Subscribe: マイコミジャーナル パソコン 自作
http://rss.rssad.jp/rss/mycom/pc/jisaku
Added By: Feedage Forager Feedage Grade A rated
Language: Chinese simplified
Tags:
intelは  ryzen  ssd    円 税別  円 税込    円前後。  日 米国時間    月 円  月 日    税別  税込 。 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: マイコミジャーナル パソコン 自作

マイナビニュース パソコン 自作 / テクノロジ



「マイナビニュース」は、ニュースと読み物を中心とした総合専門サイトです。「知りたい!を刺激する総合専門サイト」をキャッチコピーに、経営関連、IT関連などのビジネス情報から映



Published: 2018-04-20T22:20:03+09:00

 



Ryzen 7 2700X/Ryzen 5 2600Xレビュー - 第2世代RyzenでIntelに追いつくことができたのか?

2018-04-19T22:52:35+09:00

AMDは4月19日に第2世代のRyzenプロセッサ(Ryzen 2)を発売した。同社は「Core i7-8700Kを上回る性能で、しかも値段が安い」ことをアピールしているが、実際にそれだけの性能向上を実現できたのか、早速検証してみよう。




東芝、コンシューマ用途に向けた内蔵HDDを6シリーズ

2018-04-18T15:47:52+09:00

東芝デバイス&ストレージから、コンシューマ用途向けの内蔵HDDが登場する。それぞれ、デスクトップPC、ノートPC、ゲーミングPC、NAS、ビデオストリーミング、監視カメラといった用途を想定している。




今週の秋葉原情報 - Coffee Lake向けのマイニングマザーが登場、第2世代Ryzenは夜間販売の情報も

2018-04-17T17:07:38+09:00

MSIから、新チップセットB360を搭載したマイニング用マザーボード「B360-F PRO」が登場、発売が開始された。PCI Express x1スロットを3列に並べて密集配置することで、最大18枚のグラフィックスカードが接続可能になっている。付属の24ピンアダプタにより、最大5台のATX電源を同期させることができる。




「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 5 2600X」開封の儀

2018-04-14T00:40:46+09:00

AMDから第2世代のデスクトップPC向けRyzenである「Ryzen 7 2700X」と「Ryzen 5 2600X」の評価キットが届いた。ただいま大原雄介氏が検証中なので、性能評価はしばしお待ちしてもらいたいが、「開封の儀」ということで簡単に製品の概要を紹介したい。




CORSAIR、ホワイトLED搭載で側面ガラスパネルのミドルタワーケース

2018-04-13T20:18:38+09:00

CORSAIRのATX対応ミドルタワーPCケース「CORSAIR Carbide Series 275R」は、前面パネル備えたホワイトLEDによって、柔らかい光で内部を照らす。側面はガラスパネル仕様で、電源ユニットは下部に配置するタイプ。4月21日の発売、価格は14,040円(税込)。




今週の秋葉原情報 - 低価格なCoffee Lakeとマザー新製品が一挙に登場、新型「VIVE」も発売に

2018-04-10T16:41:53+09:00

Intelの第8世代Core「Coffee Lake」に、エントリー向けや省電力向けの新モデルが多数登場、発売となっている。これまで、Coffee LakeはCore i7/i5/i3で6モデルのみが発売されていたが、PentiumやCeleronが追加されたほか、バルクで省電力の「T」型番も登場しており、選択肢が一挙に拡充した形だ。




MSI、マイニングに特化したIntel B350 / H310搭載マザーボード

2018-04-09T16:39:15+09:00

台湾MSIは4月9日、マイニング向けマザーボード「B360-F PRO」と「H310-F PRO」を発表した。ともに4月10日より発売する。店頭予想価格(税別)は「B360-F PRO」が25,980円前後、「H310-F PRO」が22,580円前後。




シャープ、透明NFCアンテナ搭載ディスプレイを開発

2018-04-05T12:35:46+09:00

シャープは5日、透明なNFCアンテナを搭載したディスプレイの開発を発表した。一般的なNFC通信器は、ディスプレイとNFCリーダー(読み取り部)が分かれているが、今回開発したNFCアンテナ搭載ディスプレイでは、スマートフォンなどのNFC対応機器やICカードをディスプレイ自体にかざして通信できる。




