Subscribe: Tech-On! -- 技術者を応援する情報サイト --
http://techon.nikkeibp.co.jp/rss/index.rdf
Added By: Feedage Forager Feedage Grade A rated
Language: Japanese
Tags:
k」(画素数横 ×縦  ×縦 月  「我々はこの 「  年 月    月 月  月 ~    )」( 年  )」(   
Rate this Feed
Rate this feedRate this feedRate this feedRate this feedRate this feed
Rate this feed 1 starRate this feed 2 starRate this feed 3 starRate this feed 4 starRate this feed 5 star

Comments (0)

Feed Details and Statistics Feed Statistics
Preview: Tech-On! -- 技術者を応援する情報サイト --

日経テクノロジーオンライン -- 技術者を応援する情報サイト --



日経BP社が運営する、製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者の方々に向けた総合情報サイト。技術速報はもちろん、解説/コラムなどで多彩なコンテンツを提供中です。



Published: 2018-04-26T21:07:41+09:00

 



環境基本計画が改訂、「営農型太陽光」「地域新電力」推進を明記

2018-04-26T18:31:00+09:00

環境省は4月17日、「第5次環境基本計画」を閣議決定したと発表した。6つの重点戦略の最初に「グリーンな経済システムの構築」を挙げ、「再生可能エネルギーの最大限の導入」を掲げた。具体策として、水素や地域バイオマスの利用、営農型太陽光の推進を明記した。



コニカミノルタ、医療IT子会社を吸収合併

2018-04-26T11:20:00+09:00

コニカミノルタジャパンは、コニカミノルタメディカルソリューションズを2018年7月1日付で吸収合併する。存続会社は、コニカミノルタジャパンとなる。今回の合併により、事業基盤・顧客基盤を融合し販売力・開発力・商品力を強化することで、国内医療IT事業の拡大を目指す。



諏訪市に46MWのメガソーラー、ゴルフ場跡を活用

2018-04-26T11:07:22+09:00

太陽光デベロッパーのソネディックス・ジャパン(東京都港区)は、長野県諏訪市のゴルフ場跡地に出力46.8MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「長野諏訪ゴルフメガソーラー発電所」を建設し、操業を開始した。



ソシオネクストのモバイル超音波、各診療科に対応

2018-04-26T11:00:00+09:00

ソシオネクストは、ケーブルレスで手軽に持ち運べるモバイル超音波センサー「viewphii US」向けの新プローブを出展した。整形外科や産婦人科など、診療科ごとのニーズに対応する。同社はviewphii USについて、医療機器メーカーなどに製品化を提案しており、早ければ2019年度の市場投入を見込んでいる。



NEC、タブレットと服薬カレンダーで高齢者見守り

2018-04-26T10:45:00+09:00

NECは、タブレット端末を用いた高齢者生活支援サービスプラットフォーム「Tablet PaPeRo」を参考出展した。顔認識や音声認識、対話エンジンで高齢者と家族のコミュニケーションを支援するほか、服薬カレンダーと連携させ服薬支援にも使えるようにする。在宅療養支援機関と共同でユースケースの検証を進めたうえで、事業化を検討する。



外科手術向けX線動画市場に参入、富士フイルム

2018-04-26T10:30:00+09:00

富士フイルムは、外科用Cアーム型デジタル透視システムを「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)で公開した。放射線科部門の画像診断装置を中心にビジネスを展開してきた同社が、初めて外科手術領域のX線動画装置市場に参入した製品である。「新しい領域を開拓する意味で、外科手術の透視装置に挑戦したソリューション」(説明担当者)だと位置付ける。



チーム医療を支援する治療RIS、インフォコム

2018-04-26T10:15:00+09:00

インフォコムは、放射線治療情報システム(治療RIS)の新バージョン「iRad-RT」を「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)で公開した。同年3月28日に提供を開始している。



関電、住宅太陽光の余剰を直接取引、ブロックチェーンで実証

2018-04-26T10:06:00+09:00

関西電力は4月24日、太陽光発電設備を備えた住宅と他の一般住宅との間で、太陽光発電で生じた余剰電力を直接取引する実証研究を開始した。



仙台市でVPP実証、25カ所の太陽光と蓄電池を「集約」

2018-04-26T09:05:00+09:00

仙台市と東北電力は4月24日、VPP(バーチャル・パワー・プラント:仮想発電所)技術を活用し、太陽光発電や蓄電池を最適に制御し、地域の防災を強化したり、環境負荷を低減したりする取り組みを始めると発表した。



