Subscribe: Kasuga Theater  カスガシアター
http://blog.livedoor.jp/shiro200603/atom.xml
Preview: Kasuga Theater  カスガシアター

Kasuga Theater  カスガシアター



itazuke brady air base annex camp hakata kasuga shiraki baru gannosu saitozaki sefuri fukuoka theater 福岡市 板付 雁ノ巣 西戸崎 志賀島 海ノ中道 春日市 白木原 大利 脊振 米軍 基地 アメリカ アーカイブ ファイヤー



Modified: 2018-04-23T15:28:27Z

Copyright: Copyright (c) 2018, shiro200603
 



Kasuga Theater  カスガシアターKasuga Theater revives.

2013-01-07T04:00:02Z

2008/03/15/09:45

(image)

























春日IABAA vol.35 白木原

2016-08-07T20:02:50Z

ちいさこべっこさんからいただいた写真です。場所はJR大野城駅のあたりです。 コメントには、 「刺繍屋をしてた当時の母と祖母です。本当にベースの踏切の角に建ってました。 三枚目は家の裏にあった原っぱです。背景に外人さんが住んでた白い家が見えます。」と、ありま...
ちいさこべっこさんからいただいた写真です。場所はJR大野城駅のあたりです。
コメントには、
「刺繍屋をしてた当時の母と祖母です。本当にベースの踏切の角に建ってました。 三枚目は家の裏にあった原っぱです。背景に外人さんが住んでた白い家が見えます。」と、ありました。
(image) (image)












(image)






テーラー店の写真がありますが、まさしく私の記憶にはこの辺りにこのようなお店が並んでました。ちなみに肉まんで有名な太平閣さんも以前はテーラーか刺繍店をされてたとか。。。私の中では他県でも米軍基地の近くってテーラーが多いと感じますが、どういった需要なんでしょう。
よく見るとケースの中にキャップ(帽子)がありますね。ご家族さまの後ろには立派なハウスが。

素敵なお写真ありがとうございました。



海ノ中道CH&BAB vol.27 HQにつづく直線の道

2015-04-17T04:11:26Z

  「マジックアワー」ってご存知ですか。物や風景が日の出や日没付近の太陽光を浴びてソフトで絶妙で金色をおびたとても美しく見えるごく短い時間帯のことです。紹介する道はまさに私が「マジックアワー」をイメージするとても素敵な場所です。 この道は海ノ中道南、博...

(image)


















  「マジックアワー」ってご存知ですか。物や風景が日の出や日没付近の太陽光を浴びてソフトで絶妙で金色をおびたとても美しく見えるごく短い時間帯のことです。紹介する道はまさに私が「マジックアワー」をイメージするとても素敵な場所です。
 この道は海ノ中道南、博多湾に面するまっすぐな道。わたしの記憶では1999年頃に閉鎖されたとおもいます。
 この道への入り口(ゲート)に関することは過去の記事で紹介していますが、その先に続くこの道の写真がなかったので今回紹介します。

(image)


















▲志賀島へ行く時には必ず通る59号線の途中から、南に入る道があります。もちろん今は通れません。この少し先に当時、米軍駐留地域に入るためのゲートがあり、米軍の駐留地域でした。この道を約1kmまっすぐにすすむと・・・

(image)


















▲・・・目の前に博多湾を見渡せます。ここは今回紹介する直線の道へと続くカーブ付近。

(image)


















▲東のほうには、当時、米軍関係者が「ジェーン ラッセル マウンテン」と呼んでいた立花山が見えます。今回の写真撮影にあたってはこの海岸線を歩いてきました;; 結構な道のりですが、普通の人はこんなトコ歩かないでしょうから(笑)しかし美しい異空環境は気持よいものです。

(image)


















▲博多湾を左手に、西に向かって伸びる約1.5kmほどの直線道路。まっすぐ行くと先にはルイガンズ。右手には鴨池がみえてきます。

(image)


















▲以前はこの海岸沿いに車を駐車することができました。この先にルイガンズがみえますが、米軍駐留当時にはヘッドクォーターや図書館、ヘリポートなど色々な米軍の主要施設があった場所でもあります。

(image)


















▲博多湾側を撮ってみました。内海になりますが、さほどゴミもなく青く美しい海です。




海ノ中道CH&BAB vol.26 YOYOさんちにあるお宝

2015-11-06T11:34:09Z

 過去にもたくさんの写真をいただいたYOYOさん。今回もお持ちのお宝を撮って送っていただきました。ありがとうございます。 このケースは旅行用でしょうか。宛先の荷札のようなものもついています。オハイオの空軍基地から送られてきたようです。重さは57pound(25.8kg)、... (image)

















(image)
