6コア搭載ノートPCが続々登場、Intelイベントで見つけた新製品たち

2018-04-05T06:00:00+09:00

Intelが中国・北京で開催したイベントで新CPUが発表された。イベント会場には最新CPUを搭載した製品を展示。日本国内でもおなじみのメーカーがどんな製品を用意しているかチェックしてみよう。




Intel新チップセット搭載マザーが各社から発売

2018-04-03T20:21:36+09:00

Intelは3日、中国・北京で開催したイベントで、第8世代Coreプロセッサの新モデルを発表。合わせてチップセットを拡充し、従来ラインナップしていたハイエンドのZ370に加え、メインストリーム向けのH370、ビジネス向けのB360 、エントリー向けのH310チップセットを追加した。




Intel、デスクトップPC向け第8世代CoreにCore i5-8500など追加

2018-04-03T18:12:53+09:00

Intelは4月3日、中国・北京でイベントを開催し、デスクトップPC向け第8世代Coreプロセッサのラインナップ拡充を発表した。メインストームに向けたモデルに加えて、型番にTが付く低電圧モデルを追加する。




Intel、ノートPCでもCore i9 - 6コア/12スレッドのCore i9-8950HK投入

2018-04-03T16:01:00+09:00

Intelは4月3日、中国・北京でイベントを開催し、ノートPC向け第8世代Coreプロセッサに新モデルを追加した。最上位にCore i9を冠し、6コア/12スレッドを実装したCore i9-8950HKを投入する。




ASRockが「Phantom Gaming」ブランドでグラフィックカード市場に参入 - 高クロックなOCモデルがウリ

2018-04-02T09:00:00+09:00

台湾ASRockが「Phantom Gaming」というブランド名グラフィックスカード部門にも参入しました。第1弾製品はAMDのRadeon RX 500シリーズを搭載。他社よりもコアクロックを引き上げたオーバークロックモデルとなっています。




PLEXTOR、3D NAND採用のハイエンドNVMe SSD「M9Pe」

2018-03-29T23:09:07+09:00

アユートは3月29日、PLEXTORのNVMe SSD「M9Pe」シリーズの取り扱い開始を発表した。3月31日より順次発売する。東芝製3D NANDとMarvell製88SS1093コントローラを採用したハイエンドモデルで、シーケンシャルリードが最大3,200MB/sの高速転送を実現する。




ASRockがRadeonでグラフィックスカード市場に参入

2018-03-29T15:33:15+09:00

ASRockはこのほど、「Phantom Gaming」ブランドでグラフィックスカード市場への参入すると発表した。第1弾製品としてAMD Radeon RX 500シリーズ搭載4モデルをラインナップする。




NVIDIA、Tesla V100に32GB HBM2搭載版 - 深層学習向け新サーバ「DGX-2」も

2018-03-28T22:34:56+09:00

NVIDIAは3月27日(米国時間)、データセンター向けGPU「Tesla V100」に32GB HBM2を搭載した新モデルを追加した。また、これを16基接続した深層学習向けサーバ「DGX-2」も発表。従来モデル比で2倍の演算性能を実現するとしている。




NVIDIA、Volta世代のワークステーション向けGPU「Quadro GV100」

2018-03-28T20:17:54+09:00

NVIDIAは3月27日(米国時間)、GTC 2018にてワークステーション向けGPU「Quadro GV100」を発表した。CUDAコア数は5,120基、32GBのHBM2を搭載する。




今週の秋葉原情報 - GIGABYTEから12スロットのマイニングマザー、音声認識対応の小型ロボットも

2018-03-27T12:29:04+09:00

GIGABYTEの「GA-B250-FinTech」は、名前から分かるように、マイニング向けのマザーボードである。マイニング向けの製品は各社から出ているが、拡張スロットが様々な方法でびっしり並んでいて、変態マザーの見本市のような状況。この製品は拡張スロットを2列で並べることで、12スロットを実現している。価格は17,000円前後。




AMD、RyzenとEPYCの脆弱性に対する対応を表明

2018-03-22T19:59:22+09:00

AMDは3月21日(米国時間)、イスラエルのセキュリティ企業CTS-Labsが報告したプロセッサの脆弱性に対する、初期調査の結果と対応策を発表した。近日中のファームウェア配布を予定している。また、攻撃に対して管理者権限が必要であることを強調し、影響は限定的という見方を示している。




