Subscribe: MyNewsJapan [「もの書き」のための原稿料データベース]
http://www.mynewsjapan.com/rss/project_20_1_0.rss
Added By: Feedage Forager Feedage Grade B rated
Language: Japanese
Tags:
mynewsjapan   毎月 歳から  〜  毎月  〜 月)。    年 〜    日と  月)。 年  月)。  部( 年  部( 
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: MyNewsJapan [「もの書き」のための原稿料データベース]

MyNewsJapan [「もの書き」のための原稿料データベース]



MyNewsJapan 「もの書き」のための原稿料データベース 企画の更新情報(テスト版)です



 



クロワッサン(マガジンハウス)

2009-09-10T15:59:42.565954+09:00

 女性ミドルエイジ向けの総合ライフスタイル誌。1977年創刊。毎月10日と25日に発売。公称308,667部(2009年4〜6月)。40代主婦層がメインターゲットとみられる。50代女性向けには、月刊誌『クロワッサンPremium』を創刊(2007年10月)している。



女性セブン(小学館)

2009-09-10T15:43:42.292839+09:00

 木曜発売の総合女性週刊誌。1963年創刊。ワイドショー的な芸能ネタが強い。公称466,000部(2009年4〜6月)で、光文社の「女性自身」(同456,919部)と熾烈なシェア争いを繰り広げる。



フラウ(講談社)

2009-09-10T15:26:10.88432+09:00

 毎月12日発売のライフスタイル提案誌。「本物志向の知的でしなやかに、ポジティブに生きる都会派女性が読者です。25歳から29歳の女性が中心読者です」としている。公称7万8千部(2009年4〜6月)。



サンデー毎日(毎日新聞社)

2009-09-10T15:08:41.981369+09:00

 実売6〜9万部ほどと、新聞社系ではもっとも部数が少ないニュース週刊誌。毎週火曜発売。2007年4月に創刊85年と歴史は古い。97年の「オウム真理教告発キャンペーン」などで有名だが、最近はスクープもなく、さっぱり。大学別の就職先一覧など一覧表モノに特徴があったが、他社も同種の記事を打つようになり、存在意義が問われつつある。



婦人公論(中央公論新社)

2009-09-10T14:48:00.272811+09:00

 婦人向けの雑誌。 現在は毎月7日と22日の2回刊。キャッチフレーズは「女を生きる、私の活力」。「美しく年を重ねている女性たちのために、豊かで艶めく生き方を提案します」としている。中心的なターゲット読者層は40代主婦。



プレジデント(プレジデント)

2006-08-01T04:31:18+09:00

 月2回刊のビジネス誌。鈴木敏文氏のヨイショ企画とその書籍化で、セブンイレブンの販路を獲得。コンビニ販路で若い世代にも購読者層を拡大。20代から40代までのビジネスパーソン向けに、企業社会を生き抜くノウハウを中心に提供。実売20万部前後。



日経トレンディ(日経ホーム出版)

2006-07-31T03:27:26+09:00

 可処分所得が多い富裕層をターゲットとしているが、「1万円以下で泊まれる出張の多いサラリーマン向けホテル」のランキングなど、実用的な企画もある。商品テストのほか、辛口な専門家が、各社の新商品を評論する。「DIME」(小学館)などが類似誌。



日刊ゲンダイ(日刊現代)

2006-07-23T18:47:01+09:00

 「夕刊フジ」と人気を2分する、男性サラリーマン向けの夕刊紙。一面のトップ記事が、ファクトではなく、常に時の政権を批判する「オピニオン」となっているのが特徴。日本新聞協会に加盟していない新聞社として、記者クラブ問題や大手メディア批判も扱う。



サイゾー(インフォバーン)

2006-07-22T04:09:39+09:00

 男性若年層向けの雑誌。SPA!系のサブカル路線に加え、「噂の真相」亡きあとを少し引き継ぐタブーなきジャーナリズム色も持っている。ネット系の話題にも強く、「創」が得意とするマスコミウォッチも大好き。軽いノリで何でもアリ、という雑誌。



週刊金曜日(金曜日)

2006-07-22T04:02:30+09:00

 93年創刊。広告収入に依存せず、タブーなきジャーナリズムを目指している。筑紫哲也や落合恵子など有名人を編集委員に据えるが、実質はコラムニストで、編集にはノータッチ。企画会議には、たまに本多勝一が現われるくらいだ。部数は着実に減少しつつあり、3万部とも2万部とも言われる。