Subscribe: MyNewsJapan [旅読者評価ランキング]
http://www.mynewsjapan.com/rss/estimate_rank_7_1_0.rss
Preview: MyNewsJapan [旅読者評価ランキング]

MyNewsJapan [旅読者評価ランキング]



MyNewsJapanの読者評価ランキング(テスト版)です



 



イスタンブル、その名称力

2009-09-29T18:04:29.641786+09:00

 名前の持つ魅力は大きい。「イスタンブル」はいい名称だと思う。時代が少々古いのでリアルタイムには聞いていないが、「飛んでイスタンブール」という曲が大ヒットした。あれは「飛んでチャナッカレ」だったら売れなかったはずだ。トルコ語の発音では「ブール」と伸ばさないが、日本語はなぜか伸ばす。どちらにせよ、響きがよい。



メデューサの首&オープンカフェ

2009-10-02T03:29:34.329557+09:00

 旅も終盤になって、一応、イスタンブル内で世界遺産に指定されている有名な建造物をささっと見ておこう、と思い始めた。この地には、2度と来ないような気もしたからだ。とりあえずスルタン・アフメット地区で訪れていないところをまわる。トプカプ宮殿、イスタンブール考古学博物館、そして地下宮殿。



「中国らしさ」見えたシャングリラ事件

2011-07-09T16:31:10.877592+09:00

 北京にやってきて3日め、3件の取材を終えてホテルの部屋に帰ってくると、don’t disturbのボタンを押して外出したにもかかわらず、勝手に部屋に入られていて驚いた。洗面台の横スペースに並べておいた6枚ほどの名刺も物色され、ゴミ箱近くの棚に無造作に重ね置かれていた。取材源の秘匿にかかわる重大な問題だ。



旅の起伏、濃度は変化していくということ

2009-09-28T15:01:51.577815+09:00

 2日目は、複数のサイトで見つけた「ファロス ホテル」というところを予約した。場所は、スルタン・アフメット地区という、旧市街の真ん中だ。そこに向かおうとしたところ、住所は分かるのだが、地図上の場所が不明で困った。「歩き方」に載っているホテルではなく、地図から判別することもできない。住所を書いた紙をタクシーの運ちゃんに見せても「わからない」と言う。



「アイラン」の圧倒的な存在感

2009-09-28T15:12:53.527454+09:00

 覚悟はしていたが、トルコ料理は強烈だった。メインの羊肉がイマイチ好きでないうえ、すべて脂っこすぎ、味が濃すぎ、甘すぎで、最初の数日は頭痛がした。魚と野菜とコメと味噌汁を愛する私の口には、どうも合わない。この国では、コメはほとんど食物としてみなしていないし、魚も滅多に食べようとしない。食材、味付けにおいて、日本食とは対極にある食文化のようだ。



先人の著作を読み、「旅は人生に似ている」と思う

2009-10-02T05:23:32.321468+09:00

 トルコは、多くのもの書きが旅しており、その著作が簡単に入手できる。先人の跡を辿るのは、旅の楽しみ方の1つだろう。今回、かつてトルコを旅した沢木耕太郎(当時27歳)、村上春樹(当時39歳)、立花隆(当時42歳)が、何を見て、どう感じ、どう表現したのか、その内容と文体を学び、自分とどう違うのかを考え、よい点を吸収したいと思っていた。



島が沈む日(沖縄)

2004-05-11T14:12:00+09:00

 先日5月3日、八重山諸島にある鳩間(はとま)島で音楽祭が開かれました。普段の人口が50人程度の島に集まった観客は400人以上。「この日は島が沈むさ」と言っていた鳩間のおばあの言葉をあらためて実感しました。



南の島の船長は(沖縄)

2004-05-12T11:09:25+09:00

 先日、石垣島から西表島へ渡るフェリーに乗った。八重山諸島で離島に渡る主要な手段は高速船だが、車やバイク、大きな荷物などはフェリーで運ばれる。ほぼ一日一便。日曜はなし。時間は高速船の2〜2.5倍ほどかかるが、値段が安く、そしておもしろい。



ジャーミィは残り、木造家屋とボスフォラスフェリーは消え…

2009-10-01T17:05:43.407556+09:00

 新市街にあるホテルを拠点に旧市街を散策し、夜は編集・執筆する日々が定着してきたころ、フェリーでボスフォラス海峡を渡り、アジア側も歩いてみることにした。ボスポラス海峡を渡る夏のフェリーは、なかなかの風物詩である。暖かいから、風が当たらない1階よりも、海峡の爽やかな風をまともに受ける屋上階から席が埋まっていく。



シュリーマン型キャリアモデル

2009-09-28T15:15:41.852605+09:00

 10日も滞在しているとイスタンブルも飽きてきたので、チャナッカレという街の近くにあるトロイ遺跡へ行くことにした。イスタンブル→チャナッカレが飛行機で1時間、チャナッカレ→トロイが、バスで1時間。長時間の移動は苦手なのだが、このくらいならノープロブレムだ。