佐賀県最大、21MWのメガソーラー稼働、九電工と伊藤忠

2018-04-26T07:43:00+09:00

伊藤忠商事と九電工が共同出資する特定目的会社(SPC)佐賀相知ソーラーは、佐賀県で最大規模となる出力約21MWのメガソーラー「佐賀相知太陽光発電所」を建設し、4月24日に竣工式を開催した。



「太陽光パネルが土に埋まる」、「コネクターの多くが外れる」、設計ミスでトラブル続出

2018-04-26T05:00:00+09:00

この太陽光発電所の点検を請け負うことになり、現地に向かった。そこでまず驚かされたのは、太陽光パネルが、土に埋まっている場所があることだった。



千葉大とNEC、AIで健康長寿社会づくり

2018-04-25T16:30:00+09:00

千葉大学とNECは、日本老年学的評価研究(JAGES)と連携し、AI技術を活用した保健・医療・介護における重症化・重度化の防止に向けた共同研究を開始した。レセプトデータなどの分析による認知症予防の予測や財政効果測定を実施するなど、地域の政策的な健康増進および医療・介護の給付費適正化などに向けた取り組みへの貢献を目指す。



「働く人の生産性向上委員会」発足、RIZAPなど3社

2018-04-25T16:00:00+09:00

「働く人の生産性向上委員会」。そんなプロジェクトを、エデンレッドジャパン、KOMPEITO、RIZAPの3社が立ち上げた。2018年4月19日に都内で記者会見を開催し、委員会の取り組みや発足の狙いなどを説明した。



鳥羽市のメガソーラー、プロジェクトボンドで69億円調達

2018-04-25T11:55:00+09:00

リニューアブル・ジャパン(東京都港区)は4月20日、三重県鳥羽市に建設する出力16.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「RJ鳥羽」について、プロジェクトボンドによって開発資金のうち69億円を調達したと発表した。



これが「8K腹腔鏡」手術の実力だ

2018-04-25T11:00:00+09:00

「髪の毛1本分ほどの毛細血管まで鮮明に見ることができる」――。そんな高精細な映像を映し出せる「8K」(画素数横7680×縦4320ピクセル)技術を用いた大腸癌の腹腔鏡手術の臨床試験が、今まさに国立がん研究センターで行われている。高解像度の映像を用いた内視鏡手術の利点と、実用化までの課題を探った。



風車への落雷を高精度に検出、中電と中部大が開発

2018-04-25T10:53:00+09:00

中部電力と中部大学は4月23日、風力発電設備の風車への落雷を高精度で検出できる新型落雷検出装置を共同開発したと発表した。構造が単純かつ設置が容易で、高精度と低コストを両立したという。



千葉県芝山町で営農型メガソーラー、ブドウを栽培

2018-04-25T10:32:00+09:00

分譲販売型の太陽光発電事業を手掛けるe-flat(東京都中央区)は4月17日、同社グループ企業のe-farm(茨城県土浦市)が千葉県芝山町にソーラーシェアリング(営農型太陽光発電所)「MS芝山町+太陽光発電所」を整備し、営農を開始したと発表した。



日立と三菱、粒子線事業の統合で目指すもの

2018-04-25T10:00:00+09:00

治療機器分野で、国内メーカーにとって悲願の世界一へ――。そんな目標を掲げ、がんをピンポイントで死滅させる粒子線がん治療装置で大きな勝負に出たのが日立製作所だ。2017年末、ライバルの三菱電機から粒子線治療装置事業を買収することを発表して関係者を驚かせた。2018年6月までをめどに事業統合を完了させる予定で、粒子線治療の巨大企業が日本に誕生する。



「仕事付き高齢者向け住宅」ってどんなもの?

