッションで世の中を変えようとしている男がいる。ネクスタイド・エヴォリューション代表・須藤シンジ45歳。コンセプトは「意識のバリアフリー」、目指すは障がい者と健常者が混ざり合った社会の実現。「違いは個性。ハンディは可能性」を旗印に福祉の世界に切り込んだ男の熱き生き様に迫った。



第39回 「自殺対策に取り組む僧侶の会」代表 藤澤克己-その5-仕事とは社会の中での役割

2009-05-04T00:00+09:00

「自殺対策に取り組む僧侶の会」を立ち上げ、メンバーの僧侶と共に自殺念慮者や自死遺族の支援に力を尽くしている藤澤氏。今後さらに活動を拡大していく予定なのだという。自殺問題を解決するための壮大なビジョン、そして藤澤氏にとって仕事とは、働くとは、を語っていただいた。



第39回 「自殺対策に取り組む僧侶の会」代表 藤澤克己-その4-安心して悩める社会のために 宗派を超えて僧侶が集結

2009-04-27T00:00+09:00

ビフレンダーズやライフリンクでの活動を通し、自殺したいほど苦しんでいる人や自死遺族の魂の叫びを聞くことによって、自殺問題に取り組む独自の団体の立ち上げを決意した藤澤氏。まずは身の回りで呼びかけたところ、僧侶が一人またひとりと宗派を超えて藤澤氏の立てた旗の下に集結し始めた。



第39回 「自殺対策に取り組む僧侶の会」代表 藤澤克己-その3-自死遺族との交流で取り組み方が変わった

2009-04-20T00:00+09:00

日本の自殺者年間3万人前後。何とかしたいと自殺対策の世界に飛び込んで丸3年。電話相談業務では、数百人の苦しむ人の魂の声に耳を傾けてきた。さらに自死遺族との交流を通して、当初の動機が間違っていたと思い知らされた。気付きが、「自殺対策に取り組む僧侶の会」の設立に繋がっていく。



第39回 「自殺対策に取り組む僧侶の会」代表 藤澤克己-その2-自分にしかできない仕事がある

2009-04-13T00:00+09:00

45歳で21年間のサラリーマン生活に終止符を打ち、僧侶として自殺問題に取り組む決意をした藤澤氏。在職中から自殺防止のための電話相談員の研修を受け始め、さらに、日本の自殺対策を語る上で絶対に外せない団体との出会いで藤澤氏の運命は大きく変わっていく。