 過去にもたくさんの写真をいただいたYOYOさん。今回もお持ちのお宝を撮って送っていただきました。ありがとうございます。
 このケースは旅行用でしょうか。宛先の荷札のようなものもついています。オハイオの空軍基地から送られてきたようです。重さは57pound(25.8kg)、なにを入れて送ったんでしょうか。
 うちの近所の友達の家に、レコードがたくさん入った同じようなケースがありました。このケース、何用ってわけじゃないんでしょうが。 意外とこのケース自体、重いんですよね。



春日IABAA vol.34 ファルスタッフ ビール瓶

2015-04-27T22:58:13Z

2007年の夏、九大キャンパスを散歩している時に拾った瓶。1972年に米軍が撤退し、多くの建造物を取り壊した際の瓦礫は処分されたのでしょうが、それでも残った瓦礫は敷地の隅の方へ寄せて放置されているようです。コンクリート片や当時の日本製には見られない厚さの金属片等... (image)

2007年の夏、九大キャンパスを散歩している時に拾った瓶。
1972年に米軍が撤退し、多くの建造物を取り壊した際の瓦礫は処分されたのでしょうが、それでも残った瓦礫は敷地の隅の方へ寄せて放置されているようです。コンクリート片や当時の日本製には見られない厚さの金属片等が今でも所々のこっています。そんな感じですからキャンパスにある人がほとんど立ち入らない小山に(甥とクワガタ探しついでに)入った時、藪の中で見つけました。

瓶には「Falstaff」の文字があります。早速調べてみると1838年にアメリカ、ドイツ移民のアダム・レンプさんが創業されたビールメーカーで、1965年に製造のピークを迎え現在も操業を続けているようですが、ファルスタッフビールのレーベルは2005年に製造中止となっているそうです。
ちなみにこのボトルデザインはいつごろのモデルなんでしょうか。1945~1972年の間ということは推測できるんですが。。。よくみるとお分かりになると思いますが、このネジ山の浅さ、ガラス鋳造のバリ、なんともいえないアンティークとしての良さを感じませんか。



海ノ中道CH&BAB vol.25 チャペル(西戸崎)

2014-10-23T07:49:07Z

・・・ちなみに、こちらはTerryさんからいただいた写真です。小さいですが右端にチャペルの十字架が確認できます。この辺りは敷地が広いので雁ノ巣のほうにもチャペルはあったようです。

・・・ちなみに、こちらはTerryさんからいただいた写真です。小さいですが右端にチャペルの十字架が確認できます。この辺りは敷地が広いので雁ノ巣のほうにもチャペルはあったようです。
(image)




春日IABAA vol.33 チャペル(春日市)

2015-10-15T09:00:35Z

左より1枚目は1953年(昭和28年)の冬に撮影されたチャペル。2枚目はその4年後、1957年(昭和32年)に撮影されたものです。このカテゴリ、イタヅケエアベースアネックス(春日市)にて記事をアップしていますが、もしかするとイタヅケエアベース(板付)にあったチャペルかも...

(image) (image)

左より1枚目は1953年(昭和28年)の冬に撮影されたチャペル。2枚目はその4年後、1957年(昭和32年)に撮影されたものです。
このカテゴリ、イタヅケエアベースアネックス(春日市)にて記事をアップしていますが、もしかするとイタヅケエアベース(板付)にあったチャペルかもしれません。
私はまったくわかりませんが、わずかに見える後ろの山から、イタヅケエアベースアネックス(春日市)と推測してみました。実際はどうなんでしょうか。。。




春日IABAA vol.32 子ども達とベースボール

2013-05-06T22:37:22Z

子ども達がベースボールをやっている風景。これはケンからいただいた写真です。影の位置から推測して、東南方向へ向かって撮影をしているようです。場所はベースのどこだったんでしょうか。みんなお揃いのユニフォームを着ています。日本では全く見慣れた光景ですが、この写... (image)
子ども達がベースボールをやっている風景。これはケンからいただいた写真です。影の位置から推測して、東南方向へ向かって撮影をしているようです。場所はベースのどこだったんでしょうか。
みんなお揃いのユニフォームを着ています。日本では全く見慣れた光景ですが、この写真は昭和37年ごろですから。

ひさびさに記事をアップしようと思ったら、なんと前回の記事のアップは、ちょうど一年前。すみません、忙しくって・・・みなさん申し訳ないっす。ちなみに今日はなんとシンクロニシティの多かったことか。。。



春日IABAA vol.31 T口のコンセント

2015-04-01T07:37:25Z

これぞ、米軍ハウスがあった事の証、T口コンセント!現在、JR大野城駅横にて建設工事中の場所(元メイド宿舎跡)より採掘しました。軽量化などなんのその、といわんばかりのアメリカンな分厚い鉄で作られており、結構な重さ。余談ですが、地元の若い方は「大野城駅」が以前...