今週の秋葉原情報 - あの巨大球形ケース「WINBOT」がまさかの発売、ハンドジェスチャーにも対応

2018-03-20T14:41:11+09:00

IN WINの「WINBOT」は、昨年のCOMPUTEXで注目を集めたユニークな球形PCケース。SF映画に登場した宇宙船をイメージした近未来なデザインが特徴的で、内蔵モーターによる自動開閉や回転機能も備える。価格は429,840円(代理店からの直送となるため、送料が別途必要)。3月28日の発売予定で、予約を受付中だ。




インテル江田麻季子社長が3月31日付けで退任

2018-03-19T12:24:56+09:00

米Intelの日本法人であるインテルは19日、江田麻季子代表取締役社長が2018年3月31日付けで退任すると発表した。公認はEMEA地域のインダストリー・セールス事業部長を務めていたスコット・オーバーソン氏。




Intel、Spectre対策をCPUに実装、今年後半出荷の第8世代Coreなどから

2018-03-16T17:11:04+09:00

米Intelは3月15日 (現地時間)、今年後半に出荷を開始する予定の「第8世代Intel Coreプロセッサー」などから、CPUの脆弱性「Spectre」「Meltdown」に対するハードウエア・ベースの対策を組み込むことを明らかにした。




AMD、RyzenやEPYCの脆弱性報告に対し声明を発表

2018-03-14T19:00:25+09:00

米AMDはイスラエルのセキュリティ企業がAMD製プロセッサの脆弱性を公開したことを受け、声明を発表。現在、調査・分析中であるとした。一方で声明からはどことなく、困惑した様子も伝わってくる。




今週の秋葉原情報 - Ryzen Threadripper初のマイクロATXマザー、まさかのWindows 95新品PCも

2018-03-14T17:10:45+09:00

ASRockの「X399M Taichi」は、Ryzen Threadripper向けとしては初となるマイクロATXマザーボード。ややニッチではあるが、小型ケースでパワフルなマシンを組むときなどには、貴重な選択肢になるだろう。11フェーズ電源、M.2スロット×3、U.2コネクタなど、マイクロながら仕様は強力だ。価格は50,500円前後。




まるでコックピット!! 透明な球体型PCケース、IN WINから

2018-03-14T16:14:01+09:00

アユートは3月14日、台湾IN WIN製のPCケースとして、直径約68cmの透明球体アクリルシェル型PCケース「WINBOT(ウインボット)」を発表した。BLACK GREENとBLACK REDの2色を用意し、3月28日より各色3台で限定発売する。価格は398,000円(税別)。




ASUS、Ryzen Threadripper対応のX399ゲーミングマザーボード

2018-03-09T23:54:50+09:00

ASUS JAPANはこのほど、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応するゲーミングマザーボード「ROG STRIX X399-E GAMING」を発売した。店頭予想価格は税込49,000円前後




IN WIN、ASUS TUF GAMINGとコラボしたATXミドルタワーケース

2018-03-09T21:57:58+09:00

「ASUS TUF GAMING」シリーズとコラボした、台湾IN WIN製のミドルタワーケース「101-TUF GAMING」が登場する。マザーボードのRGBヘッダピンを用いる発光アクリルパネルなどが付属。3月15日の発売予定で、店頭予想価格は13,580円(税込)だ。




Raspberry Piでピュアオーディオ - OSまで作り直す追求っぷり

2018-03-09T17:08:20+09:00

「LUXMAN(ラックスマン)でRaspberry Piを使ったオーディオ機器の技術説明会をするので来ませんか?」というお誘いがありました。え? ピュアオーディオの会社がRaspberry Piで??




今週の秋葉原情報 - Gemini Lake搭載Mini-ITXマザーが初登場、格安の耳掛け式目線カメラも

2018-03-07T13:10:28+09:00

ASRockの「J4105-ITX」は、Intelの新型CPU「Celeron J4105」を搭載したMini-ITXマザーボードだ。J4105は、「Apollo Lake」の後継となる「Gemini Lake」世代の4コアCPUで、搭載モデルが店頭に登場するのはこれが初めて。製品はファンレス(TDPは10W)で、DDR4-2400 SO-DIMM×2が利用できる。価格は13,000円前後。




Intel Optane SSD DC P4800Xで「Optaneの速さ」を体感する

2018-03-01T08:00:00+09:00

次世代の不揮発メモリ技術であるIntel「Optane」。NANDフラッシュメモリとは異なる技術を用いることで、転送速度の向上を実現した。Optane製品の元祖と言えるOptane SSD DC P4800Xからその実力を探る。