2018-04-25T09:00:00+09:00

介護施設などで高齢者に仕事をしてもらい、社会参加を促すことで生涯現役社会を実現する。そんなコンセプトで経済産業省が提唱しているのが、「仕事付き高齢者向け住宅」である。2017年12月から仕事付き高齢者向け住宅のモデル事業を行っているのが、社会福祉法人 伸こう福祉会と東レ建設だ。モデル事業を通じてどんなことが見えてきたのか。現在までの成果や課題を追った。



キヤノンメディカル社長が語った“ワン・キヤノン”

2018-04-25T08:00:00+09:00

「我々はこの1月、名実ともにキヤノングループ入りした。これからは“ワン・キヤノン”として、グループ一体で医療事業を推進する」――。



グラス装着で眼球運動を定量化、めまい検査を支援

2018-04-25T07:00:00+09:00

グラスを装着するだけで、リアルタイムにめまい検査を行うことができる。そんなシステムを第一医科(東京都文京区)とYOODS(山口市)がそれぞれ披露した。両者と山口大学医学部の3者が共同開発した、眼球運動検査装置「yVOG-Glass(ワイボーグ・グラス)」と眼球運動検査装置用プログラム「yVOG(ワイボーグ)」を組み合わせたシステムである。



エルピクセル、“AI診断”の追い風に乗り協業拡大

2018-04-25T06:00:00+09:00

「2018 国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)の会場で目立ったのが、医療画像診断への人工知能(AI)の活用に関する展示だ。画像診断装置やPACS(医用画像情報システム)のベンダーが、AI関連技術を競ってアピールした。



ウエアラブルの行き着く先は「脳直結」

2018-04-25T05:00:00+09:00

とはいえ、IoTは人間が身に着けるものも多いですよね。そうすると、脳直結はある意味で必然だと思っています。



スポーツテック、普及後押しするコンソーシアムの思惑

2018-04-25T05:00:00+09:00

スポーツテックの普及によって、スポーツ産業の成長を支援する――。政府が「日本再興戦略2016」で成長産業の柱の一つと位置付けたスポーツ産業の成長の実現に向け、NTTデータ経営研究所と早稲田大学スポーツビジネス研究所が手を組んだ。



「ブロックチェーン」が電力取引を変える

2018-04-25T05:00:00+09:00

 世界各地で「ブロックチェーン X エネルギー」をテーマにしたカンファレンスが実施され、いずれも盛り上がりをみせているという。日本のエネルギー業界でも、ブロックチェーンは注目を集めている。過去本連載でも何度か、ブロックチェーンについて紹介しているが、なぜ、エネルギーの分野でブロックチェーンが注目されているのか、改めてまとめてみる。



タイの亜鉛企業、福岡で11MWのメガソーラー稼働

2018-04-24T21:30:00+09:00

タイの亜鉛関連会社であるPadaeng Industry、福岡の野方において、出力約11MWのメガソーラーが稼働を開始したと発表した。



バイオマス水素を大型FCトラックに充填、カーボンフリーで運行

2018-04-24T20:22:00+09:00

英蘭・国際石油資本ロイヤル・ダッチ・シェルのエネルギー事業を手掛ける米Equilon Enterprisesと、トヨタ自動車の北米事業を統括するToyota Motor North America(TMNA)は4月19日、米カリフォルニア州ロングビーチ港において、CO2を排出しない燃料電池(FC)トラックの普及に向け、大型水素ステーションの建設で協力すると発表した。



認知症患者を傷つけずに医師と家族が情報共有

2018-04-24T20:10:00+09:00

「患者に心配をかけずに、医師と家族がコミュニケーションをとることができた」。東京大学 医学部附属病院 神経内科 講師で外来医長の岩田淳氏は、講演の中でこう述べた。同氏は、ICTコミュニケーションツール「わすれなびと」を活用した認知症ケアの予備的臨床研究(パイロットスタディ)の成果を紹介した。



バファリンの箱からアニメキャラクターが飛び出す!

2018-04-24T20:00:00+09:00

解熱鎮痛薬「バファリン」の箱にスマートフォンをかざすと、画面にアニメキャラクターが飛び出してきた。何やら薬に含まれる成分の説明をしてくれるようだ――。



SBエナジー、秋田県三種町で7.5MWの風力、GE製採用

2018-04-24T19:21:00+09:00

ソフトバンクグループで再生可能エネルギー事業などを手掛けるSBエナジー(東京都港区)と、三菱UFJリースの子会社であるMULエナジーインベストメント(東京都千代田区)は4月17日、秋田県三種町に風力発電所「ソフトバンク秋田琴丘ウインドファーム」を建設すると発表した。