これぞ、米軍ハウスがあった事の証、T口コンセント!
現在、JR大野城駅横にて建設工事中の場所(元メイド宿舎跡)より採掘しました。軽量化などなんのその、といわんばかりのアメリカンな分厚い鉄で作られており、結構な重さ。
(image) (image)









余談ですが、地元の若い方は「大野城駅」が以前、「白木原駅」だった事をご存知ですか?看板をよーくみてみて下さい。
十数年前までは笹原駅も春日駅もなかったんですよ。
以前から紹介したかったんですが、今回の大野城駅つながりでようやく紹介する事ができました。。
(image) (image)




海ノ中道CH&BAB vol.24 海の中道にて3/3

2014-10-18T08:38:11Z

<有刺鉄線の柵の跡「海ノ中道CH&BAB vol.24 海の中道にて2/3」で紹介した、コンクリートでできた標識から線路を越えた所にありました。▲海の中道駅前に残る、当時の正門近くにあります。「昭和39.4」「U.S.」「CP」の文字が刻まれていました。米陸軍駐留地の境界線という... <有刺鉄線の柵の跡「海ノ中道CH&BAB vol.24 海の中道にて2/3」で紹介した、コンクリートでできた標識から線路を越えた所にありました。▲海の中道駅前に残る、当時の正門近くにあります。「昭和39.4」「U.S.」「CP」の文字が刻まれていました。米陸軍駐留地の境界線ということでしょうか。▲同じく正門近く。アルファベットが刻んである鉄板です。▲海浜公園 海浜公園 「海の中道駅口」から園内に入って西側にありました。浄化槽でしょうか。▲同じく、浄化槽のようなもの▲またまた、浄化槽のようなものです。コンクリートが剥がれた部分にレンガが見え、そのレンガに漢字が入っていました。日本製の建材が米軍で使用されていても不思議ではありませんが、米軍のものかどうかはわかりません。▲倒れた電柱と側溝。 この側溝のような所で幼少時代のTerryさんやYOYOさんは、探検していたのでしょうか。▲西戸崎近くの海岸沿いで撮りました。防波堤のようなものが崩れています。金属が入ってて、ちょっと珍しかったので撮影。 二枚目の写真、有刺鉄線の柵は春日や板付のベース跡でよくみかけます。 三枚目の写真。柱の上部が珍しい形をしています。カン松さまからのコメントをいただいていましたが、この柱の事でしょうか。 [...]



海ノ中道CH&BAB vol.23 海の中道にて 2/3

2010-08-16T12:02:28Z

▲前回の記事に使用する写真を撮影していた時に、偶然に発見しました。 JR海の中道駅近くに残っていた、コンクリート製の物です。これを、なんといえばいいのか・・・。 この数年、ここには数回、訪れているにもかかわらず、ようやく気づきました。ずっと、単なるJRのもの...

(image)
▲前回の記事に使用する写真を撮影していた時に、偶然に発見しました。 JR海の中道駅近くに残っていた、コンクリート製の物です。これを、なんといえばいいのか・・・。
 この数年、ここには数回、訪れているにもかかわらず、ようやく気づきました。ずっと、単なるJRのものだろうと思っていた自分が情けなくもあり、恥ずかしくもあり・・・。
 ベースが残したものに、アルファベットの文字を見ると、背筋に電流が走ります。久々の電圧を感じました。

(image) (image)



















(image) (image)


















 一番上の写真には「A.F.POS? STOP」と書いてあります。「米空軍の詰所です。一旦、ここで止まりなさい。」と、いうことでしょうか。 私の空想では、ここにゲート詰所があり、検問にパスすれば鎖をフックから外し、入退場させていたようにおもいますが・・・。以前、記事として紹介したココのような雰囲気だったのかもしれませんね。。。ちなみに、当時、ココを真っ直ぐに進むと、鴨池を周り、上の場所に繋がっていました。




海ノ中道CH&BAB vol.22 海の中道にて 1/3

2015-04-05T14:55:09Z

 カン松様にコメントいただいたから・・ってわけじゃないんですが(笑)。海の中道に行ってきました。以前、カン松様から『西戸崎地区の随所に見られるコンクリート柵は進駐軍が設置したものでしょうか?』と、コメントをいただいていたので気にはなっていたんですが・・・...  カン松様にコメントいただいたから・・ってわけじゃないんですが(笑)。海の中道に行ってきました。以前、カン松様から『西戸崎地区の随所に見られるコンクリート柵は進駐軍が設置したものでしょうか?』と、コメントをいただいていたので気にはなっていたんですが・・・その「柵」を撮ってきました。
(image)




























 この、ハシゴを横にしたようなコンクリートの「柵」が米軍駐留時のものなのかどうか、私には分かりません。
 あくまでも私個人の推測ですが、この柵は米軍引き上げ後「海の中道海浜公園」の整備にともなって造られたものではないでしょうか。もし米軍駐留時のものであるとしたら、敷地を二分するように長い距離でコンクリートの柵を作るとは考えにくいですし、また、当時の地図をみるかぎり、特別に境界をつくらなくてはいけないような危険区域や重要区域もなかったようです。 さて、真実はいかに・・・YOYO様ご記憶にないでしょうか??