今週の秋葉原情報 - 10万円超えの水冷電源が登場、トラックボール一体型のキーボードも

2018-02-27T16:55:54+09:00

FSPの「Hydro PTM+」は、水冷に対応したという80 PLUS Platinum電源。以前、Koolanceからも出ていたことはあるが、水冷電源は極めてレア。価格も極めて高いものの、これを使えば、CPU、マザーボード、グラフィックスカード、メモリなど、主要パーツが全て水冷という"オール水冷マシン"も作れるだろう。価格は108,000円前後。




今週の秋葉原情報 - 待望のGPU内蔵Ryzen「Raven Ridge」がデビュー、Ryzen初のTUFマザーも

2018-02-20T15:46:35+09:00

AMDから、コードネーム「Raven Ridge」こと、新型CPUの「Ryzen Desktop APU」が登場、「Ryzen 5 2400G」「同 3 2200G」の2モデルが発売となっている。従来のRyzenはGPU非搭載だったが、このRyzen 2000番台では、Radeon Vega世代のGPUが統合されたのが大きな特徴。価格はそれぞれ、21,500円前後と14,000円前後。




Intel、2in1ノートPC向けの2コアCPU「Core i3-8130U」

2018-02-15T23:01:02+09:00

Intelはこのほど、第8世代Coreプロセッサの新モデルとして、薄型ノートPCや2in1 PC向けの「Intel Core i3-8130U」を発表した。2コア/4スレッドを実装し、ベース周波数は2.20GHz、ターボブーストをサポートし、最大3.4GHzで駆動する。




PS4やXbox Oneのプレイ動画を4K録画できるキャプチャーカード

2018-02-13T19:41:00+09:00

ソフトバンク コマース&サービスは2月13日、独Elgato Systems製キャプチャーボード「Elgato Game Capture 4K60 Pro」の取り扱いを発表した。2月16日より発売する。店頭予想価格は49,190円前後(税込)。




今週の秋葉原情報 - ホワイトカラーのGTX 1070 Tiカード、マイニングOS入りのUSBメモリも

2018-02-13T16:06:30+09:00

玄人志向の「GK-GTX1070Ti-E8GB/HOF」は、GALAXとコラボしたハイエンドブランド「GALAKURO」のGeForce GTX 1070 Tiグラフィックスカード。基板とクーラーはホワイトカラーで統一されており、高速なだけでなく、見た目も美しい製品となっている。RGB LEDも搭載しており、ソフトウェアから発光を制御することが可能だ。




Ryzen 5 2400G/Ryzen 3 2200Gレビュー - APUでも競合を脅かす性能を発揮できるか

2018-02-13T01:24:20+09:00

GPUにVegaを統合したデスクトップPC向けのRyzen APU(開発コード名:Raven Ridge)がついに市場に投入される。これに先駆けて評価を行うことができたので、さっそくベンチマークテストの結果を紹介する。APUでも競合製品に肉薄するような性能を秘めているのだろうか。




新SoC「Snapdragon 845」の性能とやらを - 先駆けベンチマーク

2018-02-12T14:00:00+09:00

各社のハイエンドクラスに位置するスマホは、ほとんどの端末がプロセッサとしてQualcommのSnapdragon 835を搭載している。2017年12月に最新のSnapdragon 845が発表され、今回、その性能をベンチマークテストで見ることができた。さっそくお伝えしよう。




「Ryzen APU」開封の儀を執り行う

2018-02-08T23:00:00+09:00

2月12日のRyzen APU登場に先駆けて、AMDから評価キットが届いた。まずは「開封の儀」を執り行い、軽く概要を紹介したい。そんなことよりパフォーマンスは? という方もいらっしゃるだろうが、検証中のためレビューの方はもう少々お待ちいただきたい。




Valveの音響ツール「Steam Audio」でAMDの「TrueAudio NEXT」をサポート

2018-02-07T19:12:54+09:00

ValveがゲームやVRコンテンツ開発者向けに提供する音響ツール「Steam Audio」で、AMDの音響技術「TrueAudio Next」をサポートすると発表した。すでにUnityやFMOD Studio、Unreal Engine 4向けのプラグインで利用できるという。




MeltdownとSpectre問題、対策パッチでPCのパフォーマンスは低下するか

2018-02-07T13:36:18+09:00

2018年初頭に明らかになった「Meltdown」と「Spectre」というCPU脆弱性に対して、対策パッチが提供されているが、導入にあたってPC性能への影響が懸念されている。今回はコンシューマ用途をメインにベンチマークテストで検証したい。