花王、愛媛工場で太陽光を自家消費、再エネ導入加速へ

2018-04-24T18:20:00+09:00

花王は4月19日、同社グループの愛媛工場(花王サニタリープロダクツ愛媛)の屋根上に出力334kWの太陽光発電設備を導入し、1月22日から運用開始したと発表した。発電した電力は全て自家消費する。



白樺高原に稼働したメガソーラー、標高1400mが発電にプラスも

2018-04-24T06:00:00+09:00

長野県北佐久郡に広がる白樺高原は、夏でも涼しい避暑地として知られる。八ヶ岳の西端にあり、中央本線の茅野駅から北に大門街道を登って白樺湖を過ぎ、さらに東に位置する。逆に、西に向かうビーナスラインを走れば、車山高原、霧ヶ峰と眺めの良い高原地域が続く。長門牧場は、この高原の一角、蓼科山の麓に位置する。標高は約1400mになる。



このままだと2021年にも電力不足か?

2018-04-24T05:00:00+09:00

「需給ひっ迫が現実問題として懸念される」。広域機関がとりまとめた最新の供給計画が波紋を呼んでいる。発電設備が不足し、2021年にも安定供給の水準を割り込むおそれがあるというのだ。背景に予想を超える休廃止電源の急速な増加がある。



「直流マイクログリッド」に現実味、再エネを直送!?

2018-04-23T21:16:00+09:00

東京電力ホールディングス(東電HD)とNTTは4月18日、新たなエネルギーインフラの構築に関して提携。両社のインフラ資産を活用した地域単位での直流グリッドの概念を初めて提起した。



米消費財企業が太陽光を牽引、2017年に2.5GW以上投資

2018-04-23T17:30:00+09:00

 米国の太陽光エネルギー産業協会(SEIA)は4月19日、大企業が米国市場における太陽光発電設備への投資をけん引、2017年に記録的な設備容量が導入されたと発表した。同協会が調査し公開した報告書「Solar Mean Business 2017」によるもの。



いつでもどこでも参加できるオンライン症例検討フォーラム

2018-04-23T16:00:00+09:00

ハート・オーガナイゼーションは、医師向け医療技術の情報共有クラウドサービス「e-casebook」(イー・ケースブック)に、症例検討を目的としたオンラインフォーラム機能を追加、2018年4月12日にサービス提供を始めた。共有した画像への書き込みやチャット機能などを使用しながら、院外の医師同士がオンラインで症例検討ができる。フォーラム参加費は、月額1000~2000円(税別)。



田中耕一氏が講演、「異分野融合」が不可欠

2018-04-23T09:00:00+09:00

「血液1滴でさまざまな疾患を診断できるようにしたい」――。島津製作所 田中耕一記念 質量分析研究所 所長の田中耕一氏は、2002年度のノーベル化学賞受賞時にこう決意を述べていた。この発言について田中氏は「覚えていない」としているが、同氏が発明した質量分析の技術は、着実に医療に展開されつつある。



難病の早期発見へAI活用、東京医科歯科大と日立

2018-04-23T08:00:00+09:00

東京医科歯科大学(TMDU)と日立製作所は2018年4月19日、難病を鑑別診断する仕組みの研究開発に関する連携協定を結んだ。東京医科歯科大の難病に関する知見やデータと日立の医療機器や人工知能(AI)技術などを基に、専門医がいない病院や診療所でも潰瘍性大腸炎やパーキンソン病などの難病を早期発見し、早期介入できることを目標にする。



NECが「PaPeRo i」で高齢者見守り、愛媛県西条市で実証

2018-04-23T07:00:00+09:00

NECは、愛媛県西条市がスマートシティ構築トライアル事業の一環として行う「高齢者見守り支援サービス」において、コミュニケーション・ロボット「PaPeRo i」などのICTソリューションの提供とサービス支援に取り組む。NECはこの実証を通じ、見守りサービス向けソリューションの実用化や、生活支援サービスのさらなる充実を目指す。



ブリッジの平衡条件

2018-04-23T05:00:00+09:00

 電気・電子系技術者が備えている実力を客観的に把握するために開発された試験「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」。E検定で出題される問題例を紹介する本連載の問84は「計測」の分野から、ブリッジの平衡条件について問う問題である。