 ついでですが、以前、紹介しました「ホビーガレージ跡」。その敷地の奥にあった「電柱」と、その先にあった謎の「小道」を探索した際の写真も紹介しておきます。
(image)
←以前、ホビーガレージ跡を探索した時には全く気づいていませんでした。「電柱」です。
















(image)
←先ほどのホビーガレージ跡を西戸崎方面に向かってみるとテニスコートがあり、その横に今はほとんど使われいていないような道路がありました。お爺さんがひとり、散歩をしていましたが(笑
 この道路は海の中道海浜公園の道路ですが、それ以前につくられたもののようです。その理由として、この道路端の所々に米軍駐留地跡によく見る「塀」の跡がありました。 また、塀の写真を見てもおわかりかと思いますが、同じ場所に三種類の「塀」を見たのは今回が初めてです。
 米軍関連のものか、日本海軍関連のものか、西戸崎炭鉱関連のものか、、真実は、やはりわかりませんが・・・



(image) (image)

















(image)




春日IABAA vol.30 ZEBRA CLUB [ ゼブラ・クラブ ]

2015-05-18T22:37:37Z

 写真は下士官用のクラブ「ゼブラ・クラブ」。当時の地図をみると、今の春日公団あたりにあったようです。 私は小さな頃から、ゼブラ・クラブの従業員として働いていた叔父より、このクラブの話をきかされていました。大人になってその姿を一目見てみたいとインターネット...

(image)


















 写真は下士官用のクラブ「ゼブラ・クラブ」。当時の地図をみると、今の春日公団あたりにあったようです。
 私は小さな頃から、ゼブラ・クラブの従業員として働いていた叔父より、このクラブの話をきかされていました。大人になってその姿を一目見てみたいとインターネットで色々と探していたのですが、何ひとつ見つけられませんでした。
 しかし数年前、アメリカのブレンダからもらった写真の中に「ゼブラクラブ」の姿がありました。それは私にとって、とても感慨深いものでした。なんとなく故郷をみたような、ふれたような・・・。
 叔父や従兄弟達の話によると、私は子どもの頃に、このゼブラクラブのホットケーキやステーキ、ベーコン、チリビーンズ等々を口にしていたようです。 それらの話を耳にするたび、私はクラブの外観や雰囲気、料理の味等、色々と想像をふくらませていた「夢のお店」でした。
ゼブラ・クラブ(Zebra Club)のオリジナルライター

 横浜の米軍基地(CampYokohama)にも、同じ系列といってはおかしいですが、ゼブラ・クラブがあったそうです。




脊振 DET43 vol.6 1955年のレーダードーム

2015-05-13T08:15:31Z

 春日中年様が、お知り合いのBillさんから頂いたという、1955年に撮影されたDET43レーダードームの写真を紹介します。 相変わらず寒そうな脊振の雪景色ですが、二階建ての建物が見えます。春日中年様もメールの文中に書いておられましたが、本当にこんな所に住んだら人生観...

 春日中年様が、お知り合いのBillさんから頂いたという、1955年に撮影されたDET43レーダードームの写真を紹介します。
 相変わらず寒そうな脊振の雪景色ですが、二階建ての建物が見えます。春日中年様もメールの文中に書いておられましたが、本当にこんな所に住んだら人生観変わりそうです。  景色は素晴らしいの一言ですが、冬の環境といえば、人が住むにはあまり適していないのかもしれません。いや、適してはいないでしょう。
 山頂付近に見える2本の鉄塔は、1955年に建設されて以来50年以上立っているそうです。

 元神風特別攻撃隊員の永末千里さんが、海軍当時の体験や半生記を紹介した「元神風特攻隊員が綴る鎮魂の記録 蒼空の果てに」というWEBサイトを運営されていらっしゃいます。このサイトには特攻隊員であった時の事、その後、自衛隊での勤務等、さまざまな歴史的価値のある内容が綴られています。その一部には春日ベースや、このDET43レーダーサイトでの体験談も紹介されており、私にとっては大変興味深い内容でした。ぜひ一度御覧下さい。
 ちなみに以前、永末さんから、このサイト宛にメールをいただきました。

(image)














(image)  














2010年 明けましておめでとうございます

2010-03-20T22:35:50Z

本年も、私達の心の感性に美しく響くような記事を紹介できればとおもっています。お付き合いしていただいている皆様、どうぞよろしくお願いいたします。  Shiro

本年も、私達の心の感性に美しく響くような記事を紹介できればとおもっています。お付き合いしていただいている皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 Shiro