ハイレゾ音源の再生をサポートするヘッドホンアンプ/DACボード

2018-02-01T00:57:36+09:00

バリュートレードは1月30日、AVIOTブランドより、Raspberry Pi向けハイレゾ再生・バランス接続対応のヘッドホンアンプ/DACボード「DAC 01」を発表した。1月31日に発売した。価格は16,800円(税別)。




BitFenix、ASUSのイルミネーション機能に対応したE-ATX対応PCケース

2018-01-29T21:56:54+09:00

CFD販売がBitFenix製PCケース「BFC-ENS-150-KKWGK-RP」と「BFC-ENS-150-WWWGK-RP」を発表した。ASUSのイルミネーション機能「ASUS AURA Sync」をサポートし、マザーボードからケースのライティングを設定できる。2月初旬に発売し、店頭予想価格は税別12,480円。




今週の秋葉原情報 - コスパ最強クラスのSSD「760p」が登場、ファンレス対応の水冷CPUクーラーも

2018-01-29T16:59:36+09:00

Intelの「760p」シリーズは、M.2タイプのNVMe SSD。64層の3D NANDを採用したモデルで、従来の「600p」シリーズに比べ、2倍の性能を半分の消費電力で実現したという。価格は、256GBモデルが15,000円前後、512GBモデルが27,000円前後。コストパフォーマンスが良く、人気モデルとなりそうだ。




Intel決算、10〜12月期は売上過去最高、CPU脆弱性問題の業績への影響は?

2018-01-26T11:15:25+09:00

米Intelは1月25日(現地時間)、2017年度第4四半期(2017年10月~12月)決算を発表した。データセンターやInternet of Things(IoT)の好調な伸びによって過去最高の四半期売上高を記録、売上高・利益ともにアナリストの予想平均を上回った。




ドスパラ、OSセットアップ済みmicroSDが付属のシングルボードPC

2018-01-25T22:04:17+09:00

サードウェーブデジノスは1月26日、シングルボードPC「Tinker Board」とOSセットアップ済みmicroSD、ACアダプターをセットにしたキット「DG-Tinker3288」を発表した。届いてすぐに使える手軽さが特徴だ。




赤外線通信でイルミ同期のDRAMなど「光り物」が目立ったKingston

2018-01-24T18:51:18+09:00

Kingston Technologyは、CES 2018で3D NANDを採用したSSDに加え、ゲーミングブランド「HyperX」からヘッドセットやキーボード、SSD、メモリなどRGB対応製品を一挙に公開した。




今週の秋葉原情報 - 真ん中で折り曲げた壁掛けケースが登場、ハイエンド向けMini-ITXケースも

2018-01-24T13:32:50+09:00

Thermaltakeの「Core P90 TG」は、ユニークな"トライアングル構造"を採用したミドルタワーケースだ。壁掛け可能なオープンフレーム型なのは従来のCoreシリーズと同様だが、左側と右側を中央で分離。そこで90°折り曲げた構造になっており、多面的なドレスアップが可能になった。TSUKUMO eX.での価格は23,738円。




日本サムスン、64層V-NAND搭載SSDの新モデル「860 PRO」「860 EVO」

2018-01-24T00:00:00+09:00

日本サムスンのSATA 3.0 SSDに、新モデルが一気に加わった。3D NANDフラッシュ「V-NAND」を採用した「860 PRO」と「860 EVO」で、2.5インチ、mSATA、M.2 2280という各フォームファクタのモデルを用意。2月上旬に発売し、店頭予想価格は14,000円前後から。




最新「Samsung SSD 860 EVO」を検証 - SATA 6Gbps対応SSDの完成形か

2018-01-24T00:00:00+09:00

パフォーマンスの限界説が広がるSATA 3.0 6Gbps対応のSSDだが、久しぶりに注目度の高い新モデルが登場した。日本サムスンの「Samsung SSD 860 EVO」は、従来モデルからランダムライト性能と耐久性を向上させており、さっそく検証してみた。




Crucial MX500は性能と信頼性が向上 - 製品担当者が高コスパをアピール

2018-01-22T23:41:36+09:00

マイクロンジャパンは1月22日、メインストリーム向けSSDとゲーマー向けDDR4メモリの発表会を開催した。SSDのCrucial MX500は、第2世代の64層3D NANDを採用することで高いコストパフォーマンスを備えるという。